Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:ホテルリッジ鳴門( 3 )

2018年GWの旅、「ホテルリッジ鳴門」の紹介は宿のお食事である夕食と朝食です。
お食事は食事処です。ただ、こちらの場合は、広い敷地内のはなれた場所なのでちょっと気分がかわります。夕食は、「万里荘」という建物で、なんとお車でお送りですよ。もと料亭として建てられた立派な建物で、和の由緒あるしつらえです。

e0351590_00073356.jpg
e0351590_00092954.jpg
e0351590_00093591.jpg
e0351590_22471065.jpg

ちょっとびっくりしたのは、二組が同じ部屋で左右の端にテーブルがセットされていることです。なんか二組の空気が微妙で、気を使う感じで、これは個室でないのがちょっと残念でした。せっかくの素晴らしいしつらえなんですが。。。大勢のお食事予約の方がいたそうで、そちらが何部屋かぶち抜きで大部屋利用されていたらし、う、それ以外の部屋で他の宿泊客分を割り振って、こうなったようです。事前に希望をお願いしたり、空いているときは個室利用になるようです。

e0351590_00092900.jpg
e0351590_00073346.jpg

お夕食の紹介です。メニューがこちらになります。

e0351590_00073362.jpg


最初は、先付にホタルイカとアオリイカの酒盗焼です。
熱した石の上に乗せて、その熱で焼くというもの。酒盗の香りがふんわり立ちます。

e0351590_00081117.jpg
e0351590_00081183.jpg

八寸は、貝殻に乗せたものです。桐箱風の器をあけると、貝殻の器に盛られた八寸が出てきて、むした鮑、しらす揚げ、ぜんまいなどちょっと楽しい演出ですね。

e0351590_00081151.jpg
e0351590_00081277.jpg
e0351590_00085562.jpg


続いて、鯛そば巻きと玉子豆腐の椀の物です。
タイのそば巻きとは初めて、タケノコや木の芽も添えられ、春らしい演出と細かい仕事です。器も蓋を開けると本当にきれい!

e0351590_00085669.jpg
e0351590_00085677.jpg


お造りは、鳴門鯛、本鮪、車エビです。
少しずつを楽しむ、新鮮なお刺身ですね。

e0351590_21330484.jpg
e0351590_21325728.jpg

焼き物はマナガツオです。
しらすのおせんべいが乗せられ、コケモモとショウガが添えられます。

e0351590_00091499.jpg


メインのお肉料理は、牛肉のしゃぶ仕立てです。阿波一貫牛というそうです。鳴門ワカメや菜っ葉をくるんでいます。しゃぶしゃぶ用の薄切り牛肉になっていますがが、出汁にくぐらせて、崩さずいただくと、食べ応えを感じられます。

e0351590_00091459.jpg
e0351590_22544568.jpg

酢の物は、カツオを使ったものです。やはり徳島、こちらもわかめも添えられていますね。

e0351590_00092201.jpg
e0351590_00092300.jpg


お食事は鯛茶づけです。
鳴門といえば鯛、さらっと出汁茶をかけて塩昆布とわさびのアクセントでいただきます。とてもおいしくいただきました。主人は特に鯛茶大好きなので、〆で満足です。

e0351590_00095969.jpg
e0351590_00095972.jpg

デザートは、水菓子の盛り合わせで、果物にチーズケーキが添えられていました。
カップのものはなんだったかなあ??・・・すみません、失念です。

e0351590_00100714.jpg
e0351590_00100726.jpg
e0351590_00100758.jpg

量がかなり控えでどうかなと思いましたが、最後にデザートでしっかり満足となりました。多めに食べる方は足りないかもしれません。

翌朝は、朝食の食事処として、別の建物、三井旧家を移築した日本家屋へいきます。車で送っていただけますが、歩いても5分程度、部屋から自然の中を散歩していきました。

e0351590_00103998.jpg
e0351590_00104038.jpg


この建物がすばらしい!眺めも秀逸です。中にはいって、一目で気に入ってしましまいた。

e0351590_00111045.jpg
e0351590_00111651.jpg
e0351590_00104881.jpg



天井や欄間のしつらえも、緻密で美しいです。

e0351590_00131161.jpg
e0351590_00131188.jpg

朝食は、一番遅い時間の9時スタートにしたので、他のお客様がいなくて私たちだけ。一等席で、ごはんもおいしく、ゆったりと朝食を楽しめました。

e0351590_00104999.jpg
e0351590_00113696.jpg
e0351590_00115792.jpg

食後は1Fのカウンターの前におりて、コーヒーをいただきました。
xxxxxx

e0351590_00131247.jpg
e0351590_00131296.jpg

以上、ホテルリッジ鳴門の紹介でした。
ホテルのチェックアウトは12時、ぎりぎりまでゆっくりしました。本当にすばらしい空間でした。ほれぼれ!

次の場所に向かいます!

e0351590_22480776.jpg







[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-12 08:00 | ホテルリッジ鳴門 | Comments(0)
2018年GWの旅、「ホテルリッジ鳴門」での温泉スパとランチでのレストランです。

スパ棟は客室からの渡り廊下を歩いて、チェックイン棟の横にあります。

e0351590_00004432.jpg
e0351590_00005071.jpg


エレベータで2階ににあがると、男女別の温泉大浴場があります。入り口前のラウンジエリアでくつろぐことができます。ここにも冷蔵庫にたくさんのクリスタルガイザーにポカリ!(笑)

e0351590_23501817.jpg
e0351590_23515420.jpg
e0351590_23511006.jpg
e0351590_00021669.jpg
e0351590_23521320.jpg


大浴場の脱衣所はとてもすっきりしたデザイン、光使いがすてきで、アメニティが充実しており、女性にうれしい仕様です。

e0351590_00012771.jpg
e0351590_00012751.jpg
e0351590_00012744.jpg
e0351590_00012753.jpg



大浴場は内湯と露天風呂がつながっており、とても気持ちの良いつくりになっていますね。お湯もちょうどよい湯温で気持ちよく、はいれました。

e0351590_00010611.jpg


e0351590_00011499.jpg
e0351590_00133368.jpg


さて、場所は移って、宿泊棟外にある「カリフォルニアテーブル」です。敷地内のイタリアンレストランです。

e0351590_23590319.jpg


実はチェックインが早すぎたので、こちらで、到着後、軽い食事をいただきました。車も宿に置いておけるので、バルコニー席でスパークリングワインでかんぱーい!海風と陽射しが気持ち良いGWの季節、海の眺めも素晴らしい。ランチには遅い時間でしたので、アフタヌーンティのセットを軽くいただきました。

e0351590_23584916.jpg
e0351590_23582126.jpg
e0351590_23580640.jpg


宿の夕食と朝食の紹介は次回に。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-08 08:00 | ホテルリッジ鳴門 | Comments(0)
2018GWの旅、鳴門海峡から向かったのは、「ホテルリッジ鳴門」です。
一度泊まってみたかったホテル、かなり以前にJTBで予約が取れるのを発見、ポチりました。お天気も良く、お昼ごろのかなり早い時間に到着しました。チェックイン前に、ホテルのレストランで食事をしたのですが、後ほど紹介で^^。

広い敷地の入口、立派なエントランスの看板です。何気にちょっと、ゴルフコースの入口っぽいかも(笑)

e0351590_15580144.jpg
e0351590_15581159.jpg
e0351590_15581142.jpg
e0351590_15583841.jpg


客室は2棟ずつつながった離れです。渡り廊下にそって、客室に案内されました。

e0351590_15590399.jpg
e0351590_16005267.jpg
e0351590_16005218.jpg


和室タイプのツインです。この玄関の踏み込みから左右に振り分けで、右がベッドルーム、左がバスルームに分かれています。用意された履物は、スパ棟に行くときに利用するものです。

e0351590_15592051.jpg
e0351590_15592028.jpg
e0351590_15595040.jpg


振り分け右側の、ベッドルームです。
右側の窓にそってツインベッド、左側の海に向かった窓にはソファ2つとテーブルがあります。ランプや家具など、モノトーン中心で、インテリアがとてもスタイリッシュです。でも窓からの海の眺めがすばらしいので、ほっとする空間です。

e0351590_15592020.jpg
e0351590_15592088.jpg
e0351590_23433439.jpg
e0351590_15594912.jpg
e0351590_16004167.jpg
e0351590_00032825.jpg


ミニバーはカトラリーやドリング類が豊富によういされており、とてもゴージャスです。ソフトドリンクはコンプリメンタリーだったと思いますが、飲みきれませんねぇ。大塚製薬の経営なので、ポカリとかオロナミンCなど、大塚のドリンクが並んでますよ。クリスタルガイザーの水も大塚が取り扱っているとは知りませんでした。

e0351590_16001864.jpg
e0351590_16001894.jpg

振り分け左側の、バスルームです。
ガラス張りのシャワーブースに、窓側には埋め込みタイプの大きなバスタブ、バスアメニティはロクシタン、化粧品、ふかふかタオルもたっぷりと、スリッパやバスローブなどもあり、贅沢なアメニティです。トイレが個室になっているとありがたかったのですが、ちょっとそこがねぇ^^。


e0351590_16000119.jpg
e0351590_16000182.jpg
e0351590_16000195.jpg
e0351590_16000135.jpg
e0351590_16000250.jpg
e0351590_16001889.jpg
e0351590_00031875.jpg

クローゼットにある作務衣などは、温泉のお風呂に行くときには使えます。ホテルスタイルを基本としているので、食事は着替えて靴を履く必要があります。

e0351590_16004047.jpg


次回は、その他のパブリックスペースやレストランの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-06 08:00 | ホテルリッジ鳴門 | Comments(0)