Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
2018年GWの旅、鳴門を後にして、ドライブは香川県方面へ。

まずは、徳島県内で大谷焼の窯出し店に立ち寄りました。ちょうど春の陶器市をやっていたようです。こういう雰囲気好き!ついいろいろ見てしまいますね。気になる器があったのですが、結局お持ち帰りなしで^^。

e0351590_23004552.jpg
e0351590_23003326.jpg
e0351590_23003322.jpg


次にちょっとトイレ休憩!・・・で駆け込んだ「第九の里」という道の駅。
これがヒットでした。
なんと、ドイツゆかりの展示がある「ドイツ館」、ドイツのビールも買ったり、楽しく過ごしてしまいました。ドイツ館は、第一次世界大戦時に日本軍の捕虜となったドイツ兵を収容した「板東俘虜収容所」にまつわる展示があり、この捕虜が地域との交流の一環で第九を演奏したそうで、とても興味深く見てしまいました。

e0351590_23005828.jpg
e0351590_23005808.jpg
e0351590_23010824.jpg
e0351590_23012582.jpg

さて、前に進みましょう。すでに17時・・・夕方近くなりました。
香川県は高松市にはいり、「栗林公園」です。
高松に行ったら是非見てみたい場所・・・と思い、きついめの日程でしたが、立ち寄ることにしました。調べたら17時か17時半に閉門するのかと思っていましたが、4月は18時半までOK,助かりました。

空いていたのでこれも運よく、ゆったり見て回ることができました。

e0351590_23030654.jpg
e0351590_23032736.jpg
e0351590_23042311.jpg
e0351590_23032760.jpg


お庭の小路を歩きながら、美しい庭の作り、見事な松の枝ぶりにほれぼれです。そこかしこに花々も咲き、青空の中、池面の光と橋のコントラストも美しく、大変満足です。こういう庭園が大好きなので、無理して行ってよかったと思える訪問でした。

e0351590_23055872.jpg
e0351590_23061573.jpg
e0351590_23071996.jpg
e0351590_23073127.jpg
e0351590_23075698.jpg
e0351590_23080437.jpg

さて、お食事は「うどん県」、なんたって「讃岐うどん」~!どこに行こうか、気合いがはいりました。日曜で夜ということもあり、あいているところも限られていました。いくつか調べて、空港に近い、郊外にある「もり家」ということろに行ってみました。

おー、並んでますね~。この列に加わりましたよ。30分余り並んで、入店できました。
e0351590_23114173.jpg
e0351590_23114795.jpg


こちらのおすすめのかき揚とともに、汁系とザル系を頼んでみました。
うどんはなかなか腰があります・・・お味の方は、うーん、正直ちょっと期待からすると今一つかな。かき揚げが少し脂っぽいのが気になりました。でもまあ、香川県ではどこでもうどんは食べられるし、翌日行こう!ということで。

e0351590_23471668.jpg
e0351590_23182915.jpg
e0351590_23182958.jpg

さて、ホテルに向かいますよ。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-12 20:00 | 国内観光 | Comments(0)
2018GWの旅、は四国の徳島県からスタートです。徳島市を出てフェリーターミナルで東京から送ったマイカーをピックアップ、ドライブの開始です。

まずは、鳴門海峡から淡路島南部エリアを回ってみました。
鳴門海峡といえば渦潮です。まず鳴門大橋を渡って、淡路島にはいったところの「道の駅うずしお」にはいりました。好天に恵まれ、大橋の眺めは素晴らしいです。
e0351590_19064874.jpg

e0351590_23154207.jpg
e0351590_23154317.jpg
e0351590_23223532.jpg


淡路島名産の玉ねぎを模したエントランスがお茶目、そしてこんなバーガーが有名です。全国ご当地バーガーで2014年に1位と2位で受賞したそうです。玉ねぎが主役、オニオンビーフバーガーとオニオングラタンバーガーです。うん、なかなかおいしかったですよ。この景色だからよけいですよね。

e0351590_23160714.jpg
e0351590_23243382.jpg
e0351590_23261772.jpg


敷地内で橋のほうに行くと、うずしおを見られる場所があります。私たちは干潮の前の時間でしたが、空いていたので見に行きました。何気に少し見えたって感じかな。船でうずしおに近づく観光船もあります。次はそれでトライかな。

e0351590_23304636.jpg
e0351590_19054839.jpg
e0351590_23243346.jpg
e0351590_23303814.jpg
e0351590_23162561.jpg
e0351590_19061276.jpg
e0351590_19063024.jpg
e0351590_23154243.jpg


鳴門海峡まわりは、この海がすばらしくて、あちこちで車をとめて見て回りました。橋を渡るところは、私が高所恐怖症なんでパス!それ以外、下からや展望台から遠目に見るものは行ってみました。

e0351590_23280535.jpg
e0351590_23280662.jpg
e0351590_23305284.jpg
e0351590_23310474.jpg
e0351590_19064828.jpg

お天気に恵まれた鳴門をたっぷり楽しみ、次のお宿に向かいます。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-01 20:00 | 国内観光 | Comments(0)

日本最北端@稚内!

なぜか突如、稚内に来ています!避暑です^^。

気温は15-20度ととても快適。運よくお天気もなかなかよく、幸運の女神さまが来てくれたようです。(最近、稚内はずっと曇りか雨のどんよりだったそうです)


e0351590_13204583.jpg
e0351590_13052258.jpg


ノシャップ岬は風が少し強かったですが、半分曇ったり晴れたり、青い空と海が眺められました。少し夕方に近い時間ですので、いい感じに海面がきらきらと輝きました。

e0351590_13035317.jpg
e0351590_13035352.jpg
e0351590_13041129.jpg
e0351590_13120086.jpg

宗谷岬は、まさに最北端です。
この記念碑の前でみなさん記念撮影!

e0351590_13061013.jpg


少しどんよりしていましたが、それでも海の向こうがすぐサハリンかと思うと、やはり最北端のすごさを感じます。
e0351590_13044906.jpg
e0351590_13121846.jpg
e0351590_13054329.jpg


ホタテラーメンも食べて!

e0351590_13060314.jpg


稚内駅は、最北端の線路です。ちょうど列車がはいってきました。

e0351590_13062107.jpg


稚内港の北防波堤ドームは今改修工事中ですが、それでもすごい迫力です。港には船も停泊していました。

e0351590_13062830.jpg
e0351590_13063309.jpg
e0351590_13063805.jpg
e0351590_13064222.jpg


そして、ホテルの部屋から・・・窓枠はまるで絵画のよう!狭いですが、眺めフェチのPockieのツボな部屋でした。あ~東京に帰りたくない!(笑)

e0351590_13065894.jpg

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-23 14:00 | 国内観光 | Comments(0)
まだまだバックログ^^…とつぶやきつつ、感動の瞬間を先に!
和歌山県白浜温泉にある「アドベンチャーワールド」に行ってきました。
ゆっくりパンダを見るためです。いまや「シャンシャン」人気の上野動物園は1~2時間の待ち時間は当たり前。しかも5分見られるかどうか、ですよね。やっぱり思いっきり見たい、ということで、和歌山まではせ参じました。

リキ入れて、開園前に到着!すでに大勢の方が待っています。

e0351590_21033149.jpg
e0351590_21033143.jpg


・・・というのは、七夕イベントが開園10分後のため、ダッシュでパンダラブに行くためです。すでにたくさんの人だかり。マスコミも陣取っています。

e0351590_21051024.jpg
e0351590_21042334.jpg


まずは、2016年生まれの結浜(ゆいひん)ちゃんに、七夕の笹と氷のケーキをプレゼントです。もう、つめたい氷にもたれかかり、もくもくと笹と竹を食べています。とってもキュート!

e0351590_21041566.jpg
e0351590_21040527.jpg
e0351590_21043022.jpg

となりの桜浜(おうひん)は結浜の2つ上のお姉さん。双子の片割れでお姉さんの方です。結浜のイベントがうらやましいようで(前日は自分ももらっているのに!)、ガラス越しにごそごそ、じろじろ!でも、自分は食べられないとわかってすごすごと離れていく姿は、本当にかわいらしいです。

e0351590_21052829.jpg
e0351590_21052817.jpg

e0351590_21053733.jpg
e0351590_21052897.jpg
e0351590_21052819.jpg


桜浜に、飼育員のお姉さんが笹を投げると・・・きゃーうれしい!ばっちり、むしゃむしゃ食べ始めました。桜浜、食欲旺盛です♪たっぷり食べて、まんぞく~とのけぞりです(笑)。

e0351590_21054431.jpg
e0351590_21054478.jpg
e0351590_21055757.jpg
e0351590_21055703.jpg
e0351590_21055846.jpg


外の遊び場には、双子の妹、桃浜が元気に朝ごはんを食べていました。こちらの、竹をばきばき、もぐもぐ、食べる姿もキュート♪途中で雨が降ってきて、中の施設に入っちゃいましたが。

e0351590_21034330.jpg
e0351590_21034331.jpg
e0351590_21034319.jpg
e0351590_21034440.jpg

ブリーディングセンターに移動しました。こちらには、3頭の両親が住んでいます。
お母さんの良浜(らうひん)は元気にごはん。でも子供たちよりのんびり食べている感じ。何せ8頭の子供たちを生み育てたビッグママ、余裕ですね。

e0351590_21062310.jpg
e0351590_21062346.jpg


お父さんの永明(えいめい)は26歳という高齢。ジェントルマンだそうで、二人のママと子供を合計14頭も生んでもらった、男のなかの男!でもちょいとお疲れかな。顔はついに見られず^^。


e0351590_21064075.jpg


また、パンダラブに戻ったら、まだ桜浜はむしゃむしゃ、ばきばきおてんばに食べてました。

e0351590_21070574.jpg
e0351590_21071822.jpg
e0351590_21070501.jpg


ショップでは、圧巻のパンダ満載!一匹ゲットしてきました^^。

e0351590_21073230.jpg


と、パンダばかり紹介しましたが、他にもたくさんの動物たちがいます。
シロクマにペンギン、イルカたち。

e0351590_21084246.jpg
e0351590_21084842.jpg
e0351590_21085856.jpg
e0351590_21125208.jpg
e0351590_21121271.jpg
e0351590_21121203.jpg


アニマルショーやキャラクターショーなどもやっていました。動物たちが本当にかわいい動きをします。

e0351590_21122346.jpg
e0351590_21122365.jpg
e0351590_21123819.jpg
e0351590_21150480.jpg
e0351590_21151049.jpg


サファリの放し飼い草食動物や肉食動物たちを、ケニア号の車から見物します。ライオン、チーター、ホワイトタイガー、シマウマ、キリン、サイ、などなど・・・たっぷりと楽しむことができました。

e0351590_21093066.jpg
e0351590_21093020.jpg
e0351590_21094602.jpg
e0351590_21095437.jpg
e0351590_21100853.jpg
e0351590_21101751.jpg
e0351590_21103867.jpg
e0351590_21103866.jpg

動物以外にも、遊園地の乗り物やミュージアムなどあるのですが、ほとんど動物ばかり・・・パンダばかりに行っていました。

以上、さくっと半日アドベンチャーワールドの紹介でした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-09 22:00 | 国内観光 | Comments(0)
マレーシアさくっと旅の紹介、最後はマジェスティックをベースにおでかけ2か所です。

まずは、リッツカールトンから移動してきて、出かけたのが通称「ピンクモスク」のプトラモスクです。暑さもピークになる時間、タクシーを利用してしまいました。

ホテルから30分ほど、プトラジャヤに到着しました。お天気は抜群、タクシーのおっちゃんが「クルーズいいよ」と勧めるので、何となく乗る羽目に。。。
そうしたら、なんと、イランの団体様と重なり、1台目の船は満席、2台目にやっとのるなんていうとんでも環境でどうしようか・・・と不安になりましたが。。。

e0351590_22430651.jpg
e0351590_22430671.jpg
e0351590_22432320.jpg
e0351590_22432684.jpg


ラッキーなことに窓側席がとれたこともあり、すてきな湖の眺めを小一時間楽しむことができました。湖の周りの建物を楽しみ、橋をくぐり、気球をながめ、なかなか楽しい時間でした。

e0351590_22434997.jpg
e0351590_22434999.jpg
e0351590_22434971.jpg
e0351590_22435754.jpg
e0351590_22442562.jpg
e0351590_22442581.jpg
e0351590_22443947.jpg

湖の端まで行って折り返しは、ちょっと天気が悪くなりました。でも船室内を見たり、看板で景色を眺めたり・・・いい1時間でしたよ。降りる前の最後は、これから見に行くピンクモスクです!

e0351590_22445345.jpg
e0351590_22445394.jpg
e0351590_22445910.jpg

さて、ピンクモスクに来ました。
女性は肌を出すことができません。この赤い毛氈のようなマントを借りて、モスクにはいります。そりゃあ、暑いですよ~(笑)礼拝堂の中も外もすべてピンク、きめ細かいアラベスク模様の天井や柱など、イスラム建築の結集がすばらしいです。

e0351590_22455305.jpg
e0351590_22473672.jpg
e0351590_22475996.jpg
e0351590_22480075.jpg


翌日の朝は、ホテルから近い「イスラム美術館」まで散歩がてら、見に行きました。10分もかかりませんでしたよ。

国立モスクをながめつつ、緑の生い茂った敷地内を歩いて行きました。

e0351590_22485987.jpg
e0351590_22485978.jpg
e0351590_22485995.jpg
e0351590_22485930.jpg


到着しました。
建物自体が、独特の雰囲気です。イスラム建築ってパステルカラーのきれいな色を使うことが多いんですね。とても目にやさしいです。中に入ると、受付もモスリムの人たちが働いています。見学エリア以外に礼拝堂もありました。

e0351590_22494012.jpg
e0351590_22493545.jpg
e0351590_22500698.jpg
e0351590_22541081.jpg
e0351590_22541006.jpg
e0351590_22502100.jpg


中には、イスラム経典、絵画、貴金属&宝物、陶磁器、建築物の模型、じゅうたん、衣装などなど、本当にすごい点数の展示品が所狭しと並んでおり、見て回ると結構時間がかかります。

マレーシアにこだわらず、イスラム関連のものが結集されており、欧州、中国、シルクロード、トルコ、日本など、それぞれの文化から影響を受けたものが展示され、説明も丁寧につけられていました。伊万里焼のような陶器には思わず目を奪われました。細かいアラビア文字でかかれた経典は見事です。

e0351590_22501548.jpg
e0351590_22510861.jpg
e0351590_22510890.jpg
e0351590_22510949.jpg
e0351590_22511902.jpg
e0351590_22511943.jpg
e0351590_22520344.jpg
e0351590_22520478.jpg
e0351590_22521281.jpg
e0351590_22521341.jpg
e0351590_22531385.jpg
e0351590_22535781.jpg


そして、一番感動したのは、天井です。
アラベスク模様の礼拝堂の中のような天井が、美術館の中にあるのです。ピンクとブルーの模様がそれはすばらしい!ピンクモスクで見た礼拝堂はかなりの距離。こちらは上階の展示から見ると、本当に手に取るような距離で天井を見ることができ、何度もうっとりと眺めてしまいました。イスラムの美術にそれほど興味をもっていなかったのですが、引き込まれるように見入ってしまいました。

e0351590_22533211.jpg
e0351590_22533212.jpg


あわててホテルに戻って、シャワーを浴びました。
チェックアウトです!

ホテルのシャトルバスに乗ってKLセントラル駅にでました。

e0351590_23293849.jpg


帰りも結局KLエクスプレスを利用してしまいました。
空港では、マレーシア航空のゴールデンラウンジを利用し、帰国の途につきました。広くてドリンクやミールが充実したすばらしいラウンジです。

e0351590_23305100.jpg
e0351590_23305734.jpg
e0351590_23310954.jpg
e0351590_23314070.jpg
e0351590_23314072.jpg
e0351590_23314053.jpg
e0351590_23314062.jpg
e0351590_23314125.jpg

帰国便もビジネスへのアップグレードがかない、ゆったりとディナーをいただきながら、映画も3本見て、ゆとりの帰国の旅でした。願わくば、固いビーフステーキは改善も申し出たい(笑)

e0351590_23314150.jpg
e0351590_23333148.jpg
e0351590_23343423.jpg
e0351590_23343404.jpg
e0351590_23343450.jpg
e0351590_23343470.jpg
e0351590_23343934.jpg

かなり詰め込みな旅でしたが、たのしいマレーシアでした。
以上、ご紹介でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-03 08:00 | マレーシア: ホテルマジェスティックKL | Comments(0)
オーベルジュ・オーミラドーの宿泊の前後に箱根観光をしました。

まずは、芦ノ湖スカイラインをドライブし、富士山を拝みました。なんてすばらしい!どこから見てもうっとりするほどです。お天道様に本当に感謝です。

e0351590_23413351.jpg
e0351590_22545583.jpg
e0351590_22574117.jpg
e0351590_22582826.jpg
e0351590_23002409.jpg


芦ノ湖のレストハウスにはヤギ君がいましたよ。
だんなは、動物やおさかなにエサやりが趣味です^^(笑)

e0351590_23345723.jpg


大涌谷は、噴火警戒2レベルは残っているので、中にははいれません。でもこの距離で壮大な自然を眺めることができました。

e0351590_23001214.jpg
e0351590_23004543.jpg


ここの名物黒たまご、食べましたよ!
その場で剥いて塩をつけて^^。外国人の方に特に人気のようでした。
それにしても、箱根は外国人観光客が多いですね。

e0351590_23014892.jpg
e0351590_23014943.jpg
e0351590_23125623.jpg
e0351590_23130385.jpg


最後には、仙石原の日帰り温泉に立ち寄りました。硫黄の濁り湯にほっこりと。お宿の日帰り利用でした。ちょっとトラブルがあり、残念なところはありましたが、温泉に罪はありませんよね(笑)。

e0351590_23022965.jpg
e0351590_23023419.jpg


以上、箱根の紹介でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-11 08:00 | オーベルジュ・オー・ミラドー | Comments(0)
2018年北陸の旅、つば甚の翌朝です。
もう少し金沢を楽しもうと、ひがし茶屋街に繰り出しました。ひがし茶屋内の「fluffy」でパンケーキの朝食にしました。町家を利用した建物の2Fにあります。レトロな雰囲気満点ですね。9時の開店すぐに行ったら、最後の1席でぎりぎり1回転目にはいれました。人気なんですね。

e0351590_23455806.jpg

頼んだのは、加賀棒茶と抹茶のパンケーキにコーヒーでした。1000円以上するので、けっこういいお値段^^。人気のBills風のふんわり&もっちりパンケーキです。でもまあ、かなりのボリュームで、最後はちょっと重たくなったかな、ハイ(笑)。

e0351590_23454849.jpg
e0351590_23454841.jpg
e0351590_23454701.jpg

満腹かかえて、ひがし茶屋街の散策です。

あんなこんな、風情ある茶屋街の建物を眺めながら、お店に顔を出したりして、小物などショッピングもしちゃいました。


e0351590_23460213.jpg
e0351590_23460310.jpg
e0351590_23461310.jpg
e0351590_23461391.jpg
e0351590_23444089.jpg
e0351590_23444142.jpg
e0351590_23444021.jpg
e0351590_23444020.jpg

午後には移動なので、お昼には退散。ホテルに戻り、チェックアウトしました。

向かったのは、北陸本線で加賀温泉駅です。お宿の車の送迎があり、駅から山中温泉まで送ってくださいました。まずは宿に荷物を置いて、温泉街を散策です。

e0351590_23451599.jpg
e0351590_23465372.jpg

山中温泉の総湯のほうに行ってみました。
そうしたら、蟹汁をまだ振舞っていましたよ!
そうなんです。お宿でこの蟹汁の無料券をいただいてきました。こういうお得なチケットや割引券を宿が配っていることが多く、最近はお宿に先に行って、情報やお得をゲットしてくるのが定番となりました。

蟹汁は、店じまい直前の時間だったので、おばさんたち、たくさん蟹やエビの頭をいれてくれちゃいましたよ^^。
お風呂のほうは、後でとおもっていたのですが、時間切れで、今回の旅では結局はいることができず。リベンジですね。

e0351590_23473585.jpg
e0351590_23482194.jpg
e0351590_23473612.jpg
e0351590_23473627.jpg
e0351590_23473517.jpg

山中温泉街をプラプラ歩き、郷土品、山中塗、九谷焼、アクセサリー、お酒などなど、あちこちの店にひっかかるもんだから、なかなか前に進みませんでしたよ(笑)だって、なかなかセンスのいいものを置いているんですもの。トトロも陣取っていました!

e0351590_23485278.jpg
e0351590_23492145.jpg
e0351590_23492168.jpg
e0351590_23495497.jpg
e0351590_23495551.jpg
e0351590_23500987.jpg
e0351590_23522587.jpg


正直、さびれかけた小さな温泉街があるだけかもと思っていたので、いい意味で裏切られ、楽しい散策とショッピングの時間をもつことができました。

そのまま、こおろぎ橋から鶴仙渓の遊歩道を回りました。1月というのに良いお天気で温かい気候に助けられ、ラッキーでした。

e0351590_23520700.jpg
e0351590_23543421.jpg
e0351590_23551257.jpg
e0351590_23552250.jpg
e0351590_23552756.jpg
e0351590_23572685.jpg


最後に、あやとり橋を渡り、宿に戻りました。

e0351590_23554249.jpg
e0351590_23554270.jpg

散策やショッピングは、金沢より素朴感があって、観光化しすぎていない雰囲気も気に入りました。ひがし茶屋よりこちらのほうが好き!っていうほど。山中温泉はリピ決定ですね。

さて、次回はお宿の紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-04-06 23:00 | 国内観光 | Comments(0)
2018年冬 金沢加賀の旅は、午後のコースです。

県立美術館から移動したのは、ランチ「鮨処 あさの川」です。
主計町の橋の横にある、2017年にできたばかりのお寿司屋さんです。なんでも、蚊の有名な「小松弥助」の森田さんが指導・プロデュースしたとか。古い町屋の建物を利用して、寿司カウンターと個室が作られています。

e0351590_22173619.jpg
e0351590_00545383.jpg


12時スタートの方と一緒にカウンターでコースが始まりました。
おつまみが一品、そのあとはすぐに握りがスタートするスタイルです。

日本酒を少しだけとりました。
加賀鶴の特別純米酒をいただきました。ソフトで、やはりもう少しきりっとしたものがよかったかな。

e0351590_00543864.jpg
e0351590_22203995.jpg


小松弥助スペシャルと同じ烏賊・・・とのことですが、どうも別物のようですね(笑)。小松弥助を食べていないのですが。

e0351590_00573046.jpg


そのほかの、ラインナップ。エビとアナゴが美味しかったですね。
全体にネタはまずまずよかったのですが、しゃりの握り方が好みと。。。寿司はこだわると、なかなか難しいですねぇ。うるさくてすみません^^。

e0351590_00573034.jpg
e0351590_00573068.jpg
e0351590_00573088.jpg
e0351590_00573181.jpg
e0351590_00573108.jpg
e0351590_00573116.jpg
e0351590_00573126.jpg
e0351590_00573121.jpg


最後は穴キュウの手巻きとお味噌汁で〆られました。

e0351590_00573161.jpg


ふぅ~。おなか一杯!・・・東茶屋の午後の散策でもしようか、と思ったのですが、雨がざあざあ降ってきました。とりあえずホテルに退散し、一服としました。

そのあと出かけたのはこちら。
前回の金沢旅行で気に入った器のお店「黒龍堂」です。近江市場と金沢駅とちょうど中間ぐらいの場所に位置します。

e0351590_00581587.jpg


こちらでいつも拝見するのは、山本長佐氏の器です。
前回話半分にききつつ何点か購入したのですが、実は、こちらは直接の仕入れをされているらしく、少しお得なのです。他の店でお値段を後からみて納得しました。

購入したのは、お弟子さんの作や他の九谷焼の作品です。きれいな独特の画と藍の色だしはとても素敵です。あ、豆皿は実はこのあと、山中温泉街の別のお店で買ったものですね^^。

e0351590_00585211.jpg

そのあと見せていただいたのは、とても買えない骨董品です^^。うわ~ため息物!
ご主人の説明にも力がはいるはいる(笑)・・・目の保養に、古九谷焼や金沢塗などをしっかりと鑑賞させていただきました。
e0351590_00581525.jpg
e0351590_00590231.jpg
e0351590_00590312.jpg

さて、夜も更けてきました。
お夕飯のお店に向かいます。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-04-02 08:00 | 国内観光 | Comments(0)
2018年冬 金沢加賀の旅は、朝の散策&観光からスタートです。

金沢ではホテルに素泊まり、いつも食事をつけません。食べたいもの、見に行きたいものがいろいろあるので、そちらに時間とお金を費やしたいと^^。

まずは、ホテルの前にある近江町市場へ・・・市場の中を覗きながら向かうは。

e0351590_23545980.jpg
e0351590_23545913.jpg

こちら「東出珈琲店」です。
前回も来ようと思っていくと、なんとお休み~(><)。今回リベンジ来訪です。

モーニングコーヒーを目当てです。昔ながらの喫茶店という雰囲気がなかなかいいですよ。ネルのドリップで入れる本格レトロコーヒーはしっかりした味わいで、コーヒー豆の種類も豊富です。喫茶店でコーヒーが400円台って安い!・・・って東京が高いのか(笑)トーストとプリンをとって、朝食にしました。
ちなみに、こちらはモーニングセットというのはありません。単品のトーストと合わせて食べる形になります。

e0351590_23541207.jpg
e0351590_23551220.jpg
e0351590_23544938.jpg
e0351590_23543687.jpg


近江町市場に戻って、ちょこっとカレーパンも食べちゃいました^^。

e0351590_23570674.jpg


次に向かったのは、定番「兼六園」です。
金沢城はもういっかな^^。桂坂口でおがんで・・・中にはいりました。

e0351590_00010740.jpg


雪の兼六園です。
でも雪はかなり溶けていて、雪釣りには全く雪はありません。お天気がよく、寒い金沢としては過ごしやすい気候でしたね。

e0351590_00025269.jpg
e0351590_00035712.jpg


それでも、足元は溶けかけの雪やみぞれっぽい氷が凍っていたり、歩きづらさは少しありました。凍った池やキーンと冷えた空気の中、兼六園の散策を楽しみました。あらら、ハートの模様の松までありましたよ^^。かわいい雪ダルマも!

e0351590_00293280.jpg
e0351590_00041916.jpg
e0351590_00051861.jpg
e0351590_00043844.jpg
e0351590_00291775.jpg


このあと、反対側の小立野口にまわり、石川県立美術館に行きました。兼六園の入場券と1か所どこかはいるとお得になるセット券が売っていたので、そちらを利用しました。石川県にゆかりのある作家を中心とする日本画、油彩画、彫刻、工芸品、陶芸品など、展示を、駆け足ながらたっぷりと堪能しました。

e0351590_00053364.jpg
e0351590_00054352.jpg
e0351590_00054305.jpg

この美術館内といえば、こちら・・・「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」です!
かの有名な辻口博啓氏のスィーツがいただけるケーキ屋さんです。でもこれからランチ、今食べるのは・・・ということで、テイクアウトで買って帰りました。

e0351590_00110451.jpg
e0351590_00065312.jpg
e0351590_00064523.jpg


後ほど、ホテルに戻っていただきました。とてもおいしかったですよ~!

e0351590_00082102.jpg


さて、次回は金沢のランチと後半の散策です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-03-25 10:00 | 国内観光 | Comments(0)
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光は3日目です。

お天気は今一つ・・・でも最終日の3日目も夜行便なので、ゆっくり夕方まで時間があります。
レイトチェックアウトは、なんとか17時ごろまでOKをいただきました。クラブラウンジで朝食のあと、お出かけしました。(ラウンジばっかり毎日利用してました~^^。このためにインターコンチに泊まったようなものですもの♪)

e0351590_14361108.jpg
e0351590_14385757.jpg

行先は、またロックスにしました。夜歩いて見てとても興味がわきました。パブだけではもったいない!明るい町並みを楽しみたいと思い、歩いてすぐの便利さもあって、フラッと出かけました。
船着き場には海外の船がはいってきているようです。大きなスーツケースを持った人たちが行きかいます。

e0351590_14392363.jpg
e0351590_14392479.jpg

e0351590_14395097.jpg
e0351590_14393813.jpg


ハーバー沿いに歩いていくと、ブリッジのたもとにパークハイアットがあります。古い建物を生かした、東京などのパークハイアットとは少し趣の違ったシックな雰囲気。ここもいいなあ、と思いつつ、ホテルフェチの血が騒ぎます!

e0351590_14393877.jpg
e0351590_14393843.jpg


パークハイアットの近くに、ケン・ドーンのミュージアムがありました。明るい絵を描くオーストラリアを代表するアーティストの一人、以前もいろいろグッズを買ったりしたので、フラッと立ち寄りました。

ところが、中に誰もいない!ロックス&ハーバーの好立地にあるのに、人気ないのかなあ・・・入場無料なのにね。私は、さくっと展示を見て回り、ショップで明るいグリーン基調のランチョンマットをご購入です^^。

e0351590_14395072.jpg
e0351590_14400040.jpg
e0351590_14400030.jpg
e0351590_20592461.jpg

ツーリストセンターの横に、ロックス・マーケットがありました。面白そう!こちらでいろいろ物色し、お土産を購入しました。

楽しそうなパフォーマンスや、地元のフード、アクセサリー、ローカル工芸など、様々なものが所狭しと並んでいました。ちょっとお高めの観光地値段はやむを得ませんが、遠くまで行く時間もとれなかったのでしょうがないかな。ワイングラス立てはお気に入りです。

e0351590_14410642.jpg
e0351590_14410760.jpg
e0351590_14410702.jpg
e0351590_14413703.jpg
e0351590_14424321.jpg
e0351590_14425635.jpg
e0351590_14425652.jpg
e0351590_14430391.jpg

アボリジニの先住民文化を見られる「ロックス・ディスカバリー・ミュージアム」はなかなか興味深く拝見しました。シドニーの文化を初めて勉強した気分^^。

e0351590_14485662.jpg


そのあと、細い裏路地にはいり、面白い壁絵や標識、建物、ショップ、カフェなどを眺めて回り、ちょと探検気分で楽しみました。ちょっといいなあと思った小さなホテルでランチしようと思ったのですが、団体様がはいっていて断念(><)。

e0351590_14491714.jpg
e0351590_14491734.jpg
e0351590_14491797.jpg
e0351590_14492462.jpg
e0351590_14492582.jpg
e0351590_14492589.jpg
e0351590_14492979.jpg


この街も十分歩いたので・・・ホテルフェチの血が騒ぎ、次に坂をえっちらおっちら、めざしたのは。。。

e0351590_14514013.jpg


フォーシーズンズホテル・シドニーです。
泊まりたいな、でも高いな~と思っていたホテルです。でもやっぱりちょっと覗いてみたいという気持ちを抑えられず、ハーバー&ロックスからも近いので、入ってみました。ロビーや内装が落ち着いた感じ、トイレにはいってもその雰囲気は素敵です。

e0351590_14515729.jpg

e0351590_14515799.jpg


こちらのロビーラウンジ横のカフェで、遅いランチを取ることにしました。
カジュアルなレストランなのですが、なんだかワクワクどきどき・・・。

ロックスを歩き回って、かなりお疲れ、のども乾いていました。思わずシャンパンに!
レストランでのサービスは、本当にすばらしい。さすがフォーシーズンズというのを感じます。ダンディな男性のソムリエが、ちょっとした冗談もかわしながら、スマートにもてなしてくださいます。

e0351590_14522027.jpg


アラカルトで、カジュアルフレンチのオリエンタル、ヌーベルキュイーズ風です。タルタルの海苔のせ、ラングすてぃーぬのハーブ焼き、コーヒーをいただきました。料理もなかなかおいしく、とても気持ちよく優雅な気分で食事をすることができました。シドニー滞在の締めくくりの食事でした。

e0351590_14522156.jpg
e0351590_14523147.jpg
e0351590_14524161.jpg
e0351590_14523107.jpg


ホテルに戻り、荷物をまとめて、いよいよチェックアウトです。
最後にラウンジで軽くドリンクなどいただき、空港へ向かいます。

e0351590_22490834.jpg

次回は、帰国のフライトです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-02-19 08:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー | Comments(0)