Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

箱根萬翠楼 福住(1)-到着&客室編

5月の下旬に箱根に行きました。ん~、何のことはない、小田急電鉄の株主優待乗車券が残っていて、5月末が期限なので、じゃあロマンスカー使おう、ってことになり行ってきました。宿は箱根湯本温泉にある老舗「萬翠楼福住」というところが雰囲気&価格で、ぽちっとな、としてしまいました。

ロマンスカーは久々。仕事を早めに切り上げ金曜日夕方の移動です。
はこね号はがらっがら、窓の景色を楽しみながら新宿から移動しました。たまにはこんなのもいいですね~。

e0351590_00272264.jpg
e0351590_00265118.jpg
e0351590_00265159.jpg


到着したのは、こちらのお宿です。駅から歩いて7-8分という便利なところです。
重要文化財指定の宿と効きましたが、外からは、ん~??・・・あまりピンときませんね。

e0351590_00273601.jpg
e0351590_00280602.jpg

中に入ると、ロビーまわりにすこしばかりレトロ感を感じるしつらいがありました。でもまあ、それほど大きな感動もなく、お部屋のほうへ・・・。

e0351590_00280639.jpg
e0351590_00280704.jpg
e0351590_00285725.jpg
e0351590_00282270.jpg


今回泊まったのは12号という二間続きの和室です。
お値段がけっこう手ごろだったので、かなり重文=ぼろっちい、の図式を恐れていましたが、とてもきれいに手入れされており、ゆったりとした空間でほっとしました。昭和の和室といった感じでしょうか。

e0351590_00292143.jpg
e0351590_00292234.jpg
e0351590_00294464.jpg
e0351590_00294387.jpg
e0351590_00294378.jpg


e0351590_00293454.jpg
e0351590_00293435.jpg


掛け軸、欄間、障子など、よく見ると重文を彷彿させるしつらえが、そこかしこに見られました。

e0351590_00292265.jpg
e0351590_00295299.jpg



浴衣にタオル、冷蔵庫など・・・。

e0351590_00295238.jpg
e0351590_00295723.jpg


びっくりしたのは、部屋の水回りです。客室の扉の中からさらに廊下で奥に洗面スペース、温泉檜風呂、トイレがありました。お風呂は蛇口をひねる必要がありますが、源泉かけ流しが出てきて、とても濃いお湯を楽しむことができましたよ。

e0351590_00300809.jpg
e0351590_00300851.jpg
e0351590_00300930.jpg
e0351590_00300817.jpg

さて、次回はお風呂とお食事です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-09-16 18:00 | 箱根萬翠楼 福住 | Comments(0)