Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

2017晩秋 福島の旅(5) - ひげの家 客室&お風呂編

2017年晩秋 福島の旅、次に向かったのは高湯温泉「ひげの家」です。こちらは白濁の硫黄泉という日本人温泉好きツボの宿、我が家も気に入って何度も伺っています。前回泊まった新しい露天風呂付き客室が気に入り、部屋を変えて再訪です。

e0351590_23063624.jpg


お部屋は「二人静」です。
以前宿泊した「利休梅」はこちらをご覧ください。

別の部屋にしたのは、この部屋が角部屋でさらに広いからです。
売りの露天風呂の前に椅子とテーブルがあり、ここでくつろげます・・・って寒いからこの季節はちょっとね^^。夏なんか絶対いいと思いますよ。

e0351590_23081269.jpg


ベッドと畳敷きのリビングスペースもゆったり。ベッドはセミダブルです。

e0351590_23081175.jpg
e0351590_23082488.jpg
e0351590_23081270.jpg
e0351590_23083743.jpg


窓側が角部屋となっており、明るいのがお気に入り。ソファーもゆったり座れるサイズで、テレビも見やすい角度です。テレビは相変わらずビニール掛け(笑)・・・硫黄ですぐに傷むそうですので。テーブルには一杯入れのコーヒーとお菓子がセッティングされています。

e0351590_23084867.jpg
e0351590_23465865.jpg
e0351590_23084166.jpg


利休梅より広い部部に、こんな飾り棚がはいっています。
なかなか素敵ですよ。

e0351590_23081762.jpg

部屋の露天風呂は利休梅よりやや広めで、ながめもいいですね。

e0351590_23501163.jpg
e0351590_23511516.jpg


トイレと水回りはほぼ同じかな。シンプルです。

e0351590_23084967.jpg
e0351590_23094081.jpg


フローリングの部屋なので、一応スリッパがついています。

e0351590_23084894.jpg


お風呂は毎回写真をとっているので、今回の景色でさくっと。
男女でいれかわるので、毎回両方利用しています。
右側のほうが、露天と内湯が同じ脱衣所で利用できるので便利です。
e0351590_23091131.jpg
e0351590_23092123.jpg
e0351590_23092088.jpg
e0351590_23092008.jpg

左右の内湯はほぼ同じで左右対称です。体を洗うのはこちらになりますね。蛇口から真水のお湯がでます。かなり硫黄が強いので、私は上がるときかならずかけ湯で硫黄を流すようにしています。

e0351590_23101115.jpg
e0351590_23095244.jpg

左側の温泉とセットの露天風呂は、一度脱衣所を出てこちらにはいります。
露天自体は、こちらのほうが好きです。眺めの山が迫っているからですね。裏磐梯から移動して、雪景色をこちらでも楽しみました。

e0351590_23093267.jpg
e0351590_23095209.jpg
e0351590_23104186.jpg
e0351590_23104163.jpg
e0351590_23104155.jpg


貸切露天風呂は1度だけ利用しました。
露天風呂付きの部屋なので、こちらに来るなら部屋のほうで・・・ってことになりますかね。

e0351590_23090202.jpg

冬景色の湯けむり、満喫です!

次回はお食事を紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-03-14 08:00 | ひげの家 | Comments(0)