人気ブログランキング |

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:箱根萬翠楼 福住( 3 )

箱根湯本温泉「萬翠楼福住」の紹介、次は重文の建物の見学と、近隣のお散歩です。

玄関をはいると、ライブラリーコーナーがあり、レトロな電話や札など、飾りなどが置かれています。奥にはいる通路横にはこのお宿の歴史がわかる紹介が掲示されていました。

e0351590_22382904.jpg
e0351590_22382947.jpg
e0351590_22384408.jpg


お宿のご主人に、奥の明治棟萬翠楼で一番の客室、15番を見せていただきました。

なんと、10畳+8畳+6畳+6畳という大変立派な特別室です。お庭もすばらしく、重文の重みを感じさせるたたずまいは、細かい意匠のふすまや天井は見事でした。

e0351590_22391206.jpg
e0351590_22391290.jpg



天井は光が照らされているときと、光を落としたものと、写真ではうまく表せませんが、計算しつくされた画なんですね。思わず見入ってしまいました。お部屋も光を落とした方が、何とも言えない雰囲気を感じさせます。


e0351590_22392703.jpg
e0351590_22392798.jpg
e0351590_22391362.jpg
e0351590_22392748.jpg


大変すばらしいものを見せていただきました。
このお部屋は予約があれば、お泊りいただけるそうです。

さて、宿に荷物を預けて、少し散策を。
天気も良く、川のほとりを歩いていきます。

e0351590_22395046.jpg
e0351590_22395004.jpg
e0351590_22395084.jpg



お宿のおすすめに従って、天成園に行ってみました。
旅館なのですが、中のお庭が素敵なのです。玉簾の滝、飛烟の瀧があり、大きな池にはたくさんの錦鯉もいて、まったりと散策できました。


e0351590_22395147.jpg
e0351590_22410810.jpg
e0351590_22413065.jpg
e0351590_22413003.jpg
e0351590_22413706.jpg
e0351590_22414694.jpg


荷物をあづかってもらっていた宿に戻り、さて出発です。

e0351590_22421986.jpg

さて、次に向かうは・・・。

by Pockie_totoro | 2017-09-20 21:00 | 箱根萬翠楼 福住
箱根湯元温泉「萬翠楼福住」の紹介、お風呂とお食事です。

大浴場は男女別に内湯と露天風呂があり、夜10時で入れ替わりになります。
レトロな建物ですので、お風呂の風情もそのものです^^。脱衣所などもきっちり手入れされており、古いながら清潔感は問題ありません。

e0351590_00565996.jpg
e0351590_00571859.jpg

最初にはいったお風呂はレトロなタイルに丸い湯船の内湯と岩風呂の露天風呂です。湯本の街中になるので眺めは望めません。風情ある坪庭の中でほっとします。お湯がやわらかく、真綿にくるまれるような・・・という宿の説明が、入ってみて納得でした。温まるし、ほっとする肌触りです。

e0351590_00571823.jpg
e0351590_00571803.jpg
e0351590_00572526.jpg
e0351590_00572509.jpg
e0351590_00572679.jpg



翌朝入った方が少し狭いですね。同じ丸風呂の壁の向こうに半月のような形の湯船に、外には檜の露天風呂です。

e0351590_00582724.jpg
e0351590_00582775.jpg
e0351590_00582807.jpg
e0351590_00582839.jpg

さて、お食事です。お手頃なプラン、翌日の外での食事がメインとあって、実はあまり期待していなかったのですが・・・意外になかなかよかったです。丁寧に作られた、また工夫もあり、楽しめました。


メニューはこちらです。
e0351590_00573075.jpg


日本酒がサービスでついてきたプランだったので、こんなに300mlのが3つも!飲みきれませんした^^。

e0351590_00574179.jpg


詳細失念したところもあり、一気に写真で紹介させていただきます。
前菜は楽しくお酒と楽しめましたし、椀のもののハモの葛打ちは食感よく、炊合せの味もよく、焼き胡麻豆腐のアイデアはびっくり!お蕎麦で食事を〆たのはよかったと思います。
e0351590_00574142.jpg
e0351590_00574238.jpg
e0351590_22312743.jpg
e0351590_00574921.jpg
e0351590_00574937.jpg
e0351590_00575037.jpg
e0351590_00581348.jpg
e0351590_00581368.jpg
e0351590_00581324.jpg
e0351590_00581797.jpg



翌朝、朝食も和食です。小田原のアジの干物は旨味がよく、手作りお豆腐もおいしくいただきました。ヨーグルトのデザートにコーヒーで〆です。

e0351590_00585375.jpg
e0351590_00585480.jpg
e0351590_00585450.jpg

以上、お風呂と食事の紹介でした。

朝のけだるい時間・・・


More
by Pockie_totoro | 2017-09-18 23:00 | 箱根萬翠楼 福住
5月の下旬に箱根に行きました。ん~、何のことはない、小田急電鉄の株主優待乗車券が残っていて、5月末が期限なので、じゃあロマンスカー使おう、ってことになり行ってきました。宿は箱根湯本温泉にある老舗「萬翠楼福住」というところが雰囲気&価格で、ぽちっとな、としてしまいました。

ロマンスカーは久々。仕事を早めに切り上げ金曜日夕方の移動です。
はこね号はがらっがら、窓の景色を楽しみながら新宿から移動しました。たまにはこんなのもいいですね~。

e0351590_00272264.jpg
e0351590_00265118.jpg
e0351590_00265159.jpg


到着したのは、こちらのお宿です。駅から歩いて7-8分という便利なところです。
重要文化財指定の宿と効きましたが、外からは、ん~??・・・あまりピンときませんね。

e0351590_00273601.jpg
e0351590_00280602.jpg

中に入ると、ロビーまわりにすこしばかりレトロ感を感じるしつらいがありました。でもまあ、それほど大きな感動もなく、お部屋のほうへ・・・。

e0351590_00280639.jpg
e0351590_00280704.jpg
e0351590_00285725.jpg
e0351590_00282270.jpg


今回泊まったのは12号という二間続きの和室です。
お値段がけっこう手ごろだったので、かなり重文=ぼろっちい、の図式を恐れていましたが、とてもきれいに手入れされており、ゆったりとした空間でほっとしました。昭和の和室といった感じでしょうか。

e0351590_00292143.jpg
e0351590_00292234.jpg
e0351590_00294464.jpg
e0351590_00294387.jpg
e0351590_00294378.jpg


e0351590_00293454.jpg
e0351590_00293435.jpg


掛け軸、欄間、障子など、よく見ると重文を彷彿させるしつらえが、そこかしこに見られました。

e0351590_00292265.jpg
e0351590_00295299.jpg



浴衣にタオル、冷蔵庫など・・・。

e0351590_00295238.jpg
e0351590_00295723.jpg


びっくりしたのは、部屋の水回りです。客室の扉の中からさらに廊下で奥に洗面スペース、温泉檜風呂、トイレがありました。お風呂は蛇口をひねる必要がありますが、源泉かけ流しが出てきて、とても濃いお湯を楽しむことができましたよ。

e0351590_00300809.jpg
e0351590_00300851.jpg
e0351590_00300930.jpg
e0351590_00300817.jpg

さて、次回はお風呂とお食事です。

by Pockie_totoro | 2017-09-16 18:00 | 箱根萬翠楼 福住