人気ブログランキング |

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シドニー・・・だったはずの紹介、帰国後に向かったのは国内西の方・・・。はい京都です!

羽田空港で国内線に移動し、伊丹空港に向かいました。
いつものように空港リムジンバスで京都に入りました。

ランチの予約をいれていましたが、朝京都にはいれましたので、少し観光です。
11月初旬ですが、ネット検索して紅葉が見られる場所へ向かいました。
「赤山禅院」です。洛北・修学院離宮のちかくにある小さな禅寺です。
周りには何もないので、本当に静かです。

e0351590_23592628.jpg

はいると、中に紅葉の木々や竹林があり、小ぢんまりながらなかなか風情のあるお寺です。赤い廊下と柵も紅葉に映え、なかなかよい感じに歩き回れましたよ。

ネット検索はなかなか穴場を紹介してくれました!リアルタイム紅葉は、検索で探すのがおすすめです。

e0351590_23595546.jpg
e0351590_23595665.jpg
e0351590_00001268.jpg
e0351590_00002661.jpg
e0351590_00004495.jpg

そのまま、詩仙堂あたりまで歩いていき、のんびりと眺めや路地を楽しみました。
青空でとても気持ちの良い天気、山々もきれいな空気の中、のどかな散策でしたね。

e0351590_00005262.jpg
e0351590_00013773.jpg
e0351590_18381818.jpg
e0351590_18382501.jpg

さて、予約の時間も近づき、ランチに向かいました。タクシーで上賀茂あたりまででて、場所に迷い、お店に電話して誘導してもらいました^^。はあ、はずかし~。

お料理やさん「京 上賀茂 御料理秋山」です。名前の通り、秋山さんというご主人の繰り出す楽しい和食をカウンターでいただくスタイルです。人気の懐石のお店、予約は至難!1か月前の1日10時から電話をかけまくるという技と根性が必要なのです。私は全然だめで、だいぶん後から電話したら、希望の日はあいにく満席とあいなりました。キャンセル待ちをお願いしたら、なんと、その後連絡があって、キャンセルが出たというのでした。ラッキーです!


e0351590_00015965.jpg
e0351590_00015968.jpg

12時に到着し、全員が一斉のスタートまで、こちらで黒豆茶をいただきながら待ちます。
どうも遅れた方のせいか、30分ぐらいまたされてしまいました。常連さんのようなので、逆にこういうことにならないよう、自ら注意しなきゃって思いましたね。

e0351590_00021438.jpg
e0351590_00022083.jpg

カウンターに順次はいっていきます。
奥がリピートの方、手前が初めての方、という感じでした。私は真ん中あたりの初めてメンバーのほうに(笑)散歩してけっこうのども乾き、思わずビールをまず一杯!ちらりと、ご主人の秋山さんの写真も撮らせていただいたりして^^。

e0351590_00023715.jpg
e0351590_00024896.jpg


お料理は和食懐石くずしのコースで、一つずつが宝石箱のような楽しみです。

最初は、煮物風の吹き寄せですね。こちらは赤い万願寺のようなものを使った料理がお得意のようです。いろいろなところで出てきますよ。辛口のおすすめ日本酒とあわせて。


e0351590_00030443.jpg
e0351590_00030499.jpg

お椀は秋らしい紅葉柄のお椀にきれいに盛り付けられてきました。
真薯に丹波しめじなどとともに、やさしい京料理のお出汁です。

e0351590_00030401.jpg
e0351590_00030472.jpg

お造りも紅葉の演出です。
白身が中心、いしもちがなかなかいい歯ごたえのおいしさでした。
e0351590_00032084.jpg
e0351590_00032079.jpg

こちらが赤い万願寺?のソースをつかった温物です。
和の本懐石からくずして、個性ある盛り付けと素材、味のアクセントが素敵です。
そして、なんといっても、ご主人の秋山さんのトークや紹介でのエンターテイメントが素晴らしい。これでファンが増えるわけですよね。

e0351590_00033832.jpg

鍋物はお肉・・・なんだったかな?すみません、失念。
こっくりとした料理のあとにさっぱりといただけました。だしも野菜もおいしいです。

e0351590_00034303.jpg

〆はごはん。土鍋手だ居たもので、おこげもよそってくれます。
みそのようなものをいただき、ごはんが進んでしまいます。ああ、食べすぎ=(><)

e0351590_00035111.jpg
e0351590_00035266.jpg
最後に和菓子の甘味もいただいて。

e0351590_00052004.jpg

・・・で、あわててお会計!
はい、3時間近くかかって、もうフライトが間に合わなくなる~!とお抹茶までいただけませんでした。
e0351590_00051243.jpg

楽しくおいしくいただいたランチ懐石・・・これで4300円は驚きです^^。ファンがリピートするわけです。夜はもっと素晴らしいとのこと。ぜひ、また行きたいです。

長くなりましたが、シドニー&京都の旅を紹介を終了します。
この旅をもって、無事ANAのダイヤモンドステータスを獲得できました♪記念すべき旅でした。


by Pockie_totoro | 2018-02-25 19:00 | 京 上賀茂 御料理秋山
シドニー旅行も終え、帰国のフライトです。

夜行便のため、空港へはシティトレインでゆっくり移動しました。
チェックインのあと、Express Pathから保安検査場をはいります。これはやっぱり、どこの国でもあればありがたいものです。空港内の通常の搭乗ロビーでも、こんなにおしゃれなデザインで、思わず写真をとってしまうほどです。ここでも十分くつろげますね。

e0351590_22540720.jpg
e0351590_22540714.jpg


マスコット君MUSTのわたくしは、Duty Freeエリアで、コアラとウォンバットをゲットします^^。ちなみに、お酒やたばこは激高です。

e0351590_23111987.jpg
e0351590_23112757.jpg


ANA搭乗者用のラウンジは、スターアライアンス組であるニュージーランド航空運営のラウンジです。

e0351590_22540828.jpg


ラウンジはとても広くて、白を基調とした、非常にすっきりとしたデザインです。写真がブレブレが多くてあまり載せられないのですが、ポップなカラーのソファや、ゆったりうたた寝できそうなソファなど、居心地の良いスペースがあちこちにありました。飲み物やフード類もかなり充実です。私はおなかがけっこう一杯でしたので、少しいただいた程度です。お味の方はどうかなあ?・・・あまり試せず。

e0351590_22564219.jpg
e0351590_22564252.jpg
e0351590_22564262.jpg
e0351590_22564917.jpg
e0351590_22564929.jpg
e0351590_22565001.jpg
e0351590_23124010.jpg
e0351590_23122143.jpg


フライトはANA880便のビジネスクラスに乗りました。ANAダイヤに向けて、最後の贅沢です!スタッガードのフラットシート、遅い軽食をいただき、翌朝到着までゆっくりと寝られました。長いフライトでも時差の少ないオーストラリアは、寝られればこんなに楽なんだと実感!アジアはタイやシンガポールでも実質3-4時間しか寝られないので、けっこうきつかったりします。

e0351590_23124533.jpg
e0351590_23124600.jpg


お食事は和食をとりました。半分ぐらい食べて・・・お休み。あとから、一風堂の味噌ラーメン食べちゃいました^^。
ついでに、食事メニューとドリンクメニューもアップしちゃいます。

e0351590_23085577.jpg
e0351590_23085560.jpg
e0351590_23085473.jpg


起きている間に見たインフライト・ムービーは、懐かしの「プリティ・ウーマン」です。私、リチャード・ギアのファン!これはコケティッシュなジュリア・ロバーツの初期の作品、何度見てもきゅんとします♪

e0351590_23125492.jpg
e0351590_23130775.jpg


狙っていたダッフィー熊君も機内販売でゲットし、満足のフライトと相成りました。

e0351590_23140687.jpg


無事、羽田空港に朝6時台に到着。お疲れ様でした~・・・

ではないんです^^。このあと、国内線に移動。荷物をコインロッカーに預けて搭乗したかったのですが、なんと、ちょうど米トランプ大統領様の来日とバッティングし、空港内すべてのコインロッカーが封鎖(><)。やむなく、荷物預かりサービスのカウンターに並んでお願いしました。

シドニー帰国便で無事10万プレミアムポイントを超えました。ポイント証明を見せて、羽田空港国内線でダイヤモンドのスィートラウンジに入れていただくことができました。朝日のANA機がとてもすてきに見えます♪

e0351590_23145673.jpg
e0351590_23150803.jpg

よぉ~し、乗るぞ~!と搭乗口にいったら、あらら、これが名物の「ダイヤ様優先搭乗渋滞」ですか(苦笑)

私はゆっくりと後から乗りました。

さてこのあと、おまけの国内線の行先は・・・。

by Pockie_totoro | 2018-02-20 21:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光は3日目です。

お天気は今一つ・・・でも最終日の3日目も夜行便なので、ゆっくり夕方まで時間があります。
レイトチェックアウトは、なんとか17時ごろまでOKをいただきました。クラブラウンジで朝食のあと、お出かけしました。(ラウンジばっかり毎日利用してました~^^。このためにインターコンチに泊まったようなものですもの♪)

e0351590_14361108.jpg
e0351590_14385757.jpg

行先は、またロックスにしました。夜歩いて見てとても興味がわきました。パブだけではもったいない!明るい町並みを楽しみたいと思い、歩いてすぐの便利さもあって、フラッと出かけました。
船着き場には海外の船がはいってきているようです。大きなスーツケースを持った人たちが行きかいます。

e0351590_14392363.jpg
e0351590_14392479.jpg

e0351590_14395097.jpg
e0351590_14393813.jpg


ハーバー沿いに歩いていくと、ブリッジのたもとにパークハイアットがあります。古い建物を生かした、東京などのパークハイアットとは少し趣の違ったシックな雰囲気。ここもいいなあ、と思いつつ、ホテルフェチの血が騒ぎます!

e0351590_14393877.jpg
e0351590_14393843.jpg


パークハイアットの近くに、ケン・ドーンのミュージアムがありました。明るい絵を描くオーストラリアを代表するアーティストの一人、以前もいろいろグッズを買ったりしたので、フラッと立ち寄りました。

ところが、中に誰もいない!ロックス&ハーバーの好立地にあるのに、人気ないのかなあ・・・入場無料なのにね。私は、さくっと展示を見て回り、ショップで明るいグリーン基調のランチョンマットをご購入です^^。

e0351590_14395072.jpg
e0351590_14400040.jpg
e0351590_14400030.jpg
e0351590_20592461.jpg

ツーリストセンターの横に、ロックス・マーケットがありました。面白そう!こちらでいろいろ物色し、お土産を購入しました。

楽しそうなパフォーマンスや、地元のフード、アクセサリー、ローカル工芸など、様々なものが所狭しと並んでいました。ちょっとお高めの観光地値段はやむを得ませんが、遠くまで行く時間もとれなかったのでしょうがないかな。ワイングラス立てはお気に入りです。

e0351590_14410642.jpg
e0351590_14410760.jpg
e0351590_14410702.jpg
e0351590_14413703.jpg
e0351590_14424321.jpg
e0351590_14425635.jpg
e0351590_14425652.jpg
e0351590_14430391.jpg

アボリジニの先住民文化を見られる「ロックス・ディスカバリー・ミュージアム」はなかなか興味深く拝見しました。シドニーの文化を初めて勉強した気分^^。

e0351590_14485662.jpg


そのあと、細い裏路地にはいり、面白い壁絵や標識、建物、ショップ、カフェなどを眺めて回り、ちょと探検気分で楽しみました。ちょっといいなあと思った小さなホテルでランチしようと思ったのですが、団体様がはいっていて断念(><)。

e0351590_14491714.jpg
e0351590_14491734.jpg
e0351590_14491797.jpg
e0351590_14492462.jpg
e0351590_14492582.jpg
e0351590_14492589.jpg
e0351590_14492979.jpg


この街も十分歩いたので・・・ホテルフェチの血が騒ぎ、次に坂をえっちらおっちら、めざしたのは。。。

e0351590_14514013.jpg


フォーシーズンズホテル・シドニーです。
泊まりたいな、でも高いな~と思っていたホテルです。でもやっぱりちょっと覗いてみたいという気持ちを抑えられず、ハーバー&ロックスからも近いので、入ってみました。ロビーや内装が落ち着いた感じ、トイレにはいってもその雰囲気は素敵です。

e0351590_14515729.jpg

e0351590_14515799.jpg


こちらのロビーラウンジ横のカフェで、遅いランチを取ることにしました。
カジュアルなレストランなのですが、なんだかワクワクどきどき・・・。

ロックスを歩き回って、かなりお疲れ、のども乾いていました。思わずシャンパンに!
レストランでのサービスは、本当にすばらしい。さすがフォーシーズンズというのを感じます。ダンディな男性のソムリエが、ちょっとした冗談もかわしながら、スマートにもてなしてくださいます。

e0351590_14522027.jpg


アラカルトで、カジュアルフレンチのオリエンタル、ヌーベルキュイーズ風です。タルタルの海苔のせ、ラングすてぃーぬのハーブ焼き、コーヒーをいただきました。料理もなかなかおいしく、とても気持ちよく優雅な気分で食事をすることができました。シドニー滞在の締めくくりの食事でした。

e0351590_14522156.jpg
e0351590_14523147.jpg
e0351590_14524161.jpg
e0351590_14523107.jpg


ホテルに戻り、荷物をまとめて、いよいよチェックアウトです。
最後にラウンジで軽くドリンクなどいただき、空港へ向かいます。

e0351590_22490834.jpg

次回は、帰国のフライトです。

by Pockie_totoro | 2018-02-19 08:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光は2日目です。

この日はいくつか目標を定めて出かけました。
まずは、歩いてシティエリアに行きました。建物を楽しみながらショッピング街の散策です。

歴史的な建物のショッピングモールがたくさんある、シティは、外からだけでなく、内装の天井、床、壁、店構えなど、見ているだけでも本当に楽しいです。クィーンズビクトリアやストランドなど、建物とお店をぷらぷらっと、歩き回りました。


e0351590_23541375.jpg
e0351590_23541435.jpg
e0351590_23541467.jpg
e0351590_23542474.jpg
e0351590_23543330.jpg


次に向かったのは、少し遅いランチです。
時間がもったいないので、タクシーを拾いました。タクシーのおっちゃん、ビルズ本店なら知ってるだろうと高をくくったら、知らんと!あわてて、ガイドブックの住所を見せて、探してもらいました(笑)。

目の前に到着したは、住宅街の中にある地味な建物・・・ん?これ?bills!

e0351590_23550395.jpg
e0351590_23550418.jpg


そうです、あの「世界一美味しい朝食」といわれる「ビルズ」、発祥の地シドニーの本店に行ってきました。遅めのランチで少しすいているかな、と思ったら、まだ満席でした。10分ほど待って、真ん中の大きなテーブルに案内されました。

e0351590_23551747.jpg
e0351590_23551705.jpg


お目当ては、もちろん、あのふわふわのパンケーキです♪
日本の古典的なパンケーキとはつくり方が違います。このちょっといびつな形のパンケーキ、ふわふわとしっとりが入り混じったような独特の食感、私にとっては初めての体験、たっぷり堪能しました。ただ・・・この大きさ、最後の方は少々飽きてしまったかも(苦笑)

e0351590_23552510.jpg
e0351590_23555720.jpg


ちなみに、トイレはお店の外にあります。こんな格子の向こうに、こぢんまりとしたトイレでした。イソップのソープがあって香りがよかったですよ。

e0351590_12485521.jpg
e0351590_12485577.jpg
e0351590_12490392.jpg

ああ、おなか一杯!このあとも、ビルズ付近を散策です。
こぢんまりとした街は、シティエリアとはずいぶん雰囲気がちがいます。入ってみたいカフェやお店がありましたが、おなか一杯だし、次の予定が・・・。雰囲気だけ楽しんで、シティトレインの駅まで歩きました。


e0351590_12484583.jpg
e0351590_12483944.jpg

e0351590_23570736.jpg

次の移動はシティトレインでしたが、こんなバスにも少しだけのりました。オパールカードでさくっと乗り降り、どこの国もこのカードで乗るスタイルがデフォルトですね。

e0351590_23545501.jpg


次に向かったのは・・・オーガニックコスメのお店「ジュリーク」です。
シティのウエストフィールド内のジュリーク直営店です。そう、せっかくジュリーク本場の豪に来たので、トライしたくて、直接午前中にお店に向かい、フェーシャルの予約をいれたのです。この店は奥にスパスペースがあり、ちょうど午後のいい時間があいていたので、ビルズのパンケーキのあとに、と予定を組んだのでした。

店舗の奥にスパ施術個室があります。店員の方の一人がセラピストで、こちらで60分のコースを受けました。なかなかセールストークのお好きな(笑)方で、お肌を上手にほめつつ、化粧品の宣伝をしっかりされました^^。くつろぎながら、オージーイングリッシュ、きついぞ~(笑)!・・・最後に2つほどアイテムをご購入♪

e0351590_23563616.jpg
e0351590_23564405.jpg
e0351590_23564451.jpg
e0351590_23565345.jpg
e0351590_23565327.jpg

さて、フェーシャルでお肌も気持ちよく!・・・散策しながら、いったんホテルに戻りました。ホテル裏にある王立植物園も興味ありましたが、お時間と体力が^^。

e0351590_23570893.jpg
e0351590_23570856.jpg


夕方、ホテルのカクテルアワーを楽しんだあと、一休み。しばらくして夜の街に出かけました。

ロックスです。オペラ座とは反対側ハーバー沿いを歩き、アーガイルカットのちょっと怖い岩のトンネルを通り、オールドパブへ行ってみました。通りの古い町並みは、シティのすました歴史的建物とは違った味わい、ギャングが出そうな開拓時代のワイルドな雰囲気を醸し出しています。アーガイルカットはノミだけで削ったトンネルだそうです。すごい!

e0351590_23574100.jpg
e0351590_23574193.jpg
e0351590_13094218.jpg
e0351590_13093367.jpg
e0351590_23582085.jpg

到着したのは、自家製ビールで有名な老舗パブ「The Lord Nelson Brewery 」に行きました。石畳の街並みや位ホテル内のパブとなっています。砂岩づくりの内装はとてもいい味わい。ビールの種類が多すぎて迷ってたら、「じゃあこのセットがいいよ」と勧められ、4種類の自家製ビールを味わいました。せっかくなので、ビールにあわせて、ビーフパイもとってみました。うん、ビールにあう!マッシュビーンズがいい感じです。となりに座った陽気な2軒目風な人たちとちょっと盛り上がって、乾杯しちゃいましたよ。

e0351590_23574754.jpg

e0351590_23580852.jpg
e0351590_23580819.jpg
e0351590_23582827.jpg

ふぅ~。おなかいっぱい!
この日は食べすぎです(笑)
ホテルに戻ってお休みです。

さて、つぎの街歩きは次回に!たっぷり楽しんでいる感じ、伝わりますでしょうか?!

by Pockie_totoro | 2018-02-17 14:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー
シドニー旅行の紹介、ICから繰り出して、観光です。

「豪=コアラ&ウォンバット」という私の頭の中の図があり(笑)、まずは、天気のよい初日に動物園に行くことにしました。ホテルからすぐのサーキュラーキーふ頭から、フェリーでタロンガ動物園に向かいます。
この埠頭エリアは、たくさんのフェリーが通勤列車のようにたくさん出発していて、行先を調べて、オパールカードで乗り降りができます。東京で、SUICAかPASMOを持っているようなものですね。

e0351590_22304260.jpg
e0351590_22304243.jpg
e0351590_22304287.jpg
e0351590_22304257.jpg
e0351590_22311149.jpg


このフェリーからの眺めも素晴らしい!
間近に、ハーバーブリッジもオペラハウスも、さまざまな角度から見ることができます。他のフェリーも行き交っていて、短いながらも、とても楽しい船のショートトリップを楽しめました。

e0351590_22305741.jpg
e0351590_22305749.jpg
e0351590_22305736.jpg
e0351590_22310674.jpg
e0351590_22310776.jpg
e0351590_22310731.jpg

さて、到着しました!タロンガ動物園です。

船着き場から、このロープウエーで上まで上がると、動物園のエントランスです。このロープウエーからの眺めも海がよく見えていいですよ。眺めフェチのPockieをくすぐる仕立てラインナップが続きます^^。

e0351590_22312042.jpg
e0351590_22313112.jpg
e0351590_22313193.jpg



エントランス横にはショップがあって、楽しい動物たちのぬいぐるみが所狭しと並んでいます。もちろん、人気のコアラが一番たくさんいました。
でも、まずは本物の動物たちに会いましょう~!ということで、いざ出発!

e0351590_22314228.jpg
e0351590_22314315.jpg

まずはエントランス近くから、行きやすいところへ。
トカゲやとりたちなど、ちょっと地味なところから・・・。比較的地味なセッティングで、見やすいとか、楽しいという演出はあまり見られません。そのまま、動物たちのいるところを楽しんでください、という感じでしょうか。

e0351590_22314979.jpg
e0351590_22314917.jpg
e0351590_22321552.jpg
e0351590_22321523.jpg
e0351590_22322404.jpg

自然の中の動物園で、子供たちなどはトレッキングや遊園地のような遊びもしていました。
こういう木の上のブランコを渡るプレイもありましたよ。

e0351590_22323761.jpg


光の苦手な動物たちは、暗いセッティングの建物の中で見て回ります。うーん、何だったか忘れました^^。

e0351590_22325665.jpg
e0351590_22325673.jpg
e0351590_22330219.jpg

そして、やってきました。コアラにカンガルー、ウォンバット!
すっかり寝ていて、全然愛想ないコアラ君にはがっかりでしたが、それでも顔はよく見えました。夜行性なので、昼間は寝ていることが多いのです。カンガルーたちは元気に歩き回っていました。

e0351590_22331332.jpg
e0351590_22331973.jpg
e0351590_22331930.jpg
e0351590_22350038.jpg
e0351590_22333617.jpg

全体に散策にはよいですが、日本の動物園よりセッテイングに面白味があまりないので、子供などは少し退屈してしまうかもしれません。そして、どどーんと広めの敷地内をあちらこちら回るには、時間がかなりかかります。2時間ぐらい歩き回って、船着き場に戻ってきました。

e0351590_22334625.jpg
e0351590_22335080.jpg
e0351590_22340458.jpg


フェリーで埠頭に戻ってきました。サーキュラーキー駅前の「カスタムハウス」に入ってみました。歴史ある建物の図書館です。中は、なかなかの楽しいセッテイングです。ここでゆっくりくつろいだり、本を読んでいる人たちがかなりいますよ。オーストラリアの歴史を紹介する展示も少しありました。

e0351590_22340993.jpg
e0351590_22341006.jpg
e0351590_22341079.jpg
e0351590_22342011.jpg


夜に再度サーキュラーキーに出てきました。オペラハウス、ハーバーブリッジのライトアップも、なかなか素敵です。

e0351590_22343919.jpg
e0351590_22343972.jpg


クラブラウンジでかなり飲食をいただいてしまったので、軽くこの夜景を見ながら・・・。
ハーバーの「オイスターバー」にはいり、ワインとパスタ、オイスターを楽しみました。オイスターはもちろんですが、パスタがとても美味しくてびっくり!エビもぷりっぷり、きれいな白ワインといいマッチングです。

e0351590_22351684.jpg
e0351590_22344775.jpg
e0351590_22351647.jpg

さて、次回は、翌日の昼間の街歩きです。

by Pockie_totoro | 2018-02-13 22:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー
「インターコンチネンタルホテル・シドニー」の紹介、クラブラウンジです。

今回は、事前に評判の良かったラウンジを楽しむのが目的の一つでもありました。
ラウンジのミールタイムをたっぷり楽しませていただきましたよ。おかげで、外での食事は軽くなってしまいましたが^^。

e0351590_22193437.jpg
e0351590_22512278.jpg

眺めはごちそう!お天気は今一つでしたが、それでもオペラハウスやハーバーブリッジ、ベイなどの眺めは楽しめました。

e0351590_22175778.jpg
e0351590_22175707.jpg
e0351590_22175796.jpg
e0351590_22182819.jpg
e0351590_22184870.jpg
e0351590_22185469.jpg


カクテルアワーは本当に賑わいでした。日も長く、17時スタートではまだ明るい時間を過ごせます。19時ぐらいにかけて、ようやく日が落ちてきて、すいてきたラウンジの落ち着いた雰囲気がただよってくるといった感じです。

ドリンクは、スパークリングワインをまず一杯!それ以外に、赤白のワインもたっぷり注いでもらえ、オージービールもいただきました。これが危ない!つい飲みすぎです^^。

e0351590_22211282.jpg
e0351590_22541381.jpg
e0351590_22184855.jpg
e0351590_22221527.jpg
e0351590_22221044.jpg


ブッフェミールの主役は、なんといってもオイスター!生とグリルが日を変えてサーブされました。お寿司も出されます。どちらも人気であっという間になくなります。

e0351590_22211391.jpg
e0351590_22220026.jpg
e0351590_22211364.jpg
e0351590_22233010.jpg
e0351590_22240737.jpg


そのほか、チーズや野菜など豊富なラインナップです。

e0351590_22220040.jpg

e0351590_22210044.jpg
e0351590_22215038.jpg
e0351590_22215027.jpg

もう一つ売りは、カナッペのような調理物の温かいオードブルが別に提供いただけることです。毎日メニューが変わり、楽しめます。クロケット、中華饅風サンド、サモサ、海老の春巻きフライなど。。。クロケットはおいしくいただきましたが、他はちょっとボリュームありすぎて、苦しい感じでした(笑)
e0351590_22233002.jpg
e0351590_22240753.jpg
e0351590_22511696.jpg

朝食も充実のラインナップ。日本のホテルだと、クラブラウンジはコンチネンタル+軽いメニューのイメージですが、こちらはフルブレックファーストです。温かい卵料理は別注で持ってきていただけます。たっぷりと楽しめました。

e0351590_22242573.jpg
e0351590_22242572.jpg
e0351590_22215197.jpg
e0351590_22244759.jpg
e0351590_22244775.jpg
e0351590_22245590.jpg
e0351590_22251265.jpg



ふぅ~。紹介しているだけでおなか一杯になりそうな、満載クラブラウンジのミール&ビバレージでした。

さて、次回は、シドニーの街に繰り出した紹介です。

by Pockie_totoro | 2018-02-05 23:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー
シドニーの旅、「インターコンチネンタルホテルシドニー」の紹介は、客室です。

客室は2402号室、エグゼクティブスィートにアップグレードいただきました。
エレベータホールから一番遠い角部屋にあります。

e0351590_23571882.jpg
e0351590_23571826.jpg
e0351590_23572270.jpg

お部屋にはいると、踏み込みエリアになるフォイヤーのようなゆとりのスペース、置物の棚や絵画がかけられています。こちらは、リビングスペースで、窓が2面にあり、L字型のソファー、デスクとチェアやテレビがあります。窓が大変大きいので、眺めは本当に素晴らしい部屋です。


e0351590_23551144.jpg
e0351590_23551247.jpg
e0351590_23564137.jpg
e0351590_23570294.jpg

e0351590_23553247.jpg


コンプリメンタリーで赤ワインとフルーツをいただいたのですが、ラウンジで飲んだり食べたりしていたので、とても部屋のは飲みきれません。少しいただいて、ほとんど残してしまいました。他のものにかえてもらえるものなら、そのほうがよかったかもしれません。

e0351590_22253771.jpg


となりのベッドルームも明るいつくりで、キングベッドにカウチソファー、こちらにもTVが備えられています。荷物を置くエリアは、バスルームの扉の横になります。

e0351590_23553265.jpg
e0351590_23553264.jpg
e0351590_23564010.jpg
e0351590_23564174.jpg


お部屋の眺めはすばらしい。もちろん上階のクラブラウンジのほうが高い位置でいいのかもしれませんが、こちらでも十分。部屋でゆっくり見られるながめはやはりいいですよ。ひとつ高い建物が気になるのですが、まあちらっとなので、この程度なら許容範囲でしょうか。

e0351590_00015265.jpg
e0351590_00015264.jpg
e0351590_00015268.jpg


バスルームは一体型ですが、バスタブとシャワーブースは別になっています。トイレとベイシンが並んでいて、真っ白なタイルに、シンクの蛇口など、ちょっとクラシックな感じですね。スペースは十分ゆったりしており、使い勝手は問題ありません。ヘルスメーターもちょっとトラディッションルかも^^。ベイシン前の窓が開いて、ベッドルームと外の景色が見え、閉塞感がないのがいいですね。


e0351590_23555769.jpg
e0351590_23555714.jpg
e0351590_23555775.jpg
e0351590_23555795.jpg
e0351590_23561378.jpg
e0351590_23561305.jpg


こちらは、リビングルームのバスルーム。ちゃんとスィートの仕様です。

e0351590_23565150.jpg


次回は、クラブラウンジをたっぷり紹介します。

by Pockie_totoro | 2018-02-02 08:00 | 豪:インターコンチネンタルHシドニー