Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
ANAクラウンプラザホテル沖縄に宿泊の今回の那覇は、短い時間でさくっと散策&グルメを楽しみました。

到着時の那覇は、フライトで軽く食事をとっているので、夕食なしという選択あるのですが。。。やっぱりどっかに行きたいということで、ホテルから歩いて行けるところを見つけました!


古民家洋食屋さん「ぬーじボンボンZ」です。名前に惹かれました、ハイ^^。
沖縄料理というより、まあ洋食屋さんです、名前の通り。

e0351590_23195921.jpg
e0351590_23202660.jpg


古民家のレストランなので、まったりとおうちのような板の間にすわるところや、椅子席、カウンターもありました。

e0351590_23201086.jpg
e0351590_23201047.jpg

さて、こおでいただいたのは、ネットで評判のメニューです。
黒カレーとソーキそばです。黒カレーはまろやかな口当たりは、秘伝の煮込みのようですよ。おいしかったです。まあ、ソーキそばははっきり言って、観光客向けに、沖縄らしいものもどうぞ、というところはあるようですが。

e0351590_23201032.jpg
e0351590_23201092.jpg

メニューをとりましたので、参考にどうぞ。
洋食屋なので、おいしい洋食を食べたいときいいですよ。ハンバーグ、メンチカツなども評判のようです。

ANAクラウンプラザからぷらっと出かけるには、おすすめなカジュアル食堂です。

e0351590_23202702.jpg
e0351590_23202629.jpg

翌日は、国際通りのほうに出ました。ホテルでは朝食なし!

はい、ちょっとトライしたいメニューがあり、歩いて10分余り・・・国際通りのシーサが迎えてくれました。ポップなデザインのバスは、ちょっと東南アジアを彷彿させましたね。やっぱり沖縄は「東南アジア」だな~と^^。

e0351590_23204878.jpg
e0351590_23204823.jpg

向かったのは、「沖縄第一ホテル」です。50品目の薬膳朝食で有名なんです。
私はあまりホテルのことを調べずに、こちらの朝食をいただきに、予約して行ったのでした。前日に電話したところ、すでに食事処は満席で、ロビーのテーブルならOkということで伺いました。

ホテルだと思って、ホテルのビルを想定していたのですが、ないない!!!・・・・民宿かB&Bみたいなところでした。みつからないわけですわ^^。これがホテル???

e0351590_23262650.jpg

沖縄らしい門構えにシーサが迎えてくれました。

e0351590_23263508.jpg


中に入ると、こぢんまりとしたお庭がまったりといい感じです。
これはB&Bのようですね。実は、ここは5室ほどの小ぢんまりホテルで、素泊まり基本に、朝食も夕食も別料金なのです。

e0351590_23264800.jpg
e0351590_23264930.jpg

e0351590_23270484.jpg



ロビーカウンターの横に、レトロ&クラシックなテーブルやいす、家具が並んでいます。こちらで食事を出してくださるのです。ちょっとうきうきしてきました。下調べしていなかったのが、かえって楽しみです。

e0351590_23273714.jpg
e0351590_23280763.jpg


食事が始まりました。
管理栄養士の指導のもと585kcalに設定されたそうで、野菜ソムリエのお嬢さんが考えたメニューで、薬膳の沖縄素材を使った料理が、どんどん出されていきます。
味は薄めのやさしい風味、素材を生かしたものが中心です。お芋系が多かったので、そちらはちょっと甘いかなと感じました。もずくもうりも、野草もおいしい!私は実は、沖縄のニガウリ、ゴーヤが苦手なんです。ゴーヤはなし、苦味がつらい素材はありませんでした。

e0351590_23280790.jpg
e0351590_23282055.jpg
e0351590_23283103.jpg
e0351590_23283288.jpg
e0351590_23283216.jpg


スープにフルーツまで沖縄素材です。最後も薬膳茶でしめます。10品はありましたが、500カロリー台とダイエットにおすすめなぐらいですね。器も楽しく、目にも味にも、ヘルシーにも楽しむことができました。

e0351590_23283277.jpg
e0351590_23283213.jpg
e0351590_23283349.jpg


たっぷりと滋味深い朝食を楽しみ、国際通りに出て、公設市場エリアをプラプラしてきました。てちびやみーばいなど、沖縄らしい素材が所狭しと並んでおり、定番の海ぶどうなどもお手ごろな値段で出ていました。

e0351590_23214898.jpg
e0351590_23214986.jpg
e0351590_23214990.jpg
e0351590_23214980.jpg

お天気があまりよくなかったので、それほどゆっくり歩くこともなく、ホテルに戻り、チェックアウトしました。

e0351590_23222433.jpg


以上、那覇ぶらっとな紹介でした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-19 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
最近カメラの調子がゼツフチョウで、ピントがスッキリ合いません。お見苦しい写真が続くことをご了承ください。

あれ、また沖縄??・・・はい、そうです^^。

最近ちょっと足しげく行っています。沖縄ラブだから?・・・好きですよ。でもそういう建前は置いておいて、実は、フライト修行なるものに首を突っ込んでしまいました。ANAのマイルためて、ポイント稼いで、SFC会員を獲得しようと。飛行距離とさまざまなロジックを組み合わせたプレミアムポイントなる仕組みで一定のポイントを稼ぐのがセオリーです。このセオリーに乗ると、ポイントを効率的に貯めるには、国内線で距離の遠いところがポイントを稼ぎやすく、いきおい、沖縄便の利用が増えてしまうのです(笑)

これも、ポイントアップに有効なプレミアムクラスの席で那覇へ向かいました。お高いプレミアムクラスは、株主優待券で半額ゲットです。2時間半のフライトで、ドリンクと簡単なお食事が供されます。国際線のビジネスクラスとプレエコの中間ぐらいといったところでしょうか。国内線で3時間以上のフライトってまずないので、食事やもてなしは特になくてもよいのですが、まあ、席もゆったりですし、ドリンクはアルコールもあるのはうれしいので、悪い気はしませんよね(笑)

e0351590_23565254.jpg
e0351590_22265533.jpg

マイルやポイントをためることにお詳しい方もたくさんいらっしゃるでしょうから、素人なうんちくはこのぐらいにして、お泊りフェチのPockieは宿泊を中心に紹介します。

この沖縄は、さくっと1泊、短い滞在で、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューに宿泊しました。那覇市内のj比較的便利な場所にあり、ゆいレールの駅から徒歩圏、観光でにぎわう国際通りまで徒歩で行ける立地にあります。

空港からは、ゆいレールに乗りました。切符が面白いのです。大きさは東京などと同じなのですが、定期券のようにゲートでかざすタイプなんですよね。スロットに入れるタイプはいれるのを失敗したり、ひっかかったりするので、ほかの地域もかざすものに統一したらどうかと思いましたね。
e0351590_23565954.jpg
e0351590_23255613.jpg



ホテルは、ゆいレールで約10分、壷川駅から徒歩10分あまりのところにあります。
ANA,系であり、IHG系のホテル、観光バスがつけていて、やはり外国人がかなりいますね。ホテルの中の雰囲気はすっきりとしたクラウンプラザ仕様ですが、他より白黒を使っていて、むしろインターコンチネンタルの雰囲気さえ感じられます。エントランスのお花が、沖縄らしさを演出しています。

e0351590_21414425.jpg
e0351590_21414585.jpg
e0351590_21412839.jpg
e0351590_21513036.jpg
e0351590_21414446.jpg


エレベータで7Fにあがり、泊まったのは2717号室のデラックスツインでした。
スタンダードで予約しましたから、Ambassador会員特典でアップグレードしていただけたようです。

e0351590_21395667.jpg
e0351590_21401570.jpg
e0351590_21402205.jpg
e0351590_21511881.jpg

ベッドルームは、ツインベッドと窓側の一人用ソファにテーブル、再度にはデスクとテレビといった、スタンダードなレイアウトです。っクローゼットが窓側にあるのにはびっくりしました。それも古い家庭用のクローゼット風で、引き戸になっていました。古いホテルをリノベーションしているようですので、このあたりにそういった感じがでているのでしょうか。

e0351590_21404445.jpg
e0351590_21404566.jpg
e0351590_21404581.jpg
e0351590_21404561.jpg


ロングシャツのパジャマ、冷蔵庫の飲み物、ポットやカップ類など、一通りそろっています。

e0351590_21404507.jpg
e0351590_21411621.jpg
e0351590_21411636.jpg

水回りは、バスルームがセパレートで、洗い場付、湯船もゆったりで、これはうれしい仕様ですね。アップグレードしていただいたおかげで、お風呂をゆったりはいることができました。洗面エリアは決して広くありませんが、タオル、バスアメニティはクラウンプラザ仕様でしっかりそろっています。

e0351590_21405874.jpg
e0351590_21405829.jpg
e0351590_21405958.jpg
e0351590_21405913.jpg


窓からの眺めは、那覇中心部が臨める方向です。まあ、高層ではないので、雑多なビルが見える感じですね。

e0351590_21525506.jpg
e0351590_21525593.jpg
e0351590_21525605.jpg


ホテル内はそれほど利用しませんでしたが、裏のプールに行ってみました。
アウトドアのみで、まだオープンしていませんでした。ちょっとした庭のようなスペースになっており、散策も良いのではないでしょうか。チャペル風のゲートがあったのにはびっくり!ここで結婚式することがあるんでしょうか?

e0351590_21540824.jpg
e0351590_21540854.jpg
e0351590_21540831.jpg
e0351590_21540983.jpg
e0351590_21540972.jpg

ホテルの紹介は以上です。
沖縄での散策とグルメを次回紹介しましょう。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-12 21:00 | Comments(0)
沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の紹介、グルメと観光を車なしで目いっぱい楽しみました。

まずは、到着日の遅いランチにハワイアンパンケーキの店「パニパニ」です。ホテルから割に近いということで話題の人気のお店、タクシーで行ったのですが、そんなに遠くありませんでした。帰りは歩けましたから!お店の建物をみたら、ハワイに来た気分ですよね。こちらでは、ナッツ味のパンケーキをとりました。すごいおっきい!ふわふわのパンケーキで、気がついたら食べちゃいました。

e0351590_23051208.jpg
e0351590_23055376.jpg
e0351590_23055362.jpg
e0351590_23055333.jpg
e0351590_23061899.jpg
e0351590_23065632.jpg
e0351590_23061896.jpg

さて、お店をでてぷらぷら歩いていると、友人からお勧めされた沖縄そばの店が目に入りました。「花村そば」です。有名な「なかむらそば」の近くですが、あまり紹介されていないので、ローカルな雰囲気満載、時間も遅かったので人が見当たりません。パンケーキでおなか一杯だったはずなのに、やっぱりおそばも食べたくなり、入りました。ちょうど麺が少なめの「花村そば」というメニューがあったので、こちらを取りました。三枚肉とソーキが1枚ずつはいっています。お肉にしょうが、麺がもちもち、沖縄そば~に満足です!

e0351590_23082425.jpg
e0351590_23084636.jpg
e0351590_23082897.jpg
e0351590_23085225.jpg
e0351590_23082744.jpg

はあ~、これだけ食べたらさすがに、おなか一杯!ドリンク中心で、夜は軽く済ませました。

翌日は万座毛のほうに行きました。こちらは登り坂もあり、その先の徒歩もかなり予定していたので、まずは行きをタクシーにしました。
天候はうす曇りでしたがまずまず、海を一望する眺めの良い景色を堪能しました。東屋のあるエリアまで歩くと、観光客が少なくて、雄大な景色を楽しめました。向こうのほうに、インターコンチが見えますね~。

e0351590_23091863.jpg
e0351590_23093057.jpg
e0351590_23093023.jpg
e0351590_23093028.jpg
e0351590_23093031.jpg
e0351590_23093806.jpg



万座毛のお土産屋さんにふらっとはいり、つい衝動買いでこの蛍石のペンダントを買っちゃいました^^。こういうブルーが大好きで、お得に弱く・・・(笑)。


e0351590_23114754.jpg


さて、てくてくと万座毛の奥の方にいくと、洞窟の入り口が見つかりました。沖縄の言葉で「ウドゥイガマ」というそうです。中に入ってみると、不思議な洞窟と岩場がありました。ここはダイビングにも利用されるそうです。きれいな水が入り江にたまっていました。


e0351590_23094920.jpg
e0351590_23101385.jpg
e0351590_23095002.jpg
e0351590_23095886.jpg
e0351590_23101394.jpg


さて、ランチにめざすはこちら!
「元祖 海ぶどう 本店」です。大好きな海ぶどうをたっぷり食べたい!・・ということで、下調べした場所です。万座毛から30分ぐらい歩いたでしょうか。もうすっかり汗だく、思わず生ビールとともにどんぶりをいただきました。街の食堂といった雰囲気ですが、名物料理のせいか、やっぱり観光客が多かったみたいですね。お隣、斜め向かい・・・・皆様中国の方だったようですよ。海ぶどうがたっぷり、とろろ芋に雲丹&いくらのせが幸せな組みあわせです。ごはんがもう少しふっくらおいしかったら、よかったのですけどね~。

e0351590_23113221.jpg

e0351590_23130461.jpg
e0351590_23130592.jpg
e0351590_23130541.jpg


ホテルのほうに戻ります。てくてくと30分ぐらいの距離でしたね。ホテルの看板が見えて戻ろうとすると、ちょうど目に入ったお店!...そうです、あの「パニパニ」の姉妹店、「田中果実店」です。マンゴのデザートやマフィンがテイクアウトとイートインで食べられます。大好きなマンゴがたっぷりのパフェを思わず食べちゃいましたよ。幸せです♪ 「パニパニ」でもらったチケットで、プレゼントのマフィンもひとついただきました。


e0351590_23131137.jpg
e0351590_23131146.jpg
e0351590_23132887.jpg


さて、夜はどこに行きましょうか?

あぐー豚を使ったイタリアンのお店「ビストロ おんな食堂 自然はワインの店」に行きました。こちらはかなり遠いので、路線パスを利用しました。ホテル前からバスで45分ほど、恩名村の南のほうになります(シェラトン近く)。おいしいあぐー豚の生ハムやソテー、自然派ワインなどで楽しくいただきました。びっくりしのは、こちらのオーナーであるご主人の実家が私の自宅の近く!沖縄で千葉県の方とお会いするとは奇遇でしたね。ちょっとローカルな話題で盛り上がっちゃいました。

e0351590_23134649.jpg
e0351590_23134755.jpg
e0351590_23134701.jpg
e0351590_23134843.jpg
e0351590_23140859.jpg
e0351590_23140803.jpg
e0351590_23143544.jpg

たっぷりと食べる旅(笑)・・・カジュアルで楽しいグルメを楽しみました。観光は結局万座毛だけだったかな^^。車がないと観光はなかなか厳しいです、ハイ。

以上、沖縄「インターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の旅の紹介でした。



[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-20 22:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)
沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の紹介、そのほかのパーブリックスペースです。

吹き抜けのロビーエリア、ぐるりと囲む建物をいろいろな角度でお見せしましょう。これって、実際の広さより空間を大きく見せるし、リゾート感が高まりますよね。

e0351590_22070293.jpg
e0351590_21581111.jpg
e0351590_21544139.jpg
e0351590_21544295.jpg
e0351590_21554490.jpg
e0351590_22470728.jpg


ロビーの前には、こんなラウンジスペースがあります。ツアーのあるときはJTBラウンジになるようですよ。夜はバーラウンジになります。ソファーが個性的でなかなかいい感じの空間です。ロビーの真ん中にはコンシェルジェデスクもあり、大々的に観光やおでかけのサポートなどしてくれます。私は行く前に調べてあった場所への交通やタクシーの手配などをお願いしました。

e0351590_21555325.jpg
e0351590_21555317.jpg
e0351590_22104385.jpg
e0351590_21560688.jpg
e0351590_21563259.jpg


エントランスのロビーが2Fになっているのですが、カフェや売店は1Fにあります。その前がプールですが、このときはオープン前でした。

e0351590_21575911.jpg
e0351590_21581126.jpg
e0351590_21574979.jpg
e0351590_21564673.jpg
e0351590_21561924.jpg


大浴場も1Fにあります。隣はスパスペースです。
なんと、私一人、なんていう珍しい時間があったので、ちょこっとカメラを使えました。1回だけです^^。
湯船は3つあって、1つはジャグジー、もう一つは冷水です。そう、サウナもあるんです。温泉ではありませんが、やっぱり手足を伸ばせる大浴場はニッポン人にはいいですよね。

e0351590_22075076.jpg
e0351590_22094247.jpg
e0351590_22094248.jpg
e0351590_22094251.jpg
e0351590_22101417.jpg
e0351590_22095963.jpg

外にはチャペルがあって、結婚式にも人気のようですよ。

e0351590_22550406.jpg
e0351590_22463058.jpg
e0351590_22554337.jpg


3Fにはジムもあります。普通の部屋をコネクティングにして作った、小さなものです。無理やり作った感は否めませんね。利用しようかと思いましたが、結局使わずじまいでした。

e0351590_21552363.jpg
e0351590_21552392.jpg
e0351590_21552300.jpg

海に出ると、万座ビーチがあります。まだ海解禁の季節ではないので、本当に静かでした。砂はさらさらです。夏にはリゾートとしてにぎわうのでしょうね。海であまり泳がない私は、今のほうがいいかもしれませんね。お花はやっぱり南国感がいいですね。

e0351590_23150070.jpg
e0351590_23150194.jpg
e0351590_23150171.jpg
e0351590_23150103.jpg
e0351590_23144347.jpg



以上、パブリックスペースの紹介でした。

次回は、沖縄での観光&グルメを紹介します。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-16 21:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)

沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の紹介、客室です。

今回は有償アップグレードしていただいて、最上階のプレミアフロアツイン、9Fの917号室です。お部屋の広さはほとんどが30平米あまりのそれほど広くないお部屋で、眺めや客室内のしつらいで価格差があるようです。それ以外にスイートやコーナーツインの客室もありますが、わずかしかありません。今回はクラブラウンジの隣のお部屋。ラウンジ好きの私としては本当に便利で、リビング代わりに何度も通ってしまいました^^。スタッフにも相談をしたり、とてもよくしていただける場所でしたよ。

e0351590_00252544.jpg


入口をはいると、通路があり、奥にベッドやチェアー、バルコニー、と標準的な入口に見えます。でも・・・左手に。。

e0351590_00211284.jpg


あら?でもめずらしい!入口左手に通路部分に面して、洗面スペースがあるじゃありませんか?バスルーム内ではなく、客室の一部なのです。これには驚き!そして使い勝手がよいので、とても気に入りました。それほどベイシン周りがひろいわけではありませんが、十分利用しやすいほどのスペースは確保され、鏡も明るさを演出してくれます。アメニティのグラスがきれいなブルーで気に入りましたね。

e0351590_00214275.jpg
e0351590_00235168.jpg
e0351590_00233747.jpg




あ、お部屋の案内なのに、最初にベイシンで止まってしまいましたね。奥に入って客室メインスペースです。
右手がハリウッドツインのベッド、左手がワードローブやTV,デスク&チェアなどがあります。ホワイトを基調に、クッションやランプなど、オーシャンブルーのアクセントがさわやかなインテリアです。窓側の長ソファもあって、小ぢんまりながらくつろげるスペースが確保されています。

e0351590_00211353.jpg
e0351590_00233745.jpg
e0351590_00211236.jpg


ベイシンの右側がバスルームです。バスタブとトイレが一緒になっており、ベッド側がオープンできるようになっていて、窓の外の景色を眺めながらお風呂に入ることができます。シャワーブースがあれはなおよかったのですが、こちらは大浴場もあるホテルなので、ゆっくり洗ってお風呂に入るときは、大浴場に行きましたのでそれほど気にならなかったですね。

e0351590_00235030.jpg
e0351590_00234929.jpg
e0351590_00233852.jpg


客室アメニティとしてフルーツやクッキーがセットされていました。ウエルカムアメニティとして紅型のガーゼハンカチもいただきました。肌触りが良くて使いやすいです。

e0351590_00244728.jpg
e0351590_00244752.jpg



ミニバーエリアにはカップやグラス、カトラリー、コーヒーメーカー、ポット、冷蔵庫のドリンクなど充実のラインナップです。

e0351590_00250381.jpg
e0351590_00244877.jpg
e0351590_00250343.jpg
e0351590_00250344.jpg



パジャマはインタコンチの標準仕様で、ワッフル地のロングシャツタイプのものです。これ、結構気に行っています^^。

e0351590_00244826.jpg


お部屋からの眺めは海とチャペルが見渡せるとても気持ちの良い場所でした。

e0351590_00250428.jpg
e0351590_00250406.jpg


夜のターンダウンはリクエストベースになります。お願いしたら、こんな感じにセッティングしてくださいました。

e0351590_00254474.jpg

客室の紹介でした。
次回はホテル内の大浴場など、その他のスペースの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-15 21:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)
沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の紹介、到着にはいったクラブラウンジです。今回は通常のツインルームを予約していましたが、後からクラブアクセスをお願いし、クラブラウンジでチェックインしました。1泊5000円の追加ですので、わりにリーズナブルだと思ったからです。

e0351590_22412861.jpg

チェックインからスタッフとはフレンドリーにもてなしていただきました。小ぢんまりで居心地のよい空間、閑散期なので、混んで大変になることがなく、よかったです。眺めも良く、まったりと過ごすことができましたよ。

チェックインは手前のソファーで。奥にはテーブルとチェアが違ったデザインで配されています。窓側から眺める景色は格別です。

e0351590_22403456.jpg
e0351590_22411542.jpg
e0351590_22411579.jpg
e0351590_22423143.jpg
e0351590_22410601.jpg


ラウンジは、朝食、ティータイム、カクテルアワーと、通常ホテルのエグゼクティブラウンジを提供するホテルと同じスタイルです。どの時間も利用させていただき、満喫です。

朝食タイムです。シンプルながらも一通りそろっています。充実したバラエティを希望のかたは、1Fのレストランのほうがいいかもれいませんが、私は食べすぎないので、こちらのほうがいいなって思いました。質のいい野菜、ジュース、ハム、おいしい沖縄風のパンなどがいいですね。


e0351590_22410660.jpg
e0351590_22424312.jpg
e0351590_22424409.jpg
e0351590_22425373.jpg
e0351590_22425365.jpg
e0351590_22425484.jpg
e0351590_22425493.jpg
e0351590_22435060.jpg


午後のティータイムはちょこっとだけ利用です。
紅茶や沖縄ユニークな月桃のお茶、沖縄のスナック類がさりげなく置かれていました。生のケーキなどはないのですが、軽く食べられてかえってよかったですね。

e0351590_22431786.jpg
e0351590_22431816.jpg
e0351590_22431874.jpg
e0351590_22431769.jpg

ラウンジ利用のメーンイベントは、やはりカクテルアワーでしょう。

スパークリングワインを片手に、おいしいミールがちょこっとずつきれいに並べられていました。2日利用しましたが、メニューはすべて変えてありましたよ。ついつい食べ過ぎてしまいます。

e0351590_22433195.jpg
e0351590_22433136.jpg
e0351590_22433090.jpg

e0351590_22422151.jpg
e0351590_22422197.jpg
e0351590_22420782.jpg

そして、もう一つ居心地のよい空間は、ベランダエリアです。夕方はちょっと風もあって肌寒いぐらいでしたが、景色を眺めながらドリンク・・・格別のラウンジタイムですね。

e0351590_22410622.jpg
e0351590_22572831.jpg


以上、クラブラウンジの紹介でした。スタッフも相談に乗ってくださり、とても丁寧に対応していただき、なかなか気に入りましたよ!

順番が逆になっていますが、このあと客室を紹介します。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-11 23:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)
ひょんなことから沖縄に行ってきました。宿泊は、沖縄本島北部にある「インターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾート」です。インターコンチネンタルのAmbassador会員、週末連泊すると2泊目が無料というFree Weekend Certificateのチケット期限切れすれすれで利用してまいりました^^。ちょうど避寒のよく、あたたかい沖縄でリラックスしてきました。風邪もすっかり治りましたよ。

フライトはANA,ほてるはICと最近は多くなりました^^。

羽田空港から出発、ラウンジを利用して搭乗です。フライトは株主優待券でプレミアクラスを楽しみました。国内では長い路線なので、結構くつろいで楽しめました。食事にアイスクリームもいただき、つい飲みすぎちゃうんですけどね(苦笑)席はこんな感じです。国内線のビジネスクラスといったところでしょうか。実際は昔のビジネスクラスぐらいの幅やリクライニングだと思います。3時間以内ですからフラットはいらないですよね。

e0351590_23415919.jpg
e0351590_23260263.jpg
e0351590_23234469.jpg
e0351590_23415999.jpg


那覇空港に到着すると、この蘭の花が迎えてくれます。ああ、沖縄に来たんだって!

e0351590_23420862.jpg

ホテルは空港から1時間半ぐらいかかるため、レンタカーがないので、ホテルを回るリムジンバスに搭乗です。那覇から高速にのり、恩名村の方までバスで移動しました。バスは本当に空いていました。5-6人ぐらいしかいませんでしたね。

e0351590_23432586.jpg
e0351590_23432564.jpg
e0351590_23432509.jpg


ホテルに到着です。入口からとても広い敷地なので、看板からホテル棟ロビーまで1キロ近くあると思います。
敷地内をシャトルバスの送り迎えがあるくらいですから。左手に万座ビーチを臨みながら、ホテルエントランスにて下車しました。

e0351590_23444030.jpg
e0351590_23445066.jpg
e0351590_23445126.jpg

e0351590_23450843.jpg

e0351590_23454366.jpg


ロビーエリアです。なんとなく以前泊まった石垣のICにそっくりな吹き抜けですね。オバール型の吹き抜けと白い壁が、独特のリゾート感を出しています。

e0351590_23454733.jpg
e0351590_23460299.jpg
e0351590_23462347.jpg
e0351590_23462369.jpg
e0351590_23463072.jpg
e0351590_23473202.jpg

このデザイン、圧迫感がなくてリゾートに着たという雰囲気がでていて、なかなかいいと思いますね。プールが未解禁のため(3月オープン)、家族連れなどは少なかったと思いますが、春節にかかっていたので、中国系の海外の方がかなりいたように思います。

さて、チェックインはラウンジで^^。次回ご紹介します。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-03 08:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、今回はタラソとその他のパブリックエリアです。

本当は、このホテルの売りである「ウエルネスタラソ」だけで1回紹介したかったのですが・・・なんと写真がほとんどない!(><)。。。私のミスじゃないんです。このホテルは、ウエルネスタラソ内撮影禁止なのです。徹底しているので、おそらくどのブログなどでもアップはないのではないでしょうか。その分、安心してゆったり過ごすことができるのですね。

というわけで、外から見たウエルネスタラソのスパエリアを紹介します。
エントランス前にプログラムの紹介があります。

e0351590_00064339.jpg

この廊下の奥へいくとスパやラウンジ、ロッカールームなどがあります。

e0351590_22282263.jpg

実はみえるところがあります。
それはホテル上階のオープンエアーの廊下からタラソプールが見えるのです。
水流が強いジェットバスが、ジグゾーパズルのような各エリアにあり、水流や形に寄ってさまざまな効果があるプログラムが体験できます。各コーナーを順番にまわることで、エクササイズやマッサージ効果をえることができます。

通常はプールエリアはオープンエアですが、雨や太陽が強い時にはシェードがかけられ、雨や日よけになります。夜も運営され、ライティングがきれいです。強い雨風の時は中止になるようですね。

とにかく水流が半端なく強い!ですので、ビキニの水着は脱げてしまう可能性が高いためNGです。ワンピース型か、ラッシュガードの貸し出しを借りることになります。

e0351590_00061672.jpg
e0351590_00055101.jpg
e0351590_00084516.jpg

しっかりした写真はHPで紹介のこちらをご覧ください。
そのほか、くつろげるタラソカフェ、スパエステプログラムの施術室、サウナ、ジムなどがあり、ウエルネスプログラムをたっぷり楽しむことができます。

スパの前には、パブリックプールがあります。こちらは通常の泳ぐタイプですね。ヤシの木、素敵なデッキチェアにパラソルもあり、リゾート感たっぷりですよ。横にプールバーもあります。

e0351590_00065466.jpg
e0351590_00070649.jpg
e0351590_00072348.jpg

さて、このホテルを出て散策・・・となると、隣のブセナテラスですね。以前、アッターテラスに泊まった時にも一度ブセナテラスは利用しました。今回はもっと外のエリアも見てみたくて、敷地内をたっぷりと散策しました。

テラスクラブとブセナテラスは徒歩で10分ぐらいの距離です。敷地内にはシャトルバスが出ていますが、午後2時以降しか運航していません。日本人は1泊の人が多いので、11時のチェックアウト後から14時のチェックインまでは空白時間なのです。ホテルにカートをおねがいすれば向かってくれますが、せっかくなのでのんびり散策です。

e0351590_22300935.jpg

バニヤンビレッジと呼ばれるレストランやショップのあるエリアあります。
コンビニやクラフトハウス、テラススタイルフォーリビング、などおしゃれなお店がならび、結構見て回るだけでも楽しめます。ただ、先ほどもお話ししたように12時台はショップがクローズしていました。下記の店内の写真は、散策の最後に寄った時のものです。

e0351590_22295344.jpg
e0351590_22300524.jpg
e0351590_22302462.jpg
e0351590_22302444.jpg
e0351590_22304000.jpg
e0351590_22391145.jpg


公園を左に見ながら歩くと、ブセナテラスが見えてきました。
館内はさくっとプール横を散策して、「南風」でランチを食べて、ショップを覗きました。

e0351590_22353261.jpg
e0351590_22353274.jpg
e0351590_22380850.jpg
e0351590_22380825.jpg


ライブラリーのスペースは優雅な空間ですね。テラスクラブより、こういう空間はラグジュアリー感があります。

e0351590_22381541.jpg
e0351590_22381593.jpg

さて、海岸側の遊歩道を歩いて見ました。ホテル棟を右手に見ながら、ブセナ岬に向かいました。

e0351590_22383089.jpg
e0351590_22383060.jpg
e0351590_22383661.jpg

マリンハウスや海中展望塔まで見ってみました。ちょっと覗いただけで、実際に塔にははいりませんでしたが。ちょっと雲行きがあやしく、天気が今一つになってきました。

e0351590_23275450.jpg
e0351590_23294728.jpg

その横が実は、もう一つのホテルといってもよい「クラブコテージ」エリアなのですが、宿泊者以外はいることができません。そのエリアを横切って、着いたのは「万国津梁館」です。2000年の沖縄サミットを開催した場所ですよ。

e0351590_22385089.jpg


建物内を見学できるので、入ってみました。
沖縄風の建物ながら、VIPをもてなす設備や空間づくりがなされており、中に当時の写真などが飾られていました。すいていたこともあり、沖縄の風を感じながら、ちょっと異空間な雰囲気を楽しみました。

e0351590_22385142.jpg
e0351590_22385194.jpg
e0351590_22390069.jpg
e0351590_22390068.jpg
e0351590_22390097.jpg
e0351590_23340079.jpg
e0351590_22390063.jpg
e0351590_22390677.jpg
e0351590_22390771.jpg


散策終了!テラスクラブのラウンジに戻ってきて、冷たいジュースを海風に吹かれて一息です^^。

e0351590_22392483.jpg

以上、タラソとパブリックスペースの紹介でした。

チェックアウト後の写真が全部飛んでしまったので、簡単に文章のみで紹介です。

2連泊してチェックアウトし、利用したのはテラスホテルズの無料シャトルバスです。系列のホテルを回ってくれます。ブセナテラス、テラスクラブ、アッターテラス、ナハテラスの4つです。これを使って、帰りの観光をうまく組み込みました。

ナハテラスで降り、荷物を預かっていただき、那覇エリアを散策しました。ナハテラスから一番近い沖縄そばのお店に向かったら、なんとその日は休業日!残念・・・あきらめて、国際通りのあるエリアに行きました。牧氏公設市場にある「田舎」というところでソーキそばをいただきました。ホテルのものより素朴に沖縄そばを楽しめましたよ(だって390円!)。そのあとやちむん通りで大好きな焼き物を見てまわりました。やちむん博物館もお休みでしたねぇ。国際通りではアクセサリーやTシャツなど少し買って、雪塩ソフトクリーム食べて、満足な那覇散策でした。暑くてかなり疲れてしまったので、帰りはホテルから空港までタクシーにしてしまいました。

楽しいリゾートと市内散策、グルメと楽しい沖縄滞在となりました。
お付き合いいただきましてありがとうございました。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-07 18:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、クラブラウンジつながりで、先にレストラン&朝食のほうから行きます。本当は、うりのアレがあるんですが、次回に^^。

このホテルのレストランは1か所、正確に言うと、ラウンジ&バーとレストランがあり、双方が同じ建物&フロアでつながった形になっています。このホテルの特徴として、「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の宿泊者のみりようできるというところです。物見胡散でレストランだけ利用する方が入ることができません。スパのほうはテラスホテルズに宿泊の方のみ利用できます。そんなわけで、泊まらないと体験できないのがエクスクルッシブ感抜群、というわけです。

まずは朝食です。

シマキュイーズ、ウエルネスメニューを売りとしたヘルシーなものです。
ジューススクィーザーでしぼりたてジュースや新鮮な野菜たちに、思わずときめいてしまいました。グルテンフリーや、オイルもオリーブオイルのみ、米粉のパンもおいしく、お水もこだわりです。ヘルシー、といいながら、結局食べすぎましたね~(笑)。もちろん、ハーブティなどでデトックスもばっちりです。

このスクィーズするジューサーはびっくり!自分でオレンジをポンと放り込むと、皮をむいてくれてしぼりだしてジュースをその場で作るんです。Zumex(スーメックス)という機械で、見ていても面白いですよ。
e0351590_21221626.jpg


お水にフルーツスライスをいれて、フレーバーをつけています。お水の種類が何種類かありましたよ。
e0351590_21221647.jpg



パンは野菜が練り込まれた米粉パン場中心です。普通の白いパンもありますが、胚芽や黒パンもおかれ、はちみつやジャムも自然派ヘルシーです。
e0351590_21232750.jpg
e0351590_21222628.jpg



野菜たっぷりなので、サラダはつい大盛になってしまいました。ジュースも果物も豊富です。
e0351590_21223938.jpg
e0351590_21223908.jpg
e0351590_21222670.jpg
e0351590_21225397.jpg


野菜を自分で切っていれるなんて、素敵な趣向ですね。楽しい演出も忘れていませんよ。

e0351590_21223986.jpg




朝食のオーダーメニューはこちらです。卵料理が別オーダーで、エッグホワイトオムレツをいただきましたよ。ケチャップではなく、コンソメ系でつくったさらりとしたヘルシーソースがおいしかったです。作り立てが楽しめますね。ドリンクはコーヒー、紅茶以外にも、オリジナルハーブティのバラエティが選べます。

e0351590_21233311.jpg
e0351590_21225489.jpg
e0351590_21225392.jpg
e0351590_21232668.jpg


麺も自分でスープを入れるものがありました。アジアンリゾートですね、まさに!

e0351590_21232712.jpg
e0351590_21232729.jpg
e0351590_21222659.jpg



夜のレストランです。バーカウンター側です。

e0351590_21203461.jpg


席に着いて、ビールをぐいっと!

e0351590_21204148.jpg
e0351590_21205905.jpg


ファインダイニングでは、アラカルトで利用しました。シマキュイーズとヘルシーと2つに分けてメニューがラインナップされています。以下は2回利用のメニューが混じっています。スマホの設定が悪く、ピンボケばかりで申し訳ありません。

チキンのそば粉のクレープロール
e0351590_21205969.jpg


アグー豚のグリル ミヌダル風ソース

e0351590_21205998.jpg
e0351590_21211470.jpg


ごぼうのスープ

e0351590_21213567.jpg

ヘルシーなパン
e0351590_21214012.jpg


ミーバイの蒸し焼き 島葱をジェノベーゼ風に見立てて
e0351590_21214980.jpg


バーではカクテルもいただきました。
おつまみに海ブドウです。

e0351590_21220201.jpg
e0351590_21220257.jpg

さらに、隣のブセナテラスの和食をランチに利用しました。
沖縄にきたら、やっぱり沖縄そばですよね。ラフテーも食べたかったので、取りあえず寄っていただきました。ジューシーもいっしょのセットです。本当は街中の素朴なところがいいのですが、出かけるのがめんどうになってしまって^^。おしゃれな空間でいただく沖縄そばも悪くないですよ。


e0351590_21240168.jpg
e0351590_21241050.jpg


以上、レストランと朝食など食事の紹介でした。

次回は、ウエルネスタラソやパブリックスペース、そしてお散歩です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-06 18:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、今回はクラブラウンジです。

こちらは、1Fのラウンジ&バーのスペースを利用して、コンプリメンタリーのデザートやカクテルアワーを提供しているものです。宿泊者全員が対象で、全体がクラブレベルのホスピタリティが受けられます。

こちらのバー&ラウンジです。外の席にもつくことができますが、人気でなかなか座ることができませんでした。
e0351590_21113980.jpg
e0351590_21115599.jpg

アフタヌーンティタイムとして、ケーキ、サンドウィッチ、クッキー、コーヒー、ティー、ソフトドリンクが提供されます。(15:00-17:00だったと思いますが、記録がみつからず・・・。HPには載っていないので、今もやっているのでしょうか?)

e0351590_21122448.jpg
e0351590_21122420.jpg


カクテルアワーは17:00-19:00です。ワイン、シャンパーニュを中心に、カナッペやその場でスライスする生ハム、チーズなど、種類は多くありませんが、良質なものが供されます。やっぱり泡が一番人気ですね^^。カクテルアワーとしてふさわしいレベル、がつがつしない雰囲気、いい感じに利用できました(苦笑)。。。

e0351590_21184385.jpg
e0351590_21184305.jpg
e0351590_21184394.jpg
e0351590_21165399.jpg
e0351590_21165377.jpg
e0351590_21165313.jpg


アウトサイドのソファはやはり、一番リゾート感を感じるスペースです。カクテルアワーは夕暮れから夜の帳が美しく広がりました。
e0351590_21184393.jpg
e0351590_21191611.jpg
e0351590_21185858.jpg
e0351590_21185872.jpg

次は、朝食や夕食で利用した、レストラン&バーの紹介です。

次は、朝食、夕食などレストランの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-04 21:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)