Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

星野リゾート OMO7旭川 - リブランドオープン(1)

まだまだ一杯古いUPの写真がたまっているのですが、先にホットな情報を。

2018/4/28リブランドオープンした星野リゾート「OMO7旭川」に泊まりました。
以前の旭川グランドホテルを星野リゾートが数年前に運営を引き継ぎ、その後先般新しいコンセプトのホテルにリブランドしたというものです。HPの引用によると。。。
https://omo-hotels.com/about/

ーーーーーーーーーーーーーーーー

それは、観光をきわめた、
まったく新しいスタイルのホテル。

その街だけの楽しさや美味しさを
私たちならではの目線でご紹介したり、
旅する心をくすぐる仕掛けをご用意したり。

ビジネスホテル、高級ホテル、民泊など
宿泊のカタチはいろいろあるけれど、そのどれとも違う、
“街を楽しむという視点”から、新しい宿泊体験を
お届けしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


1泊の短い時間でしたが、ワクワク感たっぷり、お得感たっぷりな滞在となりました。今回利用したプランは、星野リゾート直HPの予約で「室数限定はしごたび。『道民ファーストプラン』(朝食付)」というもので、DANRAN ROOMで一人泊9000円です(税サ込)。

外はレンガ造りの建物、エントランスは以前とあまり雰囲気は変わってないようです。

e0351590_09431843.jpg
e0351590_09431962.jpg
e0351590_09431915.jpg


ところが、中に入るとびっくり!白樺を模したり、木目感をいかしたテーブルやチェア、デコレーションなど、とても明るくて軽やかな雰囲気です。チェックインカウンターもきれいなカーブのカウンターで、親しみやすいです。Book Tunnelはオープンなライブラリーの雰囲気です。その他のロビーのテーブル&チェアーを含めて、朝食時時間には、レストランの席になってしまうのです。この兼用のしかたが星野らしい!

e0351590_09435062.jpg
e0351590_09443734.jpg
e0351590_09443129.jpg
e0351590_09435374.jpg
e0351590_09440533.jpg

お部屋は9Fの905号室。DANRAN ROOMという新しいコンセプトルームで18平米です(元は狭いツインかダブルの部屋だったと思われます)。この中に、窓側と壁側にL字型にベッドを配し、なんと真ん中にテーブルをいれて、ベッドに座りながらおしゃべりしたり楽しんだりするという部屋なのです。狭い部屋でなかなかよい工夫をしました。ポップなカラーのクッションも楽しいです。色が軽やかなので、狭い部屋にも重さを感じません。

e0351590_09451986.jpg
e0351590_09455869.jpg
e0351590_09462266.jpg
e0351590_09454369.jpg
e0351590_09455525.jpg


ベッドサイドにミニバーをコンパクトにおさめ、TVの下にはグラスとカップが両方あるのはうれしいです。また、ベッドサイドのライトやUSB/電源が配されており、なかなか使い勝手がいいですね。

e0351590_09454394.jpg
e0351590_09463896.jpg
e0351590_09463342.jpg
e0351590_10043043.jpg

ベッド下にスーツケースを収納できる幅を残し、これも狭い部屋を有効に使うアイデアです。私は荷物が小さかったので、利用しませんでしたが。

e0351590_10042440.jpg


バスルームは、通常のコンパクトなシティホテル~ビジネスホテルのユニットバスタイプです。OMOブランドの石鹸やシャンプー類は持ち帰り不可の設置です。

e0351590_09465447.jpg
e0351590_09465512.jpg
e0351590_09465598.jpg
e0351590_09465557.jpg

窓からの夜景もなかなかオツでした。

e0351590_09462781.jpg

では次回は、他の設備や特典の紹介を。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-05-06 12:00 | 星野リゾート OMO7 旭川 | Comments(0)