Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

タグ:グルメ ( 40 ) タグの人気記事

草津温泉 散策&グルメ

草津温泉は散策&グルメが楽しみです。

毎度の湯畑...ほんと飽きずに毎回見に行っちゃいます^^。この湯量と湯花と雰囲気、素晴らしい財産です。夜もライトアップで楽しませてくれますね。いつもお客様で一杯の湯畑エリアです。

e0351590_23583855.jpg
e0351590_00002522.jpg
e0351590_23585341.jpg
e0351590_23585923.jpg

e0351590_23593206.jpg
e0351590_23595830.jpg
e0351590_00001682.jpg


そして、前回の草津で気に入って、また行ってしまったのは「地蔵の湯」です。熱めの湯ながら、じんわりと肌にしみこむ感じがとてもすばらしいのです。何時も混みあうようなので、今回はお宿からオープンすぐの8時に行ってみました。男性はそこそこ混んでいたようですが、女性のほうは空いていて、なんと5分ほど私一人の時間があったのです!まったりゆっくり。酸性なので肌に強めのお湯ですが、ここのはやわらかめで本当に良いお湯です。外にお地蔵と足湯もあります。


e0351590_00003383.jpg
e0351590_00003828.jpg
e0351590_00013575.jpg
e0351590_20171052.jpg

夕食は、ネットで調べてて見つけた「三四郎」という居酒屋にしました。天然きのこ鍋が予約要でおいしいらしいと聞いて、事前に予約をいれました。きのこ鍋はとてもおいしかったです。その他のメニューで、もつ煮やヤマイモの千切りなどとりましたが、みな大き目で、二人だとすぐにいっぱいになっちゃいます。大勢で行くほうがよいでしょうね。普通の居酒屋ですが、前評判の口コミ通り、店員のおばさんが怖い!(笑)サービスもかなりぶっきらぼうで、ちょっとなあと思ってしまいました。子供同伴もお断り、お酒取らない人はご遠慮ください・・・みたいな感じで、もう少し融通聞かせてもよいのではと思います。

e0351590_20042448.jpg
e0351590_20043834.jpg
e0351590_20043990.jpg
e0351590_20043909.jpg
e0351590_20043913.jpg

もう一軒、金沢料理を出すという「香林坊本店」という居酒屋にも寄ってみました。金沢のお分けが好きなのと、金沢のおでんを食べたくて!あちらのブリもいただきましたが、ちょっと大きすぎたかな^^。北陸のお酒がやっぱりおいしいです。

e0351590_20044994.jpg
e0351590_20044917.jpg
e0351590_20044985.jpg

翌日は、西の河原公園を散策、久々に大露天風呂にもはいってきました。公園内にお湯が沸きだす水たまりや川などがあり、草津らしい景観でした。もちろん、露天風呂は人がたくさんで写真はNG^^.

e0351590_00021543.jpg
e0351590_00021595.jpg
e0351590_00021578.jpg

以上、草津観光の紹介でした。
ことあと、次の温泉に移動します。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-25 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
ANAクラウンプラザホテル沖縄に宿泊の今回の那覇は、短い時間でさくっと散策&グルメを楽しみました。

到着時の那覇は、フライトで軽く食事をとっているので、夕食なしという選択あるのですが。。。やっぱりどっかに行きたいということで、ホテルから歩いて行けるところを見つけました!


古民家洋食屋さん「ぬーじボンボンZ」です。名前に惹かれました、ハイ^^。
沖縄料理というより、まあ洋食屋さんです、名前の通り。

e0351590_23195921.jpg
e0351590_23202660.jpg


古民家のレストランなので、まったりとおうちのような板の間にすわるところや、椅子席、カウンターもありました。

e0351590_23201086.jpg
e0351590_23201047.jpg

さて、こおでいただいたのは、ネットで評判のメニューです。
黒カレーとソーキそばです。黒カレーはまろやかな口当たりは、秘伝の煮込みのようですよ。おいしかったです。まあ、ソーキそばははっきり言って、観光客向けに、沖縄らしいものもどうぞ、というところはあるようですが。

e0351590_23201032.jpg
e0351590_23201092.jpg

メニューをとりましたので、参考にどうぞ。
洋食屋なので、おいしい洋食を食べたいときいいですよ。ハンバーグ、メンチカツなども評判のようです。

ANAクラウンプラザからぷらっと出かけるには、おすすめなカジュアル食堂です。

e0351590_23202702.jpg
e0351590_23202629.jpg

翌日は、国際通りのほうに出ました。ホテルでは朝食なし!

はい、ちょっとトライしたいメニューがあり、歩いて10分余り・・・国際通りのシーサが迎えてくれました。ポップなデザインのバスは、ちょっと東南アジアを彷彿させましたね。やっぱり沖縄は「東南アジア」だな~と^^。

e0351590_23204878.jpg
e0351590_23204823.jpg

向かったのは、「沖縄第一ホテル」です。50品目の薬膳朝食で有名なんです。
私はあまりホテルのことを調べずに、こちらの朝食をいただきに、予約して行ったのでした。前日に電話したところ、すでに食事処は満席で、ロビーのテーブルならOkということで伺いました。

ホテルだと思って、ホテルのビルを想定していたのですが、ないない!!!・・・・民宿かB&Bみたいなところでした。みつからないわけですわ^^。これがホテル???

e0351590_23262650.jpg

沖縄らしい門構えにシーサが迎えてくれました。

e0351590_23263508.jpg


中に入ると、こぢんまりとしたお庭がまったりといい感じです。
これはB&Bのようですね。実は、ここは5室ほどの小ぢんまりホテルで、素泊まり基本に、朝食も夕食も別料金なのです。

e0351590_23264800.jpg
e0351590_23264930.jpg

e0351590_23270484.jpg



ロビーカウンターの横に、レトロ&クラシックなテーブルやいす、家具が並んでいます。こちらで食事を出してくださるのです。ちょっとうきうきしてきました。下調べしていなかったのが、かえって楽しみです。

e0351590_23273714.jpg
e0351590_23280763.jpg


食事が始まりました。
管理栄養士の指導のもと585kcalに設定されたそうで、野菜ソムリエのお嬢さんが考えたメニューで、薬膳の沖縄素材を使った料理が、どんどん出されていきます。
味は薄めのやさしい風味、素材を生かしたものが中心です。お芋系が多かったので、そちらはちょっと甘いかなと感じました。もずくもうりも、野草もおいしい!私は実は、沖縄のニガウリ、ゴーヤが苦手なんです。ゴーヤはなし、苦味がつらい素材はありませんでした。

e0351590_23280790.jpg
e0351590_23282055.jpg
e0351590_23283103.jpg
e0351590_23283288.jpg
e0351590_23283216.jpg


スープにフルーツまで沖縄素材です。最後も薬膳茶でしめます。10品はありましたが、500カロリー台とダイエットにおすすめなぐらいですね。器も楽しく、目にも味にも、ヘルシーにも楽しむことができました。

e0351590_23283277.jpg
e0351590_23283213.jpg
e0351590_23283349.jpg


たっぷりと滋味深い朝食を楽しみ、国際通りに出て、公設市場エリアをプラプラしてきました。てちびやみーばいなど、沖縄らしい素材が所狭しと並んでおり、定番の海ぶどうなどもお手ごろな値段で出ていました。

e0351590_23214898.jpg
e0351590_23214986.jpg
e0351590_23214990.jpg
e0351590_23214980.jpg

お天気があまりよくなかったので、それほどゆっくり歩くこともなく、ホテルに戻り、チェックアウトしました。

e0351590_23222433.jpg


以上、那覇ぶらっとな紹介でした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-19 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
シンガポールの旅、最後は空港&フライトです。

まずは、空港探索です。翌朝6時のフライトに乗るため、ホテルのある第3ターミナルから、搭乗するANAの第2ターミナルまで、予行練習がてら、歩いて行きました。

e0351590_22555177.jpg

e0351590_22470948.jpg
e0351590_22555148.jpg

第2ターミナルの場所は確認。ばっちりです!軽い夕食をとろうと第2ターミナルにいったものの、レストランはあまり惹かれるところがなく、結局第3ターミナルに戻ってきました。
結局、第3ターミナル内のフードコートにあるタイヌードルの店にしました。トムヤンクンヌードルにマンゴデザートで満足です!

e0351590_22472442.jpg
e0351590_22475968.jpg


翌朝は予定通り5時ごろにホテルをでて、空港に向かいました。ネットチェックイン済み、歩いて10分だ!・・・と前日予習で余裕です。しかも、プレエコで、空港ラウンジはついてないし・・・ということで、ぎりぎりでOKです。

ところが…予習のエスカレータ、歩く歩道が・・・全部動いてないんです!!!!早朝は泊まってるなんて聞いてない???ショックでした、はっきり言って。
文句言ってもしょうがない。とにかく、自分で小走りに歩いて階段を、長い廊下を、えっさこらさっさ・・・いやー、汗アセものでした。

無事カウンターに到着。チケットを発券してもらったら、なんと、ラウンジ利用の券をくださったじゃありませんか?びっくり!!日本側ではANAラウンジを使えるのですが、海外はANAラウンジがないところは使えないと聞いていたからです。通常スターアライアンスだと、シンガポール航空のシルバークリスラウンジですが、私が利用できたのは別のラウンジ、SATSでした。

e0351590_22494129.jpg

はいってみると、とても広くてゆったりとしたソファのラウンジで、いい意味で裏切られて、また驚きです。ビュッフェや飲み物もかなり充実しており、思わず時間もあまりないのに、いろいろいただいてしまいました。ホテルでは朝食なしだったので、よけいに^^(笑)

e0351590_22574301.jpg
e0351590_22503337.jpg
e0351590_22573766.jpg
e0351590_22574343.jpg
e0351590_22573766.jpg
e0351590_22573792.jpg
e0351590_23330882.jpg

ラウンジにいたのは10分か15分でしょうか。とにかく慌てて搭乗口に行きました!
帰国のフライトの機内食は、お粥にしました。

e0351590_23000570.jpg

以上、駆け足シンガポールの旅でした。
チャイナタウン、マリーナベイサンズ、空港をまわり、グルメはコストをおさえて、B級路線をメインに楽しみました。
シンガポールはまだ行っていないところ、行きたいところあります!今度はどこにしようかな?

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-09 18:00 | フライト、空港 | Comments(0)
シンガポールの旅、観光とグルメです。

まずは、チャイナタウンをプラプラと。目的はやっぱりグルメです^^。何度もシンガポールに行っている私、なんと、チャイナタウンは初めてなんですよ。
歩いて着いたのは、まずはチャイナタウンコンプレックスです。建物や風情が中国風ですね。お寺も隣にありました。

e0351590_23174786.jpg
e0351590_23180567.jpg
e0351590_23190746.jpg
e0351590_23194982.jpg

建物にはいり、フードコートを歩きました。本当にたくさんのお店!午前中だったので、ランチ以降に開店の店はまだオープンしていませんでした。少しでも空いていたようです。でも結構たくさん人がいますよ。いろいろ歩き回った結果、ポークのはいったスープヌードルタイプの麺をいただきました。味は、少々物足りないので、チリや醤油類を足しましたね。

e0351590_23182084.jpg
e0351590_23182071.jpg


e0351590_22312528.jpg
e0351590_22311514.jpg
e0351590_23182017.jpg



もう一つ気になるお店に行くべく、別のフードコートへ。マックスウエル・フードセンターです。歩いて5分ちょっとぐらいの距離です。
有名な天天海南チキンライスです。すでに並んでいました!麺を食べた後なので小さいサイズを取ろうとしたら、ハーフサイズのメニューはなくなっていました(ガイドブックには載っていますが、フルサイズしかないのでご注意くださいね)。しっとりとしたうまみのある蒸したチキンと、うまみを吸ったごはんが絶妙です。レギュラーサイズをぺろっと食べちゃいました^^。

e0351590_23192644.jpg
e0351590_23194227.jpg
e0351590_23194991.jpg
e0351590_23194296.jpg

そのあと、ふらふら歩いていたら甘味が目に入りました!エッグタルトです。思わずちょこっと買って歩きながら食べちゃいました。

e0351590_23195840.jpg
e0351590_23195945.jpg


ホテルのチェックアウトに一度戻ります。
通りを歩いると、暑くてのどが渇いてきました。
看板に惹かれて、ハーフパイントの生ビールをぐびっと!は~、のどが潤いました。
飲み食いたっぷりして、ホテルに戻りました。
e0351590_23202399.jpg
e0351590_23202360.jpg
e0351590_23203364.jpg

ホテルをチェックアウト、荷物を預けてでかけたは、マリーナベイです。こちらも未踏の地です。やっぱりこの話題の地、一度は行かなくっちゃとね。オートラムパーク駅からはMRTで移動してベイフロント駅まで10分余りと、けっこう便利なんです。

マリーナベイのモールをプラプラ歩き、事前に調べた屋上の景色を眺めに行きました。モールはリバーなどあり、なかなかダイナミックなデザインです。

e0351590_23212483.jpg
e0351590_23212524.jpg
e0351590_23212512.jpg

屋上のあの景色を拝むにはちょっとお得にコツがあります。本来、一番眺めのいいインフィニティプールは宿泊者専用ですが、外来は通常有料ではいれるスカイパークに行きます。でも、屋上に入るだけで20ドル以上とられるなら、20ドルも飲み物と軽食にあてた方がお得でゆっくりできる!・・・ということで、「セラヴィ」というレストランに思い切ってはいりました。

1Fでエントランス受付があります。ここで20ドル払います。これはバウチャーで、飲食の先払い分です。20ドルは最低飲食してくださいね、ということです。

e0351590_23211377.jpg
e0351590_23211484.jpg
e0351590_23211484.jpg

e0351590_22593548.jpg



やはり、スカイパークに行く人が多いようで、レストランは比較的ゆったりしていました。カリフォルニアロールとシャンパンでちょっぴり優雅な時間を過ごしちゃいました。
e0351590_23223293.jpg

e0351590_23213882.jpg
e0351590_23213896.jpg
e0351590_23220172.jpg


バーエリアはこちらですが、雨で利用者はほとんどなく・・・

e0351590_23220136.jpg
e0351590_23224844.jpg


お天気が今一つでしたが、だったのでスカイビューは今一つでしたが、ダイナミックな眺めはしっかりと楽しめました。

e0351590_23230535.jpg
e0351590_23230586.jpg

たっぷりと歩き回り、最後はモール内のケンコーマッサージでフットマッサージをして、観光を締めくくりました。もっとお得なマッサージ屋さんはたくさんあるんですが、マリーナベイのお店は、ちょっとおしゃれで高級でした。サービスはよかったし、清潔さはさすがです。まあ、疲れてはいったので、カジュアルな店を探すのはちょっときつかったのもあったし、エステサロンほど高価格ではなかったので、まあ許容範囲でしたね。

e0351590_23231710.jpg
e0351590_23231697.jpg


さて、荷物をピックアップして、次のホテルに移動です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-07 21:00 | 海外観光 | Comments(0)
シンガポールに行ってきました。最近結構飛行機に乗っていますが、はい、いわゆる「修行」というやつで^^。ANAの上級会員を目指してちょこちょこ効率よくポイントをためる路線に頑張って乗っています。でも、本当に「修行」といわれる乗り方はしていなくて、観光にグルメにしっかり楽しんできました。ちょっと偏った観光ですが、ホテルとフライトや空港を含めて紹介しましょう。

今回は、金曜日の午後から出発、バスで成田空港に行くところから始まります。
東京駅に行き、「Theアクセス成田」という1000円バスに乗り込みました。前回香港に行ったときになかなか快適でコスパもよいと思ったので、今回も利用しました。平日だし、とりあえず行って乗れるバスに飛び込めばいいや、と思っていたら、Facebookの友人の朝のアップで、バスがえらく混んでると!あわててスマホで便席予約をしました。助かった~!

東京駅に行くと、いや~長蛇の列!目の前の便に乗るのはきつくまたされる模様。予約をしていたので、すぅっと最初に乗せていただき、一番前の席に陣取ることができました。Facebook情報に感謝感謝です。バスに乗って約1時間、成田空港第2ターミナルにつきました。

e0351590_23152651.jpg
e0351590_23163628.jpg


空港についたら、スキップサービスでチェックイン不要、今回は荷物も預けないので、荷物チェックとイミグレだけですぐにはいれました。早めのバスで昼食もとらずに空港へ向かったのは、なんといっても空港ラウンジを利用するためです。今回はプレミアムエコノミー(通称プレエコ)を取ったので、ANAはプレエコサービスでビジネスクラスで入るラウンジが利用できるのです。これはうれしいサービスです。

e0351590_23143313.jpg


ランチもとらずにもう14時半、おなかが空いていましたので、まずは腹ごしらえです。豚骨ラーメンにサラダ、ビールでかんぱーい!思わずオヤジのように、ぷはーしてしまいました。ANAのラウンジは麺類が好きで何度か利用していましたが、ラーメンが追加されてメニューが充実。ミニラーメンでうれしいサービスです。
ちょうどメキシコ線開設記念のサービスで、コロナビールもあったので、こちらにも手を出しちゃいました^^。結構気温も高く、焦って成田にはいったので、ビールがとてもおいしい。ラウンジのさまざまなミールを楽しみました。

e0351590_23143944.jpg
e0351590_23145363.jpg
e0351590_23143983.jpg
e0351590_23145205.jpg



で、今回の目当ては・・・15:30からのサービスとなっていた、お寿司のふるまいです!で、ラウンジの案内を見たら、この日はお寿司ではなく、ローストビーフでした。あー残念!でもローストビーフもその場でカットしてくれるサービスで、グレービーソースもしっとり、とてもおいしくて、結果的にうれしかったです。サービス開始前からカウンターに並んで人だかり、1時間のサービスが30分ほどで売り切れでした。私は、ラーメンは窓際でゆったり、ローストビーフタイムには、奥の席に移動して、目の前でサービス開始をお待ちしてしまいました。ちょっとがつがつしすぎかな?(笑)


e0351590_23154799.jpg
e0351590_23152820.jpg
e0351590_23154674.jpg

たっぷり食べてもう満腹・・・ラウンジを堪能した後に、フライトの搭乗口に向かいます。搭乗口前のシートもけっこうゆったりしたものもあって、昔に比べてよくなったなあと、つくつく思いましたね。年に1-2回、特典航空券でビジネスというのが多かったので、あまり搭乗口前の印象がなかったのです。

e0351590_23160611.jpg
e0351590_23184298.jpg

さて、プレミアムエコノミーというのは久々に乗ります。以前ブリティッシュエアラインで10年以上前に体験していますが、もうシートやサービスの質がうんと変わっているので、参考になりませんよね。今回のシートは787-9型でこちらです。座席のリクライニングあまりありませんが、席が数センチ広いのと、足元がふくらはぎも支えるフットレストがあるのがいいですね。私はちびなので、プレエコの足元の広さで十分足が延ばせるのです。たぶん、モニターサイズもエコより大きめなのだと思います。7時間余りのフライト、席の快適さは重要になってきますよね。いんフライトムービーで、「ラ・ラ・ランド」をしっかり見ちゃいました。

e0351590_23163365.jpg
e0351590_23163493.jpg
e0351590_23164608.jpg
e0351590_23171068.jpg


機内食はエコノミーですが、希望すれば、ビジネスのデザートやカップ麺などのスナック類をいただけるサービスがあります。飲み物もビジネス同様の選択ができるのがうれしいサービスですね。私は、空港ラウンジで少々食べ過ぎたので、機内では軽めに済ませました。

e0351590_23172910.jpg
e0351590_23174298.jpg


たっぷり楽しんで、軽く睡眠もとって、ありがたく、比較的楽にシンガポールにつくことができました。でももう23時過ぎ・・・寝るだけのために市内のホテルに向かいます。
今回街中のホテルをとりましたので、空港からはタクシーです。もうMRTサービスが終了している時間なのです。ここで大誤算!なんと、タクシー乗り場で長蛇の列。。。1時間近く並んだと思います。24時すぎまで、これには参りました。23時以降の到着は、それこそ空港ホテルがいいと学んだのでした、ハイ。

さて、次回はホテルの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-27 08:00 | フライト、空港 | Comments(0)
沖縄「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の紹介、グルメと観光を車なしで目いっぱい楽しみました。

まずは、到着日の遅いランチにハワイアンパンケーキの店「パニパニ」です。ホテルから割に近いということで話題の人気のお店、タクシーで行ったのですが、そんなに遠くありませんでした。帰りは歩けましたから!お店の建物をみたら、ハワイに来た気分ですよね。こちらでは、ナッツ味のパンケーキをとりました。すごいおっきい!ふわふわのパンケーキで、気がついたら食べちゃいました。

e0351590_23051208.jpg
e0351590_23055376.jpg
e0351590_23055362.jpg
e0351590_23055333.jpg
e0351590_23061899.jpg
e0351590_23065632.jpg
e0351590_23061896.jpg

さて、お店をでてぷらぷら歩いていると、友人からお勧めされた沖縄そばの店が目に入りました。「花村そば」です。有名な「なかむらそば」の近くですが、あまり紹介されていないので、ローカルな雰囲気満載、時間も遅かったので人が見当たりません。パンケーキでおなか一杯だったはずなのに、やっぱりおそばも食べたくなり、入りました。ちょうど麺が少なめの「花村そば」というメニューがあったので、こちらを取りました。三枚肉とソーキが1枚ずつはいっています。お肉にしょうが、麺がもちもち、沖縄そば~に満足です!

e0351590_23082425.jpg
e0351590_23084636.jpg
e0351590_23082897.jpg
e0351590_23085225.jpg
e0351590_23082744.jpg

はあ~、これだけ食べたらさすがに、おなか一杯!ドリンク中心で、夜は軽く済ませました。

翌日は万座毛のほうに行きました。こちらは登り坂もあり、その先の徒歩もかなり予定していたので、まずは行きをタクシーにしました。
天候はうす曇りでしたがまずまず、海を一望する眺めの良い景色を堪能しました。東屋のあるエリアまで歩くと、観光客が少なくて、雄大な景色を楽しめました。向こうのほうに、インターコンチが見えますね~。

e0351590_23091863.jpg
e0351590_23093057.jpg
e0351590_23093023.jpg
e0351590_23093028.jpg
e0351590_23093031.jpg
e0351590_23093806.jpg



万座毛のお土産屋さんにふらっとはいり、つい衝動買いでこの蛍石のペンダントを買っちゃいました^^。こういうブルーが大好きで、お得に弱く・・・(笑)。


e0351590_23114754.jpg


さて、てくてくと万座毛の奥の方にいくと、洞窟の入り口が見つかりました。沖縄の言葉で「ウドゥイガマ」というそうです。中に入ってみると、不思議な洞窟と岩場がありました。ここはダイビングにも利用されるそうです。きれいな水が入り江にたまっていました。


e0351590_23094920.jpg
e0351590_23101385.jpg
e0351590_23095002.jpg
e0351590_23095886.jpg
e0351590_23101394.jpg


さて、ランチにめざすはこちら!
「元祖 海ぶどう 本店」です。大好きな海ぶどうをたっぷり食べたい!・・ということで、下調べした場所です。万座毛から30分ぐらい歩いたでしょうか。もうすっかり汗だく、思わず生ビールとともにどんぶりをいただきました。街の食堂といった雰囲気ですが、名物料理のせいか、やっぱり観光客が多かったみたいですね。お隣、斜め向かい・・・・皆様中国の方だったようですよ。海ぶどうがたっぷり、とろろ芋に雲丹&いくらのせが幸せな組みあわせです。ごはんがもう少しふっくらおいしかったら、よかったのですけどね~。

e0351590_23113221.jpg

e0351590_23130461.jpg
e0351590_23130592.jpg
e0351590_23130541.jpg


ホテルのほうに戻ります。てくてくと30分ぐらいの距離でしたね。ホテルの看板が見えて戻ろうとすると、ちょうど目に入ったお店!...そうです、あの「パニパニ」の姉妹店、「田中果実店」です。マンゴのデザートやマフィンがテイクアウトとイートインで食べられます。大好きなマンゴがたっぷりのパフェを思わず食べちゃいましたよ。幸せです♪ 「パニパニ」でもらったチケットで、プレゼントのマフィンもひとついただきました。


e0351590_23131137.jpg
e0351590_23131146.jpg
e0351590_23132887.jpg


さて、夜はどこに行きましょうか?

あぐー豚を使ったイタリアンのお店「ビストロ おんな食堂 自然はワインの店」に行きました。こちらはかなり遠いので、路線パスを利用しました。ホテル前からバスで45分ほど、恩名村の南のほうになります(シェラトン近く)。おいしいあぐー豚の生ハムやソテー、自然派ワインなどで楽しくいただきました。びっくりしのは、こちらのオーナーであるご主人の実家が私の自宅の近く!沖縄で千葉県の方とお会いするとは奇遇でしたね。ちょっとローカルな話題で盛り上がっちゃいました。

e0351590_23134649.jpg
e0351590_23134755.jpg
e0351590_23134701.jpg
e0351590_23134843.jpg
e0351590_23140859.jpg
e0351590_23140803.jpg
e0351590_23143544.jpg

たっぷりと食べる旅(笑)・・・カジュアルで楽しいグルメを楽しみました。観光は結局万座毛だけだったかな^^。車がないと観光はなかなか厳しいです、ハイ。

以上、沖縄「インターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の旅の紹介でした。



[PR]
by Pockie_totoro | 2017-03-20 22:00 | ANAインターコンチネンタル万座ビーチ | Comments(0)
少し間があいてしまいました。再開します。
2016年金沢冬の旅、山代温泉「あらや滔々庵」の紹介は、お食事です。
お風呂もそうですが、これが楽しみでこちらを予約しました。

お風呂の後には、主人の誕生日ケーキを用意しておいて、いただきました。これは私が予約したものです。

e0351590_22363838.jpg


さて夕食です。お食事処でいただきます。
こちらがお献立メニューです。
コースは、蟹づくしではなく、蟹を入れたものにして、焼きガニを選びました。

e0351590_22372223.jpg



まずは、先付です。胡麻豆腐、にアナゴ添え、小鯛鮨などです。
お祝いの濁り酒もいただきました。

e0351590_22364965.jpg


椀の物は、やはり器から素晴らしいです。金沢塗だそうです。
出汁はやわらかく、カニ真薯はふんわり、野菜の彩りも華を添えますね。これが楽しくて、懐石をいただくようなもの^^。

e0351590_22370207.jpg
e0351590_22370229.jpg
e0351590_22370374.jpg


お造りは、橋立港のおまかせです。もちろん、カニもいただきました。ぶりは、つば甚のほうがおいしかったかな。

e0351590_22374333.jpg

e0351590_22375313.jpg


八寸は、加賀山海肴の盛り合わせです。。二人分を真ん中に置いて供され、各自好きなものを順番にとっていただきます。

e0351590_20433683.jpg




さて、焼きガニです。橋立のブルータグつきですよ!仲居さんが炭火で焼いてくださいます。そして、甲羅のカニみそも絶品です!日本酒が進みます。


e0351590_20441148.jpg
e0351590_20434641.jpg
e0351590_20441242.jpg
e0351590_20442889.jpg




香箱が荷の酢の物です。金時草と胡瓜が添えられて、ジュレで和えています。
九谷の器もあでやかで美しい。香箱蟹はもう4回目、おいしいのですが、結構重なっちゃいました^^。

e0351590_20430558.jpg



炊き合わせは、かぶと小松菜の煮物です。だしを含ませたやさしいお味です。

e0351590_22394680.jpg



お食事は鯛入りの五目御飯に赤みそ汁、香の物です。
ご飯はもう少しシンプルがよかったかなあ。

e0351590_22394696.jpg


水菓子は焼きりんごにイチゴ、柿でレモンゼラチン、抹茶アイスが添えられています。さっぱりおいしかったです。
全体においしい食事をいただけましたが、つば甚の後で不利(笑)・・・インパクトはつば甚に軍配が上がってしまうんですね。でもカニはこちらがよかったです。


e0351590_22394697.jpg


食後は、有栖川山荘へ行きました。
この別棟に行く渡り廊下が幻想的です。でも寒かった!建物内の廊下も淡い光で、雰囲気を醸し出しています。

e0351590_22400615.jpg
e0351590_22400635.jpg
e0351590_22403384.jpg



バーは人気、すぐに満席になりました。周りの会話を聞いていると常連さんばかり!ワインを少しいただきました。

e0351590_22403210.jpg
e0351590_22410808.jpg


翌朝の朝食です。同じ食事処のお部屋です。
器が素朴な感じでセッティングです。夕飯のあでやかな塗や焼き物と対照的で、これも楽しいですね。多すぎず、よい素材を使っているのがわかりました。おいしかったです。

e0351590_20595162.jpg
e0351590_21000369.jpg
e0351590_21001154.jpg


全般にお食事はよかったのですが、先にも書いたように、金沢でいろんなグルメをしてきてからこの宿にたどり着いたので、比較としてお宿が不利になっちゃいましたね。あと、サービスをしてくださった年配の仲居さんとの相性もあり、なかなか微妙なものがありました。つば甚のサービスが完璧だったので、これも不利だったかもしれません。


チェックアウト前に、お部屋の横にあった茶室を覗いてみました。魯山人ゆかりのものも並べられており、凛とした空間でした。

e0351590_21041394.jpg
e0351590_21041733.jpg


以上、あらや滔々庵の紹介でした。

最後は山代温泉から小松空港に向かい、成田空港への便で帰宅しました。このフライトも遅れて、行き同様ディレイの憂き目にあいました。ああ、飛行機ははずれの旅でしたね。12月というのに温かい北陸で、雪景色は楽しめませんでしたが、観光で歩き回るにはよい気候でした。
間があいたりしてだらだら長くなりましたが、この金沢方面の旅の紹介をこれにて終了します。

e0351590_21151071.jpg

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-23 22:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)
2016年金沢冬の旅、次は金沢の夜のお食事です。
金沢に行ったら必ずお寿司はいれたい、・・・ですが、実はこの日は祝日のため、河岸が休みで空いているお寿司屋さんが限られていたのでした。

その中で、東茶屋街にある、「鮨みつ川」にしてみました。
本当に小ぢんまりとしたお店です。タクシーで行ったのですが、運転手の方にここだと近くまでよせてもららなかったらかなり迷ったかもしれません。
のれんがありましたよ。

e0351590_23532045.jpg

昼間にしっかり食べたのに、お寿司は別腹です(笑)私はおつまみと寿司のコースにしました。

香箱蟹・・・ここでもお目見えです(笑)。名物蟹の季節なので、しょうがないですね。いくつか食べると、もちろんおいしいのですが、後のものはちょっと不利になります。
イカやさわら、太刀魚などが出てきました。
e0351590_23534110.jpg
e0351590_23534258.jpg
e0351590_23534279.jpg
e0351590_23534292.jpg
e0351590_23534395.jpg

e0351590_23534341.jpg



この蟹と内子、いくら、うにの混ぜ鮨のような一品、とてもおいしかったですよ。

e0351590_23534308.jpg
e0351590_23542190.jpg

さて、握りが始まりました。
しらこ、ぶり、イカ、甘エビ、赤貝、カワハギなど、おいしくいただきました。

e0351590_23543395.jpg
e0351590_23543446.jpg
e0351590_23543415.jpg
e0351590_23543432.jpg
e0351590_23543547.jpg
e0351590_23543595.jpg
e0351590_23543592.jpg
e0351590_23543545.jpg

ここのご主人は昔、久兵衛で修行したそうで、確かにつまみや仕事の仕方がちょっと久兵衛を彷彿させますね。こぢんまりとしたカウンターだけのお店なので、コースのみになり、久兵衛のように自由な取り方はできませんが。お値段も最高級のところよりやや手ごろということもあり、まずまずのお味だったと思います。お昼のインパクトが大きかったので、ちょっと不利でした、ハイ。

さて、次は翌日、1か所寄って、山代温泉に向かいます。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-30 21:00 | 鮨みつ川 | Comments(2)
2016年金沢冬の旅、今回のお楽しみのひとつは、金沢老舗料亭「つば甚」さんでのランチです。
ここの予約をベースに前後に観光を組んだ、といっても過言ではありません。

にし茶屋街近くのこの料亭は、犀川沿い近くにあり、道路から入ると玄関回りがすでに独特の雰囲気です。
料亭のおもてなしに迎えられ、玄関を上がって奥のお部屋にご案内いただきました。旅館ではこういうのを経験していますが、実は私たち、料亭は初めてなんです。緊張します^^。玄関を上がると、かわいいぬいぐるみのカップルの飾りとクリスマスツリーを模したデコレーションがお茶目です。

e0351590_23481305.jpg
e0351590_23482628.jpg
e0351590_23481705.jpg
e0351590_23523506.jpg
e0351590_23524550.jpg



お部屋は、1F奥の「小春庵」です。なんでも芭蕉が句会を催した部屋とのこと。掛け軸も芭蕉ゆかりなのでしょうか。
角部屋で副室があり、縁側からの眺めがのどかな雰囲気です。ゆったりとした明るさがいいですね。昔はお宿もしていたそうですから、こちらで確かに泊まってみたいような雰囲気です。

e0351590_23483638.jpg
e0351590_23483640.jpg
e0351590_23483773.jpg
e0351590_23483714.jpg
e0351590_23483796.jpg
e0351590_23502203.jpg

サービスを担当してくださった仲居さんは若いのですがとても細やかで、柔軟な対応してくださり、最後まで気持ちよく過ごすことができました。
まずは、先付からスタートです。美しい盛り合わせで、間もなくお正月ということで冬のしつらえが出てきました。手前の赤いおちょこは素晴らしい絵柄で味のある色味、ここに一口濁り酒をいただきました。実は主人の誕生日をお祝いしたいとお話ししてあったので、それで出していただけたようです。お箸もおちょこもうっすらと湿らせたところが心憎いです。くわい、てまり寿司、バイ貝、鮑と金時草のお浸しなど、素晴らしいスタートです。

e0351590_23503265.jpg
e0351590_23503997.jpg
e0351590_23505491.jpg
e0351590_23505567.jpg

次はお楽しみの椀の物です。

まず器にびっくり!ふたの裏が、食べ終わった後の器の底が見事に繊細な金の船と波を描いた金沢塗のお椀です。
中身も、牡蠣やヒラタケ、大根の薄切りなどを使って上品でありながらうまみも感じる出汁の味を出しています。


e0351590_23512266.jpg
e0351590_23512258.jpg
e0351590_23512142.jpg



そして、焼き物はのど黒だったかな?お刺身も上質なものを少し添えていただきました。すだちを挟んだ氷見のブリがすばらしかったです。くどすぎずいい甘味を感じ、挟んだ巣立ちの薄切りがよい組み合わせでした。


e0351590_23513616.jpg
e0351590_23513779.jpg
e0351590_23513705.jpg
e0351590_23513790.jpg



加賀料理といえば、治部煮。こちらも出していただきました。
器はかなり古そうな塗です。治部煮用の椀だそうです。静かな光沢が渋いよさを出しています。


e0351590_23515677.jpg
e0351590_23515552.jpg


香箱蟹とズワイガニがでてきました。香箱はなんと昆布で作った船に盛られています。ずわいは酢出汁のジュレがかかったもので、味わいも買えていました。品よく少しずつ、季節のカニを二種類いただくことができました。


e0351590_23515810.jpg
e0351590_23515809.jpg



最後の一品・・・うわ~、忘れてしまいました。器は覚えているんですけど。ぬた和えのようなものだったと思います。


e0351590_23520406.jpg
e0351590_23520561.jpg



〆のお食事は、クルミの炊き込みご飯という珍しいものです。これがとてもおいしかったのです。赤だしのお味噌汁とともに。奈良漬けが添えられているのがいい塩梅でした。


e0351590_23522879.jpg

そのあとに和菓子と抹茶、そのあとに水菓子と出していただきました。和菓子がとてもおいしかったのでどちらのか聞いたところ、東茶屋街にある「吉はし」というところのものだとのことでした。とても口どけの良いねり和菓子で、また食べたいと思わせました。ほうじ茶のプリンもとてもおいしかったですよ。旅館だと到着に和菓子をいただくことが多いので、夕食のコースに出ることはまずありません。こういうのが料亭のもてなしのひとつなんだと思いました。

e0351590_23522810.jpg
e0351590_23522956.jpg


大満足のランチでした。おいしい日本酒もいただいてしまったので、ここでかなりくつろいじゃいましたね。
今回のランチは、お店の方と相談し、主人の好みなどお話して、通常のランチ料金より上のコースを組んでいただきました。一見さんの我々に、電話やメールの相談で丁寧に対応していただいたことに、とても感謝しました。すばらしい料亭です。ぜひまた伺いたいと思いました。

さて、次は夕食の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-29 21:30 | つば甚 | Comments(2)
名古屋に降り立ったのはいつ以来でしょうか。友人のお誘いに乗り、名古屋グルメのお食事をいただくことになりました。
せっかく名古屋に行くので、京都も寄ってみよう・・・などと思い始めてしまったら、なんと名古屋は食事の夜だけで、あとはずっと京都をうろうろしてしまいました(笑)しかも、ホテルも京都になって・・・。

というわけで、さくっと名古屋ですが、簡単に紹介を。


京都から移動、早めに名古屋に入ろうと思ったのですが、押せ押せになり、結局30分ぐらいしか余裕がありませんでした。
たった30分でしたことは・・・はい、駅前のマリオットアソシアホテル名古屋をちらっと見てきました^^。ホテル好きのPockieですから、しょうがないですね~。本当はここに泊まるはずだったんですが(苦笑)

e0351590_19062228.jpg
e0351590_19062258.jpg


JR名古屋ビルの上ですから、すぐさま看板を見つけてエレベータに乗りました。
11月ですが、すでにクリスマスに向けたデコレーションとなっていました。駅ホテルなので、きっと泊まり以外に立ち寄る方も多いでしょうね。ロビーはなかなかいい感じです。広々としていますね。

e0351590_19062345.jpg
e0351590_19063500.jpg
e0351590_19063575.jpg


エレベータで最上階まで上がると、そこにはバーがありました。エレベータホールは一昔・・・いやふた昔前ぐらいのレトロ感あるゴージャスさが、何となく親しみを感じてしました。後で時間があったら寄ろうかなと思い、少し感じを覗いてみました。夜景のすばらしい最高のビューバーでした。結局立ち寄ることなく、京都に戻ることになってしまったのですが。。。


e0351590_19063599.jpg
e0351590_19070915.jpg
e0351590_19071043.jpg

そんなこんなで、ちょこっと見ただけでマリオットは退散です。お食事の場所に向かいました。

「山猫軒」は名古屋のグルメの間では有名のようで、食べログでも高い評価を得ていました。ただ、カウンターなのに完全予約制で、メニューもおまかせ、料理は全員一斉スタート、オーナーのこだわりがいろいろあって、はまるほどの人とちょっと合わない人と別れるようです。場所は地下鉄丸の内駅から割にすぐなのでsが、夜にそのあたりに行ってみて、周りが静かでちょっと怖い感じ・・・しかも小さなビルの階段で2Fに上がっていくちょっと恐る恐るな場所にありました。

今回はすっぽんのコースです。
メニューはないので、細かい部位の名前はすっかり忘れてしまいましたが、なにしろ、見た目では何が出てきたかわからない、ラインナップです。

まずは、スタートにオーナーの講釈があります。これが、料理の旅にありますので、これで苦手な人もあるかな。
お店のポリシーなど紹介が、このディナーマットに印刷されています。始まるまで、何となく読んでいました。お酒はおすすめをマリアージュで少しずつ出してくださるのが3000円とのことで、それにしちゃいました。

e0351590_19031162.jpg

場所はオープンキッチンで、この字型にお客様の席が囲むスタイル、15人ほど座れます。

まずは、ワインからスタートです。このワイングラス、ちょっと変わった形です。ITSUKI(イツキ)というグラスで、アシンメトリーな曲線が、飲み物の味を変える魔法のグラスなんです。ワインをくゆらせず、好みの角度から飲むと、向きによってそれぞれ味が違うというびっくりなもの。なかなか面白い体験をさせていただきました。

e0351590_19031101.jpg
e0351590_19045834.jpg


料理はさくっと並べていきます!
すっぽんのさまざまな部位をユニークに調理し食べさせてくださるラインナップ!脂の部分、スープ、お粥とのマッチ、チャーハン、ぼんじりのような串で焼いたもの、生血を利用したもの、揚げたもの、煮込んだものなどなど、これは好きな方にはたまらないほど楽しい演出です。また、すっぽんをあまり知らない人には驚きの連続で賞。私も楽しませていただきました。すっぽんのコースでこの料金はありえないというほど、お得だと思います。

e0351590_19032408.jpg
e0351590_19032441.jpg
e0351590_19035542.jpg
e0351590_19035574.jpg
e0351590_19035669.jpg
e0351590_19035675.jpg
e0351590_19040764.jpg
e0351590_19040759.jpg
e0351590_19040706.jpg
e0351590_19042206.jpg
e0351590_19042297.jpg
e0351590_19042365.jpg
e0351590_19043388.jpg

e0351590_19043399.jpg



最後のすっぽんの雑炊でしっかり満足の〆でした。おこげまですっかりいただいてしまいました!

e0351590_19045929.jpg
e0351590_19052272.jpg
e0351590_19052363.jpg
e0351590_19052389.jpg


というわけで、本当にちょこっと名古屋でしたが、でも楽しい夜でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-21 22:00 | グルメ | Comments(0)