Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

ANAインターコンチネンタルH東京(1) - 客室編(デラックスキング)

旅館の紹介から、ちょっとホテルのお泊りに戻りましょう。

少し前のお泊り「ANAインターコンチネンタルホテル東京」です。
インターコンチはアンバサダー会員なので、アップグレードをいただきます。そのため、一番下のカテゴリーを予約してもエグゼクティブツインかキングにアサインされます。改装後は一番下のカテゴリーに泊まってないなあ。

お部屋はさっとどうぞ。

このときは2909号室、キングベッドのお部屋です。

e0351590_23205572.jpg

32平米なので、このクラスのホテルの中では、狭さは否めません。

窓側にソファがあり、サイドにデスクとチェアがあります。
このソファが小さくて、座るにも浅く、足をのせてカウチしようにもちょっと短く、今一つです。

e0351590_23152805.jpg
e0351590_23152836.jpg
e0351590_23201927.jpg
e0351590_23152821.jpg
e0351590_23152872.jpg


ウエルカムフルーツとウォーターは、いつもありがたくいただいています。
もう一つついてくる和菓子がいまいち・・・金平糖だったり羊羹だったりするのですが、私はちょっと手なので。

e0351590_23152850.jpg


荷物を置くエリアは狭いなりにうまくつくっていますよね。
e0351590_23152848.jpg


デスクとミニバーのあるエリアを別の角度でとった写真です。
テレビを含めてスタンダードルームの標準的な配置でしょう。
e0351590_23201903.jpg
e0351590_23201932.jpg


ミニバーはスタンダードルームよりクオリティが高いのだと思います。
差の説明ができないのですが^^。コーヒーマシンは間違いなくこのクラス以上のものについていると思われます。

飲み物類はみな有料ですが、お酒類の充実にびっくりです。グラスやおつまみもしっかり準備されています。ホテルのクラス感がこの辺りで出そうしているのでしょうか。

e0351590_23203667.jpg
e0351590_23203640.jpg
e0351590_23203589.jpg

バスルームがうれしいレイアウトです。
通常の部屋は確かシャワーとバスタブは一緒です。このクラス以上になると、シャワーブースや洗い場がつくのです。しかも、シャワーブースと洗い場を兼ねて、そのままバスタブにはいれるしかけは、狭いのにうまいこと作ったなあと感心しきりです。バスピローもあります。

ベイシンまわりもかなり狭いのですが、ベッドルームとスルーになる窓を作って、斜めに切った鏡など、こちらもうまく作っていますよね。バスタブ横に、小さいながらテレビもあります。トイレの扉のないのはしょうがないでしょうか。工夫の限界ということで^^。
e0351590_23203603.jpg
e0351590_23203655.jpg
e0351590_23204646.jpg
e0351590_23204681.jpg
e0351590_23204641.jpg


バスアメニティはロクシタンでローションまで古ラインナップ、スリッパはしっかりめの生地で足全体がカバーできるもの、ふみ竹、バスローブなど、しっかり充実していると思います。

e0351590_23204636.jpg
e0351590_23204640.jpg
e0351590_23204635.jpg


夜のセッティングは、ターンダウンがリクエストベースになっています。長いシャツタイプのパジャマときれいなデザインのゆかたの両方が用意されています。外国人などこの浴衣のほうが喜ぶかもしれませんね。
e0351590_23211422.jpg
e0351590_23205540.jpg
e0351590_23205558.jpg
e0351590_23205530.jpg



窓からの眺めは、東京タワー側です。ただ真正面は別のビルなので今一つですが、まあしょうがないでしょうか。夜景のタワーはやっぱりいいですよね。(窓が光っていまいちな写真ですみません)

e0351590_21143116.jpg
e0351590_21150486.jpg
e0351590_21151532.jpg
e0351590_21152569.jpg

とまあ、お部屋の紹介でした。

次は、エグゼクティブラウンジの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-10-04 22:00 | ANAインターコンチネンタルH東京 | Comments(0)