Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

2018GW四国中国の旅(7) - JRクレメントH高松&小豆島フェリー編

2018年GWの旅、高松から小豆島へ・・・です。

うどんを食べた後泊まったのは、JRクレメントホテル高松です。一休.comで予約しました。
こちらは、翌朝小豆島にわたるフェリーターミナルの目の前ということで、便利さで選びました。もと全日空ホテルだったらしいので、クラウンプラザになってくれていれば、IHGポイントになったのに~とは思いましたが(笑)

いきなりこの写真!。。。はホテル客室からの朝日です。朝早く目が覚めたので、こんな素敵な眺めを見ることができました。これだけでも、ホテル滞在は満足です♪

e0351590_23583606.jpg



ホテルのエントランスは、全日空ホテル時代を彷彿させる感じ・・・宴会場も充実した市内の中心的ホテルだと思います。

e0351590_23561885.jpg
e0351590_23570365.jpg


客室はクレメントツインと呼ばれるカテゴリーのようで、1805号室です。
けっこう高層に位置し、海側なので眺めは抜群・・・は最初の写真でおわかりですよね。ツインベッドは窓側に向くデザインで、窓側が明るく感じます。デスクも窓側は気持ち良いのですが、しいて言えば、ツインなのでソファは2つほしかったですよね(HPでは2つになっているので、窓側が狭いから1つとったのかな)。ベッドスプレッドとインテリアがスッキリとマッチする、シンプルなベージュとブラウンを基調としたお部屋です。

e0351590_23574041.jpg
e0351590_23580043.jpg
e0351590_23573389.jpg
e0351590_23580026.jpg
e0351590_23580012.jpg

パジャマはシャツスタイル、ミニバーは有料のドリンクもはいったスタイルです。無料のミネラルウォーターがなかったので、会員でいつもいただけるホテルのありがたさを感じました。

e0351590_23574005.jpg
e0351590_23582370.jpg


バスルームは、シャワーブースがセパレートの広めな明るい感じです。トイレが一緒なのですが、全体の広さからすればしょうがないところでしょうか。シャワーブースがあるだけでもありがたいです。

e0351590_23581267.jpg
e0351590_23581219.jpg

夜景もなかなか良かったです。(写真があまりうまくとれず・・・)

e0351590_13450543.jpg

朝食つきプランでしたので、ビュッフェをいただきました。7時ごろと朝早めに行ったのですがGW中なのでごった返しの混雑でした。JRホテルだからでしょうか、けっこう年齢層がたかかったような(笑)。もちろんさぬきうどんもありましたよ。

e0351590_23583733.jpg
e0351590_23583604.jpg
e0351590_23584544.jpg

早々とチェックアウトし、高松港フェリー乗り場に行きました。
小豆島の港は3つありますが、たくさん便を出しているので、すぐに乗れる便ならどれでもいいや、ということでいったところ、なんと5分後に出発予定のフェリーが乗船OK、ということで慌ててチケットを買って乗り込みました。時間が有効に利用できてラッキー!

e0351590_23592699.jpg
e0351590_23592663.jpg
e0351590_23592628.jpg


フェリーなんて本当に久々、どんな揺れ、ボロかも・・・と心配したのですが、逆にとっても快適で豪華なのでびっくりしました!電車よりソファもいいし、ゆったりです。一人用はグリーン車並み、長ソファーは寝ている人も。向かい合わせのソファは家族向けに。

e0351590_23593743.jpg
e0351590_00012657.jpg
e0351590_00024165.jpg


讃岐うどんがあったので、思わずとってしまいました^^。コンセントは充電もできるものがあり便利です。

e0351590_00035076.jpg
e0351590_00033422.jpg


甲板にでて楽しめ、眺めも抜群、天気がよかったこともあり、とても快適な1時間ほどの船旅を楽しめました。

e0351590_00074742.jpg
e0351590_00034143.jpg


さて、小豆島土庄港に到着、小豆島の旅が始まります。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-08-13 08:00 | JRクレメントH高松 | Comments(0)