Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

真鶴 ホテル・ラシェネガ(1)- エントランス&客室編

2018年2月、冬から春に向かう季節に神奈川県真鶴の「ホテル・ラシェネガ」を利用しました。目的は・・・あとから(笑)

まずは、ホテルの紹介しましょう。

到着は夜になり、暗い写真が多くなってしまいました。翌朝の写真と組み合わせて紹介します。短い時間の滞在でしたが、気持ちのよい宿泊を楽しめました。

エントランスは、1F、階段で上がって2Fがチェックインロビーです。
エントランスから階段をあがっていくスタイルは、ホテルに迎えられる高揚感を感じるセッティングです。チェックインカウンターはソファに座っての対面式のパーソナルな感じです。

e0351590_21201031.jpg
e0351590_21202471.jpg
e0351590_21214003.jpg
e0351590_21200309.jpg

ロビーは、さまざまなソファやテーブルがあり、昼間は光が注ぐまどべ、外にはおしゃれなプール、とても心地の良いスペースです。南欧リゾートを意識した明るいしつらえは、とってもいいですね。

e0351590_21221127.jpg
e0351590_21221110.jpg
e0351590_21215346.jpg
e0351590_21220134.jpg


客室は2Fの低層階です。
差し込み式のレトロな鍵でドアをあけます。

e0351590_21250299.jpg



実は、この2Fというのが、眺めの関係で少しお得な価格設定となっています。今回到着は夕方、夕食は外、翌日は朝からすぐ出かけるため、便利でお得なプランを選びました。これです。

バルコニーから少し前の建物の屋根が見えるのです。屋根にさえぎられている部屋というカテゴリーなんですね。でも、左右には海も見えて、多少残念程度です。今回はこれで十分ですね。夜景は、屋根が暗くて見えないので、なかなか素敵だと思いましたよ。

e0351590_21264278.jpg
e0351590_21265065.jpg
e0351590_21265939.jpg
e0351590_21252955.jpg



客室は、ツインタイプです。
かなり古いホテルですので、レイアウトは極めてオーソドックスでシンプルなツインです。その中で光っているのは、窓側にあるソファです。ゆったりと座ってくつろげ、さらにもう一つ一人用のソファもあり、テーブルも大きめなので、くつろげますね。窓枠も洋風のおしゃれなホワイトの木枠です。

e0351590_21255836.jpg
e0351590_21235731.jpg
e0351590_21235835.jpg
e0351590_21241612.jpg
e0351590_21242460.jpg

バスルームはベイシン、トイレ、バスが一緒になっており、小ぢんまりスペースに詰まっている感じですが、その中でもシャワーブースがついているのは点数が高いですね。ベイシンがクラシックな雰囲気で、ちょっといい感じです。いろいろ物を置く場所がないのは残念ですが、このデザインでは精一杯かもしれません。

e0351590_21244335.jpg
e0351590_21244363.jpg


スタンダードルームながら、バスローブもついています。タオルスリッパ、浴衣がクローゼットの引き出しにはいっています。うーん、パジャマじゃないのはちょっと残念。ベッドサイドのランプも素敵です。

e0351590_21241612.jpg
e0351590_21252428.jpg
e0351590_21252401.jpg
e0351590_21252415.jpg
e0351590_21252449.jpg

次回は、朝食と外観&プールの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-05-20 23:00 | ホテル ラ・シェネガ | Comments(0)