Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

奥日光 美や川(1) - 到着&客室編

ひさびさに奥日光湯元温泉に行きました。あの硫黄泉の真っ白な源泉かけ流しって日本人の温泉好きをくすぐりますよね。今まで何軒かこちらエリアのお宿には行ったことがあるのですが、今回はネットちょっとみつけた、お風呂貸切で自由にはいれる、比較的手ごろなこぢんまり温泉宿に初めて行ってみることにしました。

日光湯元温泉「ゆ宿 美や川」です。湯元温泉の入口近く、細い一方通行の道にひっそりとあります。細長い長屋のようなつくり、わずか5室の家庭的な雰囲気のお宿です。

e0351590_14040425.jpg
e0351590_14040491.jpg

玄関をはいると、お宿は家族経営なので、呼び鈴で呼び出します。入口にはいってすぐの囲炉裏を囲んだ椅子に座り、確認を待ちます。

e0351590_14041818.jpg

e0351590_14041854.jpg


御部屋はすべて2階にあります。階段を上がって廊下を歩き、2Fに案内されました。途中、こんなこぢんまり談話室もあります。

e0351590_14055200.jpg
e0351590_14055286.jpg
e0351590_15222541.jpg
e0351590_15222535.jpg


客室は、ゆったり特別室と銘打った「のあざみ」という部屋です。
6畳の和室座卓スペースに、9畳のベッドルームとソファのついたレイアウトで、スペースよりゆったりと感じられます。このソファー、意外にくつろげるんですよね。ゆったりサイズで大きいのがやっぱりいいのかな。窓からの眺めも山が見えていい感じです。こちらの部屋にはいって、チェックインの手続きを行いました。お茶もお菓子も部屋に備え付けで、セルフです。

e0351590_14064590.jpg
e0351590_14063613.jpg
e0351590_14072915.jpg
e0351590_14073006.jpg

e0351590_14063706.jpg
e0351590_15222563.jpg
e0351590_14063791.jpg
e0351590_14064560.jpg
e0351590_14073083.jpg


水回りはこちら。洗面とトイレが一緒になっています。客室にはお風呂がなく、シャワーブースのみです(利用しませんでしたが)。館内4つの貸切風呂に自由にはいるスタイルとなっています(お風呂は後ほど紹介します)。

e0351590_14071143.jpg
e0351590_14070495.jpg

次回は、お風呂とお食事の紹介です。


[PR]
Commented by oko-nyan at 2018-10-03 12:46
ここ、私も以前から気になってたんですがなかなか行けずにいました。
先を越されちゃったわ~(笑)
やっぱりいい感じのお宿ですね^^
Commented by Pockie_totoro at 2018-10-09 07:49
okoさん、コメントありがとうございます。新しいブログと行き来してややこしくなり、すっかり遅いレスで申し訳ありません。

ここに行ったのは5月、ちょうどよい季節の頃でした。宿は、お得な和室一間の部屋で、貸切風呂三昧がお得かと思いますよ。これから紅葉の季節に入るので、いろは坂が混んじゃうかな。
by Pockie_totoro | 2018-09-27 08:00 | 奥日光湯元温泉 美や川 | Comments(2)