Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
マレーシアさくっと旅の紹介、最後はマジェスティックをベースにおでかけ2か所です。

まずは、リッツカールトンから移動してきて、出かけたのが通称「ピンクモスク」のプトラモスクです。暑さもピークになる時間、タクシーを利用してしまいました。

ホテルから30分ほど、プトラジャヤに到着しました。お天気は抜群、タクシーのおっちゃんが「クルーズいいよ」と勧めるので、何となく乗る羽目に。。。
そうしたら、なんと、イランの団体様と重なり、1台目の船は満席、2台目にやっとのるなんていうとんでも環境でどうしようか・・・と不安になりましたが。。。

e0351590_22430651.jpg
e0351590_22430671.jpg
e0351590_22432320.jpg
e0351590_22432684.jpg


ラッキーなことに窓側席がとれたこともあり、すてきな湖の眺めを小一時間楽しむことができました。湖の周りの建物を楽しみ、橋をくぐり、気球をながめ、なかなか楽しい時間でした。

e0351590_22434997.jpg
e0351590_22434999.jpg
e0351590_22434971.jpg
e0351590_22435754.jpg
e0351590_22442562.jpg
e0351590_22442581.jpg
e0351590_22443947.jpg

湖の端まで行って折り返しは、ちょっと天気が悪くなりました。でも船室内を見たり、看板で景色を眺めたり・・・いい1時間でしたよ。降りる前の最後は、これから見に行くピンクモスクです!

e0351590_22445345.jpg
e0351590_22445394.jpg
e0351590_22445910.jpg

さて、ピンクモスクに来ました。
女性は肌を出すことができません。この赤い毛氈のようなマントを借りて、モスクにはいります。そりゃあ、暑いですよ~(笑)礼拝堂の中も外もすべてピンク、きめ細かいアラベスク模様の天井や柱など、イスラム建築の結集がすばらしいです。

e0351590_22455305.jpg
e0351590_22473672.jpg
e0351590_22475996.jpg
e0351590_22480075.jpg


翌日の朝は、ホテルから近い「イスラム美術館」まで散歩がてら、見に行きました。10分もかかりませんでしたよ。

国立モスクをながめつつ、緑の生い茂った敷地内を歩いて行きました。

e0351590_22485987.jpg
e0351590_22485978.jpg
e0351590_22485995.jpg
e0351590_22485930.jpg


到着しました。
建物自体が、独特の雰囲気です。イスラム建築ってパステルカラーのきれいな色を使うことが多いんですね。とても目にやさしいです。中に入ると、受付もモスリムの人たちが働いています。見学エリア以外に礼拝堂もありました。

e0351590_22494012.jpg
e0351590_22493545.jpg
e0351590_22500698.jpg
e0351590_22541081.jpg
e0351590_22541006.jpg
e0351590_22502100.jpg


中には、イスラム経典、絵画、貴金属&宝物、陶磁器、建築物の模型、じゅうたん、衣装などなど、本当にすごい点数の展示品が所狭しと並んでおり、見て回ると結構時間がかかります。

マレーシアにこだわらず、イスラム関連のものが結集されており、欧州、中国、シルクロード、トルコ、日本など、それぞれの文化から影響を受けたものが展示され、説明も丁寧につけられていました。伊万里焼のような陶器には思わず目を奪われました。細かいアラビア文字でかかれた経典は見事です。

e0351590_22501548.jpg
e0351590_22510861.jpg
e0351590_22510890.jpg
e0351590_22510949.jpg
e0351590_22511902.jpg
e0351590_22511943.jpg
e0351590_22520344.jpg
e0351590_22520478.jpg
e0351590_22521281.jpg
e0351590_22521341.jpg
e0351590_22531385.jpg
e0351590_22535781.jpg


そして、一番感動したのは、天井です。
アラベスク模様の礼拝堂の中のような天井が、美術館の中にあるのです。ピンクとブルーの模様がそれはすばらしい!ピンクモスクで見た礼拝堂はかなりの距離。こちらは上階の展示から見ると、本当に手に取るような距離で天井を見ることができ、何度もうっとりと眺めてしまいました。イスラムの美術にそれほど興味をもっていなかったのですが、引き込まれるように見入ってしまいました。

e0351590_22533211.jpg
e0351590_22533212.jpg


あわててホテルに戻って、シャワーを浴びました。
チェックアウトです!

ホテルのシャトルバスに乗ってKLセントラル駅にでました。

e0351590_23293849.jpg


帰りも結局KLエクスプレスを利用してしまいました。
空港では、マレーシア航空のゴールデンラウンジを利用し、帰国の途につきました。広くてドリンクやミールが充実したすばらしいラウンジです。

e0351590_23305100.jpg
e0351590_23305734.jpg
e0351590_23310954.jpg
e0351590_23314070.jpg
e0351590_23314072.jpg
e0351590_23314053.jpg
e0351590_23314062.jpg
e0351590_23314125.jpg

帰国便もビジネスへのアップグレードがかない、ゆったりとディナーをいただきながら、映画も3本見て、ゆとりの帰国の旅でした。願わくば、固いビーフステーキは改善も申し出たい(笑)

e0351590_23314150.jpg
e0351590_23333148.jpg
e0351590_23343423.jpg
e0351590_23343404.jpg
e0351590_23343450.jpg
e0351590_23343470.jpg
e0351590_23343934.jpg

かなり詰め込みな旅でしたが、たのしいマレーシアでした。
以上、ご紹介でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-03 08:00 | マレーシア: ホテルマジェスティックKL | Comments(0)
マレーシアさくっと旅の紹介、ホテルマジェスティックKLの客室です。

お部屋は、マジェスティックウィングの402号室です。
いろいろありましたが、なんと、100平米はあると思われる、すごいコーナールームのスィートです! 
扉をあけると、まずはこのリビング。明るい大きな窓、ゆったりとしたソファセットに、ライティングデスクも立派です・・・ここで10人ぐらいのパーティできちゃいそうです。

e0351590_14521760.jpg
e0351590_14525373.jpg
e0351590_14525378.jpg


隣のベッドルームにも大きな窓、キングサイズのベッド(たぶん2mぐらいあると思います)、TV、パウダーコーナー、クローゼットがあります。ベッドリネンはぱりっとした綿の肌触り、バスローブも柔らかく着心地のよいワッフル地です。私の小さなスーツケースがさらに小さく見えるほど、広さを感じることがおわかりいただけると思います。

e0351590_14525384.jpg
e0351590_14530151.jpg
e0351590_14530497.jpg
e0351590_14531575.jpg
e0351590_14531548.jpg


ミニバーや食器類も充実です。
冷蔵庫内のドリンクは無料です・・・が2本ぐらいしか飲みませんでした。飲みきれない!アルコールははいっていません。

e0351590_15013024.jpg
e0351590_15013017.jpg


バスルームです。
猫足のバスタブに、独立したシャワーブースはレインシャワー付きです。お湯をためるのも、シャワーを浴びるのも水圧がしっかりしていて、とても気持ちの良いものでした。バスアメニティはマジェスティックのオリジナルです。クラシカルなデザインのボックスに収められたアメニティの数々も、気分が上がりますね。バスは角にあるので、窓も2面あるのですよ。通常、ブラインドが閉まったままですが、私は明るいほうがうれしいので、全部開けてしまいました。腰高窓なので見られる心配はまずありません。クラシカルな水栓に、バスソルトを入れてるんるん!・・・バスタイムも楽しめました。

e0351590_14530196.jpg
e0351590_14530168.jpg
e0351590_15012172.jpg

お部屋の窓からこの眺め、これがとても気持ちがよいです。
国立モスク、ペトロナスタワーなど2つのタワー、クアラルンプール駅のクラシカルな建物などがみな、この部屋から臨めるのです。

e0351590_14525349.jpg


そして、なんといってもこちらの夜景もうっとり!
お部屋に恋してしまいました。

e0351590_14553788.jpg
e0351590_15010065.jpg
e0351590_15010046.jpg
e0351590_15010081.jpg



昼間のマジェスティックウィングの吹き抜けは素敵な光が取り込まれています。

e0351590_15014280.jpg
以上、お部屋の紹介でした。

実は・・・


このようなことがあって・・・
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-27 08:00 | マレーシア: ホテルマジェスティックKL | Comments(0)
マレーシアさくっと旅の紹介、リッツカールトンを後にして、次のホテルは「ホテルマジェスティック・クアラルンプール」です。オートグラフコレクションというブランドで、マリオットグループに属します。

コロニアル調の建物がすばらしいと聞いて、とても泊まりたいホテルのひとつとなっていました。今回、念願かないました。移動は面倒になり、結局リッツからタクシーです。日本と違って、30分近い移動でも1000円もしないので、本当に安いですね。

到着したのはこちら、新館のきらびやかで立派な建物です。チェックインはここのカウンターで行われました。日本人ゲストリレーションの方が対応してくださいました。
すばらしい内装やアーチなど素晴らしいのですが、なんだかちょっと思っていた雰囲気とちがうなあ、と思っていたところ・・・

e0351590_00204780.jpg
e0351590_00180150.jpg
e0351590_00182964.jpg
e0351590_00180876.jpg
e0351590_00180736.jpg


隣の建物の方に案内いただきました!そうなんです。旧館のほうが、あのクラシカルなあこがれの建物でした。しかも、マリオットリワードのゴールドで、新館ジュニアスィートの予約から旧館スィートへアップいただくことができました。

旧館のマジェスティックウィングの玄関、建物はこちらです。
そうそう、こちらがあこがれの方です!白い建物に階段、壁は、まさに清楚な貴婦人です。

e0351590_00183862.jpg
e0351590_00184663.jpg
e0351590_00215929.jpg


そしてなんといっても、古き良きクアラルンプール駅の目の前にあり、この歴史的な建物もしっかりこのホテルから眺めることができます。とてもエレガントなクラシカルです。

e0351590_00214292.jpg


2Fのロビーを通って、マジェスティックウィングに移動、案内されます。コロニアルカフェの中を通って、エレベータで上階に上がります。階段のたたずまいもいいですね。

e0351590_00194213.jpg
e0351590_00242361.jpg
e0351590_00241528.jpg
e0351590_00230150.jpg
e0351590_00221277.jpg


こちらのウィングでは、吹き抜けを囲むようにロの字の廊下です。光が差し込んで明るい雰囲気です。下に見えるのはコロニアルカフェのレストランエリア側のテーブルです。

e0351590_00233425.jpg
e0351590_00233496.jpg

次回は、客室の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-24 08:00 | マレーシア: ホテルマジェスティックKL | Comments(0)
マレーシアさくっと旅、リッツカールトンKLの紹介は、スパ編です。

スパといっても、今回は施術のエステではなく、プール利用です。プールは二つあります。

手前のプールエリアに行くと、エントランス横にセルフのプールバーがあります。お水やフルーツなどが置かれています。おそらくオーダーで他のドリンクなどが出していただけると思いますが、何せ空いていたので、よくわかりませんでした。街中のホテルのため、まわりはビルですが、緑を施したり工夫をしています。

e0351590_23411038.jpg
e0351590_23401678.jpg
e0351590_23395073.jpg
e0351590_23395796.jpg



さて階段を10段ほど上がって通路を通っていくと、Spa Village Poolと書いたところにでます。こちらは、大人用のスペースになっています。

e0351590_23395764.jpg
e0351590_23401657.jpg

まわりのデザインや緑の配し方がハイセンスです。16歳以上のプールスペース、浅いところがないからでもありますし、混む時期はこちらのほうが静かなのだと思います(ほかの人いなかったので、混むイメージわからず^^)。ここにまったりと陣取りました。

e0351590_23401679.jpg
e0351590_23340828.jpg
e0351590_23334745.jpg


少し泳いだり、ゆっくりデッキチェアでくつろいでいると、日没の時間です。
この時間のプールはとても素敵で、明るい時間には無粋なビルも、光を背に美しいシルエットになります。ちょうど夕食の時間にもなっていたこの夕暮れのプールタイム、空いていて、ゆったりと楽しめました。

e0351590_23340829.jpg
e0351590_23341502.jpg
e0351590_23342776.jpg


奥のスペースには、スパの施術ルームやフットマッサージのチェアなどがありました。スパ棟の周りに水路をつくって優雅な空間を演出しています。

e0351590_23395855.jpg
e0351590_23401759.jpg
e0351590_23410221.jpg
e0351590_23410390.jpg


今回利用しませんでしたが、フィットネスジムも、もちろんあります。

e0351590_23411023.jpg


ロッカールームにはジャグジーやサウナもあり、大理石の豪華な内装、快適なスペースでした。タオルもたっぷり、ガウン、スリッパ、ウォーターサーバーも設置されています。これらも含めて、宿泊者は無料で利用できました。

e0351590_23395041.jpg
e0351590_23343422.jpg
e0351590_23343589.jpg
e0351590_23343497.jpg

リッツカールトンKLのホテルの紹介は以上になります。

ほとんどホテルで過ごしましたが、少しだけ街中をフラッと散策しました。ブキッビンタンという、KL一番のショッピングエリア繁華街のすぐそばにホテルがあります。ホテルから渡り廊下のような通路を通って、JWマリオットの横、ブキッピンタン中心部に行くことができます。昼間の暑い時は本当に助かりますね。

e0351590_23412772.jpg


パビリオンというショッピングモールをメインに散策しました。吹き抜けときらびやかなライトのビルに、多くのショップがはいっており、高級ブランドが多いですね。

e0351590_23414800.jpg
e0351590_23414888.jpg
e0351590_23420103.jpg

実はマレーシアに到着して両替をしていなかったので、ほとんど現金を持たず(前回の旅行の残り数十リンギットだけ)!Money Exchangerを探していたのもありました。

パビリオン内に見つかりました、こんな真っ赤な建物です。もう面倒だったので、少しの両替ですし、レートは気にせず。。。やっぱりさがさなくてよいようにするには、空港で替えてしまうことですね。

e0351590_23420863.jpg


歩き回って少し疲れたので、どこかで一休み・・・とパビリオンの外を歩いていると、スタバが!

e0351590_23430968.jpg

でも、はいったのは、お向かいのビアバー(笑)・・・泡の誘惑に負けました^^。
カールズバーグのバーです。トトロ君もおいしくいただきましたよ。

e0351590_23421890.jpg

では、次回は、次のホテルの移動して・・・のご紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-23 08:00 | マレーシア: リッツカールトンH_KL | Comments(2)
マレーシアさくっと2018の旅、リッツカールトンKLに泊まりました。客室とクラブラウンジの紹介です。

客室は18F1811号室、デラックス・エグゼクティブ・ルームです。一応デラックスルームという下のカテゴリーがあって、ここより少し狭いのがあるらしく、マリオットリワードで、一応1つUGになっているのかな。コロニアル調のデザインは、扉にも表れています。白がまぶしい!

e0351590_21324652.jpg


キングベッドにゆったり座れるカウチ風ソファでゆとりのスペースです。壁の大型液晶TVの両サイドに棚やミニバーがあります。デスクも大きいので、PCがゆっくり利用できました。ベッドサイドのランプもおしゃれなのですが、スィッチの位置がよくなく、消すのがちょっと不便なタイプでした。鏡を多用しているので広く明るく見えますが、ちょっとゴージャスを狙いすぎているでしょうか。窓からの開放感ある眺めは満足です。とはいっても、もともと雑多な街中なので美しいビューは望めませんので。

e0351590_21320879.jpg
e0351590_21320908.jpg
e0351590_21320981.jpg
e0351590_21323254.jpg
e0351590_22583108.jpg



ミニバーはコンプのペットボトル水2本、コーヒーメーカー、素敵なグラスなどの食器類もたくさんあって、こういうセッテイングを見ると、テンションあがりますね。

e0351590_21340620.jpg
e0351590_21345009.jpg


ちょっと余談を。

実は最初12Fの客室にアサインされました。お部屋の家具やレイアウトは結果的には同じなのですが、致命的だったのが、目の前のビル。工事中の人が目の前でもろみえ、そのとなりのビルからも丸見え・・・これはちょっと落ち着かないということで、ルームチェンジをリクエストしました。差額払ってもいいかなと思ったのですが、結局それはなしでOK,結果的に窓が大きいタイプの部屋にしていただけたので、大変ラッキーでした。その部屋が以下です。窓のあたりの違いがわかるかと思います(窓の外まで写真とりませんでしたが・・・)。

e0351590_22002514.jpg
e0351590_22011654.jpg


続いて、バスルームです。
全面大理石張りの明るいライト使い、シャワーブースとトイレが別室にあり、バスタブもゆったりです。RCのバスアメニティはアスプレイ、香り控えめで使いやすいものです。水栓の金具やタオルを置いた棚のおしゃれさはさすがRCですね。

e0351590_21332168.jpg
e0351590_21332143.jpg
e0351590_21332233.jpg
e0351590_21340533.jpg

入口横にはウォークインクローゼットがあり、荷物置き場、金庫、化粧テーブルとイスも備え付けられています。バスローブはもちろん備え付け、タオルの肌触りがよく、着やすいものでした。よくあるタオルが分厚くてごわごわしているタイプのって、小柄な私には、実はかなりいまいちだったりします。

e0351590_21340543.jpg
e0351590_21331204.jpg
e0351590_21493030.jpg


コンプリメンタリーのシューシャインがあります。こんな素敵なペーパーに包んでお届けいただきます。気分は淑女ですよね♪

e0351590_21355559.jpg

そして、私にとって第二の客室・・・はい、リビングルーム&ダイニングとなる「クラブラウンジ」です。

GFにあり、エントランスから入ってすぐ右側にあります。広さはまずまず、家具やレイアウトは、ビジネスライクな感じですね。街中の道路のすぐ横なので、外の景色は平凡です。柱やじゅうたんがゴージャス感を出している感じですね。

e0351590_21504601.jpg
e0351590_21502388.jpg
e0351590_21505213.jpg


朝到着した私は、ここに「朝食」に利用させていただきました。翌朝も朝食をいただいているので1泊で2回朝食^^。カフェオレやサラダをおいしくいただきました。

e0351590_21531032.jpg
e0351590_21541031.jpg
e0351590_23355430.jpg



ビュフェは品数もなかなかあり、プレゼンテーションは秀逸。コールドプレートやフルーツカクテルなどが充実しています。味はまずまずですかねぇ^^。キッシュがおいしかったですね。


e0351590_21534113.jpg
e0351590_21534170.jpg
e0351590_21541099.jpg


カクテルアワーも、実は朝食と似たものが出ていました。
少しホットミール系が多かったのと、おつまみとなるタパス系の小皿があるのが特徴でしょうか。コールドミールとフルーツは同じです。泡は、シャンパンでなく、残念ながらスパークリングワインです。お味は今一つだったでしょうか。

e0351590_22313466.jpg
e0351590_23360008.jpg
e0351590_22313483.jpg


欠点は、なんといっても、つよ~い冷房!
最後の朝は、ジュースをもって外に出て、このコーナーでホッとしました。ここ、実はスモーキングコーナー用にあるようですが、私にとっては凍えた体を温めるところで(笑)

e0351590_21542516.jpg
e0351590_21542594.jpg

次回は、スパのプールスペースです。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-20 08:00 | マレーシア: リッツカールトンH_KL | Comments(0)
マレーシアさくっと旅の紹介、まず宿泊に選んだのはリッツカールトンホテル・クアラルンプール(KL)です。世界で1,2を争う「お安い」=お得リッツカールトンなのです。こちらでぜひ優雅な空間を楽しみたく・・・・早朝到着なので、リクエストで、できれば部屋を用意しておいてほしいとのメールを入れておきました。

KLエキスプレスに乗って、KLセントラル駅が終着。結局面倒なのでホテルまでタクシーを利用してしまいました。といっても1000円もしません。到着は朝8時になっていなかったかな。エントランス付近は、とてもきらびやかなシャンデリアやソファなどの家具で飾られ、華やかです。

まずは、本館エントランスのカウンターでチェックイン手続きをしました。ラッキー!・・・朝からお部屋が利用できることになりました。

e0351590_20104220.jpg
e0351590_20070056.jpg
e0351590_20070852.jpg
e0351590_20071233.jpg

クラブラウンジ・アクセス付きのプランを予約していましたので、建物が違います。渡り廊下をつたってとなりに案内されました。通路もラウンジやレストランのソファエリアになっているところを通ります。途中見た宴会場も華やかな雰囲気でしたね。

e0351590_20125346.jpg
e0351590_20125225.jpg
e0351590_20075743.jpg
e0351590_20104709.jpg
e0351590_20130927.jpg


ラウンジのある建物に到着しました。実際には2Fを通っていくのですが、ここでグランドフロア(1Fのことです)のエントランスエリアの写真も紹介しておきます。

座ってチェックインできる、エグゼクティブ棟ですね。ソファも重厚ですが、きらびやかさより、落ち着いた華やぎを感じるライティングやインテリアです。この横にクラブラウンジがあるのですが、ご紹介は別途。

e0351590_20083236.jpg
e0351590_20122455.jpg



ちなみに1F(グランドフロアの上で、通常の2Fを意味します)にはライブラリーとスモークルームがあります。KLに来て思いましたが、分煙をしっかりしながら、スモーカーがゆったりと吸える場所を用意しているのですよね。とても立派な部屋があってびっくりしました。

e0351590_20131609.jpg
e0351590_20132259.jpg
e0351590_20132285.jpg
e0351590_20133176.jpg
e0351590_20133199.jpg

客室に向かいます。
重厚なエレベータが、襟を正したくなる雰囲気です。

e0351590_20091042.jpg
e0351590_20094088.jpg

次回は、客室とクラブラウンジの紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-18 20:00 | マレーシア: リッツカールトンH_KL | Comments(0)
遅々として進まないブログ、たっぷりとバックログはたまっております(笑)が、海外のさくっと旅を、新鮮なうちに紹介したいと思います。

マレーシアの首都クアラルンプールへ2泊4日で行ってきました。7か月ぶりの海外です。
ANAダイヤモンド会員のサービスを享受する旅・・・そうです、国際線のスィートラウンジなどを楽しむのです!そして、泊まりたいホテルを2軒選んだら、なんと、どちらもマリオットグループ・・・というわけで、期せずして、マリオットリワードのプラチナチャレンジに足を突っ込んでしまいました^^。

出発は、羽田空港の国際線です。
久しぶりの国際線でちょっとどきどき。ファーストクラスのカウンターでチェックインができるので、これもすばらしい!わくわく記念撮影♪
そして、ラッキーなことに、アップグレード(UG)申請してあったE席が、無事チェックインでビジネスクラスにUGできました!やはり夜行はフルフラットのビジネス席が楽ですものね。ダイヤモンド会員になったときにいただいたポイントを利用してのUGです。

e0351590_23582728.jpg

すぐにイミグレを通って、ラウンジに向かいました。
フライトよりかなり早い時間です。

e0351590_00195686.jpg
e0351590_00195634.jpg

ラウンジにはいると、そこはスィートの世界、わくわく・・・。
個室風の席や、バラエティあるお食事やおつまみ、お酒もいろいろ・・・もちろん泡はシャンパンですよ。麺コーナーでもいろいろあるらしいのですが、私の目的は。。。

e0351590_22180819.jpg

e0351590_00200340.jpg
e0351590_00203816.jpg
e0351590_00203872.jpg
e0351590_00203904.jpg

はい、こちらの羽田空港スィートラウンジ名物、「ダイニングh」です!

19:30のスタート前に並び損ねて、すでに長蛇の列!あわてていったら、なんと一巡目は私の前のひとまで(涙)・・・「お客様、空きましたらお呼びいたしますので、こちらをもってお待ちください」とこの呼び出しベルを受け取りました。ぼやぼやしてちゃーだめですよね。慣れない悲しさ^^。

e0351590_00205884.jpg


無事30分ほどしてお呼びいただきました。
あこがれの「ダイニングh」、皆さん和牛を狙いますが、私は長崎のイサキポワレとサイドディッシュを1つとり、デザートはチョコなどのアイスです。うーん、おいしかったです!

e0351590_00205891.jpg
e0351590_00210766.jpg
e0351590_22191689.jpg
e0351590_00211358.jpg


さて、お腹もいっぱい!次はシャワーですか・・・あらら、もう10人待ちですって。先に予約しておきべきでしたね。要領マジ悪し^^。次回からはちゃんと余裕をもってですね。

ようやくまわってきた順番、スィートシャワー室は、それは素敵な空間でした。
アメニティはふかふかのタオルにシャンプーやリンス、ローションはすべて完備。1回分以外に、お持ち帰り可能なブランド物のアメニティもありました。化粧水や乳液もあり、至れり尽くせりです。

e0351590_00212115.jpg
e0351590_00212147.jpg
e0351590_00212141.jpg


さて、ようやく搭乗の時間です。いったい何時間ラウンジにいたの??
・・・というのは、ANA好きの方のSNSのメンバーとお会いすることができ、楽しく時間を過ごすことができました。会ったことがないのに、コミュニケーションでなんだか初めてじゃないよう。

787便のビジネスクラスはスタッガードのフルフラットです。シャワー後にラクチンなパンツに履き替えていましたので、スリッパをはき、サイドテーブルも広く、私物をいろいろ置けて便利です。足元にハンドバックをいれてセッティング完了!

e0351590_00213596.jpg
e0351590_00213515.jpg
e0351590_00213562.jpg


お食事は、深夜便では最初軽いおつまみと飲み物だけなので、オプションで途中「一風堂」の味噌ラーメンと食べてしまいました^^。朝の食事は洋食。かなりおなかがいっぱいだったので、たまごとパン、ヨーグルトを少しいただいたかな。

e0351590_00214828.jpg
e0351590_00214863.jpg


クアラルンプール国際空港に到着しました。

KLまでご一緒の数名の方と、ここまで案内いただきました。移動はとりあえずKLエクスプレスを利用。かなりお高めなんですが、やっぱりバスより早いんですよね。まずは体験ということ利用することにしました。カードで買うと10%オフということまで教えていただき、感謝!往復はさらに10%安いのですが、帰りはどうするかわからなかったのでとりあえず片道にしました。

さて、KLの街にはいります。

e0351590_00215726.jpg
e0351590_00215778.jpg
e0351590_00215794.jpg

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-17 21:00 | フライト、空港 | Comments(0)
シドニー旅行も終え、帰国のフライトです。

夜行便のため、空港へはシティトレインでゆっくり移動しました。
チェックインのあと、Express Pathから保安検査場をはいります。これはやっぱり、どこの国でもあればありがたいものです。空港内の通常の搭乗ロビーでも、こんなにおしゃれなデザインで、思わず写真をとってしまうほどです。ここでも十分くつろげますね。

e0351590_22540720.jpg
e0351590_22540714.jpg


マスコット君MUSTのわたくしは、Duty Freeエリアで、コアラとウォンバットをゲットします^^。ちなみに、お酒やたばこは激高です。

e0351590_23111987.jpg
e0351590_23112757.jpg


ANA搭乗者用のラウンジは、スターアライアンス組であるニュージーランド航空運営のラウンジです。

e0351590_22540828.jpg


ラウンジはとても広くて、白を基調とした、非常にすっきりとしたデザインです。写真がブレブレが多くてあまり載せられないのですが、ポップなカラーのソファや、ゆったりうたた寝できそうなソファなど、居心地の良いスペースがあちこちにありました。飲み物やフード類もかなり充実です。私はおなかがけっこう一杯でしたので、少しいただいた程度です。お味の方はどうかなあ?・・・あまり試せず。

e0351590_22564219.jpg
e0351590_22564252.jpg
e0351590_22564262.jpg
e0351590_22564917.jpg
e0351590_22564929.jpg
e0351590_22565001.jpg
e0351590_23124010.jpg
e0351590_23122143.jpg


フライトはANA880便のビジネスクラスに乗りました。ANAダイヤに向けて、最後の贅沢です!スタッガードのフラットシート、遅い軽食をいただき、翌朝到着までゆっくりと寝られました。長いフライトでも時差の少ないオーストラリアは、寝られればこんなに楽なんだと実感!アジアはタイやシンガポールでも実質3-4時間しか寝られないので、けっこうきつかったりします。

e0351590_23124533.jpg
e0351590_23124600.jpg


お食事は和食をとりました。半分ぐらい食べて・・・お休み。あとから、一風堂の味噌ラーメン食べちゃいました^^。
ついでに、食事メニューとドリンクメニューもアップしちゃいます。

e0351590_23085577.jpg
e0351590_23085560.jpg
e0351590_23085473.jpg


起きている間に見たインフライト・ムービーは、懐かしの「プリティ・ウーマン」です。私、リチャード・ギアのファン!これはコケティッシュなジュリア・ロバーツの初期の作品、何度見てもきゅんとします♪

e0351590_23125492.jpg
e0351590_23130775.jpg


狙っていたダッフィー熊君も機内販売でゲットし、満足のフライトと相成りました。

e0351590_23140687.jpg


無事、羽田空港に朝6時台に到着。お疲れ様でした~・・・

ではないんです^^。このあと、国内線に移動。荷物をコインロッカーに預けて搭乗したかったのですが、なんと、ちょうど米トランプ大統領様の来日とバッティングし、空港内すべてのコインロッカーが封鎖(><)。やむなく、荷物預かりサービスのカウンターに並んでお願いしました。

シドニー帰国便で無事10万プレミアムポイントを超えました。ポイント証明を見せて、羽田空港国内線でダイヤモンドのスィートラウンジに入れていただくことができました。朝日のANA機がとてもすてきに見えます♪

e0351590_23145673.jpg
e0351590_23150803.jpg

よぉ~し、乗るぞ~!と搭乗口にいったら、あらら、これが名物の「ダイヤ様優先搭乗渋滞」ですか(苦笑)

私はゆっくりと後から乗りました。

さてこのあと、おまけの国内線の行先は・・・。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-02-20 21:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー | Comments(0)
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光は3日目です。

お天気は今一つ・・・でも最終日の3日目も夜行便なので、ゆっくり夕方まで時間があります。
レイトチェックアウトは、なんとか17時ごろまでOKをいただきました。クラブラウンジで朝食のあと、お出かけしました。(ラウンジばっかり毎日利用してました~^^。このためにインターコンチに泊まったようなものですもの♪)

e0351590_14361108.jpg
e0351590_14385757.jpg

行先は、またロックスにしました。夜歩いて見てとても興味がわきました。パブだけではもったいない!明るい町並みを楽しみたいと思い、歩いてすぐの便利さもあって、フラッと出かけました。
船着き場には海外の船がはいってきているようです。大きなスーツケースを持った人たちが行きかいます。

e0351590_14392363.jpg
e0351590_14392479.jpg

e0351590_14395097.jpg
e0351590_14393813.jpg


ハーバー沿いに歩いていくと、ブリッジのたもとにパークハイアットがあります。古い建物を生かした、東京などのパークハイアットとは少し趣の違ったシックな雰囲気。ここもいいなあ、と思いつつ、ホテルフェチの血が騒ぎます!

e0351590_14393877.jpg
e0351590_14393843.jpg


パークハイアットの近くに、ケン・ドーンのミュージアムがありました。明るい絵を描くオーストラリアを代表するアーティストの一人、以前もいろいろグッズを買ったりしたので、フラッと立ち寄りました。

ところが、中に誰もいない!ロックス&ハーバーの好立地にあるのに、人気ないのかなあ・・・入場無料なのにね。私は、さくっと展示を見て回り、ショップで明るいグリーン基調のランチョンマットをご購入です^^。

e0351590_14395072.jpg
e0351590_14400040.jpg
e0351590_14400030.jpg
e0351590_20592461.jpg

ツーリストセンターの横に、ロックス・マーケットがありました。面白そう!こちらでいろいろ物色し、お土産を購入しました。

楽しそうなパフォーマンスや、地元のフード、アクセサリー、ローカル工芸など、様々なものが所狭しと並んでいました。ちょっとお高めの観光地値段はやむを得ませんが、遠くまで行く時間もとれなかったのでしょうがないかな。ワイングラス立てはお気に入りです。

e0351590_14410642.jpg
e0351590_14410760.jpg
e0351590_14410702.jpg
e0351590_14413703.jpg
e0351590_14424321.jpg
e0351590_14425635.jpg
e0351590_14425652.jpg
e0351590_14430391.jpg

アボリジニの先住民文化を見られる「ロックス・ディスカバリー・ミュージアム」はなかなか興味深く拝見しました。シドニーの文化を初めて勉強した気分^^。

e0351590_14485662.jpg


そのあと、細い裏路地にはいり、面白い壁絵や標識、建物、ショップ、カフェなどを眺めて回り、ちょと探検気分で楽しみました。ちょっといいなあと思った小さなホテルでランチしようと思ったのですが、団体様がはいっていて断念(><)。

e0351590_14491714.jpg
e0351590_14491734.jpg
e0351590_14491797.jpg
e0351590_14492462.jpg
e0351590_14492582.jpg
e0351590_14492589.jpg
e0351590_14492979.jpg


この街も十分歩いたので・・・ホテルフェチの血が騒ぎ、次に坂をえっちらおっちら、めざしたのは。。。

e0351590_14514013.jpg


フォーシーズンズホテル・シドニーです。
泊まりたいな、でも高いな~と思っていたホテルです。でもやっぱりちょっと覗いてみたいという気持ちを抑えられず、ハーバー&ロックスからも近いので、入ってみました。ロビーや内装が落ち着いた感じ、トイレにはいってもその雰囲気は素敵です。

e0351590_14515729.jpg

e0351590_14515799.jpg


こちらのロビーラウンジ横のカフェで、遅いランチを取ることにしました。
カジュアルなレストランなのですが、なんだかワクワクどきどき・・・。

ロックスを歩き回って、かなりお疲れ、のども乾いていました。思わずシャンパンに!
レストランでのサービスは、本当にすばらしい。さすがフォーシーズンズというのを感じます。ダンディな男性のソムリエが、ちょっとした冗談もかわしながら、スマートにもてなしてくださいます。

e0351590_14522027.jpg


アラカルトで、カジュアルフレンチのオリエンタル、ヌーベルキュイーズ風です。タルタルの海苔のせ、ラングすてぃーぬのハーブ焼き、コーヒーをいただきました。料理もなかなかおいしく、とても気持ちよく優雅な気分で食事をすることができました。シドニー滞在の締めくくりの食事でした。

e0351590_14522156.jpg
e0351590_14523147.jpg
e0351590_14524161.jpg
e0351590_14523107.jpg


ホテルに戻り、荷物をまとめて、いよいよチェックアウトです。
最後にラウンジで軽くドリンクなどいただき、空港へ向かいます。

e0351590_22490834.jpg

次回は、帰国のフライトです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-02-19 08:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー | Comments(0)
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光は2日目です。

この日はいくつか目標を定めて出かけました。
まずは、歩いてシティエリアに行きました。建物を楽しみながらショッピング街の散策です。

歴史的な建物のショッピングモールがたくさんある、シティは、外からだけでなく、内装の天井、床、壁、店構えなど、見ているだけでも本当に楽しいです。クィーンズビクトリアやストランドなど、建物とお店をぷらぷらっと、歩き回りました。


e0351590_23541375.jpg
e0351590_23541435.jpg
e0351590_23541467.jpg
e0351590_23542474.jpg
e0351590_23543330.jpg


次に向かったのは、少し遅いランチです。
時間がもったいないので、タクシーを拾いました。タクシーのおっちゃん、ビルズ本店なら知ってるだろうと高をくくったら、知らんと!あわてて、ガイドブックの住所を見せて、探してもらいました(笑)。

目の前に到着したは、住宅街の中にある地味な建物・・・ん?これ?bills!

e0351590_23550395.jpg
e0351590_23550418.jpg


そうです、あの「世界一美味しい朝食」といわれる「ビルズ」、発祥の地シドニーの本店に行ってきました。遅めのランチで少しすいているかな、と思ったら、まだ満席でした。10分ほど待って、真ん中の大きなテーブルに案内されました。

e0351590_23551747.jpg
e0351590_23551705.jpg


お目当ては、もちろん、あのふわふわのパンケーキです♪
日本の古典的なパンケーキとはつくり方が違います。このちょっといびつな形のパンケーキ、ふわふわとしっとりが入り混じったような独特の食感、私にとっては初めての体験、たっぷり堪能しました。ただ・・・この大きさ、最後の方は少々飽きてしまったかも(苦笑)

e0351590_23552510.jpg
e0351590_23555720.jpg


ちなみに、トイレはお店の外にあります。こんな格子の向こうに、こぢんまりとしたトイレでした。イソップのソープがあって香りがよかったですよ。

e0351590_12485521.jpg
e0351590_12485577.jpg
e0351590_12490392.jpg

ああ、おなか一杯!このあとも、ビルズ付近を散策です。
こぢんまりとした街は、シティエリアとはずいぶん雰囲気がちがいます。入ってみたいカフェやお店がありましたが、おなか一杯だし、次の予定が・・・。雰囲気だけ楽しんで、シティトレインの駅まで歩きました。


e0351590_12484583.jpg
e0351590_12483944.jpg

e0351590_23570736.jpg

次の移動はシティトレインでしたが、こんなバスにも少しだけのりました。オパールカードでさくっと乗り降り、どこの国もこのカードで乗るスタイルがデフォルトですね。

e0351590_23545501.jpg


次に向かったのは・・・オーガニックコスメのお店「ジュリーク」です。
シティのウエストフィールド内のジュリーク直営店です。そう、せっかくジュリーク本場の豪に来たので、トライしたくて、直接午前中にお店に向かい、フェーシャルの予約をいれたのです。この店は奥にスパスペースがあり、ちょうど午後のいい時間があいていたので、ビルズのパンケーキのあとに、と予定を組んだのでした。

店舗の奥にスパ施術個室があります。店員の方の一人がセラピストで、こちらで60分のコースを受けました。なかなかセールストークのお好きな(笑)方で、お肌を上手にほめつつ、化粧品の宣伝をしっかりされました^^。くつろぎながら、オージーイングリッシュ、きついぞ~(笑)!・・・最後に2つほどアイテムをご購入♪

e0351590_23563616.jpg
e0351590_23564405.jpg
e0351590_23564451.jpg
e0351590_23565345.jpg
e0351590_23565327.jpg

さて、フェーシャルでお肌も気持ちよく!・・・散策しながら、いったんホテルに戻りました。ホテル裏にある王立植物園も興味ありましたが、お時間と体力が^^。

e0351590_23570893.jpg
e0351590_23570856.jpg


夕方、ホテルのカクテルアワーを楽しんだあと、一休み。しばらくして夜の街に出かけました。

ロックスです。オペラ座とは反対側ハーバー沿いを歩き、アーガイルカットのちょっと怖い岩のトンネルを通り、オールドパブへ行ってみました。通りの古い町並みは、シティのすました歴史的建物とは違った味わい、ギャングが出そうな開拓時代のワイルドな雰囲気を醸し出しています。アーガイルカットはノミだけで削ったトンネルだそうです。すごい!

e0351590_23574100.jpg
e0351590_23574193.jpg
e0351590_13094218.jpg
e0351590_13093367.jpg
e0351590_23582085.jpg

到着したのは、自家製ビールで有名な老舗パブ「The Lord Nelson Brewery 」に行きました。石畳の街並みや位ホテル内のパブとなっています。砂岩づくりの内装はとてもいい味わい。ビールの種類が多すぎて迷ってたら、「じゃあこのセットがいいよ」と勧められ、4種類の自家製ビールを味わいました。せっかくなので、ビールにあわせて、ビーフパイもとってみました。うん、ビールにあう!マッシュビーンズがいい感じです。となりに座った陽気な2軒目風な人たちとちょっと盛り上がって、乾杯しちゃいましたよ。

e0351590_23574754.jpg

e0351590_23580852.jpg
e0351590_23580819.jpg
e0351590_23582827.jpg

ふぅ~。おなかいっぱい!
この日は食べすぎです(笑)
ホテルに戻ってお休みです。

さて、つぎの街歩きは次回に!たっぷり楽しんでいる感じ、伝わりますでしょうか?!

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-02-17 14:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー | Comments(0)