Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

タグ:ホテル ( 110 ) タグの人気記事

「コンラッド東京」の紹介、今回はメーンイベントのディナー、そして朝食です。

実はまた「チャイナブルー」です。

このインテリア、なかなか好きなのですよ。天井が思いっきり高くてブルーをあしらった天井からのしつらえが中華らしくなく、ドラマチックに演出してくれるのです。

e0351590_22312422.jpg
e0351590_22312495.jpg


昼は飲茶だけのライトランチでしたので、夜は飲茶でないツェイ料理長渾身のメニューを特別に仕立てたものです。誕生日ディナーということで、手配はすべて主人がレストランと相談して、希望を伝えておまかせにしてくれました。

このメニューを見ただけでは、どんなものが出てくるがわからないのですよ^^。

e0351590_22320022.jpg
e0351590_22320019.jpg


前菜三種盛りです。いきなりすごい盛り合わせで驚かせてくれます!
ホタテと胡瓜で仕立てたもの、海老と豆、そして北寄貝だったかな。生に近い火の入り具合、うまみの引き立て方と食感が素晴らしいです。ワクワクとしたスタートでした。

e0351590_22320110.jpg
e0351590_22330735.jpg
e0351590_22330745.jpg

e0351590_22330791.jpg

前半にメーンイベントです。ツェイ料理長自らが作ってくださった「鴨肉入り濃厚黄湯スープ」鍋仕立てのスープです。

すごいうまみです。何で作ったんでしょう。詳細聞きませんでしたが、本当に滋味深いおいしさ。あっさりしていますが、素材がたくさんしみこんでいるんだというのが感じられました。

e0351590_22333998.jpg
e0351590_22333992.jpg
e0351590_22334090.jpg


白身魚のチリソースかけ
魚の柔らかな食感がよく、臭みもなく、チリがよいアクセントの、ツェイ料理長お得意のシンガポール系な中華の一品です。

e0351590_22335842.jpg


蟹肉と上海蟹みそあんかけ
蟹肉の香りがよく、みその旨味がたまりません^^。

e0351590_22335843.jpg


豚バラのやわらか煮 蒸しパン添え
この豚肉の旨味はなに?!おいしい!相当時間かけて煮込んだものと思います。
でも、かなりおなかいっぱいになってきました。。。

e0351590_22350124.jpg


鶏肉のまぜそば
旨みしっかりの焼きそばです。朴葉の香りが移った骨付き鶏を使ってとてもおいしいのですが、ここは、もう少しあっさり系が、ちょっぴりほしくなりました。

e0351590_22350111.jpg
e0351590_23585425.jpg

デザートはタピオカ風したてのプリンのようなものでした。甘味はあっさりめ、フルーツ添えで、酸味とのバランスもある二品でした。

e0351590_22351319.jpg


そして、でてきました。桃饅でこんな気の利いたお誕生日デコレーションをしてくださいましたよ。大きなケーキもいいですが、後食べるのが大変なので、このぐらいが実用的にも食べられてうれしいです♪ ツェイ料理長、ありがとうございます。

e0351590_22351355.jpg

たっぷりと堪能した誕生日ディナーでした。
おなか一杯、満足です♪


翌朝は、「コラージュ」でのビュッフェ朝食です。
ビュッフェメニュー以外に、オーダーの温かい卵料理もいただけるのはうれしいですよね。私のとったココット風の卵はおいしかったです。

e0351590_22371439.jpg
e0351590_22371488.jpg
e0351590_22373517.jpg


ビュッフェも、クオリティとバラエティはかなりいいレベルだと思います。わくわくするようなデコレーションの演出は、さすがおしゃれですよね。ただ、前日にたくさん食べすぎたので、食べきれなかったなあ。

e0351590_22363234.jpg
e0351590_22363336.jpg
e0351590_22363359.jpg
e0351590_22365668.jpg
e0351590_22365676.jpg
e0351590_22365615.jpg

以上、コンラッド東京~My Birthday!~編の紹介でした。
バースデー特別アレンジは、よい思い出です♪

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-16 21:00 | コンラッド東京 | Comments(0)
ぶらり沖縄の旅の紹介、「ANAクラウンプラザ沖縄ハーバービュー」に到着です。
IHGのAmbassador会員で、UGが期待できるので、グループのホテルを利用してしまいます。ぶらりです、少しでも手ごろなホテルを・・・でも、ビジホよりは快適に、のクラスです。



e0351590_00200446.jpg
e0351590_00211034.jpg
ロビーにはウエルカムドリンクがあって、特に暑い季節はうれしいですね。

e0351590_00211606.jpg

アサインされたお部屋は、8Fのプレミアムフロアの2845号室、スタンダードツインです。シングルで予約してましたから、これでもUGです^^。前回のようにスーペリアツインにはならなかったか(笑)

e0351590_00212581.jpg
e0351590_00212670.jpg

このホテル、クラブフロアやラウンジがないのです。それはちょっと残念。
でも、この時点で計画がすでにされており、2017年12月にオープンしています。ちょっと行ってみたいかなと、、、(また沖縄に惹かれる(笑))

e0351590_21280410.jpg


お部屋は、シティホテルとしては、25へ米ほどのこぢんまりなツインです。ベッドの寝心地は問題ありません。窓からは空と雑多な街並みが眺められます。

e0351590_00220026.jpg
e0351590_00220087.jpg
e0351590_00214980.jpg

Ambassadorとしてのアメニティで、沖縄のクッキーやミネラルウォーターです。ミニバーは比較的シンプルです。ナイトウエアもあります。

e0351590_00214191.jpg
e0351590_00214148.jpg
e0351590_00220081.jpg
e0351590_21285959.jpg

バスルームは、コンパクトなシティルームの標準的な洗面スペースにトイレ、バスタブがひとつのスペースにはいったタイプです。ちょっと狭いのが残念ですが、まあ短い1泊滞在で、ほとんど外にいましたからね、十分です^^。

e0351590_00220834.jpg
e0351590_00220819.jpg

すかっと青空、まで行きませんでしたが・・・見るからに、暑そう^^。じわーっ暑い那覇です。

e0351590_00230627.jpg

1Fのレストラン裏側のお庭を散策です;。ここにプールもあります。泳げるのですが、ちょっと子供たちがたくさんで小ぶりなサイズ、遠慮しておきました^^。フリーマーケットのようなちょっとした売店も出ていましたよ。外はやっぱり暑い!

e0351590_00242601.jpg
e0351590_00242616.jpg
e0351590_00243381.jpg
e0351590_00243360.jpg
e0351590_00250778.jpg

さて、次回は、那覇市内の散策とグルメです^^。


[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-15 22:58 | ANAクラウンプラザ沖縄ハーバービュー | Comments(0)
「コンラッド東京」の紹介、ようやくチェックインのお部屋に行くことができました。

浜離宮側のベイビュースィートです。
窓の外の明るさにセンサーが合ってしまい、客室内が暗くしか取れず、見づらくてすみません。以前にも泊まったタイプなのでつい雑になってしまいました^^。でも、コンラッドのスィートはゆったりとしてソファーも大きく、明るい雰囲気なんですよね。なかなか気に入っています。

e0351590_22212480.jpg

e0351590_22212466.jpg
e0351590_22233236.jpg
e0351590_22233286.jpg
e0351590_22233272.jpg
e0351590_22230866.jpg
e0351590_22231526.jpg


ウエルカムアメニティはおいしいチョコレートとナッツでした。コンラッドベアも添えて。

e0351590_22220004.jpg


バスルームは広々と、セパレートのシャワーブースにトイレがくつろぎのレイアウトです。ダブルベイシンですが、周りが少し狭い感じなので、シングルベイシンのままでゆとりスペースの方が女性は使いやすいかもしれませんね。ラウンドタイプの鏡にはめられたライトはとてもゴージャスな気分にしてくれます。バスルームはやはり明るいに限ります。

そして、スィートのリビングスペースとバスルームをつなぐウォークインタイプのクローゼットが優雅な空間、そして便利なつくりですよね。

e0351590_22214734.jpg
e0351590_22213166.jpg
e0351590_22213120.jpg

チェックインのあとは、「トゥエンティエイト」でアフタヌーンティです。
きれいな盛り付けでかわいいスィーツたちが、ガラスのプレートにバラエティに並んでいます。コンラッドの高層ビューには、こんなグラス上のデコレーションがお似合いですよね。シャンパンとともにいただきました。

個人的にはアフタヌーンティというと三段トレーのクラシックなものが好きなのですが、これはこれでOK!それぞれホテルの個性ですね。お味の方は、うーん、もう一つ頑張ってほしかったなあと。。。

e0351590_22235688.jpg
e0351590_22235666.jpg

ロビーラウンジとしての役割も果たすこの「トゥエンティエイト」は天井も高く、広がる空間、そしてチェックインするときにまず、横目に視界に入るラウンジですので、印象的です。とてもフォトジェニックな構図はとても重要ですよね。夜のバーもなかなかよい雰囲気なんですよ。

私的には、ここでコンチネンタルなど軽い朝食を窓側でいただけたらよいな、と思ったりします。

e0351590_22243943.jpg
e0351590_22243971.jpg
e0351590_22243953.jpg

さて、次回はディナーと朝食の紹介です。
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-15 21:00 | コンラッド東京 | Comments(0)
時間軸が戻りますが、久々にコンラッド東京に行った夏の紹介・・・はい、私の誕生日祝いをしていただきました^^。HPCJの特典を思いっきり使うべく、レストランからスパまで余すことなく堪能しました。

ビルに到着・・・このアプローチがやはりコンラッドの良さですね。
ホテル到着の高揚感って、ラグジュアリーホテルにとってはとても重要です。

e0351590_00290628.jpg
e0351590_00290694.jpg
e0351590_00290665.jpg

まだ早い時間・・・そう、チェックイン前に、まずはランチに「チャイナ・ブルー」を利用しました。お誕生日の前祝です^^。

シャンパンで乾杯、ランチは特別に飲茶コースを組んでいただきました。すてきなデザイン、色味、味のバラエティと、とても楽しめました。こんなに目にも味もきれいな飲茶は初めて!ちょっと心が浮きたちましたよ。お席からの眺めも素敵なごちそうです♪

e0351590_00292825.jpg
e0351590_00293896.jpg
e0351590_00295633.jpg


ランチは軽めで満足です。このあとは、ご褒美にコンラッド内にある「水付きスパ&フィットネス」でマッサージです。

e0351590_00302805.jpg
e0351590_00302860.jpg



受付後、案内されたロッカールームで着替え、そして施術の個室に移動しました。上質感あるもてなしに空間・・・とろけるようなボディマッサージを受け、ランチの後リラックスできました。


e0351590_00302841.jpg
e0351590_00302818.jpg
e0351590_22180321.jpg
e0351590_22180397.jpg


施術後のリラックスルームでデトックスなドリンクとデザートで一休み、そしてお祝いにバスアメニティセットとコンラッドベアーをいただくことができました。

e0351590_00304278.jpg
e0351590_00304218.jpg


さてさて、ようやく客室にチェックインできる時間です。15時過ぎまで、お部屋は空かなかったみたいです^^。



おまけに、
[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-11 22:30 | コンラッド東京 | Comments(0)
まだまだアップのネタは溜まりまくり(笑)ですが、2017年も間もなく終わるところ、Pockieのお泊りフェチ、2017年のお泊りオブ・ザ・イヤーの紹介と行きましょう。

今年はフライト修行でポイント貯めて、それに伴って、宿泊もいつもの倍以上、どれを選んでいいのやら、もう迷いまくりです。えいやと、決め打ちで選考です!


<海外ホテル>

ラッフルズホテル・シンガポール

こちらは迷いなしの選考です!あこがれのラッフルズ、なんと羽修行にからめてしまいました。1泊だけですが、アーリーチェックインから、翌日午後まで、ほぼホテルから一歩も出ず、本当に余すところなく堪能しました。ホテルフェチ炸裂の滞在でした。

歴史ある建物、もてなし、エレガントな空間、クラシックなインテリア・・・すべてが魅了してくれました。もちろん、本場のシンガポールスリリングもいただきましたよ。

e0351590_22071812.jpg
e0351590_22083987.jpg
e0351590_22105884.jpg
e0351590_22074862.jpg
e0351590_23291836.jpg
e0351590_23292853.jpg
e0351590_22104373.jpg
e0351590_22080966.jpg

<国内リゾートホテル>

ANAインターコンチネンタルホテル万座リゾート

悩みました。。。。そして、羽修行の原点となった、沖縄のこのホテルを選びました。最初のフライトの宿泊地です。すばらしい万座の立地に、クラブラウンジでのくつろぎ、海と空の眺めは素晴らしいものでした。沖縄の地で、日本のシングルモルトを楽しんだのもいい思い出です。
e0351590_23105651.jpg
e0351590_23102448.jpg
e0351590_23103813.jpg
e0351590_23100883.jpg
e0351590_23380482.jpg
e0351590_23104974.jpg

沖縄は、ホテル以外にも、沖縄そばやハワイアンパンケーキ、海ぶどうのどんぶり、マンゴパフェなど、南国グルメを大自然の中を散策しながら楽しんだのもよい思い出です。万座毛もダイナミック!これで、沖縄に通う羽目に(笑)

e0351590_23113146.jpg
e0351590_23392941.jpg
e0351590_23113670.jpg
e0351590_23383245.jpg
e0351590_23122193.jpg
e0351590_23122994.jpg

<国内シティホテル>

ヨコハマグランド・インターコンチネンタルホテル

まだ紹介をしていませんが、先般利用しました。IHGのプラチナ目の前のポイントがたまり、最後に1泊追加したものです。ここですばらしいUGの恩恵をいただき、ジャパニーズスィートにアサインされました。3年ほど前のリニューアルしたクラブラウンジを初利用、フェスティブシーズンということもあり、クリスマスイルミネーションなど、たっぷりと海とライト、空間を楽しむことができました。

e0351590_23170096.jpg
e0351590_23170462.jpg

ジャパニーズスィート

e0351590_23182142.jpg
e0351590_23182189.jpg
e0351590_23182265.jpg
e0351590_23182247.jpg
e0351590_23193601.jpg

クラブラウンジ

e0351590_23192728.jpg
e0351590_23195200.jpg

<国内旅館>

高湯温泉「ひげの家」
(リンク先は7月の宿泊、こちらの写真は11月の宿泊です)

これも悩みました。そして選んだが、思い切ってこちらです!
今年初めての宿ではありません。2度以前宿泊していますが、昨年できた露天風呂付きスィートに泊まってみたくて滞在、感激しました。ひろびろとしてベッドルームと畳スペース、バルコニーにある源泉かけ流しの硫黄泉の露天風呂でまったりです。湯治のような気楽でこゆい湯質のお風呂と、快適なでおしゃれな客室が見事にマッチしました。

パブリックスペースの大浴場、露天風呂もすばらしい泉質でお風呂は健在。おいしい食事とともに、温泉三昧を楽しみました。雪見風呂もこちらで体験しました。

e0351590_22564568.jpg
e0351590_22565328.jpg
e0351590_22571388.jpg
e0351590_22572590.jpg
e0351590_22574292.jpg

以上、今年のお泊りオブ・ザ・イヤーの紹介でした。

皆さまのお泊りは?年の瀬・・・もうすぐ終わりますね。
今年は身内に不幸があったので、新年のご挨拶を控えさせていただきますが、皆様よい年を。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-26 21:00 | お知らせ | Comments(0)
ブログはまだ夏です^^。ぼちぼちと♪

さて、今回は札幌の旅。みんなのSNSを見ていて、あ~本場でウニをたべた~い!と思い、思い立って1泊で札幌に行きました。札幌滞在は、ねる時間入れて15時間(笑)

飛行機はもちろんANA。プレミアムチェックインに、プレミアムクラスでちょっぴりリッチに食事もいただき、無事に新千歳空港に到着です♪

e0351590_14402251.jpg
e0351590_14402226.jpg
e0351590_14402203.jpg
e0351590_14412251.jpg

宿泊は、札幌全日空ホテルです。全国で、「全日空ホテル」はほとんどクランプラザになっていますが、ここは全日空のままです(注:2017年11月からクラウンプラザにリブランドしています)。前回も泊ったので、慣れており気楽です。

駅から徒歩はこのエントランスから入場、エスカレータで上がって2Fのフロントでチェックインです。夜8時台でしたので、もうかなり静かです。

e0351590_00224369.jpg
e0351590_00224953.jpg
e0351590_00243093.jpg
e0351590_00241479.jpg

お部屋は12階のエレベータ前のコンフォートラージツインです。ちょっと幅広の独特のデザイン、前回と同じタイプの部屋で、リニューアルされてきれいに使いやすくなっていました。最初にエレベータから便利な部屋をアサイン希望したら、今回もこちらになりました。エレベータの騒音もなく快適です。札幌ではお出かけ中心なのでありがたいです。

入って正面にどーんと窓位置にTVとボードがあり、その前にツインベッドが配されています。テレビで左右振り分けに窓があり、右奥にクローゼット、左奥にデスクとソファがあるというユニークなスタイルです。お風呂や洗面スペースもゆったりめですが、シャワーブースか洗い場があれば、さらに申し分ないのですけどね(笑)。もともと狭いツインカテゴリーで予約し、UGしていただいたものですから、贅沢は言えません(笑)。

e0351590_00240447.jpg
e0351590_00244155.jpg
e0351590_00245315.jpg
e0351590_00250878.jpg
e0351590_00250837.jpg


ベッドルームはかなりおしゃれになりましたが、水回りは広いですが、ちょっと古いタイプですね。クラウンプラザにリブランドして、今はもう少しおしゃれになっているのではないかと思います。

e0351590_00251271.jpg
e0351590_00251203.jpg

朝、ホテルの窓からの眺めです。開放感がありますが、まあ街中なのでこんなもんですかね。

e0351590_00281409.jpg

ホテルの紹介を先にさくっと。

翌朝朝食を無料で付けてくださりびっくり!レストラン「MEM」がリニューアルオープン初日のビュッフェブレックファーストで、ぜひお試しください、という趣旨でした。

e0351590_00224317.jpg
e0351590_00262192.jpg
朝、レストランに降りていったら、けっこう並んでるじゃありませんか。
うわ~、これは時間かかるかな?・・・と思ったら、なんとIHGの会員は別スペースですぐにいれていただくことができました。ヒルトンオナーズなどと同じで、会員専用のスペースを作ったのです。とてもゆったりと過ごすことができて、静かで上質感ある雰囲気に、もてなしといい、〇です!(並んでた皆様、ごめんなさい^^)

e0351590_15043966.jpg
e0351590_15041343.jpg

ビュッフェはとても充実したラインナップ、北海道の恵みを楽しむ野菜や食材をふんだんに並べており、とても楽しくなる演出でした。味もけっこう悪くなかったですよ。

初日なので、ホテルのマネジメントの方がたくさんいらして、粗相はないかチェックも入念に、ちょっと独特の雰囲気ではありましたが。

e0351590_15174882.jpg
e0351590_00264922.jpg
e0351590_00265535.jpg
e0351590_00265661.jpg
e0351590_00271299.jpg
e0351590_00275720.jpg
e0351590_15162031.jpg
e0351590_00271249.jpg

びっくりしたのは、こちらのパンのトースター。あのバルミューダのトースターが置かれているではありませんか?思わず、焼くタイプのパンで試してみました。なかなかおいしかったですが、食パンではなかったのでちょっと良さがわからず・・・。食パン焼けばよかった!おなかいっぱいで試せず^^。

e0351590_00274784.jpg


こちらのコーヒーは、紙コップも用意され、部屋に持って帰ることもできます。うれしいサービスですね。

e0351590_15192527.jpg

さて、次回は札幌グルメ&散策です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-23 18:00 | 札幌全日空ホテル | Comments(0)
2017年夏休みの旅、終わりました。バリと温泉を余すことなく堪能しました。

「御宿かわせみ」を出てドライブは、まず、福島県のフルーツ街道の桃です。
高い粒の大きい贈答用の横に、小粒な規格外品が運ばれてきました。大粒は一箱3000円、こちらの規格外品は、なんと800円!車に積んで、どっさりと買ってきましたよ。日本のくだものグルメです^^。

e0351590_22191577.jpg
e0351590_22191565.jpg

そして、茨城の山間部を走らせるは、奥久慈です。こちらの「奥久慈しゃも」のすき焼きをランチでいただきました。しゃもは何度も食べたことがありましたが、すき焼きは初めて!噛み応え、出汁をうまく吸い込んでおいしい♪「御宿かわせみ」の懐石も素晴らしかったですが、こちらは野性味のおいしさです。
ちなみに、大粒の生ガキもおいしかったですよ~!

e0351590_22195580.jpg
e0351590_22195540.jpg
e0351590_22195514.jpg

ふぅ~、旅終わった!

バリ、うーん、やっぱりよかったですね。
キャリアは、特典旅行でとった、ガルーダ航空のビジネスクラスでした(デルタマイルの掃き出し&ANA提携)。初めてデルタ航空のラウンジを利用し、往復の座席は、フルフラットになるので、とても楽でした。

e0351590_23534551.jpg
e0351590_23024712.jpg
e0351590_23022376.jpg

バリでは、ゆるりとした空気の流れるアマンのもてなしを受け、バリを満喫することができました。

アマンダリ・・・ひょんなことで泊まることになりましたが、あのプールスィートにはやられました!田園に渓谷と、ともにすばらしいビュー、クールなウブドのリゾートは、ちょっと寒いぐらいでした。

e0351590_23565234.jpg
e0351590_23585515.jpg

ランチは、バイスロイのレストランに出向き、夢のウエリントンに感動・・・でもうおなか一杯!

e0351590_23562215.jpg

移動して、アマヌサは以前気に入ったリゾート。
このロビーから、ラウンジからの眺めにやられました。ビーチリゾートではない海のながめがこんなに素敵なリゾートはほかに見当たりません。
e0351590_00092657.jpg
e0351590_00041219.jpg
こちらのプールスィートも秀逸。
プールもいいですが、このバレでぼんやり眺める景色、朝日の時間は幻想的でした。

e0351590_00043251.jpg
e0351590_00023432.jpg

リゾートの花たち、麦わら帽子・・・。ときと空間を忘れさせる、非日常がここにありました。

e0351590_00044722.jpg
e0351590_00083315.jpg
e0351590_00071814.jpg

レストランやプールサイドのフルーツも、すべて非日常を演出する「小道具」です。

e0351590_00092936.jpg
e0351590_00094155.jpg

国内に戻り、「御宿かわせみ」で和の非日常を味わいました。
和食はやはりすばらしいです。

e0351590_23523641.jpg
e0351590_23143973.jpg
e0351590_23135519.jpg

夏休みは終わりました。

1週間のリゾートタイムは、毎年こころに非日常を与えてくれます。
「日常」に戻る翌週はちょっとつらいですが、やっぱり行きたい!・・・リゾートな夏休みにこだわるPockieでした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-18 08:00 | 海外観光 | Comments(0)
アマンダリを出発し、車で到着したのはヌサドゥアにある「アマヌサ」です。3年前の再訪です♪前回は、アマンキラとアマヌサに泊まりましたが、3段プールで期待していたアマンキラより、アマヌサのほうが気に入ってしまったのでした。1泊だけでしたので、後ろ髪惹かれるように移動・・・今回は、まさにリベンジです。

このエントランス、懐かしいです!ヌサドゥアといっても、ビーチ前ではなく、高台にあるので、とても吹き抜けが明るい開放的な雰囲気です。

e0351590_23412718.jpg
e0351590_23412732.jpg

すぐ左手横にあるロビーラウンジで、ウエルカムドリンクをいただきます。
アイスティがおいしいのですよね。ここは本当に崖の上のようなラウンジで、遠くに見える海、ゴルフ場の緑、それは開放感あるすばらしい抜ける眺めです。眺めフェチなPockieにとって、これが好きになった理由の一つですね。

e0351590_23495514.jpg
e0351590_23425969.jpg
e0351590_23430029.jpg
e0351590_23433818.jpg
e0351590_23424238.jpg

客室は車寄せの反対側のエリアなので、こちらを通ります。

e0351590_23494127.jpg
e0351590_23494245.jpg

客室は、35号室のプールスィートビラです。
はい、アップグレードいただきました^^。
ゲッコーの形をしたキーがユニークです。

e0351590_23475026.jpg
e0351590_23444042.jpg
e0351590_23451011.jpg
e0351590_23465603.jpg

プールスイートですが、2014年の滞在と、基本的に内装やインテリア家具などビラ内部は同じです。今回の写真もざっと紹介しておきます。

入口から入ったエリアは、ベッドルームとリビングソファが向かい合わせになったスペースです。ベッドの天蓋は、ターンダウン後降ろされて、ロマンチックにセッティングされます。アマンは通常客室にテレビがないのですが、空港から近く、他のアマンに行くトランジットとして利用されることも多いこのアマヌサは、ビジネスユースも含めて、このようにTVをセッティングしているそうです。アーモア内のTVの下に、ミニバーや冷蔵庫がセッティングされています。

e0351590_23465344.jpg
e0351590_23451712.jpg
e0351590_23451770.jpg
e0351590_23465286.jpg
e0351590_23511435.jpg
e0351590_23451852.jpg
e0351590_23491696.jpg

ウエルカムアメニティのシャンパンとフルーツをいただき、楽しませていただきました。ボトルはすぐに飲まなかったので冷蔵庫にいれ、そのあとはワインクーラーの氷を何度か取り換えていただき、飲みきるのに2.5日かかりました^^。

e0351590_23423027.jpg
e0351590_23511435.jpg

バスルーム側はとても広いスペースがあり、真ん中の大きな椅子のような大のようなスペースがとても便利で、気に入った使い勝手のひとつです。ここで着替えたり、荷物を広げたり、ちょっと休憩したり・・・、ちょうどよいのですよね。

e0351590_23452847.jpg
e0351590_23452840.jpg

アマンお約束のシンメトリーです。洗面スペースは左右対称にボールがあり、クローゼットもシンメトリーですが、ちゃんと左右のアメニティは変えてあって、男女別のようになっています。

e0351590_23483174.jpg
e0351590_23454018.jpg
e0351590_23424355.jpg

トイレは中庭の眺めがあって、こちらも光が差し込みます。でも外から見られるわけではないので、落ち着かないということはありません。トイレにアマンの写真集なんてセッティングされているのに驚きです。くつろぎのスペースなんですね。

e0351590_23452961.jpg
e0351590_23483197.jpg

シャワーブースとアウトサイドシャワーがあり、外のが特に気持ちがよいですね。ただ、シャワーが固定式だけなのはちょっとご愛嬌。私はそれほど気にしないのですが。

e0351590_23454038.jpg
e0351590_23454136.jpg
e0351590_23485070.jpg

バスタブは中庭を臨む場所にあり、室内なので気持ちよさと便利さを兼ね備えています。この眺め、とても癒されるのです。美しくセッティングされたタオルやバスピロー、バスソルトなども絵になります。

e0351590_23452957.jpg
e0351590_23483685.jpg

外に出ると、東屋です。これが眺めがよくて気持ちいい!ここでずっとくつろいでいたい気分です。高台のビラなので、遠くの海も眺められます。スモーカーの主人は、このスペースが一番くつろぎの場所です^^。我が家は、途中から、入口にあった椅子とテーブルをこちらの東屋の前にセッティングしてもらいました。ここでドリンクをいただいたり、朝食をとったりしました。

e0351590_23463532.jpg
e0351590_23463453.jpg
e0351590_23472950.jpg
e0351590_23505885.jpg
e0351590_23511145.jpg

そして、プールです!部屋にこんなに大きなプールがあります。まったり泳いで、東屋にくつろぎ、ルームサービスで食事をいただく・・・そんな、ずっとおこもりの方もいるようです。木々やプラントたち、隣のビラの屋根、空、朝日~夕陽の色、すべてがこのビラのためにあるような気持ちになります。

e0351590_23472858.jpg
e0351590_23472914.jpg
e0351590_23474112.jpg
e0351590_23463959.jpg

クリーニングは、このような籐のボックスにはいってきて、とてもエレガントな花、リネン、香りとともにしあげていただけます。

e0351590_23494563.jpg
e0351590_23493988.jpg

さて、次回はプールやスパなど、その他のパブリックスペースの紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-19 18:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、レストランやスパなどです。

アマンダリのレストランは1つ、ザ・レストランです。エントランスの右側にあり、目の前がプールです。こちらで朝食を2泊ともいただきました。

e0351590_23120890.jpg
e0351590_23122184.jpg
e0351590_23120096.jpg


朝食はすべてアラカルトで、好きなものをいただきます。朝食付きで何を頼んでもOKということでしたが、あまり食べられないものまで無理やりとるのもみっともないと思い・・・2日間で頼んだものをいくつか紹介です。

ブブール(インドネシアのおかゆ)、トースト、スイカジュース、ポーチドエッグ、目玉焼き、サラダ、マッシュルームのソテー、カットフルーツなどなど・・・。めずらしいクレンズジュースもいただきましたが、味はう~ん・・・^^。

e0351590_13523513.jpg
e0351590_13523685.jpg
e0351590_13523624.jpg
e0351590_13523507.jpg
e0351590_13531570.jpg
e0351590_13531551.jpg
e0351590_13544179.jpg


ロビーの右側には、ライブラリーがあります。
こちらのライブラリー、どこかに似てると思いません??・・・京都の「俵屋」のアーネスト・スタディーとよばれるライブラリーなんです。アマンダリを作るとき、俵屋のこのスペースをたいへん気に入り、kのように仕立てたとのこと。なんとなく落ち着きます。

e0351590_13565635.jpg
e0351590_13565683.jpg
e0351590_13565766.jpg
e0351590_13571002.jpg


ライブラリーの外には、東屋があります。こちらでちょっぴりごろっと・・・。いい感じのスペースです。

e0351590_23381265.jpg
e0351590_13570265.jpg


ライブラリーから、さらに奥に行くと、反対側のビラの奥にスパがありました。こちらで1回施術を受けました。

e0351590_13572868.jpg
e0351590_13572888.jpg
e0351590_23405393.jpg
e0351590_23403773.jpg
e0351590_13572802.jpg


更衣室で着替えて、サウナも利用できます。紙パンツも用意されています。

e0351590_23423457.jpg
e0351590_23424094.jpg
e0351590_23424404.jpg


施術室はオープンエア、流れる滝が横にあって、自然の中で施術をしている気分です。ただ、ちょっと滝の音が大きくて、うとうとしても寝られず・・・(苦笑)。

e0351590_23424582.jpg


スパで、リムバーがなく、緊急に中途半端にはげたマニキュアをとってもらいたいので頼んだら、丁寧に対応してくれました。さすがのもてなしです。

e0351590_23575480.jpg


スパの奥にはジムもあります。すてきなアランアランの中に最新マシンもあります・・・利用しようと思っていましたが、叶わず^^。素敵な空間です。こんなところで汗を流すなんてやっぱりリゾート!

e0351590_23420438.jpg
e0351590_23421115.jpg

敷地内を散策し、ウブドの杜にすばらしいビラを立てたものだと感心しながら、アマンダリの二日間を過ごしました。

e0351590_23524667.jpg
e0351590_23525216.jpg
e0351590_13563942.jpg
e0351590_23510715.jpg
e0351590_23515339.jpg
e0351590_23534471.jpg
e0351590_23514548.jpg


さて、次は、ウブドで出かけたグルメな紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-14 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017夏休みの旅 バリ島が始まりました。ホテルの車で向かったのは、空港から北上して1時間余り、ウブドにある「アマンダリ」です。初めての宿泊です。ちょっとわけがあって、こちらに泊まることになりました。それは、次のホテルの紹介の時に・・・。

到着したのはすでに19時台。夕暮れでも見られれば、と思っていましたが、もうすっかり夕闇の中のホテルでした。

こちらのエントランスエリアの写真は、翌日の昼間のものです。
バリらしい木組みのエントランスは、オープンエアーの明るい雰囲気です。アマンダリというと、もう少し落ちついた薄暗いイメージをしていましたが、全然違います。実は、10年以上前にカフェ利用だけに立ち寄ったことがあるのですが、もっと暗かったイメージがあるんですね。
e0351590_22280977.jpg
e0351590_22272313.jpg
e0351590_22281019.jpg
e0351590_22291757.jpg



車から荷物を降ろしていただき、すぐにお部屋へ案内されました。

案内は暗い通路やパブリックスペースだったので、こちらも明るい時間の写真で紹介します。

e0351590_22272897.jpg


エントランスロビー前には、バリの守り神の獅子がいます。蓮の池もきれいに手入れされており、滞在中なんどか手入れをしているスタッフに会いました。とてもにこやかでしたよ。


e0351590_22292474.jpg
e0351590_22292432.jpg


宿泊するビラ紹介の前に、敷地内の通路や様々な門構え、木々、建物などの雰囲気を先に紹介しましょう。

石畳とゆるやかな坂のなか、こぢんまりとした道はプライベート感満載です。大規模なホテルとはやはり違いますよね。それぞれの門構えや建物の雰囲気も微妙にみな違い、眺めていて心安らぐ感じです。旗のようなものを門に飾られているのは、ハネムーナーのお部屋というサインだそうです。

e0351590_22355332.jpg
e0351590_22355324.jpg
e0351590_22360316.jpg
e0351590_22360305.jpg




プール横からの通路です。ここは何度も往復しましたね。いいこみちです。
左側の茅葺屋根のエリアは、夜にプライベートダイニングをされていたファミリーがありました。

e0351590_22360442.jpg
e0351590_22360436.jpg


ロビー横から右奥に、プールがあります。

このウブドの谷を借景に、すばらしい角度、眺めです。本当にすばらい場所にホテルを作りました。ぽつんと浮かぶようなバレ、まわりの苔むした石垣、木々や花たち。何気にインフィニティープールになっており、空とつながり、渓谷に溶け込むようです。今やインフィニティプールは珍しくありませんが、これが20年以上前に作ったと思うと・・・・さすが、アマンです。

e0351590_23441746.jpg

少々マニアックに、いろいろな角度からとってしまいましたので、多めに写真をアップしちゃいますね^^。パンフレットや写真集のフォトジェニックな角度はどこでも見られるでしょうから。


e0351590_22374035.jpg
e0351590_22374058.jpg
e0351590_22384245.jpg
e0351590_22384204.jpg
e0351590_22384795.jpg
e0351590_22385587.jpg
e0351590_22390496.jpg
e0351590_22363307.jpg


さて宿泊するビラはこちら・・・
なんと、No. 15のプールデュープレックススイートです!もちろんアップグレードで。。。

e0351590_23503202.jpg

さて、どんなビラか、次回ご紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-03 18:00 | バリ: アマンダリ | Comments(2)