Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
2017GWの旅、「大和屋本店」の紹介は、お風呂と朝食です。

前回ご紹介したように、この宿では洋室朝食付きの宿泊です。道後と松山散策を楽しむため、2連泊でとりました。

お風呂は大浴場が男女別で入れ替え制です。写真はいいのがないので、混ぜて紹介です。
入口に履物のマークの札やクリップを置くなど、スリッパを間違えないようにするための工夫は、最近は衛生を考えてやっている宿が多いですね。

e0351590_10044442.jpg
e0351590_10051611.jpg
e0351590_10064242.jpg



浴場は、熱湯とぬる湯、露天風呂とあります。街中の宿なので、お風呂からは坪庭の眺めのみです。風情ある石の配置や、名湯のそそぐ湯口など、工夫でお風呂を楽しめるようにしています。

ただ、ちょっと残念だったのは、実はお湯は源泉かけ流しではないことなんです。後から入った道後温泉本館と比べると、その湯力の差を感じてしまいました。

e0351590_10080239.jpg
e0351590_10045542.jpg
e0351590_10045521.jpg
e0351590_10045602.jpg
e0351590_10050061.jpg
e0351590_10071848.jpg
e0351590_10071056.jpg


湯上りのお水で一息!

梅干しもおいてあるのはめずらしく、けっこう古いタイプの宿のしつらえかもしれません。

e0351590_10051773.jpg

朝食です。
食事処で和食と洋食が選べます。私たちは2回とも和食にしました。ご飯は、おかゆと白いごはんが選べます。

うーん、まあ、こんなもんでしょうか。ごはんの味が今一つだったのは残念です。朝食って、やっぱりお米がおいしい!・・・っていうのが一つの基準だったりしますよね。

e0351590_11175719.jpg
e0351590_10081847.jpg


外湯に行くことが前提の温泉街、この宿では籠とタオルの貸し出しが無料であります。
浴衣も有料で貸し出しがあるようです。

e0351590_11182726.jpg


さて、宿は寝泊りがメイン・・・街に繰り出しましょう!
次回は街歩き&観光の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-07-09 18:00 | 大和屋本店 | Comments(0)
2016年金沢冬の旅、山代温泉「あらや滔々庵」の紹介は、お風呂です。

温泉街の真ん中にある老舗宿、山代温泉の源泉がすぐ浅いところから湧き出しており、豊かな湯量を享受するお宿です。
パブリックのお風呂は3つあり、原泉閣と特別浴室「鳥湯」のセット、瑠璃光とが男女別に入れ替え制となっています。

まずは、瑠璃光です。
総ヒノキのお風呂の雰囲気がすばらしい!お湯も柔らかく、一番気に入りました。外の露天風呂は眺めがないので、小ぢんまりと付け足したような感じです。この内湯に乾杯です。脱衣スペースは小ぢんまりですが、アメニティやタオルもそろっています。

e0351590_21480233.jpg
e0351590_21451326.jpg
e0351590_21451478.jpg


e0351590_22443569.jpg
e0351590_21452826.jpg
e0351590_21452088.jpg
e0351590_21452735.jpg
e0351590_21452023.jpg
e0351590_21452844.jpg

e0351590_21453437.jpg


次に、原泉閣です。おおきな柱に絵柄が印象的なデザインです。ただ、全体の感じは、こちらはよくある、旅館の大浴場といった雰囲気でしょうか。きれいでゆったりしていますが、あらや滔々庵らしさを感じられないのですよね。瑠璃光とあえて違った雰囲気にしているのだとは思いますが、ちょっぴり残念です。外の岩湯はその分、風情を感じるつくりですね。脱衣所はこちらはゆったりとしていて、くつろぐことができます。




e0351590_22443543.jpg
e0351590_22443552.jpg
e0351590_21471731.jpg
e0351590_21472517.jpg

e0351590_21464200.jpg
e0351590_21464225.jpg
e0351590_21464399.jpg


もう一つは、特別浴室「鳥湯」です。暗い照明を落とした独特の雰囲気で、ぬるいお湯に瞑想してゆったりつかる形になっています。椅子に座ってこの雰囲気に浸るのがよいのかもしれません。私は普通の熱めのお湯に入るほうが好みだったので、ここは少し体験する程度に利用しただけとなりました。

e0351590_21473265.jpg
e0351590_21473335.jpg
e0351590_21473308.jpg
e0351590_21473841.jpg

お風呂エリアにはいるエントランス回りには、椅子とドリンクが用意されています。ドリンクは、ビールとシャンパン・・・ならぬ、発泡酒とカバ(スパークリングワイン)でした。うーん、このクラスのお宿、せっかくなら本物を置いてほしかったですね。シャンパンは無理としてももう少しよいスパークリングを。ビールは頑張れるでしょう^^。ちょっと厳しいことを言ってしまいましたが、お宿の名誉回復(って大げさ?)のためにも、ここはいい印象になるようにしてほしいですね。ジュースやハーブティー、健康ドリンクなどのほうがポイント高くなるかもしれませんね。


e0351590_22274937.jpg
e0351590_22282035.jpg

以上、お風呂の紹介でした。
次回は、お食事です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-08 21:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)
2016年金沢冬の旅、金沢を2泊してチェックアウト、駅ビルのカフェでモーニングのワッフルを食べて、北陸本線に乗りました。

e0351590_23135259.jpg

向かったのは、大聖寺駅です。なんですか、その駅?...そうですよね、普通(笑)加賀温泉駅の一つ奥に、素敵な美術館があるのです。「石川県九谷焼美術館」です。焼き物好きの私たちは、観光を切り上げて、こちらの見学をすることにしました。山代温泉のお宿の車迎えが加賀温泉駅13時以降なので、朝金沢をゆっくり目に出てきて、こちらに移動したのでした。

本当に小ぢんまりとした駅です。駅前にAPAホテルがありましたよ。
ローカル線の地元民中心の電車もなかなかのどかでした。

e0351590_21474999.jpg
e0351590_21483898.jpg

駅を降りて、コインロッカーがないので、ネットで調べた貸自転車やさんにスーツケースを預けて、ぷらぷらと美術館前歩いて行きました。
な~んにもない感じのところですよ。渡し船が奥の川のほうにあるらしいけど、本当に人ともすれ違わない10分ほどでした。
兼の施設がいくつか集まったところに、美術館は建っていました。

e0351590_21451786.jpg
e0351590_21451775.jpg



入場は加賀温泉郷の見学とセットでお得なパスポート入場券を買いました。3か所で800円というもの。この美術館がすでに500円で、もう一つどこか行けば元がとれます。これで、山代温泉の共同湯もはいれるので、利用決定!

e0351590_21483113.jpg

展示物は撮影できませんので、パンフレットで紹介を。
とにかくテーマごとに並べられたすばらしい九谷焼の数々、青手色絵赤絵と呼ばれる3様式の作品がテーマに分かれて展示されており、380年の歴史と重みを感じる作品の数々に見入ってしまいました。館内は余裕のスペースなので、ゆったりと並べられており、圧巻です。じっくりと2周まわって見てきましたよ。

中のお庭スペースもよかったです。3連休というのにほとんど人がいなくて、人気がないのが本当に残念な美術館です。場所が金沢から離れているからですね。

e0351590_21483191.jpg
e0351590_21455619.jpg
e0351590_21455669.jpg
e0351590_21461334.jpg
e0351590_21481093.jpg




美術館を後にして、どこかでランチしようにも、うーん・・・ない!というわけで、テイクアウトの横で簡単な椅子のあるたこ焼き屋さんに入りました。たい焼もあって、ほおばりました。お宿の夕飯が楽しみなので、軽いランチでちょうどいいかも!


e0351590_23134335.jpg
e0351590_23132685.jpg
e0351590_23133351.jpg

さて、一駅戻って、加賀温泉駅で降り、お宿に送ってもらって山代温泉に入りました。
お宿の紹介は次回として、まずは山代温泉内を少し散策しました。

中心の温泉街です。足湯に温泉神社・・・星のリゾート界もありますよ。下の赤い建物!
e0351590_21505702.jpg
e0351590_21490708.jpg
e0351590_21491310.jpg
e0351590_21515433.jpg



総湯と古総湯です。翌日、古総湯のほうにははいりました。じんわりと効くお湯、風情あってよかったですよ。写真はお風呂ではなく、建物の上にある休憩所です。お風呂内も休憩所もこのようにステンドグラスがはめられて独特の雰囲気を楽しむことができます。総湯のほうは地元の方もたくさん利用している洗い場もある普通のお風呂です。私たちはお登りさんして、古総湯のほうだけはいりました。

e0351590_21495076.jpg
e0351590_21514990.jpg
e0351590_21520702.jpg
e0351590_21521546.jpg
e0351590_21522588.jpg
e0351590_21522536.jpg
e0351590_21522544.jpg
e0351590_21522684.jpg


散策でまず寄ったのは、「いろは草庵」です。北大路魯山人の寓居跡県工房を公開しているところです。

まず入って、お茶にお菓子を出していただきました。このお菓子がおいしい!・・・思わずお土産に買っちゃいました。ナッツ味のお干菓子風和菓子です。

e0351590_21500468.jpg
e0351590_21500409.jpg
e0351590_21500514.jpg


敷地内のお庭、茶室、書、工房など、落ち着いた和室でゆったりと見ることができました。
魯山人という人は本当にすごい・・・奇才です。料理も器も書も茶の湯も・・・すべて自分の物にしたのですから、まさに天才です。どの作品も素晴らしい。感服です。
e0351590_21501951.jpg
e0351590_21501913.jpg
e0351590_21503538.jpg
e0351590_21503560.jpg
e0351590_21503590.jpg
e0351590_21512226.jpg


翌日でしたが、もう一か所、九谷焼跡展示館も見てきました。作家が実際に作っているところや登り窯の遺跡がありましたが、じっくり見られる器もあり、なかなか目の保養でしたよ。

e0351590_21550673.jpg
e0351590_21550775.jpg
e0351590_21552312.jpg
e0351590_21553004.jpg
e0351590_21553745.jpg
e0351590_21554903.jpg


須田青華のお店やほかの店も寄りましたが、もう美術館の焼き物の素晴らしさに惹きつけられ、売り物がなんだか魅力が少し下がって見えてしまったのですよね。いや~、目の保養、十二分な3日間となりました。

e0351590_21524066.jpg
e0351590_21524060.jpg
e0351590_21525042.jpg

さて、山代温泉で泊まったお宿の紹介にはいります。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-01 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
福島県飯坂温泉「御宿かわせみ」の紹介、すでに何度も紹介しているので、お風呂やパブリックスペースを軽くアップします(といいながら、写真だらけ^^)。

こちらの大浴場は、小ぢんまりですが窮屈さはありません。脱衣所もさわやかなデザインで、気持ちの良い明るさです。お風呂には私の大好きな低温サウナがあり、今回も利用しました。ただ、結構混んでいたので、ほかの人がはいってくるとちょっと気まずいぐらいの狭さなので、短い時間で退散です。一人でテレビ見ながらゆっくり汗を流せるのが理想っていうスペースです。男性のほうが広くゆとりのスペースのようで、この女性側サウナの構造は何とかしてほしいものですが、つくりの改装って難しいんでしょうね。
e0351590_21413070.jpg
e0351590_21413025.jpg
e0351590_21412957.jpg
e0351590_21413029.jpg

e0351590_21413986.jpg

e0351590_21413961.jpg

e0351590_21393774.jpg
e0351590_21393779.jpg
e0351590_21394862.jpg

e0351590_21393775.jpg


お風呂上がりのラウンジは、いつものヨーロピアン調です。
おいてあるドリンクは、夕方が桑の葉茶とオレンジジュース、朝はヨーグルトドリンクとレモン水です。

こちらは雑誌も置いているのでいつでもくつろげるラウンジなのですが、お風呂上がり以外、あまり利用していないのですよね。客室が快適なので、あまり出てこないっていうのがあるかもしれません。

e0351590_21394876.jpg
e0351590_21400176.jpg
e0351590_21405158.jpg
e0351590_21402862.jpg
e0351590_21400115.jpg
e0351590_21405196.jpg
e0351590_21415722.jpg
e0351590_21415741.jpg



今回は利用していませんが、2Fにもこぢんまりとしたラウンジがあります。2Fのお客様用のスペースですね。

2Fから見る眺めや池も明るくてなかなか悪くないですよ。こちらは住宅街の中にある宿なので、絶景という感じではないのですが、それはそれなりに^^。まあ、宿内の雰囲気に浸るのが王道なのでしょうね。その意味では離れがベストかもしれませんね。

e0351590_21461814.jpg
e0351590_21461874.jpg
e0351590_21461978.jpg

さて、次回はメインであるお食事の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-01 21:00 | 御宿かわせみ | Comments(0)
草津温泉「つつじ亭」の紹介は番外編、温泉街の散策を少しばかり紹介です。

早々とチェックインしたので、ひとっ風呂のあとに、散策することにしました。温泉街は駐車場がほとんどありません。自分の車は宿に駐車したまま、つつじ亭の車で湯畑の手前まで送ってもらい、そこからぷらぷらと歩きました。

e0351590_00223429.jpg

草津は共同湯がたくさんあります。「千代の湯」は外からみただけです。「茶房ぐーてらいぜ」は草津に来るたびによく立ち寄りましたが、今回は前を通りかかりました。

e0351590_00223494.jpg
e0351590_00225244.jpg

やっぱり、草津にきたからには湯畑ですよね~。毎回ここは外せません。硫黄のにおい、ごうごうと流れる湯量の豊富さを滝と湯気で満喫です。

e0351590_00225307.jpg
e0351590_00240268.jpg


湯畑のまわりには喫茶、お饅頭屋さん、焼き鳥屋さん、などなど、たくさんのお店がひしめき合い、人気のお店はいつも並んでいます。湯畑の横に足湯もあって人がひしめき合っていますよ。

草津は夜でも食べられるところがかなりあるので、素泊まりの宿で寝て、共同湯で楽しみ、呑みに繰り出す、っていう楽しみ方ができる温泉地です。近頃の温泉街は1泊2食が基本ですから、夜は本当に寂しいところが多いのですが、草津は街が元気ですね。

e0351590_00242014.jpg
e0351590_00243137.jpg
e0351590_00244077.jpg
e0351590_00250766.jpg

「白旗の湯」は源泉が共同湯の前にあります。こゆ~いお湯です、本当に。

e0351590_00245237.jpg


ちょっと裏方へ歩いて行くと、「地蔵の湯」がありました。お地蔵さんが祀られた神社がとなりにあり、足湯もありますよ。ここはひょっとして、初めてかな?ちょっとトライしてみようということになり、共同湯のほうにはいってみました。狭い湯船で、目の前が脱衣所でしたが、お湯はなかなかいい感じで、気持ちよかったです。また来た時にゆっくりはいろう~!

e0351590_00250841.jpg
e0351590_00253434.jpg
e0351590_00252345.jpg
e0351590_00250768.jpg

さて、夕方になってきました。宿に戻って温まりましょう。
帰りも宿の車に迎えに来ていただき、戻りました。

う~ん、やっぱりこの「つつじ亭」のゆったりとした眺めとお風呂、湯畑近くの賑わいから少し離れてくつろぎは宝です。

e0351590_00255628.jpg

以上、草津温泉&つつじ亭の紹介でした。

みなかみ&草津の紹介にお付き合いいただき、ありがとうございました。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-19 21:00 | つつじ亭 | Comments(0)

つつじ亭(2) - お風呂編

草津温泉「つつじ亭」の紹介、温泉のお風呂です。

本館になったら狭くなり、部屋露天風呂がない・・・というマイナスばかり感じそうっですが、このメリットは久々に享受します!
それは、貸切風呂「玉の湯」を利用できることです。本館宿泊者だけが利用できるのです。チェックイン時に1回1時間の予約ができます。
泉質は、「万代鉱・草津温泉」「湯畑源泉」の2種類があります。

本館1Fの奥に歩いて行くと、玉の湯ののれんが見えてきます。中にまず脱衣所です。
e0351590_21424108.jpg
e0351590_21424151.jpg



お風呂にはいると、木々の眺めがどーんと大きな正方形の檜風呂が目の前にでてきました。このお風呂に入るのは10年ぶりぐらいでしょうか。2面の窓が大きく、光が降り注ぎます。この窓はスライドして左右に動き開け放つことができて、天井も高く、まさに明るい露天風呂並みの開放感です。ここにずっといたくなるような、貸切タイム・・・

e0351590_21434783.jpg
e0351590_21434370.jpg

e0351590_21435698.jpg
e0351590_21441616.jpg
e0351590_21441624.jpg


さて、大浴場「うららの湯」です。

男女別の内湯と露天風呂があります。男女の入れ替えはありません。


e0351590_21442436.jpg
e0351590_21442424.jpg
e0351590_21454550.jpg


女性のお風呂です。

e0351590_21443397.jpg
e0351590_21444389.jpg
e0351590_21450583.jpg
e0351590_21490530.jpg


露天風呂はこちらです。ここは毎回はいっていますので、私の大のお気に入り露天風呂です。木漏れ日を眺めながら、いつまでもいたくなるような空間です。

e0351590_21474688.jpg
e0351590_21475609.jpg
e0351590_21481153.jpg
e0351590_21453360.jpg

男性のお風呂です。女性と反対の角度のL字型内湯です。露天風呂の眺めは男性の用がよいかもしれませんね。


e0351590_21451196.jpg
e0351590_21451152.jpg
 
e0351590_22374421.jpg


大浴場の外で休憩するスペースです。ここでつめたいお水をいただきます。

e0351590_21442549.jpg



以上、温泉お風呂の紹介でした。
さて、次回はお食事です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-13 21:00 | つつじ亭 | Comments(0)
群馬県うのせ温泉「ゆの宿 上越館」の紹介、お風呂です。

こちらの温泉は単純泉で少し塩分があり、さらりとしてあったまるお湯です。
大浴場はなく、貸切風呂が3つあり、2つは空いていればいつでもはいれ、1つは野天風呂で、母屋から少し離れており、予約して借りる形です。

e0351590_23284413.jpg


まずは、ふたつの貸切内湯です。

ひとつは、石のお風呂です。窓が二面にあり、明るいですね。脱衣所も比較的ゆとりがあり、休憩する椅子もあります。もともとは男女別の大浴場のつもりでつくられたのではないかと思われます。ウオッシュタオルはたくさんあり、こちらの物を利用できます。足袋まであるのにはびっくりしました。バスタオルは部屋から持ってくるのですが、これも備え付けがあってふんだんに使えるとさらにいいですね。シャンプーなどのアメニティは、メイク落としも含めてお風呂に備え付けがあります。

e0351590_23223338.jpg
e0351590_23223490.jpg
e0351590_23225280.jpg
e0351590_23225385.jpg
e0351590_23231778.jpg
e0351590_23223425.jpg
e0351590_23225333.jpg
e0351590_23230965.jpg
e0351590_23231684.jpg


もうひとつのお風呂は、檜風呂です。湯船サイズは同じぐらいですが、脱衣所がやや小ぶりです。泉質は同じです。

e0351590_23232616.jpg
e0351590_23232659.jpg
e0351590_23232793.jpg
e0351590_23233851.jpg
e0351590_23233873.jpg
e0351590_23233971.jpg



お風呂の外には休憩所があり、冷たいお茶が置かれていました。

e0351590_23234697.jpg
e0351590_23234628.jpg


そして、こちらのお宿の売りはなんといっても、野天風呂です。
お宿の母屋からちょっと歩いたところにあります。そう、あの「梅の蜜」の前にあるのです。
私たちは翌朝の予約で、ちょっと雨が降っていました。住宅街のようなところを歩いていくので、ちょっと不便ですが、朝の気持ちいい空気の中を歩くのも悪くありませんね。

e0351590_23283599.jpg

e0351590_23241905.jpg
e0351590_23242799.jpg
e0351590_23250277.jpg

目の前は川のせせらぎに山々が迫ってきます。まさに自然そのものです!
天気がよければ、もっと素晴らしかったでしょうね。

e0351590_23244760.jpg
e0351590_23243925.jpg
e0351590_23243991.jpg
e0351590_23245382.jpg

外にはちょっとした休憩スペースがあり、湯上りの一息です。

e0351590_23282270.jpg
e0351590_23253835.jpg


以上、お風呂の紹介でした。
次回はお食事です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-08 21:00 | 上越館 | Comments(0)
アップが追いつかず、どんどんネタたまってきました^^。
さて、10月の旅行で行った群馬県の旅を紹介したいと思います。
まずは、水上温泉郷にある「ゆの宿 上越館」の紹介にはいります。

その紹介の前に、ランチ&立ち寄り湯の紹介からです。

高速道路で関越道水上ICを目指しました。とにかくみなかみにはいってしまおう、ということで、渋滞何度か乗り越え、午前中に何とか到着です。上越館が経営するカフェがあり、なかなかよさげとの情報を得て、まずこちらに立ち寄りました。国道から横道にはいって、川の近くに一軒ぽつんと立っており、見つけるのにちょっと戸惑いました。のどかな眺めの中にあります。

e0351590_00105285.jpg
e0351590_00105272.jpg
e0351590_00105309.jpg



カフェはちょうどオープンの時間、私たちだけでした。
オリジナルのパン、クッキーやチーズが評判だそうで、カウンターで売っています。

ランチセットを取ってみました。
スープ、パン、前菜盛り合わせ、メイン、ドリンク&デザートとたっぷりなコースです。とくに前菜の盛り合わせはワインにぴったりで、思わず飲みたくなりました^^。車がなければおすすめです。ランチのセットは凝っていてボリュームがあるため、2000円ほどします。このお値段ががネックで人がちょっと少なかったように思いました。

e0351590_00110326.jpg
e0351590_00112385.jpg
e0351590_21552082.jpg
e0351590_00112488.jpg



さて、午後は宝川温泉へGo!楽しみにしていた大野天風呂です。
入り口で入湯料を払います。ロッカーに主な荷物をいれて、中に入ります。熊のぬいぐるみがあちこちにいてかわいいですよ。
e0351590_22134603.jpg
e0351590_22135617.jpg
e0351590_22135749.jpg
e0351590_22135928.jpg




温泉旅館なので、宿泊の建物が見えます。お風呂は混浴で広大な眺め、写真はほとんど取れませんでした。ダイナミックな渓流を挟んで4つの露天風呂があり、ひとつは女性用の露天風呂のため、ここではゆっくりはいることができました。中では熊を飼っていて、ちょっと動物園気分でしたよ^^(温泉には入っていませんから(笑))。

e0351590_22134747.jpg
e0351590_21552193.jpg
e0351590_21552282.jpg
e0351590_21551902.jpg

さて、温泉も楽しんだところで、さて、宿に向かいます!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-04 22:30 | 上越館 | Comments(0)
桜を見て散歩も結構まだ寒いのです。歩き回って、ちょっとお風呂であったまりたいなあと思い、地図で近場を探して「馬場の湯温泉」なるエリアにはいりました。前を通って、ふらっと入ったのがこちらです。「三ッ美屋旅館」というところです。通常の泊まり宿で日帰り温泉入浴を受けています。

e0351590_20355459.jpg


美人の元気な女将さんが受付をしてくださり、さくっとはいりました。
内湯の湯船だけのごく普通のお風呂でしたが、清潔で脱衣所もわりにゆったりとしており、気持ち良く利用しました。

e0351590_20362694.jpg
e0351590_20362720.jpg
e0351590_20363801.jpg
e0351590_20363740.jpg

e0351590_20363717.jpg
e0351590_20363878.jpg

それにしても、疲れがど~~~!・・・というのは運転している主人で(笑)、だるくて帰るのが面倒だ、ということになってしまいました。もう夕方になりつつあり、今から泊まるところを探すの??・・・スマホで検索して電話、その場で見つけた宿が夕食なしなら、という条件で、OKしてくださいました。

こちら、いわき湯本温泉「雨情の宿 新つた」という老舗のお宿です。
以前、一休.comで見たことがあり、名前を憶えていたので電話をかけてみたってわけです。

e0351590_21150089.jpg
e0351590_20423356.jpg
e0351590_20422255.jpg

e0351590_20423344.jpg

ロビーは大きな旅館らしくソファーがたくさん置かれており、お土産屋コーナーなど、ゆとりのスペースを演出しています。昔の華やかな時代の温泉街旅館を彷彿させますね。

e0351590_21091961.jpg
e0351590_21091910.jpg
e0351590_21091939.jpg

お部屋は12畳と6畳で、踏み込み、縁側に四人掛けのソファがあるなど、とても広い部屋でした。
ツインのこぢんまりとした部屋もあったようですが、まあ一元さんからの電話で広いほうを売りつけられたのでしょう(笑)。結果的に狭い部屋よりゆったりとできましたが。

e0351590_21114799.jpg

すでにお布団も引かれていました。窓からの眺めも緑がきれいでした。
(スマホで撮った写真、ブレブレばかりですみません)

e0351590_21094427.jpg
e0351590_21111788.jpg
e0351590_21111684.jpg
e0351590_21120961.jpg
e0351590_21122470.jpg
e0351590_21094438.jpg
e0351590_21114764.jpg
e0351590_21114786.jpg

夕食がついていませんので、出かけましょう。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-05-17 21:00 | 雨情の宿 新つた | Comments(0)
湯ノ沢温泉「時の宿 すみれ」の紹介、お風呂です。

こちらも以前になんども紹介しているので、さらっと。

大浴場はふたつあり、夜に男女交代です。
こちらは内湯と露天風呂のある広いお風呂です。
男女交代用に、アメニティは両方置かれています。籠と鍵付き引き出しがいいですね。

この日は到着時にお湯のトラブルがありました。湯船の温泉はOKなのですが、シャワーからお湯がでないのです。無色透明なさらっとしたお湯なので、温泉で洗うこともできるので大丈夫なのですが、やはりシャンプーはシャワーで流したいですよね^^。翌朝利用しました。

e0351590_22354850.jpg
e0351590_22355441.jpg
e0351590_22360219.jpg
e0351590_22360288.jpg
e0351590_22375657.jpg
e0351590_22375695.jpg


もう一つのお風呂のほうが、お宿のお風呂としてよく写真に出てきます。
椅子の背中と緑がいい雰囲気ですね。

e0351590_22352196.jpg
e0351590_22352727.jpg


貸切露天風呂は、2つ、空いていればいつでもはいれます。
ひのきと石の風呂です。お二人様のやどなので、カップルや夫婦はこちらの利用が多いですね。緑がまぶしい季節はとても気持ちがよいです。冬の雪景色もまた一興ですけどね。秋は紅葉、春は桜・・・と季節をとても感じられるお風呂です。

e0351590_22361462.jpg
e0351590_22361407.jpg
e0351590_22362275.jpg
e0351590_22362209.jpg
e0351590_22373199.jpg
e0351590_22373740.jpg

お風呂の紹介でした。
次はメーンイベント、お食事です♪


[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-27 18:00 | 時の宿 すみれ | Comments(0)