人気ブログランキング |

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
日光湯元温泉「ゆ宿 美や川」の紹介、お風呂とお食事です。

お風呂は2つの内湯と2つの露天風呂が貸切で、空いていれば自由に使えます。5室しかなく、1室は温泉風呂つき、必ずどこかは空いているのでうれしい贅沢な貸切風呂三昧ですね。

e0351590_15194857.jpg

ロビー近くには、自由にいただけるアイスキャンディーとお茶、休憩所があります。

e0351590_15190071.jpg
e0351590_15190031.jpg
e0351590_15185972.jpg
e0351590_15320315.jpg


1Fの内湯タイプは二つあります。丸窓と菱型窓タイプで、形が若干ちがいますが、お風呂場と脱衣所をあわせると、ほぼ同じぐらいの広さでしょうか。どちらもL字型に湯船が配されており、熱湯と寝湯のぬるめ湯と2つありました。・・・といっても源泉温度の高い温泉、源泉かけ流しで全体にけっこう熱めです。ホースでお水を足して入ることが多いですね。各お風呂場に化粧品類も常備されており、部屋からタオルだけをかごに入れてもっていきます。

e0351590_15190474.jpg
e0351590_15202730.jpg
e0351590_15192660.jpg
e0351590_15192615.jpg
e0351590_15194838.jpg
e0351590_15194807.jpg
e0351590_15202773.jpg
e0351590_15315830.jpg
e0351590_15204140.jpg
e0351590_15204180.jpg
e0351590_15204115.jpg


2Fの露天風呂はかなり狭いですが、上の抜けた空を見ながら、なかなか悪くなかったですよ。泉質が違うようで、2Fのほうは白濁というより緑色の濁り湯でした。

e0351590_15211238.jpg

e0351590_15211222.jpg
e0351590_15212001.jpg
e0351590_15212046.jpg
e0351590_15214915.jpg
e0351590_15215009.jpg

お食事は食事処で。
栃木和牛のしゃぶしゃぶ鍋をメインとして、オーナーの素朴な家庭料理が順番に運ばれてきました。あつあつでいただけ、無理をしないほっこり家庭的な品々がいいですね。

e0351590_15374049.jpg
e0351590_15373670.jpg
e0351590_15375053.jpg
e0351590_15375057.jpg
e0351590_15375059.jpg
e0351590_15383305.jpg
e0351590_15383333.jpg
e0351590_15383349.jpg
e0351590_15383740.jpg

朝食も同じ食事処です。
湯豆腐は温かく、その他のメニューも手作りで少しずつ楽しめるよう、頑張っておられました。

e0351590_15384993.jpg
e0351590_15384997.jpg
e0351590_15384989.jpg


私たちのお部屋は二間でしたが、一番狭い一間の部屋ですと1万円台半ば、この料理とお風呂は同じですので、かなりコスパだと思いますよ。リピーターが多いようで、お宿のかたと楽しそうにお話ししているテーブルがありましたね。

以上、お宿の紹介でした。
ちょっと熱いお湯で温度調節が面倒だと思うこともありますが、手ごろなお部屋で楽しむのもありかなと思いました。さもなくば、部屋の温泉付きで湯三昧など^^・・・それでも2万円台ですから。

この後は、お宿滞在前後の観光とグルメを少しばかり。

by Pockie_totoro | 2018-09-28 08:00 | 奥日光湯元温泉 美や川
2018年GWの旅、小豆島「島宿真里」の宿泊は、お宿のお風呂の紹介です。

客室以外に、パブリックスペースにもお風呂が2つあります。こちらは貸切利用のみになっています。わずか7室で、それぞれの客室にお風呂がありますから、なかなか入れないほど混むことはありません。予約は不要で、空いていればいつでも気楽に利用できるのがうれしいですよね。

お風呂は外の建物にあります。出口のところに冷たいお水が置かれています。ひとつが、ハーブなどがはいったクレンズ水になっています。この横の札をひっくり返して入りに行くというもの。ここであいてなければ、また来ればよいのです^^。

e0351590_23153635.jpg



お風呂棟へからんころん。。。
上を見上げると、実はここ、私たちの「て」の間です。

e0351590_23161988.jpg
e0351590_23161914.jpg
e0351590_23172500.jpg


「石の湯」と「竹の湯」ののれんが。おじゃましま~す。
敷地から湧く「里枝温泉」、メタケイ酸系の肌にやさしいお湯です。

e0351590_23180789.jpg
e0351590_23162064.jpg


「竹の湯」の脱衣所はわりにこぢんまり。中にはいると、竹がすのこのように敷かれています。四角い小ぶりな湯船です。二人サイズぐらいでしょうか。
大きなボトルの化粧品とコットンなどがたっぷり。いいですねぇ。

e0351590_23162089.jpg
e0351590_23202931.jpg
e0351590_23162000.jpg
e0351590_23162067.jpg


外に出ると、露天風呂です。
すのこ部分、階段も竹が敷かれており、横が竹林です。周りは黒くて高い仕切りのような壁があって、ちょっと外見はうーむ、という見栄えですが、湯船にはいってみると、下の方は壁がなく目隠ししていないので、圧迫感は意外と気にならない。そして上を見ると空がぽっかり、こんなに明るくて、竹林とともに見えて気持ちがよいですね。なかなかうまく作られています。

e0351590_23163847.jpg
e0351590_23165862.jpg
e0351590_23175927.jpg
e0351590_23164361.jpg


もうひとつの「石の湯」は夜に入った写真がメインです。
こちらのほうが、脱衣所がやや広かったように思います。アメニティなどは同じです。夜のほうが、ライティングによる光使いの繊細さをより感じられますね。

e0351590_23191100.jpg
e0351590_23191187.jpg
e0351590_23191171.jpg
e0351590_23191939.jpg


変形の石風呂に、外に出るとこちらも露天風呂があります。

e0351590_23191938.jpg
e0351590_23195480.jpg
e0351590_23191997.jpg
e0351590_23200219.jpg
e0351590_23204248.jpg


昼間のお風呂はこの写真。
こちらのほうが落ち着いた感じのお風呂ですね。

e0351590_23202305.jpg


さて、次回はメーンイベントである、宿のお食事です。




by Pockie_totoro | 2018-08-17 08:00 | 島宿真里
2017シルバーウィークの旅、会津東山温泉「向瀧」の紹介は、温泉のお風呂とお庭です。

温泉は、自噴源泉を持つ老舗宿の強み、大浴場も貸切風呂もなみなみと源泉かけ流しを満喫することができます。大浴場2つに貸切風呂が3つと余裕のサイズ。どちらに行っても混みすぎて困ることはあまりありません。露天風呂はなく景色もありませんが、昔ながらの内湯で湯質とレトロな湯殿をしみじみ味わうのがおすすめです。

まず「さるの湯」はぬるめのお湯。こちらがメインの大浴場といった感じで、まずは温まって洗うのにおすすめです。軟らかい肌あたりがとてもいいですよ。

e0351590_01074220.jpg
e0351590_01074191.jpg
e0351590_01072502.jpg
e0351590_01072463.jpg

もう一つの「きつねの湯」は、この温泉本来の熱湯がなみなみと注がれています。シンプルな湯船ですが、入るとぐっと熱いお湯がからだにしみこむ!いったん温まったあとに行く方が体に馴染みやすいと思います。洗面スペースも昔のままでレトロ感たっぷり!天井の文様もお楽しみください。熱いお湯が苦手な人が増えている中、こちらはいつも空いていますので、そういう意味でもおすすめです。

私たちの泊まった部屋は、この「きつねの湯」からほど近い場所でした。

e0351590_01075360.jpg
e0351590_01075727.jpg
e0351590_01081462.jpg
e0351590_01081449.jpg
e0351590_01081510.jpg

そして、貸切風呂です。
ちょっと小ぶりですが、3つの部屋があり、二人ぐらいでまったりと楽しむにはおすすめです。洗い場もあり、空いていればいつでもはいれますし、バスタオルも入口にたっぷり!(どのお風呂にもバスタオルありますよ)お湯はやや熱めですが、各自湯温を調節できます。湯口の湯の花のすごさが、お湯の長い歴史と成分の良さを感じさせますよね。

e0351590_01074397.jpg
e0351590_01074369.jpg
e0351590_01072558.jpg
e0351590_01070969.jpg
e0351590_01071005.jpg

毎回たくさん写真を撮ったので、お庭は少しばかり。
いつ見ても手入れが行き届いた美しいお庭は、本当に素晴らしいです。建物とともにお宿の財産ですね。いつまでも美しく会ってほしいです。紅葉、桜、雪など様々な表情を見に、また来ることでしょう。」

e0351590_01095916.jpg
e0351590_01095896.jpg
e0351590_01095807.jpg

さて次回は、お食事です。

by Pockie_totoro | 2018-01-03 21:00 | 向瀧
米沢の湯ノ沢温泉「時の宿 すみれ」の紹介、お風呂です。

毎回同じお風呂ですが、そのたびに感じる目線で写真を取ってみています。

大浴場は2つ、到着時と翌朝は入れ替えです。
到着時のお風呂はご一緒の方がいたので、一瞬ひとりだった露天風呂以外は写真がありません。内湯も同じような眺めですがガラス越しになります。
ここから体を乗り出すと、実は新幹線が走る線路が見えるのです。緑深い眺めの中にたまに走る列車がいると楽しくなりますが、女性はあまり乗り出さない方がよいでしょう(笑)。

e0351590_22561214.jpg
e0351590_22561225.jpg
e0351590_22561280.jpg
e0351590_22561290.jpg


翌朝のお風呂が、よく宣伝に使われるこのお風呂。
脱衣所の籠や鍵のついた引き出しはどちらのお風呂にもあります。

椅子が並んでいてなかなか風情があっていいのですが、私は到着時のお風呂のほうがゆったりとしていて好みです。到着時のお風呂のほうが、広さはおそらく二倍ぐらいです。


e0351590_22573225.jpg
e0351590_22573264.jpg
e0351590_22573867.jpg



そして、貸切風呂がふたつ。石風呂と檜風呂があり、空いていればいつでも使うことができます。
この貸切風呂が2か所あるので、お部屋にお風呂がなくてもあまり気になりません。ウォッシュレットのトイレはついていますから。予約しなくていいって、本当に気楽です。11室しかない宿ですから、それほど争奪戦にもならず、たいていどちらかは利用できます。

e0351590_22562047.jpg
e0351590_22561940.jpg
e0351590_22561923.jpg
e0351590_22563299.jpg
e0351590_22581625.jpg


夏の楽しみは、お風呂上がりのビール。
テラス前でぐびっと。いいですよ~。ちなみに、こちらは有料ですので。。。

e0351590_22564683.jpg


もちろん、お風呂上がりのお水も用意されています。

e0351590_22583403.jpg


ロビー横には、こんなにぎやかなコーナーが!
おちゃめな女将の趣味でおいた人形たち、お客様が追加でおいたり、位置を変えたりして、いつも楽しませてくれますよ。我が家から参加したととろ君も陣取ってます♪

e0351590_22552620.jpg


さて、次回はお楽しみのお食事です。

by Pockie_totoro | 2017-10-19 21:00 | 時の宿 すみれ
福島県高湯温泉「ひげの家」の紹介、次は温泉、おんせん・・・とパブリックスペースです♪

こちらの硫黄泉はどの湯船にもなみなみと源泉かけ流しです。男女別の内湯と露天がセットになっており、朝夜で男女入れ替わりになります。基本は1万円台半ばの宿ですから、お風呂の仕様もシンプルです。でも脱衣所はとても清潔にすっきりしているので、安い宿という感じはしません。体重計が新しいものに交換されていましたね。

e0351590_21214075.jpg
e0351590_21215958.jpg
e0351590_21214021.jpg
e0351590_21214166.jpg
e0351590_21220038.jpg


こちらの滝の湯の露天風呂は、いったん内風呂の脱衣所を出るのでちょっと不便です^^。ログハウス風の建物で脱衣所があり、露天風呂に出ます。夏場は気持ちいいですが、真冬はちょっと寒いんですよね。

e0351590_21225925.jpg
e0351590_21221237.jpg
e0351590_21221313.jpg
e0351590_21221376.jpg


ここの露天風呂、とても好きです。特にそれほど凝ったことをしているのではないですが、何気に注ぎ口あたりの岩の配し方、枝振り、川を臨む景色など、自然の良さを感じます。


e0351590_21224548.jpg
e0351590_21224602.jpg
e0351590_21224504.jpg
e0351590_21225309.jpg


さて、星見風呂も行きましたよ。そう、貸切温泉です。空いていればいつでも利用できます。部屋のお風呂より広いので、こちらもやっぱり利用してしまいます。夜ここの星見台に来ると、天気がよければ素敵な夜空が楽しめますよ。

e0351590_21231486.jpg
e0351590_21232227.jpg
e0351590_21232331.jpg
e0351590_21232345.jpg
e0351590_21233914.jpg
e0351590_21282928.jpg


我が家のトトロ君たちは、この温泉が好きです^^。

e0351590_21235597.jpg
e0351590_21241775.jpg


お風呂上がり・・・今回とてもお気に入りのスペースを見つけてしまいました!
このエントランス前のロビーから出ると・・・・。

e0351590_21290949.jpg

こんなテラスがあります!
下に星見台、周りは緑、ここでビールをいただいて至福の時間!夏の楽しみです。

e0351590_21300726.jpg
e0351590_21320129.jpg
e0351590_21321256.jpg
e0351590_21302879.jpg
e0351590_21304784.jpg
e0351590_21304824.jpg
e0351590_21304895.jpg



もちろん、お風呂上がりのレモン水も健在ですよ。

e0351590_21323127.jpg



もう一つの入れ替え後のお風呂は、内風呂はほぼ同じ、左右対称なだけの違いです。脱衣所から直接出られる月見風呂は露天風呂、こちらも川沿いなので雰囲気はなかなかですよ。

e0351590_21330295.jpg
e0351590_21334368.jpg
e0351590_21330231.jpg
e0351590_21330147.jpg
e0351590_21330234.jpg

以上、お風呂とテラスの紹介でした。

おまけ



More
by Pockie_totoro | 2017-10-05 21:00 | ひげの家
箱根湯元温泉「萬翠楼福住」の紹介、お風呂とお食事です。

大浴場は男女別に内湯と露天風呂があり、夜10時で入れ替わりになります。
レトロな建物ですので、お風呂の風情もそのものです^^。脱衣所などもきっちり手入れされており、古いながら清潔感は問題ありません。

e0351590_00565996.jpg
e0351590_00571859.jpg

最初にはいったお風呂はレトロなタイルに丸い湯船の内湯と岩風呂の露天風呂です。湯本の街中になるので眺めは望めません。風情ある坪庭の中でほっとします。お湯がやわらかく、真綿にくるまれるような・・・という宿の説明が、入ってみて納得でした。温まるし、ほっとする肌触りです。

e0351590_00571823.jpg
e0351590_00571803.jpg
e0351590_00572526.jpg
e0351590_00572509.jpg
e0351590_00572679.jpg



翌朝入った方が少し狭いですね。同じ丸風呂の壁の向こうに半月のような形の湯船に、外には檜の露天風呂です。

e0351590_00582724.jpg
e0351590_00582775.jpg
e0351590_00582807.jpg
e0351590_00582839.jpg

さて、お食事です。お手頃なプラン、翌日の外での食事がメインとあって、実はあまり期待していなかったのですが・・・意外になかなかよかったです。丁寧に作られた、また工夫もあり、楽しめました。


メニューはこちらです。
e0351590_00573075.jpg


日本酒がサービスでついてきたプランだったので、こんなに300mlのが3つも!飲みきれませんした^^。

e0351590_00574179.jpg


詳細失念したところもあり、一気に写真で紹介させていただきます。
前菜は楽しくお酒と楽しめましたし、椀のもののハモの葛打ちは食感よく、炊合せの味もよく、焼き胡麻豆腐のアイデアはびっくり!お蕎麦で食事を〆たのはよかったと思います。
e0351590_00574142.jpg
e0351590_00574238.jpg
e0351590_22312743.jpg
e0351590_00574921.jpg
e0351590_00574937.jpg
e0351590_00575037.jpg
e0351590_00581348.jpg
e0351590_00581368.jpg
e0351590_00581324.jpg
e0351590_00581797.jpg



翌朝、朝食も和食です。小田原のアジの干物は旨味がよく、手作りお豆腐もおいしくいただきました。ヨーグルトのデザートにコーヒーで〆です。

e0351590_00585375.jpg
e0351590_00585480.jpg
e0351590_00585450.jpg

以上、お風呂と食事の紹介でした。

朝のけだるい時間・・・


More
by Pockie_totoro | 2017-09-18 23:00 | 箱根萬翠楼 福住
2017GWの旅、「大和屋本店」の紹介は、お風呂と朝食です。

前回ご紹介したように、この宿では洋室朝食付きの宿泊です。道後と松山散策を楽しむため、2連泊でとりました。

お風呂は大浴場が男女別で入れ替え制です。写真はいいのがないので、混ぜて紹介です。
入口に履物のマークの札やクリップを置くなど、スリッパを間違えないようにするための工夫は、最近は衛生を考えてやっている宿が多いですね。

e0351590_10044442.jpg
e0351590_10051611.jpg
e0351590_10064242.jpg



浴場は、熱湯とぬる湯、露天風呂とあります。街中の宿なので、お風呂からは坪庭の眺めのみです。風情ある石の配置や、名湯のそそぐ湯口など、工夫でお風呂を楽しめるようにしています。

ただ、ちょっと残念だったのは、実はお湯は源泉かけ流しではないことなんです。後から入った道後温泉本館と比べると、その湯力の差を感じてしまいました。

e0351590_10080239.jpg
e0351590_10045542.jpg
e0351590_10045521.jpg
e0351590_10045602.jpg
e0351590_10050061.jpg
e0351590_10071848.jpg
e0351590_10071056.jpg


湯上りのお水で一息!

梅干しもおいてあるのはめずらしく、けっこう古いタイプの宿のしつらえかもしれません。

e0351590_10051773.jpg

朝食です。
食事処で和食と洋食が選べます。私たちは2回とも和食にしました。ご飯は、おかゆと白いごはんが選べます。

うーん、まあ、こんなもんでしょうか。ごはんの味が今一つだったのは残念です。朝食って、やっぱりお米がおいしい!・・・っていうのが一つの基準だったりしますよね。

e0351590_11175719.jpg
e0351590_10081847.jpg


外湯に行くことが前提の温泉街、この宿では籠とタオルの貸し出しが無料であります。
浴衣も有料で貸し出しがあるようです。

e0351590_11182726.jpg


さて、宿は寝泊りがメイン・・・街に繰り出しましょう!
次回は街歩き&観光の紹介です。

by Pockie_totoro | 2017-07-09 18:00 | 大和屋本店
2016年金沢冬の旅、山代温泉「あらや滔々庵」の紹介は、お風呂です。

温泉街の真ん中にある老舗宿、山代温泉の源泉がすぐ浅いところから湧き出しており、豊かな湯量を享受するお宿です。
パブリックのお風呂は3つあり、原泉閣と特別浴室「鳥湯」のセット、瑠璃光とが男女別に入れ替え制となっています。

まずは、瑠璃光です。
総ヒノキのお風呂の雰囲気がすばらしい!お湯も柔らかく、一番気に入りました。外の露天風呂は眺めがないので、小ぢんまりと付け足したような感じです。この内湯に乾杯です。脱衣スペースは小ぢんまりですが、アメニティやタオルもそろっています。

e0351590_21480233.jpg
e0351590_21451326.jpg
e0351590_21451478.jpg


e0351590_22443569.jpg
e0351590_21452826.jpg
e0351590_21452088.jpg
e0351590_21452735.jpg
e0351590_21452023.jpg
e0351590_21452844.jpg

e0351590_21453437.jpg


次に、原泉閣です。おおきな柱に絵柄が印象的なデザインです。ただ、全体の感じは、こちらはよくある、旅館の大浴場といった雰囲気でしょうか。きれいでゆったりしていますが、あらや滔々庵らしさを感じられないのですよね。瑠璃光とあえて違った雰囲気にしているのだとは思いますが、ちょっぴり残念です。外の岩湯はその分、風情を感じるつくりですね。脱衣所はこちらはゆったりとしていて、くつろぐことができます。




e0351590_22443543.jpg
e0351590_22443552.jpg
e0351590_21471731.jpg
e0351590_21472517.jpg

e0351590_21464200.jpg
e0351590_21464225.jpg
e0351590_21464399.jpg


もう一つは、特別浴室「鳥湯」です。暗い照明を落とした独特の雰囲気で、ぬるいお湯に瞑想してゆったりつかる形になっています。椅子に座ってこの雰囲気に浸るのがよいのかもしれません。私は普通の熱めのお湯に入るほうが好みだったので、ここは少し体験する程度に利用しただけとなりました。

e0351590_21473265.jpg
e0351590_21473335.jpg
e0351590_21473308.jpg
e0351590_21473841.jpg

お風呂エリアにはいるエントランス回りには、椅子とドリンクが用意されています。ドリンクは、ビールとシャンパン・・・ならぬ、発泡酒とカバ(スパークリングワイン)でした。うーん、このクラスのお宿、せっかくなら本物を置いてほしかったですね。シャンパンは無理としてももう少しよいスパークリングを。ビールは頑張れるでしょう^^。ちょっと厳しいことを言ってしまいましたが、お宿の名誉回復(って大げさ?)のためにも、ここはいい印象になるようにしてほしいですね。ジュースやハーブティー、健康ドリンクなどのほうがポイント高くなるかもしれませんね。


e0351590_22274937.jpg
e0351590_22282035.jpg

以上、お風呂の紹介でした。
次回は、お食事です。

by Pockie_totoro | 2017-02-08 21:00 | あらや滔々庵
2016年金沢冬の旅、金沢を2泊してチェックアウト、駅ビルのカフェでモーニングのワッフルを食べて、北陸本線に乗りました。

e0351590_23135259.jpg

向かったのは、大聖寺駅です。なんですか、その駅?...そうですよね、普通(笑)加賀温泉駅の一つ奥に、素敵な美術館があるのです。「石川県九谷焼美術館」です。焼き物好きの私たちは、観光を切り上げて、こちらの見学をすることにしました。山代温泉のお宿の車迎えが加賀温泉駅13時以降なので、朝金沢をゆっくり目に出てきて、こちらに移動したのでした。

本当に小ぢんまりとした駅です。駅前にAPAホテルがありましたよ。
ローカル線の地元民中心の電車もなかなかのどかでした。

e0351590_21474999.jpg
e0351590_21483898.jpg

駅を降りて、コインロッカーがないので、ネットで調べた貸自転車やさんにスーツケースを預けて、ぷらぷらと美術館前歩いて行きました。
な~んにもない感じのところですよ。渡し船が奥の川のほうにあるらしいけど、本当に人ともすれ違わない10分ほどでした。
兼の施設がいくつか集まったところに、美術館は建っていました。

e0351590_21451786.jpg
e0351590_21451775.jpg



入場は加賀温泉郷の見学とセットでお得なパスポート入場券を買いました。3か所で800円というもの。この美術館がすでに500円で、もう一つどこか行けば元がとれます。これで、山代温泉の共同湯もはいれるので、利用決定!

e0351590_21483113.jpg

展示物は撮影できませんので、パンフレットで紹介を。
とにかくテーマごとに並べられたすばらしい九谷焼の数々、青手色絵赤絵と呼ばれる3様式の作品がテーマに分かれて展示されており、380年の歴史と重みを感じる作品の数々に見入ってしまいました。館内は余裕のスペースなので、ゆったりと並べられており、圧巻です。じっくりと2周まわって見てきましたよ。

中のお庭スペースもよかったです。3連休というのにほとんど人がいなくて、人気がないのが本当に残念な美術館です。場所が金沢から離れているからですね。

e0351590_21483191.jpg
e0351590_21455619.jpg
e0351590_21455669.jpg
e0351590_21461334.jpg
e0351590_21481093.jpg




美術館を後にして、どこかでランチしようにも、うーん・・・ない!というわけで、テイクアウトの横で簡単な椅子のあるたこ焼き屋さんに入りました。たい焼もあって、ほおばりました。お宿の夕飯が楽しみなので、軽いランチでちょうどいいかも!


e0351590_23134335.jpg
e0351590_23132685.jpg
e0351590_23133351.jpg

さて、一駅戻って、加賀温泉駅で降り、お宿に送ってもらって山代温泉に入りました。
お宿の紹介は次回として、まずは山代温泉内を少し散策しました。

中心の温泉街です。足湯に温泉神社・・・星のリゾート界もありますよ。下の赤い建物!
e0351590_21505702.jpg
e0351590_21490708.jpg
e0351590_21491310.jpg
e0351590_21515433.jpg



総湯と古総湯です。翌日、古総湯のほうにははいりました。じんわりと効くお湯、風情あってよかったですよ。写真はお風呂ではなく、建物の上にある休憩所です。お風呂内も休憩所もこのようにステンドグラスがはめられて独特の雰囲気を楽しむことができます。総湯のほうは地元の方もたくさん利用している洗い場もある普通のお風呂です。私たちはお登りさんして、古総湯のほうだけはいりました。

e0351590_21495076.jpg
e0351590_21514990.jpg
e0351590_21520702.jpg
e0351590_21521546.jpg
e0351590_21522588.jpg
e0351590_21522536.jpg
e0351590_21522544.jpg
e0351590_21522684.jpg


散策でまず寄ったのは、「いろは草庵」です。北大路魯山人の寓居跡県工房を公開しているところです。

まず入って、お茶にお菓子を出していただきました。このお菓子がおいしい!・・・思わずお土産に買っちゃいました。ナッツ味のお干菓子風和菓子です。

e0351590_21500468.jpg
e0351590_21500409.jpg
e0351590_21500514.jpg


敷地内のお庭、茶室、書、工房など、落ち着いた和室でゆったりと見ることができました。
魯山人という人は本当にすごい・・・奇才です。料理も器も書も茶の湯も・・・すべて自分の物にしたのですから、まさに天才です。どの作品も素晴らしい。感服です。
e0351590_21501951.jpg
e0351590_21501913.jpg
e0351590_21503538.jpg
e0351590_21503560.jpg
e0351590_21503590.jpg
e0351590_21512226.jpg


翌日でしたが、もう一か所、九谷焼跡展示館も見てきました。作家が実際に作っているところや登り窯の遺跡がありましたが、じっくり見られる器もあり、なかなか目の保養でしたよ。

e0351590_21550673.jpg
e0351590_21550775.jpg
e0351590_21552312.jpg
e0351590_21553004.jpg
e0351590_21553745.jpg
e0351590_21554903.jpg


須田青華のお店やほかの店も寄りましたが、もう美術館の焼き物の素晴らしさに惹きつけられ、売り物がなんだか魅力が少し下がって見えてしまったのですよね。いや~、目の保養、十二分な3日間となりました。

e0351590_21524066.jpg
e0351590_21524060.jpg
e0351590_21525042.jpg

さて、山代温泉で泊まったお宿の紹介にはいります。

by Pockie_totoro | 2017-02-01 21:00 | 国内観光
福島県飯坂温泉「御宿かわせみ」の紹介、すでに何度も紹介しているので、お風呂やパブリックスペースを軽くアップします(といいながら、写真だらけ^^)。

こちらの大浴場は、小ぢんまりですが窮屈さはありません。脱衣所もさわやかなデザインで、気持ちの良い明るさです。お風呂には私の大好きな低温サウナがあり、今回も利用しました。ただ、結構混んでいたので、ほかの人がはいってくるとちょっと気まずいぐらいの狭さなので、短い時間で退散です。一人でテレビ見ながらゆっくり汗を流せるのが理想っていうスペースです。男性のほうが広くゆとりのスペースのようで、この女性側サウナの構造は何とかしてほしいものですが、つくりの改装って難しいんでしょうね。
e0351590_21413070.jpg
e0351590_21413025.jpg
e0351590_21412957.jpg
e0351590_21413029.jpg

e0351590_21413986.jpg

e0351590_21413961.jpg

e0351590_21393774.jpg
e0351590_21393779.jpg
e0351590_21394862.jpg

e0351590_21393775.jpg


お風呂上がりのラウンジは、いつものヨーロピアン調です。
おいてあるドリンクは、夕方が桑の葉茶とオレンジジュース、朝はヨーグルトドリンクとレモン水です。

こちらは雑誌も置いているのでいつでもくつろげるラウンジなのですが、お風呂上がり以外、あまり利用していないのですよね。客室が快適なので、あまり出てこないっていうのがあるかもしれません。

e0351590_21394876.jpg
e0351590_21400176.jpg
e0351590_21405158.jpg
e0351590_21402862.jpg
e0351590_21400115.jpg
e0351590_21405196.jpg
e0351590_21415722.jpg
e0351590_21415741.jpg



今回は利用していませんが、2Fにもこぢんまりとしたラウンジがあります。2Fのお客様用のスペースですね。

2Fから見る眺めや池も明るくてなかなか悪くないですよ。こちらは住宅街の中にある宿なので、絶景という感じではないのですが、それはそれなりに^^。まあ、宿内の雰囲気に浸るのが王道なのでしょうね。その意味では離れがベストかもしれませんね。

e0351590_21461814.jpg
e0351590_21461874.jpg
e0351590_21461978.jpg

さて、次回はメインであるお食事の紹介です。

by Pockie_totoro | 2017-01-01 21:00 | 御宿かわせみ