Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:バリ: アマンダリ( 5 )

2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介・・・からずれますが、お出かけ編です。

まずは、ランチででかけたのは、ヴァイスロイのフレンチレストラン「カスケード」です。ウブド北東側でアマンダリから車で20分ぐらいのところにあります・・・が、ウブドのメインストリートはどこも渋滞!30分ぐらいかかり、帰りは小一時間でした^^;。ウブドの渋滞、前回もそうでしたが、本当に参ります。

e0351590_22410206.jpg


アマンの送迎車で到着したのは、ブティックリゾート・ホテル「ヴァイスロイ・バリ」です。
ちなみに、アマンダリでは、ウブド内の送迎は無料です。これ、けっこううれしいサービスですよね。

前回のバリ島でこのレストランを利用し、フレンチがおいしくて眺めがよく、とても気に入りましたので、再訪です。アマンダリに予約をお願いしましたので、到着してすぐにレストランのほうへ案内いただきました。

e0351590_22373321.jpg
e0351590_22373424.jpg
e0351590_22373509.jpg
e0351590_22373577.jpg

この眺め!
やっぱりここは、昼間の利用がいいです。ですので、あえてランチにしたのです。
ちょっとはずかしいドレスで太い腕を披露・・・すみません、お目汚しを。
e0351590_22381791.jpg
e0351590_22392326.jpg


アミューズからスタートです。
内容がかなり飛んでいるので、おおざっぱな紹介で失礼します。

クリームチーズにサーモンを練り込んだものをクッキーのようなものにのせてあり、さくっと軽やかなスタートです。

e0351590_23072987.jpg


前菜です。私は、蛸のマリネにカリフラワー・イカスミなどのソースをそえて、主人はフォアグラのテリーヌを取りました。

e0351590_23072903.jpg
e0351590_23073032.jpg


主人は大好きなスープをとりました。
クリームの内容は失念^^。ダックのコンソメを注いでいただくものです。

e0351590_22393946.jpg
e0351590_22393906.jpg
e0351590_22393997.jpg

口直しのシャーベットをはさみます。

e0351590_22394848.jpg


赤ワインを選びました。

e0351590_22395957.jpg


メインの登場です。

ビーフウエリィントンンです。2人前となっており、その場で切り分けていただきました。アーティチョークとポテトが添えられています。さくっさくのパイ・・・いや~メニューにこんなものがあったので、びっくり!たっぷりいただき・・・おなかが苦しいほどでした。

e0351590_22401801.jpg
e0351590_22402015.jpg
e0351590_22402126.jpg


食後のデザートは、軽くアイスクリーム。ドリンクは生ハーブティーにチョコレートが添えられてきました。は~食べた食べた!満足です。

e0351590_22402833.jpg
e0351590_22403605.jpg
e0351590_22404746.jpg
e0351590_22404728.jpg


この日の夜は、夕食抜きでした^^。でも、満足感はとても高かったです。

2泊でしたので、翌日にはチェックアウトです。
アマンダリの車で、次のホテルへ移動します。

e0351590_22433857.jpg
e0351590_22434438.jpg
e0351590_22434423.jpg
e0351590_22434489.jpg

途中寄ったのは、毎度、「ジェンガラ」です。

こちらの食器を見るのは毎回お約束です^^。
建物もおしゃれで、目を引く石造りです。中にはジェンガラ・カフェもあります。
中は撮影禁止のため、たっぷり目に焼き付け、ジェンガラの器たちをお買い物してきました^^。毎回買い足しです。

e0351590_22444939.jpg
e0351590_22445082.jpg
e0351590_22444956.jpg
e0351590_22445018.jpg
e0351590_22444994.jpg


さて、お買い物も満足♪・・・次のホテルに向かいます。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-16 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、レストランやスパなどです。

アマンダリのレストランは1つ、ザ・レストランです。エントランスの右側にあり、目の前がプールです。こちらで朝食を2泊ともいただきました。

e0351590_23120890.jpg
e0351590_23122184.jpg
e0351590_23120096.jpg


朝食はすべてアラカルトで、好きなものをいただきます。朝食付きで何を頼んでもOKということでしたが、あまり食べられないものまで無理やりとるのもみっともないと思い・・・2日間で頼んだものをいくつか紹介です。

ブブール(インドネシアのおかゆ)、トースト、スイカジュース、ポーチドエッグ、目玉焼き、サラダ、マッシュルームのソテー、カットフルーツなどなど・・・。めずらしいクレンズジュースもいただきましたが、味はう~ん・・・^^。

e0351590_13523513.jpg
e0351590_13523685.jpg
e0351590_13523624.jpg
e0351590_13523507.jpg
e0351590_13531570.jpg
e0351590_13531551.jpg
e0351590_13544179.jpg


ロビーの右側には、ライブラリーがあります。
こちらのライブラリー、どこかに似てると思いません??・・・京都の「俵屋」のアーネスト・スタディーとよばれるライブラリーなんです。アマンダリを作るとき、俵屋のこのスペースをたいへん気に入り、kのように仕立てたとのこと。なんとなく落ち着きます。

e0351590_13565635.jpg
e0351590_13565683.jpg
e0351590_13565766.jpg
e0351590_13571002.jpg


ライブラリーの外には、東屋があります。こちらでちょっぴりごろっと・・・。いい感じのスペースです。

e0351590_23381265.jpg
e0351590_13570265.jpg


ライブラリーから、さらに奥に行くと、反対側のビラの奥にスパがありました。こちらで1回施術を受けました。

e0351590_13572868.jpg
e0351590_13572888.jpg
e0351590_23405393.jpg
e0351590_23403773.jpg
e0351590_13572802.jpg


更衣室で着替えて、サウナも利用できます。紙パンツも用意されています。

e0351590_23423457.jpg
e0351590_23424094.jpg
e0351590_23424404.jpg


施術室はオープンエア、流れる滝が横にあって、自然の中で施術をしている気分です。ただ、ちょっと滝の音が大きくて、うとうとしても寝られず・・・(苦笑)。

e0351590_23424582.jpg


スパで、リムバーがなく、緊急に中途半端にはげたマニキュアをとってもらいたいので頼んだら、丁寧に対応してくれました。さすがのもてなしです。

e0351590_23575480.jpg


スパの奥にはジムもあります。すてきなアランアランの中に最新マシンもあります・・・利用しようと思っていましたが、叶わず^^。素敵な空間です。こんなところで汗を流すなんてやっぱりリゾート!

e0351590_23420438.jpg
e0351590_23421115.jpg

敷地内を散策し、ウブドの杜にすばらしいビラを立てたものだと感心しながら、アマンダリの二日間を過ごしました。

e0351590_23524667.jpg
e0351590_23525216.jpg
e0351590_13563942.jpg
e0351590_23510715.jpg
e0351590_23515339.jpg
e0351590_23534471.jpg
e0351590_23514548.jpg


さて、次は、ウブドで出かけたグルメな紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-14 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、客室の続きです。

到着時は夜でしたので、ほとんどの写真は翌朝以降からです。一部は夜にとって、その後写真をとってないので、暗いものもありご容赦ください。

まずは1Fです。これはすごい!東屋のようなリビングカウチが左右に2か所、真ん中がダイニングのテーブルとイス、奥には一人用リクライニングソファーにミニバーコーナーがあります。リビング・ダイニングだけのワンフロアなんですね。広い!


e0351590_13520764.jpg
e0351590_13515626.jpg
e0351590_13515629.jpg
e0351590_13045152.jpg
e0351590_13043026.jpg
e0351590_13045106.jpg
e0351590_13050338.jpg
e0351590_13301196.jpg


立派なウエルカムフルーツのデコレーション、到着時はルームサービスでこちらで食事をいただきました。サテもミーゴレンもとてもおいしくいただけました。

e0351590_13051227.jpg
e0351590_13292708.jpg
e0351590_13295692.jpg



リビングの1Fから臨むプールと東屋です。火の光の軟らかさと木の影がいい感じにプールに落ちていて、とてもお気に入りのワンショットです。

e0351590_13283132.jpg


バスタブはアウトドアで、大きなタブです。お湯を張るのに結構時間がかかるかも。今回は雨に降られませんでしたので、快適に過ごすことができました。別に室内にシャワースペースがあります。レインシャワーとハンドシャワーがあり、こちらも快適です。ベーシンは、アマンお約束のシンメトリーで左右に二つ配されていました。

e0351590_13301817.jpg
e0351590_13302721.jpg
e0351590_13302601.jpg
e0351590_13294966.jpg
e0351590_13294970.jpg



この籠は、お出かけや敷地内の移動に重宝しました。お持ち帰りもできるものです。

e0351590_07484786.jpg


らせん状の階段をあがると、上がベッドルームです。

カーテンをあけると2方向に窓、夜明けの眺めが気持ちいいのです。

e0351590_13292217.jpg


ベッドと小さなデスクコーナー、トイレも別にあります。アランアランの部屋の裏側で、落ち着く眠るだけのためのここちよい狭さです。

e0351590_13420825.jpg
e0351590_13415164.jpg
e0351590_13420254.jpg
e0351590_13420858.jpg
e0351590_13404485.jpg


さて、次回は、レストランとスパなどの紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-12 18:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、客室です。

実は、こちらに泊まる予定ではありませんでした。ところが、別のアマンに予約いれていたら、貸切のお客様がはいったらしく、どいてもらうお詫びにこちらのホテルに移っていただくことにより、送迎、アップグレードをいただいたものでした。(通常の予約で、こんな恩恵はそうそうないかと思いますので、ラッキーの紹介とご了解くださいませm(__)m)

お部屋は、ビラ15号室。
アマンダリをご存知の方は、え~すごい!・・・なんですよね。
はい、プールスィートで、眺めがベストなんです。

いわゆる、角部屋的な位置で、2方向に違う眺めが楽しめます。この位置です。

e0351590_23503202.jpg


門構えです。
アマンダリの年輪を感じさせる建物、バリらしい風情に重厚感があります。

e0351590_07473689.jpg
e0351590_07475127.jpg



門を入って、横の観音扉からはいります。バリの彫刻が施されています。
この吊るした木の棒はなんだんでしょうか???
e0351590_07473636.jpg
e0351590_07481085.jpg



まずは2階建てのビラのプール側からです。この姿、思わず素敵なビラと感激です。
建物はしっかりしたつくりで、茅葺の屋根に木材を多用した大きな窓。木々も年輪とともに風情ある成長を遂げ、景色にすっかりなじんだ趣あります。これらが、お部屋の素晴らしさを演出します。

e0351590_07493338.jpg
e0351590_07491325.jpg
e0351590_07494207.jpg
e0351590_13052782.jpg



プールは8メートルぐらいでしょうか。少し泳げるサイズです。でも、ウブドは涼しくて、あまり泳ぐことはなかったのですが。。。プールのまわりのデイベッド、そして東屋のスペースは、主人がお気に入りでいつもくつろいでいました。

e0351590_07501232.jpg
e0351590_13083164.jpg
e0351590_07533519.jpg


プールの大きさがこれでわかるかなと思います。東屋にランの花も飾られていい雰囲気です。そして、プールの向こうのウブドの杜、そしてアグン山も望めます。

e0351590_13082139.jpg
e0351590_13081423.jpg


それから、部屋のサイドの扉を開くとこちらです。
見苦しいおばちゃんが座ってますが(笑)、それはおまけとして、眺めをご覧ください。バルコニースペースのようなところから、ライステラスと木々が広がります。

すばらしい眺めが2方向に楽しめる、天国のようなビラです。

e0351590_13050442.jpg
e0351590_07542098.jpg
e0351590_07532845.jpg



フォトジェニックなプールスィート・・・まさに、うっとりです。

e0351590_12571853.jpg
e0351590_12562478.jpg

さて、肝心のビラ内・・・は次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-11 18:00 | バリ: アマンダリ | Comments(2)
2017夏休みの旅 バリ島が始まりました。ホテルの車で向かったのは、空港から北上して1時間余り、ウブドにある「アマンダリ」です。初めての宿泊です。ちょっとわけがあって、こちらに泊まることになりました。それは、次のホテルの紹介の時に・・・。

到着したのはすでに19時台。夕暮れでも見られれば、と思っていましたが、もうすっかり夕闇の中のホテルでした。

こちらのエントランスエリアの写真は、翌日の昼間のものです。
バリらしい木組みのエントランスは、オープンエアーの明るい雰囲気です。アマンダリというと、もう少し落ちついた薄暗いイメージをしていましたが、全然違います。実は、10年以上前にカフェ利用だけに立ち寄ったことがあるのですが、もっと暗かったイメージがあるんですね。
e0351590_22280977.jpg
e0351590_22272313.jpg
e0351590_22281019.jpg
e0351590_22291757.jpg



車から荷物を降ろしていただき、すぐにお部屋へ案内されました。

案内は暗い通路やパブリックスペースだったので、こちらも明るい時間の写真で紹介します。

e0351590_22272897.jpg


エントランスロビー前には、バリの守り神の獅子がいます。蓮の池もきれいに手入れされており、滞在中なんどか手入れをしているスタッフに会いました。とてもにこやかでしたよ。


e0351590_22292474.jpg
e0351590_22292432.jpg


宿泊するビラ紹介の前に、敷地内の通路や様々な門構え、木々、建物などの雰囲気を先に紹介しましょう。

石畳とゆるやかな坂のなか、こぢんまりとした道はプライベート感満載です。大規模なホテルとはやはり違いますよね。それぞれの門構えや建物の雰囲気も微妙にみな違い、眺めていて心安らぐ感じです。旗のようなものを門に飾られているのは、ハネムーナーのお部屋というサインだそうです。

e0351590_22355332.jpg
e0351590_22355324.jpg
e0351590_22360316.jpg
e0351590_22360305.jpg




プール横からの通路です。ここは何度も往復しましたね。いいこみちです。
左側の茅葺屋根のエリアは、夜にプライベートダイニングをされていたファミリーがありました。

e0351590_22360442.jpg
e0351590_22360436.jpg


ロビー横から右奥に、プールがあります。

このウブドの谷を借景に、すばらしい角度、眺めです。本当にすばらい場所にホテルを作りました。ぽつんと浮かぶようなバレ、まわりの苔むした石垣、木々や花たち。何気にインフィニティープールになっており、空とつながり、渓谷に溶け込むようです。今やインフィニティプールは珍しくありませんが、これが20年以上前に作ったと思うと・・・・さすが、アマンです。

e0351590_23441746.jpg

少々マニアックに、いろいろな角度からとってしまいましたので、多めに写真をアップしちゃいますね^^。パンフレットや写真集のフォトジェニックな角度はどこでも見られるでしょうから。


e0351590_22374035.jpg
e0351590_22374058.jpg
e0351590_22384245.jpg
e0351590_22384204.jpg
e0351590_22384795.jpg
e0351590_22385587.jpg
e0351590_22390496.jpg
e0351590_22363307.jpg


さて宿泊するビラはこちら・・・
なんと、No. 15のプールデュープレックススイートです!もちろんアップグレードで。。。

e0351590_23503202.jpg

さて、どんなビラか、次回ご紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-03 18:00 | バリ: アマンダリ | Comments(2)