Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

<   2018年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

奥日光湯元温泉「ゆ宿 みや川」の旅は、1泊で奥日光エリアをたっぷり楽しむ旅となりました。

宿に行く前に、頑張って奥日光より先の白根山のほうに足を延ばしました。金精道路で奥日光をさらに奥に行きます。尾瀬の近くに出るのですよね。

お天気がよかったので、何度か行ったことのある、中禅寺湖のほとりにある竜頭の滝によりました。お天気も良く、この渓流の水と緑がすばらしい!思わず、白根山に行く前に散策してしまいました。


e0351590_20271460.jpg
e0351590_20271410.jpg
e0351590_20272322.jpg



さて、金精道路を通って、白根山方面に行きました!こちらでランチ&散策です。
放牧の牧場や湖もあり、とても広いエリアになっています。お天気にめぐまれ、とても気持ちのよい高原のすがすがしい空気と眺めですね。


e0351590_20274223.jpg
e0351590_20274913.jpg
e0351590_20275467.jpg
e0351590_20285836.jpg
e0351590_20285842.jpg


ロープウエーで白根山の上に行ってみました。散策路に露天風呂まであって、すごい!ちょっと季節が早かったので、露天風呂はオープン前でした。山の天気は変わりやすく、午後に入って少し曇ってきました。ロープウェーからの眺めも帰りは今一つになってしまいました。
e0351590_20343815.jpg
e0351590_13075414.jpg
e0351590_20374690.jpg
e0351590_13083122.jpg
e0351590_20375927.jpg
e0351590_13081244.jpg
e0351590_13081275.jpg
e0351590_13081124.jpg



さて、ロープウェーを降りて、次は丸沼に行きます。細い悪路を降りていくので、どんなださ~い田舎かと思いきや、なんてすがすがしい水辺でしょうか。水辺に宿もあって、泊まってみたいなって思うような場所でした。

e0351590_13083151.jpg
e0351590_13083121.jpg
e0351590_13094664.jpg


宿の夜にちょっと散策にでました。湯元温泉の源泉があって、夜にライトアップがあります。硫黄臭につつまれたエリアでゆ煙の散策を楽しみました。

e0351590_13100661.jpg
e0351590_13100682.jpg
e0351590_13100667.jpg
e0351590_13100663.jpg


翌日、チェックアウトの後には湯の湖散策&ボートを乗りましたよ。ボートなんていつ以来でしょう!けっこう腕が筋肉痛(笑)。天気がよかったので、湖面や緑の鮮やかさがとてもいい感じでした。

e0351590_13102183.jpg
e0351590_13121014.jpg
e0351590_13111306.jpg



湯の湖の奥側はまだ散策したことがなく、歩いて見ようということになり、結局1週しちゃいました。歩くと結構暑くて、いい運動になりましたね。すがすがしい湖畔のハイキング、緑も山々も美しく、心洗われる時間でした。

e0351590_13160226.jpg
e0351590_13180839.jpg
e0351590_13113043.jpg
e0351590_13121014.jpg
e0351590_13125823.jpg
e0351590_13132072.jpg


さて、〆は中禅寺湖に出て「シェ・ホシノ」でランチです。
中禅寺湖フレンチなランチ、大好きな定番を中心に堪能しましたよ。散策の疲れを日光ビールでいやしてスタート。ポーチドエッグと湯葉の前菜、枝豆のスープ、ニジマスのソテー、コーヒーで〆ました。

e0351590_13144624.jpg
e0351590_13141416.jpg
e0351590_13141441.jpg
e0351590_13141484.jpg
e0351590_13142447.jpg


以上、奥日光湯元温泉「ゆ宿 みや川」と観光の紹介でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-30 08:00 | 奥日光湯元温泉 美や川 | Comments(1)
日光湯元温泉「ゆ宿 美や川」の紹介、お風呂とお食事です。

お風呂は2つの内湯と2つの露天風呂が貸切で、空いていれば自由に使えます。5室しかなく、1室は温泉風呂つき、必ずどこかは空いているのでうれしい贅沢な貸切風呂三昧ですね。

e0351590_15194857.jpg

ロビー近くには、自由にいただけるアイスキャンディーとお茶、休憩所があります。

e0351590_15190071.jpg
e0351590_15190031.jpg
e0351590_15185972.jpg
e0351590_15320315.jpg


1Fの内湯タイプは二つあります。丸窓と菱型窓タイプで、形が若干ちがいますが、お風呂場と脱衣所をあわせると、ほぼ同じぐらいの広さでしょうか。どちらもL字型に湯船が配されており、熱湯と寝湯のぬるめ湯と2つありました。・・・といっても源泉温度の高い温泉、源泉かけ流しで全体にけっこう熱めです。ホースでお水を足して入ることが多いですね。各お風呂場に化粧品類も常備されており、部屋からタオルだけをかごに入れてもっていきます。

e0351590_15190474.jpg
e0351590_15202730.jpg
e0351590_15192660.jpg
e0351590_15192615.jpg
e0351590_15194838.jpg
e0351590_15194807.jpg
e0351590_15202773.jpg
e0351590_15315830.jpg
e0351590_15204140.jpg
e0351590_15204180.jpg
e0351590_15204115.jpg


2Fの露天風呂はかなり狭いですが、上の抜けた空を見ながら、なかなか悪くなかったですよ。泉質が違うようで、2Fのほうは白濁というより緑色の濁り湯でした。

e0351590_15211238.jpg

e0351590_15211222.jpg
e0351590_15212001.jpg
e0351590_15212046.jpg
e0351590_15214915.jpg
e0351590_15215009.jpg

お食事は食事処で。
栃木和牛のしゃぶしゃぶ鍋をメインとして、オーナーの素朴な家庭料理が順番に運ばれてきました。あつあつでいただけ、無理をしないほっこり家庭的な品々がいいですね。

e0351590_15374049.jpg
e0351590_15373670.jpg
e0351590_15375053.jpg
e0351590_15375057.jpg
e0351590_15375059.jpg
e0351590_15383305.jpg
e0351590_15383333.jpg
e0351590_15383349.jpg
e0351590_15383740.jpg

朝食も同じ食事処です。
湯豆腐は温かく、その他のメニューも手作りで少しずつ楽しめるよう、頑張っておられました。

e0351590_15384993.jpg
e0351590_15384997.jpg
e0351590_15384989.jpg


私たちのお部屋は二間でしたが、一番狭い一間の部屋ですと1万円台半ば、この料理とお風呂は同じですので、かなりコスパだと思いますよ。リピーターが多いようで、お宿のかたと楽しそうにお話ししているテーブルがありましたね。

以上、お宿の紹介でした。
ちょっと熱いお湯で温度調節が面倒だと思うこともありますが、手ごろなお部屋で楽しむのもありかなと思いました。さもなくば、部屋の温泉付きで湯三昧など^^・・・それでも2万円台ですから。

この後は、お宿滞在前後の観光とグルメを少しばかり。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-28 08:00 | 奥日光湯元温泉 美や川 | Comments(0)
ひさびさに奥日光湯元温泉に行きました。あの硫黄泉の真っ白な源泉かけ流しって日本人の温泉好きをくすぐりますよね。今まで何軒かこちらエリアのお宿には行ったことがあるのですが、今回はネットちょっとみつけた、お風呂貸切で自由にはいれる、比較的手ごろなこぢんまり温泉宿に初めて行ってみることにしました。

日光湯元温泉「ゆ宿 美や川」です。湯元温泉の入口近く、細い一方通行の道にひっそりとあります。細長い長屋のようなつくり、わずか5室の家庭的な雰囲気のお宿です。

e0351590_14040425.jpg
e0351590_14040491.jpg

玄関をはいると、お宿は家族経営なので、呼び鈴で呼び出します。入口にはいってすぐの囲炉裏を囲んだ椅子に座り、確認を待ちます。

e0351590_14041818.jpg

e0351590_14041854.jpg


御部屋はすべて2階にあります。階段を上がって廊下を歩き、2Fに案内されました。途中、こんなこぢんまり談話室もあります。

e0351590_14055200.jpg
e0351590_14055286.jpg
e0351590_15222541.jpg
e0351590_15222535.jpg


客室は、ゆったり特別室と銘打った「のあざみ」という部屋です。
6畳の和室座卓スペースに、9畳のベッドルームとソファのついたレイアウトで、スペースよりゆったりと感じられます。このソファー、意外にくつろげるんですよね。ゆったりサイズで大きいのがやっぱりいいのかな。窓からの眺めも山が見えていい感じです。こちらの部屋にはいって、チェックインの手続きを行いました。お茶もお菓子も部屋に備え付けで、セルフです。

e0351590_14064590.jpg
e0351590_14063613.jpg
e0351590_14072915.jpg
e0351590_14073006.jpg

e0351590_14063706.jpg
e0351590_15222563.jpg
e0351590_14063791.jpg
e0351590_14064560.jpg
e0351590_14073083.jpg


水回りはこちら。洗面とトイレが一緒になっています。客室にはお風呂がなく、シャワーブースのみです(利用しませんでしたが)。館内4つの貸切風呂に自由にはいるスタイルとなっています(お風呂は後ほど紹介します)。

e0351590_14071143.jpg
e0351590_14070495.jpg

次回は、お風呂とお食事の紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-27 08:00 | 奥日光湯元温泉 美や川 | Comments(2)
シェラトン沖縄サンマリーナビーチの紹介、今回は眺めフェチPockie全開のビーチ、海、夕日です!トトロ君も大満足です。

e0351590_23203995.jpg


お天気に恵まれ、サンマリーナビーチで、海に向かって回廊のように歩けるスペースを一周してきました。かなり歩き、ちょっと紫外線強すぎ?!なお散歩でしたが、ほんとうにコバルトブルーの海とスカイブルーを楽しむ絶好の海廊散策路ですよ。好天なら、ここを歩くのはおすすめです。ただし、サンブロックばっちり、サングラス、帽子は必須と思います^^。ウッドデッキ風の散策路、海の色、透明な水・・・ことばより一見にしかずです、ハイ!

e0351590_23170425.jpg
e0351590_23170437.jpg
e0351590_23162085.jpg
e0351590_23162071.jpg
e0351590_23162002.jpg

e0351590_23214589.jpg
e0351590_23153289.jpg
e0351590_23153247.jpg


そして、夕方はお部屋のベランダから、こんなすばらしい夕陽を眺められました。こちらも解説不要ですね^^。日本とは思えない・・・ああ、シアワセ♪

e0351590_23095779.jpg
e0351590_23095792.jpg
e0351590_23121992.jpg
e0351590_23121952.jpg
e0351590_23121947.jpg
e0351590_23121998.jpg


そして、おまけに夕食♪・・・外出し、ムーンビーチエリアの「おんな食堂」に再訪、昨年もいって気に入ったオーガニックワインのお店です。前回は万座ビーチからバスで行きましたが、今回は徒歩圏内ですよ。ワインにおいしいイタリアン、至福の時間でした。(レストランの外観は昼間にとったものです)

e0351590_00183338.jpg

e0351590_23174300.jpg
e0351590_23174337.jpg


以上、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの紹介でした。



空港では・・・
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-25 08:00 | シェラトン沖縄サンマリーナ | Comments(0)
シェラトン沖縄さんマリーナリゾートの紹介、次はホテルのパブリックエリアとバーです。

素敵なビーチをもつこのホテル、その特徴を生かした設備や眺めが楽しめます。

e0351590_23153289.jpg


ホテルにはクラブラウンジというのはなく、サウスウィングのほうに簡易ラウンジスペースがあります。ドリンクとクッキーなどの軽いスナックがセルフでセットされています。このガラスに入ったクッキー、けっこう美味しくてアブナイ(笑)コーヒーやジュースなどをセルフでいただく形ですね。

e0351590_23150194.jpg
e0351590_23150153.jpg
e0351590_23150182.jpg



夜のラウンジエントランスとラウンジ内です。

e0351590_23401244.jpg
e0351590_23400836.jpg


ラウンジといえば、夕方のカクテルアワーが楽しみの方も多いかと思います。残念ながら、ご紹介のスペースはアルコール類はなく、その代わりにサンセットバーでカクテルを1杯コンプリメンタリーでいただけます。カウンターから外が見えて、ボトルラックがとても素敵なんですよ。これだけで、リゾート感満喫です♪

e0351590_23085588.jpg
e0351590_23093161.jpg


夜、食後に再度ここに戻りました。このバー、カウンターにライティングしていて、ほれぼれです!まさにフォトジェニック感、抜群ですよね。

e0351590_23382586.jpg
e0351590_23382580.jpg


ロビーラウンジです。
到着時は、まずお部屋にはいりたくてほとんど写真をとらず。あとからホテル内散策で、吹き抜けのロビーラウンジをたっぷりと楽しみました。ファミリー向けのポップなデザイン、静かな時間には大人の空間も楽しめる、なかなかいい雰囲気の造りでした。

昼間のロビーラウンジは、ポップなソファーやクッションの色が楽しくて、水のある空間とらせん階段などがすてきなデザインです。

e0351590_23302622.jpg
e0351590_23291316.jpg
e0351590_23291308.jpg
e0351590_23291341.jpg
e0351590_23290281.jpg
e0351590_23290205.jpg


夜は、ライティング使いで全く昼と違った雰囲気を演出しています。ブルーを基調に、メルヘンの国ですね。タワーのように見えるブルーはホテルのシースルーのエレベーターです。昼間と同じ場所には思えないです、本当に。

e0351590_23130347.jpg
e0351590_23134300.jpg
e0351590_23134357.jpg
e0351590_23141799.jpg


「ウエルネススパ&ぬちぐすい」のスパエリアです。
アクティビティ含めて、リゾートパスをつけると、紹介の施設は滞在中自由に使えます。

e0351590_23270519.jpg

e0351590_23270993.jpg
e0351590_23082446.jpg


室内プールです。利用しませんでしたが、他のスペース同様、ポップな色使いに仕上げています。

e0351590_23272088.jpg
e0351590_23273011.jpg
e0351590_23271917.jpg



ジムは、すばらしい海の眺めを楽しみながらトレーニングができます。こちらは利用しました。

e0351590_23274539.jpg
e0351590_23274601.jpg


外にはアウトドアプールも。家族連れでにぎわっています。

e0351590_00043384.jpg
e0351590_00043310.jpg


温浴施設として、大浴場があります。サウナや洗い場もあり、ゆったりと過ごせます。やはり狭い部屋のお風呂だけでなく、足が延ばせるのってうれしいですよね。

e0351590_23281737.jpg
e0351590_23281601.jpg
e0351590_23282423.jpg
e0351590_23282463.jpg
e0351590_23282403.jpg
e0351590_23281709.jpg
e0351590_23281757.jpg
e0351590_23282410.jpg


次回は、眺めフェチなpockieの感動もの、オタクな写真を並べます♪


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-24 08:00 | シェラトン沖縄サンマリーナ | Comments(0)
GWもすぎ、5月の閑散期を狙って、ちょこっと沖縄に行きました。
5月はもう沖縄ではもう夏。青い海と空のリゾートをさくっと味わってきましたよ。

e0351590_22461886.jpg



いつものようにANA便にお世話になりました。贅沢なプレミアムクラス、ボックスのお弁当がこんな食器での提供に変わっていました。テンションあがります。

e0351590_22423658.jpg



機内ではANAオリジナルの防止とスヌーピーバックをゲットしました。購入には、ダイヤモンドステータス会員のチケットが利用できます。

e0351590_22424227.jpg
e0351590_22444136.jpg
e0351590_22443486.jpg



那覇空港に到着。いつものように蘭の花に迎えられ、中部~北部方面は、リムジンバスを利用します。

e0351590_22425702.jpg

e0351590_22430175.jpg


1時間半ほどの行程、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに到着です。
(写真は到着時と翌日のが混じっています。翌日のほうがお天気がよかったですね。)

e0351590_22445334.jpg
e0351590_22454869.jpg
e0351590_22463256.jpg
e0351590_22460021.jpg



さて、宿泊のお部屋です!
じつは、このお部屋アップグレード+追加料金で変更いただいた、サウスウィングの客室です。

e0351590_22475007.jpg
e0351590_23305504.jpg
e0351590_23305575.jpg


ベッドルームとソファエリアがゆったりと一部屋で配され、ジュニアスィートタイプになっています。

e0351590_22492460.jpg
e0351590_22493213.jpg
e0351590_22493245.jpg


高層階ではないのですが、前にさえぎるものがないので、明るさとゆとりがあります。バルコニーも気持ちがよいですね。

e0351590_22502203.jpg
e0351590_23312054.jpg
e0351590_23312012.jpg
e0351590_23313636.jpg



となりのバスルームは、この扉をあけると広がります。
お風呂もバルコニー側にあって、光を取り込めます。ガラスの扉仕切りとともに、ダブルベイシンや個室トイレもあり、アメニティも充実の、大変快適な水回りです。

e0351590_22495260.jpg
e0351590_22495252.jpg
e0351590_22495802.jpg
e0351590_22495951.jpg
e0351590_22501056.jpg
e0351590_22501164.jpg


部屋の奥には、ミニバーとテーブルがあります。
グレードの高い部屋には、コーヒーマシンはデフォルトですね。
テーブルの前の壁はなんだろうと見たら、なんとエキストラベッドが納められていました。広い部屋なので、これを使ってファミリーでゆったりと過ごす造りのようですね。

e0351590_22505536.jpg
e0351590_22505560.jpg
e0351590_22503914.jpg
e0351590_23175127.jpg


入口横の仕切りと、ゆとりのクローゼット、バスローブもあります。

e0351590_22503115.jpg
e0351590_22503125.jpg



サウスウィングの外観です。となりのマリーナや散策エリアが静かで素敵です。まさにリゾートといった感じの雰囲気です。

e0351590_22510508.jpg
e0351590_23194229.jpg
e0351590_23191904.jpg
e0351590_23195247.jpg

次回は、パブリックエリアやバーです。


ちなみに、最初に案内いただいた部屋は・・・。
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-20 08:00 | シェラトン沖縄サンマリーナ | Comments(0)
GWの旅を広島で終え・・・さて次に向かったのは、なんと北海道!岩国空港から羽田経由で、旭川空港に到着しました。昨年獲得したANAのダイヤモンド・ステータス、たっぷり楽しむべく、ドライブのあとはフライトを楽しむ旅のおまけです。初めて利用する旭川空港にワクワク^^。羽オタクになりつつありますでしょうか(笑)

旭川の宿泊は、5月に紹介した「OMO7旭川」です。4月にリブランドオープンした星野リゾートの新しいコンセプトのホテル、詳細はこちらをご覧くださいね。ホテルフェチを楽しませるユニークなホテルを体験できました。

e0351590_00231176.jpg
e0351590_00232609.jpg
e0351590_00260181.jpg

旭川といえば、やっぱり「旭山動物園」です。前回北海道でこの動物園に行って気に入り、今回はここだけを目的で行ってきました!たのしい動物のプレゼンテーション、手作りのセット、身近に見えるいきものたち、楽しく見て回りました。ペンギン、クマの館がやっぱり一番いいですね。うさぎやレッサーパンダもかわいいです。


e0351590_00015957.jpg
e0351590_00095689.jpg
e0351590_00103158.jpg
e0351590_00104776.jpg
e0351590_00105195.jpg
e0351590_00110145.jpg
e0351590_00110197.jpg
e0351590_00111173.jpg
e0351590_00113406.jpg
e0351590_00114063.jpg
e0351590_00114398.jpg
e0351590_00121346.jpg
e0351590_00130762.jpg
e0351590_00121894.jpg
e0351590_00131265.jpg
e0351590_00133074.jpg
e0351590_00134063.jpg


ホテルに戻り、荷物をピックアップして、今度はバスで札幌へ移動です。長距離バスを利用なんて久々。なんだかわくわくします!

e0351590_00261737.jpg

札幌で最初から狙っていたのは友人おすすめの「Picante(ピカンテ)」のスープカレーです。バスも、この店から近い停留所でおりました。ちなみに写真のラーメンは「五丈原」のもの。Picanteとコラボのスパイシーラーメンです。スープカレー三昧でした。

e0351590_00270468.jpg
e0351590_00280845.jpg
e0351590_00282313.jpg

宿泊のホテルは「ANAクラウンプラザ札幌」です。

全日空ホテル時代からお世話になり3回目の宿泊です。駅から徒歩7~8分程度、外出に便利な場所です。昨年のリニューアルで、とても明るい感じになり、あか抜けました(笑)。最初エレベータから近い部屋を予約した関係か、窓側が広いこのエレベータ前ツインになぜか毎回アサインされました^^。シングルで予約してもこのツインにUGしていただけるのでよしとしましょう。ベッドのマットレス、リネン、水回り、シャワーの水圧など、なかなか秀逸です。しいて言えば、バスタブの横に洗い場かシャワーブースがあるととてもうれしいですね^^。

e0351590_22515478.jpg
e0351590_22521601.jpg
e0351590_22515976.jpg
e0351590_22521514.jpg
e0351590_22521607.jpg
e0351590_22522601.jpg
e0351590_22522633.jpg
e0351590_22522658.jpg


夜は、すすきのに繰り出し、ワインバーやバーにも!北海道のシングルモルトにもおこぼれ預かりましたよ。1泊2食の温泉旅館では味わえない、楽しみを満喫してきました。

e0351590_00283087.jpg
e0351590_00283197.jpg
e0351590_00284065.jpg
e0351590_00284562.jpg


翌日のランチは、札幌の友人夫婦と。月寒(ツキサップ)のジンギスカンを紹介していただきました!臭みもまったくなく、ワインとマッチしました。大自然のなか北海道らしいながめの場所なのですが、雨女のおかげで、どしゃぶり~がくっ。

e0351590_00285822.jpg
e0351590_00285813.jpg
e0351590_00290317.jpg


さて、旅の行程もすべて終え、新千歳空港です。で、まだ食べてる~!
空港内の「五十七番」という立ち食いのお寿司屋さんで軽くつまみ、新千歳の新しいANAスィートラウンジに立ち寄ってチーズタルトなど^^。

e0351590_00285305.jpg
e0351590_00285337.jpg
e0351590_00285371.jpg
e0351590_00284931.jpg
e0351590_00284935.jpg
e0351590_00284970.jpg

以上、GWのたび、おまけも含めて終了いたします。数か月前の内容を今頃アップ・・・お付き合いいただき、ありがとうございました。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-13 08:00 | ANAクラウンプラザH札幌(旧全日空H) | Comments(0)
2018年GWの旅、宮浜温泉石亭の紹介の最後は、お風呂とラウンジなどです。

お風呂はこれまで何度も紹介していますので、さらっと。部屋にかけ流しの露天風呂がありましたので、大浴場は体を洗う時がメインでした。

清潔な感じの檜の洗い場に岩づくりのお風呂はさらりとしたお湯で気持ちがよいです。天井から光が取り入れられる湯船の上のつくりは、眺めがあまりないのを補って工夫されたつくりだと思います。

e0351590_22373472.jpg
e0351590_22374528.jpg
e0351590_22374543.jpg
e0351590_22374437.jpg



この宿のすごいところは、大浴場、露天風呂、その奥にこんなしんみりとしたお風呂をつくってしまうところです。瞑想の湯のような場所で、裏にトイレ、洗い場シャワーなどもあり、一人ではいれば、とても落ち着きます。眺めないんだけど、なんかいいんですよね~。眺めフェチのPockieなのに、石亭のコンセプトにすっかりやられています^^。
e0351590_22373475.jpg
e0351590_22373582.jpg
e0351590_22373598.jpg



そしてこの宿の売りはラウンジです。
ホテルのクラブラウンジのコンセプトをもっと楽しく、奔放に発想しています。

夕方の食事前のカクテルアワーは、日本酒がずらっと。
出せる日本酒をほぼ全部テイスティング(9種類)できるんですよ。横においてある紙に名前と特徴の説明がはいっています。これで、食事の時のお酒を選びます。これで全部飲んじゃうようなお客様はいないので、続いているのでしょうね(どこかの宿で、コンプの一升瓶あけて、「つぎもってこい!」って酔っぱらってたおっさんいましたからねぇ。)

e0351590_22303725.jpg
e0351590_22303768.jpg


食後はリカーが1杯1000円。スコッチやブランデーなど、しぶいラインナップがそろいます。以前はグラスとお酒がそのまま置いていましたが、やはりストレートで飲めない人もたくさんいるので、氷やお水はお申し付けください、というシステムに今年から変わっていました。のん兵衛のオーナーなんですね^^。

e0351590_22315669.jpg
e0351590_22303741.jpg
e0351590_22303778.jpg
e0351590_22320174.jpg


朝のドリンクは、トマトジュースやリンゴジュース、ほうじ茶にコーヒーなど、自由にいただけます。朝食前、食後と両方いただくことができます。

e0351590_22381650.jpg

e0351590_22381681.jpg
e0351590_22312103.jpg


ラウンジ下のスペースはお気に入り。ここにシャンパンをもってきてもらったり、スコッチを軽くいただいたり・・・有料なんですけど、1000円まで。そのかわり、なかなかいいブランデーなども置かれています。これ、自己申告で飲むんですよ。これもお客様の質が悪いとただ酒呑まれて、続かないシステムだと思いますね。また、有料だったら飲まない、という人ばっかりでもだめだし。いいお客様に恵まれていいお宿です。

e0351590_22315674.jpg
e0351590_22315138.jpg
e0351590_22315674.jpg

そのほかにも、敷地内にたくさんの隠れ家スペースがありましたが、今回はのんびりしていたら、写真を撮っていませんでした。連泊で外に出ず、くつろげました、本当に!

以上、石亭の紹介を終了します。
そしてこの後出かけて、GWの旅は終わりになります・・・。

が、おまけがありますので、別途「おまけ」編をアップします♪・・・え、それがおまけって?!(笑)こうご期待!

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-07 08:00 | 宮島 石亭 | Comments(0)
2018年GWの旅、「宮島石亭」の紹介は、お楽しみのお食事です。
毎回紹介しているので、さらっと2日分行きたいと思います。

初日の夕食です。
メニューです。このすばらしいセッティングの中、ワクワクです。
e0351590_22525464.jpg
e0351590_22535536.jpg


食前酒一献と先付です。
モンラッシュの白ワインとともに。
黒コメのアナゴ寿司がおいしい!・・・ふと「あさば」を思い出してしまいました^^。
e0351590_22540379.jpg
e0351590_22541289.jpg
e0351590_22540344.jpg


椀の物は、すり流しです。
さわやかなおいしさ。

e0351590_22541367.jpg
e0351590_22541329.jpg


お造りに日本酒です。
タイがおいしかったですね。

e0351590_22543207.jpg
e0351590_22544396.jpg



焼き八寸と口取りの盛り合わせです。
ホタルイカは季節ですね。赤貝のぬたもいいです。

e0351590_22544723.jpg


石焼
ひろうすは筍の香りがよいですね。

e0351590_22554371.jpg


温の物
鴨のしゃぶしゃぶです。葱との食感、鴨の香りがよい一品です。

e0351590_22554389.jpg
e0351590_22554312.jpg

お食事は、タイの炊き込みご飯です。
赤だし、香の物とともに。

e0351590_22560206.jpg
e0351590_22560284.jpg


水菓子は、自家製のプリンとフルーツです。すっきりと〆ます。

e0351590_22332809.jpg



翌朝の朝ごはんです。母屋の広間でのお食事提供になります。

e0351590_22583061.jpg

2連泊のためか、他の方と違うメニューのようです。
連泊メニューを1泊目にいただいたようでした。
お出かけしないので、朝シャンもしちゃいました^^。

e0351590_22571938.jpg
e0351590_22572612.jpg
e0351590_22572609.jpg
e0351590_22573221.jpg

この日、定番のだし巻きがないのです。
残念!そうしたら、だし巻きは料理人がお食事処でその場で焼くサービスをしていました。思わずお願いして、追加でいただきました。うれしいです!若い料理人さんで、写真とったら、とても恥ずかしそうに照れていました。きれいにできていますよ。

e0351590_22585415.jpg
e0351590_22585486.jpg
e0351590_22590110.jpg

デザートで〆ます。

e0351590_22590163.jpg


中日は、おでかけもせず宿でのんびり。
ランチをあらかじめお願いしておきました。「うえののあなごめし」です!こちらのお宿と同じ経営ですからね。宮島港前のお店から、お昼に合わせて運んでいただいたようです。
レトロな包みに、ふんわりやさしいあなごがたっぷり、お弁当がおいしかったです。のんびり、シアワセ^^

e0351590_23234771.jpg
e0351590_23234753.jpg

この日のお夕飯は、特別料理です。
アナゴや木やてんぷらなどに始まり、お造りの姿づくり、伊勢海老の姿を添えた、華やかな八寸、名物の石焼はこの日に出てきました。お食事はアナゴめし、昼に食べたのに、こちらもたっぷりといただいてしまいました。ふぅー、おなか一杯、満足です。(カメラが途中からだめになって、スマホだけだったので、画像が少なくなっています)

e0351590_23244990.jpg
e0351590_23244902.jpg
e0351590_23244985.jpg
e0351590_23245831.jpg
e0351590_23245875.jpg
e0351590_23245998.jpg

次の日の朝食は、残念ながら写真が残っていません。

食べることに楽しみ、写真も撮らなくなるのが本当はいいんでしょうね。貧乏性で、全部記録しておきたい^^・・・そのうち、ブログをやめる勇気がでて、写真は心に写す。そんな日が来るかもしれません。。。

石亭のお食事、正直初めて来た3年前は、心を込めておいしいですが、しつらえや味付けなど、少し田舎っぽいところもあるなと思いました。でも、毎年進化し、だんだん良くなってきています。研究心旺盛なお宿、ご主人ですね。

以上お食事の紹介でした。
石亭の最後は、次回にお風呂やその他のパブリックスペースを紹介します。



[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-03 08:00 | 宮島 石亭 | Comments(0)
2018年GWの旅、倉敷観光のあと向かったのは、まいど広島県「宮浜温泉 石亭」です。実はもう3年連続!GW旅コースのマストになってしまいました^^。

毎度この玄関、そして、庭と海が一望できるラウンジです。お天気が少々今一つでしたね。(写真は、到着時でなく、そのあと利用したときのものです)

e0351590_22263130.jpg
e0351590_22262535.jpg
e0351590_22174564.jpg
e0351590_22175497.jpg
e0351590_22084182.jpg


お部屋は、前回お気に入りの「安庵」になんと連泊です♪
前回、1泊で後ろ髪惹かれて出たので、今回はたっぷり楽しもうと、思い切って部屋を移らず、外出せずの石亭安庵おこもりタイムでした。ずっと一泊ずつでドライブで回ってきたので、ここで骨休めですね~。

e0351590_22073310.jpg
e0351590_22070131.jpg
e0351590_22071043.jpg
e0351590_22182324.jpg


早くお部屋に行きたくて、到着のお茶とお菓子はお部屋でいただきました。

e0351590_22063097.jpg


1Fのお風呂とリビングスペース、ホントにこの露天風呂と空間が思いっきりお気に入りになりました。壁に囲まれたエリアなのに、眺めフェチのPockieがここいいってのは、かなり特異です。ソファに座った時の目線、露天風呂から見る空と青もみじ、コージーなテーブルとチェア(昨年から新しくなりました)、ライト使い・・・ほんとうに、くつろぎの空間づくりがうまいのですよね。

写真や説明だけでは伝わり切れないのが残念ですが、この空間に身を任せた人にだけにわかるシアワセ。ご興味ある方はぜひお泊りくださいませ。

e0351590_22181305.jpg
e0351590_22181319.jpg
e0351590_22181464.jpg

e0351590_22435300.jpg
e0351590_22181314.jpg
e0351590_22295858.jpg
e0351590_22413421.jpg

客室内の水回りとして、露天風呂以外に内風呂もあります。こちらは天然水です。赤い椅子がはいって、小粋ですね。シャワーがとても使いやすいです。窓にはステンドグラスがあしらわれています。ベイシンの横には、バスローブも備え付けられています。1Fのトイレは改装されたようできれいになりました。

e0351590_22095685.jpg
e0351590_22185358.jpg
e0351590_22094875.jpg

そしてお気に入りになるもうひとつの理由は、この2Fです。
こぢんまりとした食事用のテーブルが、三方が窓で、緑、海、庭の眺めが楽しめるのです。これがあるから、1Fとのコントラストでいいのですよね。窓の横にあるリクライニングチェアとオットマンでうたた寝もよいですよ。

e0351590_22182311.jpg
e0351590_22064599.jpg
e0351590_22182340.jpg
e0351590_22104042.jpg


ベッドルームは2Fの奥、トイレと洗面スペースも2Fにあって便利です。ベッド横の小部屋・・・オーナーのこだわりの本がいっぱい置かれた秘密スペースのようなところです。ここにTVが置かれていますが、一度も見ませんでしたね。

e0351590_22182272.jpg
e0351590_22182315.jpg
e0351590_22094867.jpg

次回は、お食事の紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-09-02 08:00 | 宮島 石亭 | Comments(0)