Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

タグ:ホテル ( 142 ) タグの人気記事

2018年GWの旅、高松から小豆島へ・・・です。

うどんを食べた後泊まったのは、JRクレメントホテル高松です。一休.comで予約しました。
こちらは、翌朝小豆島にわたるフェリーターミナルの目の前ということで、便利さで選びました。もと全日空ホテルだったらしいので、クラウンプラザになってくれていれば、IHGポイントになったのに~とは思いましたが(笑)

いきなりこの写真!。。。はホテル客室からの朝日です。朝早く目が覚めたので、こんな素敵な眺めを見ることができました。これだけでも、ホテル滞在は満足です♪

e0351590_23583606.jpg



ホテルのエントランスは、全日空ホテル時代を彷彿させる感じ・・・宴会場も充実した市内の中心的ホテルだと思います。

e0351590_23561885.jpg
e0351590_23570365.jpg


客室はクレメントツインと呼ばれるカテゴリーのようで、1805号室です。
けっこう高層に位置し、海側なので眺めは抜群・・・は最初の写真でおわかりですよね。ツインベッドは窓側に向くデザインで、窓側が明るく感じます。デスクも窓側は気持ち良いのですが、しいて言えば、ツインなのでソファは2つほしかったですよね(HPでは2つになっているので、窓側が狭いから1つとったのかな)。ベッドスプレッドとインテリアがスッキリとマッチする、シンプルなベージュとブラウンを基調としたお部屋です。

e0351590_23574041.jpg
e0351590_23580043.jpg
e0351590_23573389.jpg
e0351590_23580026.jpg
e0351590_23580012.jpg

パジャマはシャツスタイル、ミニバーは有料のドリンクもはいったスタイルです。無料のミネラルウォーターがなかったので、会員でいつもいただけるホテルのありがたさを感じました。

e0351590_23574005.jpg
e0351590_23582370.jpg


バスルームは、シャワーブースがセパレートの広めな明るい感じです。トイレが一緒なのですが、全体の広さからすればしょうがないところでしょうか。シャワーブースがあるだけでもありがたいです。

e0351590_23581267.jpg
e0351590_23581219.jpg

夜景もなかなか良かったです。(写真があまりうまくとれず・・・)

e0351590_13450543.jpg

朝食つきプランでしたので、ビュッフェをいただきました。7時ごろと朝早めに行ったのですがGW中なのでごった返しの混雑でした。JRホテルだからでしょうか、けっこう年齢層がたかかったような(笑)。もちろんさぬきうどんもありましたよ。

e0351590_23583733.jpg
e0351590_23583604.jpg
e0351590_23584544.jpg

早々とチェックアウトし、高松港フェリー乗り場に行きました。
小豆島の港は3つありますが、たくさん便を出しているので、すぐに乗れる便ならどれでもいいや、ということでいったところ、なんと5分後に出発予定のフェリーが乗船OK、ということで慌ててチケットを買って乗り込みました。時間が有効に利用できてラッキー!

e0351590_23592699.jpg
e0351590_23592663.jpg
e0351590_23592628.jpg


フェリーなんて本当に久々、どんな揺れ、ボロかも・・・と心配したのですが、逆にとっても快適で豪華なのでびっくりしました!電車よりソファもいいし、ゆったりです。一人用はグリーン車並み、長ソファーは寝ている人も。向かい合わせのソファは家族向けに。

e0351590_23593743.jpg
e0351590_00012657.jpg
e0351590_00024165.jpg


讃岐うどんがあったので、思わずとってしまいました^^。コンセントは充電もできるものがあり便利です。

e0351590_00035076.jpg
e0351590_00033422.jpg


甲板にでて楽しめ、眺めも抜群、天気がよかったこともあり、とても快適な1時間ほどの船旅を楽しめました。

e0351590_00074742.jpg
e0351590_00034143.jpg


さて、小豆島土庄港に到着、小豆島の旅が始まります。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-13 08:00 | JRクレメント高松 | Comments(0)
2018年GWの旅、「ホテルリッジ鳴門」での温泉スパとランチでのレストランです。

スパ棟は客室からの渡り廊下を歩いて、チェックイン棟の横にあります。

e0351590_00004432.jpg
e0351590_00005071.jpg


エレベータで2階ににあがると、男女別の温泉大浴場があります。入り口前のラウンジエリアでくつろぐことができます。ここにも冷蔵庫にたくさんのクリスタルガイザーにポカリ!(笑)

e0351590_23501817.jpg
e0351590_23515420.jpg
e0351590_23511006.jpg
e0351590_00021669.jpg
e0351590_23521320.jpg


大浴場の脱衣所はとてもすっきりしたデザイン、光使いがすてきで、アメニティが充実しており、女性にうれしい仕様です。

e0351590_00012771.jpg
e0351590_00012751.jpg
e0351590_00012744.jpg
e0351590_00012753.jpg



大浴場は内湯と露天風呂がつながっており、とても気持ちの良いつくりになっていますね。お湯もちょうどよい湯温で気持ちよく、はいれました。

e0351590_00010611.jpg


e0351590_00011499.jpg
e0351590_00133368.jpg


さて、場所は移って、宿泊棟外にある「カリフォルニアテーブル」です。敷地内のイタリアンレストランです。

e0351590_23590319.jpg


実はチェックインが早すぎたので、こちらで、到着後、軽い食事をいただきました。車も宿に置いておけるので、バルコニー席でスパークリングワインでかんぱーい!海風と陽射しが気持ち良いGWの季節、海の眺めも素晴らしい。ランチには遅い時間でしたので、アフタヌーンティのセットを軽くいただきました。

e0351590_23584916.jpg
e0351590_23582126.jpg
e0351590_23580640.jpg


宿の夕食と朝食の紹介は次回に。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-08 08:00 | ホテルリッジ鳴門 | Comments(0)
2018GWの旅、鳴門海峡から向かったのは、「ホテルリッジ鳴門」です。
一度泊まってみたかったホテル、かなり以前にJTBで予約が取れるのを発見、ポチりました。お天気も良く、お昼ごろのかなり早い時間に到着しました。チェックイン前に、ホテルのレストランで食事をしたのですが、後ほど紹介で^^。

広い敷地の入口、立派なエントランスの看板です。何気にちょっと、ゴルフコースの入口っぽいかも(笑)

e0351590_15580144.jpg
e0351590_15581159.jpg
e0351590_15581142.jpg
e0351590_15583841.jpg


客室は2棟ずつつながった離れです。渡り廊下にそって、客室に案内されました。

e0351590_15590399.jpg
e0351590_16005267.jpg
e0351590_16005218.jpg


和室タイプのツインです。この玄関の踏み込みから左右に振り分けで、右がベッドルーム、左がバスルームに分かれています。用意された履物は、スパ棟に行くときに利用するものです。

e0351590_15592051.jpg
e0351590_15592028.jpg
e0351590_15595040.jpg


振り分け右側の、ベッドルームです。
右側の窓にそってツインベッド、左側の海に向かった窓にはソファ2つとテーブルがあります。ランプや家具など、モノトーン中心で、インテリアがとてもスタイリッシュです。でも窓からの海の眺めがすばらしいので、ほっとする空間です。

e0351590_15592020.jpg
e0351590_15592088.jpg
e0351590_23433439.jpg
e0351590_15594912.jpg
e0351590_16004167.jpg
e0351590_00032825.jpg


ミニバーはカトラリーやドリング類が豊富によういされており、とてもゴージャスです。ソフトドリンクはコンプリメンタリーだったと思いますが、飲みきれませんねぇ。大塚製薬の経営なので、ポカリとかオロナミンCなど、大塚のドリンクが並んでますよ。クリスタルガイザーの水も大塚が取り扱っているとは知りませんでした。

e0351590_16001864.jpg
e0351590_16001894.jpg

振り分け左側の、バスルームです。
ガラス張りのシャワーブースに、窓側には埋め込みタイプの大きなバスタブ、バスアメニティはロクシタン、化粧品、ふかふかタオルもたっぷりと、スリッパやバスローブなどもあり、贅沢なアメニティです。トイレが個室になっているとありがたかったのですが、ちょっとそこがねぇ^^。


e0351590_16000119.jpg
e0351590_16000182.jpg
e0351590_16000195.jpg
e0351590_16000135.jpg
e0351590_16000250.jpg
e0351590_16001889.jpg
e0351590_00031875.jpg

クローゼットにある作務衣などは、温泉のお風呂に行くときには使えます。ホテルスタイルを基本としているので、食事は着替えて靴を履く必要があります。

e0351590_16004047.jpg


次回は、その他のパブリックスペースやレストランの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-06 08:00 | ホテルリッジ鳴門 | Comments(0)
タイのリゾートに来ました。今年の夏休みはクラビです。タイ航空を、成田ーバンコクークラビと乗り継いで1日よっこらしょ^^。

ホテルの中でまったりといリゾートしております。
ホテルとローカルを混ぜて^^。

海&プール

e0351590_11553766.jpg
e0351590_11501007.jpg
e0351590_11595650.jpg
e0351590_11522482.jpg


e0351590_11552123.jpg
e0351590_11483933.jpg

e0351590_11505699.jpg

ホテル

e0351590_11521474.jpg
e0351590_11510775.jpg
e0351590_11511871.jpg
e0351590_11471101.jpg
e0351590_12014312.jpg

フード&バー

e0351590_11515883.jpg
e0351590_11560774.jpg
e0351590_11485224.jpg

マッサージ

e0351590_11515854.jpg
e0351590_11473219.jpg

ではまた!

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-01 12:30 | 海外観光 | Comments(2)
富山グルメの旅、リバーリトリート雅樂倶の宿泊は、スパとパブリックスペースの紹介です。

とにかく建物内すべてがおしゃれなデザイン、空間の演出はお見事です。

e0351590_23011873.jpg
e0351590_23000892.jpg
e0351590_23000807.jpg

この1Fのラウンジは宿泊者専用のクラブラウンジのようなスペースです。ソフトドリンクが置かれており、自由にいただけます。夕方には少しアルコールもあったのかな。その時間には利用しなかったので、わからず^^。

e0351590_13334969.jpg
e0351590_13340805.jpg
e0351590_13341256.jpg
e0351590_13340353.jpg
e0351590_13340394.jpg
e0351590_23032523.jpg
e0351590_22592467.jpg
e0351590_23025594.jpg

ホテルのショップはこちら。
おしゃれなデザインの小物類などがたくさん集められており、見ているだけでも楽しくなります。

e0351590_13341279.jpg


地下に相当するフロアにスパがあります。

e0351590_13342894.jpg
e0351590_13352334.jpg

e0351590_13352371.jpg

この通路を行くと、ジャグジースパと温泉大浴場があります。

ジャグジーのほうは、八角形と四角い二つのジャグジーがあり、外には温泉の露天があります。男性のほうも同じなのかな?

この露天がなかなか風情があって、朝日の時間、夕暮れも素敵な感じでした。シャワーブースのシャワーがかなり凝っており、サウナもスチームとドライ・・・エステ的な温浴スペースですね。

e0351590_13343716.jpg
e0351590_13343740.jpg
e0351590_13344427.jpg
e0351590_13345367.jpg
e0351590_13364976.jpg
e0351590_13344522.jpg
e0351590_13345279.jpg
e0351590_13344422.jpg
e0351590_13363320.jpg
e0351590_13363311.jpg
e0351590_13345377.jpg


温泉大浴場は、いわゆる温泉宿のお風呂の造りです。

男女入れ替えのふたつの浴場をまぜてアップしてしまいましたが、露天風呂の岩の配し方などかなり凝っています。私の泊まった部屋はお風呂なしなので、たっぷりこのパブリックスペースの湯処を利用させていただきましたが、本当にいつもすいていました。上のカテゴリーの部屋はジャグジーや露天風呂がついていますので、皆さんそれほどこちらに来ないのでしょうね。そういう意味で、とても贅沢な空間だと感じました。ちなみに、スパ施術やランチと組み合わせで日帰りの利用もあるようです。

e0351590_13352702.jpg
e0351590_13352799.jpg
e0351590_13352850.jpg

e0351590_13354498.jpg
e0351590_13354429.jpg
e0351590_13355018.jpg
e0351590_13360610.jpg
e0351590_13361267.jpg
e0351590_13361349.jpg
e0351590_13362706.jpg
e0351590_13371065.jpg

次回は、本題、グルメなお食事の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-24 08:00 | リバーリトリート雅樂倶 | Comments(0)
富山グルメの旅、「鮨人」の後は、「リバーリトリート雅樂倶」に来ました。ずいぶん前からあこがれのホテルとして気になっていましたが、金沢ばかりでつい来る機会がなく・・・。平成の大合併で富山郊外ですが、富山市に位置する春日温泉のリゾートホテルです。

とても鮮やかな赤い扉をはいると、ラウンジは吹き抜けで窓も天井も高く、思わず息をのむようなセッテイングです。ああ、これがリバーリトリート!・・・と思ってしまいました(予習おばさんはすぐそういう比較しちゃうんで、すみませんねぇ)。

チェックインは、この暖炉の前のソファでハーブティをいただきながら行われました。

e0351590_21495836.jpg
e0351590_21515416.jpg
e0351590_21522557.jpg
e0351590_21522988.jpg
e0351590_21523630.jpg
e0351590_21575088.jpg


私が予約したのはこぢんまりの本館バスなしのお部屋です。すてきな売りの御部屋は倍以上します、ハイ^^。2Fの207号室です。すべてのお部屋がテーマごとにインテリアやセッティングが違うそうで、私の部屋はアジアン風でした。

e0351590_21552755.jpg
e0351590_21561873.jpg


ツインベッドに、バルコニー、ソファや家具はアジアン風のデザインで統一されており、トイレと洗面スペースは工夫されています。バスなしとは言え、30平米はあり、すっきりとしたデザインですよね。川べりの神通川が見えて眺めはゆったりしています。窓側の感じがとても気に入りました。

ホテルといいながら、温泉やスパがありますので、浴衣や草履で館内を歩けるように工夫されています。ただ、食事処はすべて洋服に靴ですね。ここはホテルのルールです。

e0351590_21542213.jpg

e0351590_21542219.jpg
e0351590_21542700.jpg
e0351590_13335458.jpg
e0351590_21545699.jpg
e0351590_21553827.jpg
e0351590_21553927.jpg


家具類、ミニバー、カトラリー、ウエルカムアメニティ、作務衣のパジャマ、女性用の浴衣など、豊富なアメニティは、狭い客室でも、リバーリトリートのクオリティレベルになっています。

e0351590_21545065.jpg
e0351590_21555196.jpg
e0351590_21555159.jpg
e0351590_21550863.jpg
e0351590_21550735.jpg
e0351590_21550819.jpg

たった1泊のリゾートですが、楽しみますよ~!
次は、スパとパブリックスペースの紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-23 08:00 | リバーリトリート雅樂倶 | Comments(0)
ぢつは、富山県・・・初滞在&観光です。スルーしたことはあるんですが、北陸といえばつい金沢&加賀温泉郷ばかり。ちょいと時間ができたときに、さくっと行ってみました。今年はANAダイヤモンド会員で初空港を楽しむことも目的ですので、その一環として^^。

さて、仕事後に富山便で初フライト♪
プレミアムクラスもあるので、短いフライトですが、楽しみました。夜景が素敵!…ですが、撮影技術はご容赦^^。

e0351590_23304604.jpg
e0351590_23310065.jpg
e0351590_23313508.jpg


空港で、リムジンバスのチケットを購入し、ホテルへ移動です。ANAクラウンプラザ富山です。富山空港は国内線はANAしかはいっていませんから、空港からANAホテルはリムジンでOKですよ。ライトアップの富山城の前に、ホテルはそびえていました。

e0351590_23320473.jpg
e0351590_23330160.jpg
e0351590_23330677.jpg


エントランスから、おお、クラウンプラザだ、という雰囲気満載。うまく説明できませんが、クラウンプラザのセッティングなんですよね。これがブランディングというものでしょう。

e0351590_23332217.jpg
e0351590_23332289.jpg
e0351590_23332291.jpg


お部屋に案内されるは、14階の1401号室、コーナーツインです。
IHG&アンバサダープラチナですので、通常のツインからアップグレード&上層階と思われます。

e0351590_23333173.jpg
e0351590_23333190.jpg
e0351590_23333201.jpg
e0351590_23335999.jpg

窓が2方向なので、明るい時間に差別化できますね(ちょっとベッドが乱れていて失礼^^)。とても広く感じます。窓側のテーブル&ソファーもライティングデスクを兼ねています。

e0351590_23340767.jpg
e0351590_23342626.jpg
e0351590_23350592.jpg
e0351590_23352608.jpg

定番紹介ですが、冷蔵庫とミニバー、カップ類のアメニティはクラウンプラザのしっかり仕様。ビジホなら冷蔵庫空っぽですが、たっぷりはいっているのが標準ですね。実際利用したことはほとんどないのですが^^。

e0351590_23340756.jpg
e0351590_23340781.jpg


バスルームはトイレ、ベイシン、バスタブの一体のシティホテル仕様のユニットバスです。

e0351590_23335922.jpg
e0351590_23335954.jpg



到着して、なんだか物足りない夜。ホテルから夜ちょっと繰り出しました^^。
まずは、富山の鮨!遅い時間にやってるホテルから徒歩圏の店「すし富」にふらっとはいりました。もう30分以内に閉店というところで、軽くつまみのおつくりと握りを。大将はかなりの年配ですが、おだやかないい方です。甘海老や粒貝がおいしかったです。閉店まぎわに駆け込んですみません^^。ごちそうさま。

e0351590_23435674.jpg
e0351590_23442025.jpg
e0351590_23442079.jpg
e0351590_23442116.jpg
e0351590_23442156.jpg
e0351590_23442158.jpg
e0351590_23442137.jpg


そのあと、ワインとおつまみに「シンクエンタ・ウエノ」というところにちょこっとお立ちより。グラスワインが充実、料理もなかなかいい感じで、お勧めです。ここでしっかり食べてワイン、もありかも!
こんな本がおいてあって、フレンチに一過言あるようですよ^^。

e0351590_23444905.jpg
e0351590_23444927.jpg
e0351590_23444934.jpg
e0351590_23444936.jpg
夜も更け、お休み。翌日も楽しい観光とグルメが待っています♪


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-18 08:00 | ANAクラウンプラザ富山 | Comments(0)
沖縄の離島、宮古島東急ホテル&リゾートの紹介は、客室とビーチ編です。
客室は2つの棟があり、新しいコーラルウィングです。

御部屋はUGで、コーラルウィングのオーシャンビューバス付、デラックスコーナーツインルーム759号室です。

e0351590_23395686.jpg
e0351590_23313358.jpg

鮮やかなマリンブルー・ストライプのベッドスローやカウチソファが海のリゾート感を醸し出してくれています。ソファは多分、エクストラベッドにもなるタイプかな。カウチ以外に一人用のソファもついていて、くつろげます。変形の御部屋ながら、なかなか使いやすいレイアウトになっていました。

ウエルカムスィーツの黒糖バームクーヘンはとてもおいしくて、思わず食べちゃいました(けっこう持って帰っちゃうことが多いのですが、今回は現地で消費^^)。ミニバーの食器類は、鮮やかな琉球ガラスのコップややちむんのカップなど、沖縄らしいものがセットされています。冷蔵庫は空っぽで、自分で自由にいれることができます。写真に写っているのはコンプのお水を自分で冷蔵庫に入れたものです。

e0351590_23313358.jpg
e0351590_23324368.jpg
e0351590_23315652.jpg
e0351590_23350472.jpg
e0351590_23315600.jpg
e0351590_23315615.jpg
e0351590_23354912.jpg
e0351590_23315605.jpg
e0351590_23315620.jpg
e0351590_23321025.jpg
e0351590_23320977.jpg
e0351590_23325966.jpg


水回りエリアは、洗面エリア、トイレ、バスルームとそれぞれ独立しており、便利です。バスアメニティは充実、男女化粧品類やコットン類などもたっぷりとセッティングされています。

e0351590_23395054.jpg
e0351590_23395006.jpg
e0351590_23325346.jpg
e0351590_23325359.jpg
e0351590_23325383.jpg
e0351590_23325318.jpg


アーチ形のバルコニーからは、すてきな海がどーん!
お天気は薄曇りでしたが、それでもこんな色が目の前に広がりました。

e0351590_23351523.jpg
e0351590_23352489.jpg
e0351590_23331153.jpg
e0351590_23352578.jpg
e0351590_23353143.jpg


スーべニアショップやキッズコーナーが1Fにありましたので、ちょっと写真まで・・・。

e0351590_23385297.jpg
e0351590_23385749.jpg


外に出ると、芝生にそって歩くとすぐにビーチフロント!
お天気が今一つでしたが、それでも青い澄んだ波際のオーシャンブルーはすばらしい。まだ海開き前でしたが、ビーチの係員がいて、三線を弾いていましたよ。

e0351590_23403314.jpg
e0351590_23402948.jpg
e0351590_23403887.jpg
e0351590_23404477.jpg


次回は、グルメとホテルからおでかけの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-13 08:00 | 宮古島東急ホテル&リゾート | Comments(0)
初めて宮古島に行きました!ピーク前の春先、空いている時期を狙っての初フライト&宿泊です。

いつもの通り、ANAダイヤで羽田空港スィートラウンジとプレミアム席を堪能しました。古い機種でしたが、意外にがっちりと背中をつかむ座席は座り心地よく、何よりフットレストがすっと動いてうれしい(笑)・・・でも「スチュワーデス」という言葉を機内で見るとはびっくりです!

e0351590_23384882.jpg
e0351590_23182761.jpg
e0351590_23184706.jpg
e0351590_23192164.jpg
e0351590_23391012.jpg
e0351590_23184791.jpg
e0351590_23390122.jpg
e0351590_23391861.jpg


宮古空港に到着です。

宮古といえば「まもる君」・・・いましたよ~。宮古島内をまもってくれる心強い警官くん!「パーフェクトガイド」なる本まで売ってました。
今回宿泊する宮古島東急ホテル&リゾートは、空港ーホテル間の無料送迎バスを出しています。こちらに乗ってホテルに移動です。

e0351590_23194376.jpg
e0351590_23304149.jpg
e0351590_23194369.jpg
e0351590_23194343.jpg


ホテルまでは約10-15分と便利な立地です。あっという間に到着しました。
沖縄らしい石垣づくりの柱に南国らしいあかるいロビー、こちらでチェックインしました。今回はANAと東急ホテルズのタイアップでマイルがつくプランです。一応、むかーし利用が多かった関係で、東急ホテルのコンフォート・ゴールド会員なんで、UGなんかもありました。

e0351590_23221661.jpg
e0351590_23221742.jpg
e0351590_23252206.jpg
e0351590_23252373.jpg


建物が2棟あり、私は本館オーシャンウィングに泊まりました。ロビーから渡り廊下などを通って移動します。

e0351590_23285005.jpg
e0351590_23254011.jpg
e0351590_23254045.jpg
e0351590_23255307.jpg
e0351590_23255312.jpg


ホテルの外観はアーチ形のバルコニーがついた部屋が並んでおり、敷地内はブーゲンビリアなど、いたるところに南国らしい緑と花の演出があり、プールやビーチもあり、リゾートを満喫できます。プールオープン前でしたので、静かな宮古を楽しみました。

e0351590_23260291.jpg
e0351590_00045087.jpg
e0351590_00051597.jpg
e0351590_00064748.jpg
e0351590_00065952.jpg
e0351590_00050575.jpg


次回は、お部屋の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-07-11 08:00 | 宮古島東急ホテル&リゾート | Comments(0)
マレーシアさくっと旅の紹介、ホテルマジェスティックKLの客室です。

お部屋は、マジェスティックウィングの402号室です。
いろいろありましたが、なんと、100平米はあると思われる、すごいコーナールームのスィートです! 
扉をあけると、まずはこのリビング。明るい大きな窓、ゆったりとしたソファセットに、ライティングデスクも立派です・・・ここで10人ぐらいのパーティできちゃいそうです。

e0351590_14521760.jpg
e0351590_14525373.jpg
e0351590_14525378.jpg


隣のベッドルームにも大きな窓、キングサイズのベッド(たぶん2mぐらいあると思います)、TV、パウダーコーナー、クローゼットがあります。ベッドリネンはぱりっとした綿の肌触り、バスローブも柔らかく着心地のよいワッフル地です。私の小さなスーツケースがさらに小さく見えるほど、広さを感じることがおわかりいただけると思います。

e0351590_14525384.jpg
e0351590_14530151.jpg
e0351590_14530497.jpg
e0351590_14531575.jpg
e0351590_14531548.jpg


ミニバーや食器類も充実です。
冷蔵庫内のドリンクは無料です・・・が2本ぐらいしか飲みませんでした。飲みきれない!アルコールははいっていません。

e0351590_15013024.jpg
e0351590_15013017.jpg


バスルームです。
猫足のバスタブに、独立したシャワーブースはレインシャワー付きです。お湯をためるのも、シャワーを浴びるのも水圧がしっかりしていて、とても気持ちの良いものでした。バスアメニティはマジェスティックのオリジナルです。クラシカルなデザインのボックスに収められたアメニティの数々も、気分が上がりますね。バスは角にあるので、窓も2面あるのですよ。通常、ブラインドが閉まったままですが、私は明るいほうがうれしいので、全部開けてしまいました。腰高窓なので見られる心配はまずありません。クラシカルな水栓に、バスソルトを入れてるんるん!・・・バスタイムも楽しめました。

e0351590_14530196.jpg
e0351590_14530168.jpg
e0351590_15012172.jpg

お部屋の窓からこの眺め、これがとても気持ちがよいです。
国立モスク、ペトロナスタワーなど2つのタワー、クアラルンプール駅のクラシカルな建物などがみな、この部屋から臨めるのです。

e0351590_14525349.jpg


そして、なんといってもこちらの夜景もうっとり!
お部屋に恋してしまいました。

e0351590_14553788.jpg
e0351590_15010065.jpg
e0351590_15010046.jpg
e0351590_15010081.jpg



昼間のマジェスティックウィングの吹き抜けは素敵な光が取り込まれています。

e0351590_15014280.jpg
以上、お部屋の紹介でした。

実は・・・


このようなことがあって・・・
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-06-27 08:00 | マレーシア: ホテルマジェスティックKL | Comments(0)