Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

タグ:グルメ ( 67 ) タグの人気記事

「コンラッド東京」の紹介、今回はメーンイベントのディナー、そして朝食です。

実はまた「チャイナブルー」です。

このインテリア、なかなか好きなのですよ。天井が思いっきり高くてブルーをあしらった天井からのしつらえが中華らしくなく、ドラマチックに演出してくれるのです。

e0351590_22312422.jpg
e0351590_22312495.jpg


昼は飲茶だけのライトランチでしたので、夜は飲茶でないツェイ料理長渾身のメニューを特別に仕立てたものです。誕生日ディナーということで、手配はすべて主人がレストランと相談して、希望を伝えておまかせにしてくれました。

このメニューを見ただけでは、どんなものが出てくるがわからないのですよ^^。

e0351590_22320022.jpg
e0351590_22320019.jpg


前菜三種盛りです。いきなりすごい盛り合わせで驚かせてくれます!
ホタテと胡瓜で仕立てたもの、海老と豆、そして北寄貝だったかな。生に近い火の入り具合、うまみの引き立て方と食感が素晴らしいです。ワクワクとしたスタートでした。

e0351590_22320110.jpg
e0351590_22330735.jpg
e0351590_22330745.jpg

e0351590_22330791.jpg

前半にメーンイベントです。ツェイ料理長自らが作ってくださった「鴨肉入り濃厚黄湯スープ」鍋仕立てのスープです。

すごいうまみです。何で作ったんでしょう。詳細聞きませんでしたが、本当に滋味深いおいしさ。あっさりしていますが、素材がたくさんしみこんでいるんだというのが感じられました。

e0351590_22333998.jpg
e0351590_22333992.jpg
e0351590_22334090.jpg


白身魚のチリソースかけ
魚の柔らかな食感がよく、臭みもなく、チリがよいアクセントの、ツェイ料理長お得意のシンガポール系な中華の一品です。

e0351590_22335842.jpg


蟹肉と上海蟹みそあんかけ
蟹肉の香りがよく、みその旨味がたまりません^^。

e0351590_22335843.jpg


豚バラのやわらか煮 蒸しパン添え
この豚肉の旨味はなに?!おいしい!相当時間かけて煮込んだものと思います。
でも、かなりおなかいっぱいになってきました。。。

e0351590_22350124.jpg


鶏肉のまぜそば
旨みしっかりの焼きそばです。朴葉の香りが移った骨付き鶏を使ってとてもおいしいのですが、ここは、もう少しあっさり系が、ちょっぴりほしくなりました。

e0351590_22350111.jpg
e0351590_23585425.jpg

デザートはタピオカ風したてのプリンのようなものでした。甘味はあっさりめ、フルーツ添えで、酸味とのバランスもある二品でした。

e0351590_22351319.jpg


そして、でてきました。桃饅でこんな気の利いたお誕生日デコレーションをしてくださいましたよ。大きなケーキもいいですが、後食べるのが大変なので、このぐらいが実用的にも食べられてうれしいです♪ ツェイ料理長、ありがとうございます。

e0351590_22351355.jpg

たっぷりと堪能した誕生日ディナーでした。
おなか一杯、満足です♪


翌朝は、「コラージュ」でのビュッフェ朝食です。
ビュッフェメニュー以外に、オーダーの温かい卵料理もいただけるのはうれしいですよね。私のとったココット風の卵はおいしかったです。

e0351590_22371439.jpg
e0351590_22371488.jpg
e0351590_22373517.jpg


ビュッフェも、クオリティとバラエティはかなりいいレベルだと思います。わくわくするようなデコレーションの演出は、さすがおしゃれですよね。ただ、前日にたくさん食べすぎたので、食べきれなかったなあ。

e0351590_22363234.jpg
e0351590_22363336.jpg
e0351590_22363359.jpg
e0351590_22365668.jpg
e0351590_22365676.jpg
e0351590_22365615.jpg

以上、コンラッド東京~My Birthday!~編の紹介でした。
バースデー特別アレンジは、よい思い出です♪

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-16 21:00 | コンラッド東京 | Comments(0)
2017年シルバーウィークの旅、会津東山温泉「向瀧」の紹介は、お食事です。

こちらのお食事は、里山会津の恵みをいただく、素朴なものです。見るからに旅館料理を並べました~というのを改善するために、コンセプトを変えたのが10数年ほど前、それ以来、このポリシーを貫いていらっしゃるそうです。

心のこもったお品書きですね。季節ごとにかわる献立です。
お部屋でお仕度いただけます。

e0351590_19140721.jpg


熱いお湯であったまりましたので、まずは、ぷは~っとビール。猪苗代地ビールでスタートです。そのあとの飲み物は、純米吟醸「京の華」です。

e0351590_01082853.jpg
e0351590_01090389.jpg

最初にある程度並べられ、そのあとは順次一品ずつお持ちいただけます。
先付、前菜をまずは楽しみます。
胡麻豆腐、黄味寿司、モロヘイヤの醤油漬けなど、素材をいかしつつ少し手をかけた品々です。ニシンの山椒づけは会津の名産ですね。

e0351590_01084769.jpg

会津藩伝承の鯉のアラ煮は臭みがまったくなく、とてもおいしい一品です。ただこれがどーんと出てくると食べきれないほど大っきい!・・・私たちは最初から一切れをシェアし、もう一切れをお持ち帰りにしてもらいます。真空パックにしていただけるので、帰ってから数日後に自宅で味わいます。

e0351590_01085360.jpg

向付の鯉の月見はびっくり!海魚のお刺身は絶対出さないこちら、川魚でちょとした趣向です。お酒にあいますよ。

e0351590_01085392.jpg


椀の物は、焼きシイタケとオクラ、焼き物は会津地鶏とキノコの朴葉焼、進肴は牛の姫ステーキです。おしのぎは、鮎飯がちょこっとかわいく出ました。

e0351590_01090403.jpg
e0351590_01091561.jpg
e0351590_01091651.jpg

煮物は、会津名物のこづゆです。丸茄子の揚げ物とお米添えはユニークですね。

e0351590_01091652.jpg
e0351590_01092210.jpg


お食事は、会津のコシヒカリのごはんに、香の物、大根の葉と油揚げのお味噌汁です。
お米をいじらず、あまみとうまみでしっかり食べさせます。

e0351590_01092351.jpg

〆のデザートは、会津りんごのジュレ掛け。さっぱりと仕上げにいただけました。

e0351590_01092983.jpg

ふぅ~、食事も終わってお布団を敷いていただきました。
以前ちょっとせんべいっぽいと思ったお布団、少し改善したかもしれませんね。

翌朝です。
朝ごはんも献立表がありますよ。
ぜひ味わってほしいとの宿の思いからです。
会津のコシヒカリはもちろん、オクラのたたきや茄子の揚げ凌ぎなど、きちっと手作りのものを出してくれます。

e0351590_19284626.jpg
e0351590_19284665.jpg
e0351590_19284757.jpg
e0351590_19284706.jpg


最後は、宿の皆様に見送られて、宿を出発します。玄関前に車が置けないので、宿の方が順次バレーパーキングのように車を玄関前に持ってきます。チェックアウト10時はちょと忙しいのが玉に瑕ですね。

e0351590_01113804.jpg
e0351590_01113925.jpg

宿を後にして、会津を少し名残惜しく、会津塗のお店とお蕎麦やさんに寄って帰りました。

e0351590_01114932.jpg
e0351590_01114930.jpg

ちょっと雑な紹介でしたが、2017年のシルバーウィークに行った、山形と福島の旅でした。
慣れたデスティネーションですが、新たな場所にも行き、毎回発見とくつろぎを感じるのでした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-04 21:00 | 向瀧 | Comments(0)
2017年シルバーウィークの旅、山形蔵王を出て、福島県に向かって南下します。

まずは、かみのやま市にある「高橋フルーツランド」です。
目的はブドウ&カフェ!前回寄った時、ぶどうがとてもおいしくて、また買いたいと思ったことと、並んでいたカフェが気になって、今回は開店すぐにトライしました。

「HATAKE CAFE」果樹園のカフェなんで、素朴な雰囲気の中にさりげないおしゃれな演出です。

e0351590_22531564.jpg

これこれ!シャインマスカットのパフェ!すごいでしょ。
大きな粒に器から思いっきり盛り上がっています。粒はつやつや&大粒がとてもおいしい。これで1200円はお得です。
もう一つのお得なフルーツ盛り合わせのパフェも悪くないですよ。こちらはなんと600円というめちゃお得プライスです。ぜひぜひおすすめです♪

e0351590_22594541.jpg
e0351590_22594549.jpg


ブドウもたっぷり買って、さてさて次のデスティネーションへドライブです。

e0351590_22531541.jpg
e0351590_22424352.jpg


到着したのは、喜多方です。

蔵とラーメンの街、以前ちょっとだけ寄ったことがあるのですが、本当に久々です。
ラーメンの写真は失念!・・・「まるや食堂」に行ってみました。喜多方老麺会の初代会長のお店だそうです。醤油ラーメンがスープと麺の感じがとてもあっさりながらコクも感じておいしかったです。満足♪

そのあと、街中を散策です。
蔵の街とあって、建物が元蔵のところが多く、とても雰囲気ある感じです。
昭和のレトロな雑貨やさんなんかもありましたよ。

e0351590_22455142.jpg
e0351590_22454101.jpg
e0351590_22492664.jpg



途中休憩して、喫茶店に寄りました。こちらは年配のマスターのいれるコーヒー、やはり蔵の建物です。レトロ~!

e0351590_22455608.jpg
e0351590_22460500.jpg


そして、喜多方の蔵で作られたお味噌、お酒、お醤油、味見をしてとてもおいしかったので、買って帰りました。
そうそう、こんな看板も・・・たばこやさんなんて、最近ないですよね。

e0351590_22461322.jpg
e0351590_22461864.jpg
e0351590_22472572.jpg

ちょっと雨でお天気が今一つですが、喜多方の街をさくっと楽しむことができました。

さてさて、次のデスティネーション、お宿に向かいますよ~!

[PR]
by Pockie_totoro | 2018-01-02 15:00 | 国内観光 | Comments(0)
2017年シルバーウィークの旅は、山形県蔵王温泉「岩清水料理の宿 季の里」、食事のご紹介です。

食事は、お食事処に案内されます。
個室ではなく、テーブルごとに案内される形でした。
メニューです。和洋折衷のコース仕立てで、最初に半分ぐらいセッティングされ、そのあと温かいものなど少しずつまとめて出ていくる形です。

e0351590_22090821.jpg
e0351590_23195084.jpg


前菜、なかなかきれいに仕立ててきましたよ。
胡麻豆腐、そばの実などおいしかったです。

e0351590_23195052.jpg


お造りは、めかじき鮪がとても甘かったです。かんぱちやミル貝などとともに。

e0351590_23195005.jpg


松茸の土瓶蒸し

e0351590_23194342.jpg

アマダイの蒸し物
柔らかいあじわいでした。

e0351590_23194398.jpg

蔵王牛のステーキにつぶ貝の磯焼
お肉が、ちょっと脂がおおめでしたね^^。

e0351590_23194356.jpg


ホワイトカレーのパイ包み焼き
お宿のスペシャルとのこと。カレーがまろやかでサクサクのパイを崩していれる食べ方が、楽しいです。

e0351590_23194411.jpg


木の実のサラダ
最後にさっぱりと

e0351590_23194446.jpg


お食事とデザートで〆ました。
松茸ごはんはやっぱりうれしい!抹茶ババロアも手作りだそうで、おいしかったです。
e0351590_22231829.jpg
e0351590_22231871.jpg

お部屋に戻ると、お布団が敷かれていました。
一部屋ですと、別室での食事がうれしいですね。戻るとお布団が引かれていて。においもこもりませんし。

e0351590_23195413.jpg


翌朝は、早く起きて露天風呂のあと、ちょっと裏の池を散策してみました。澄み切ったマイナスイオンの空気、なかなか気持ちがいい!こういう立地にあるお宿はいいですよね。

e0351590_23201668.jpg
e0351590_23201730.jpg

ロビーでコーヒーを飲んでから、さて朝食です。


e0351590_23202623.jpg
e0351590_23202555.jpg


はえぬきのごはんがおいしい、やさしい和食の食事でした。

高台の器にはいっている「だし」という山形の名物がとてもおいしくて、つくり方を聞いてきました。きゅうり、なす、オクラなどを細かく刻み、とろろ昆布、納豆など、とろみのあるもので、独特のお出汁で混ぜるものです。アツアツのごはんに乗せるとおいしいんです!こういう郷土料理との出会いってたのしいですよね。

e0351590_23203031.jpg
e0351590_22362866.jpg


玄関前には、たくさんの地酒もラインナップです。

e0351590_22373666.jpg

お風呂にお食事に、比較的手ごろなお値段で楽しく過ごせた蔵王の宿でした。

さて、次の地へ移動です。



[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-31 23:00 | 季の里 | Comments(0)
年内どれほどアップできるかわかりませんが、少しても進めておきますね。
2017年シルバーウィーク(SW)の旅を紹介します。今年も山形・福島に行きました。昨年と似たようなコースになっちゃいました。果物が美味しくて天気がよければ大自然を楽しめるシーズンです。

朝早くスタートしたドライブ、向かうは山形蔵王です。
宮城蔵王は何度か行ったことがありますが、山形蔵王の宿泊は未体験です。今回は宿泊にからめて、蔵王内もしっかり楽しみました♪

まずはなんといっても蔵王連山です。ロープウェイで山の上まであがりました。
割に空いていたので、それほど並ばず、ゆったりと上がることができ、抜群の景色も堪能です。

e0351590_21373976.jpg
e0351590_21374058.jpg
e0351590_21382179.jpg
e0351590_21382515.jpg


山頂の広がる眺めを楽しみながら、散策しましたよ。お天気が割によかったのでラッキーでした。

e0351590_21403618.jpg
e0351590_21402370.jpg
e0351590_21402301.jpg

さらにロープウェイで上がると、こちらのドッコ沼の神秘的なブルーに引き込まれるように!

・・・が、散策が中断(><)あほなことに、ロープウェイでスマホを落とし、散策の途中でロープウェイに戻って探す羽目に・・・幸い、すぐに見つかりホッと。ホントだめですねぇ。

e0351590_21434790.jpg
e0351590_21451671.jpg
e0351590_21434867.jpg
e0351590_21434789.jpg

無事、スマホが見つかったけど、奥までの散策はあきらめて少しだけ茂みのほうにはいり、戻ってきました。

e0351590_21460898.jpg
e0351590_21455823.jpg

ロープウェイで下山です。ここで上から見えたところにも・・・後ほど。

e0351590_21454233.jpg


雄大な山のあとは、ハンバーグランチをいただきました。ボリューミーで結構で見蔵ソースがおいしかったですよ♪

e0351590_21462457.jpg
e0351590_21462473.jpg


この後、お気に入りの大露天風呂に立ち寄り、ゆったりとお風呂に入りました。

e0351590_22352643.jpg
さて、宿に向かいます♪

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-28 15:00 | 国内観光 | Comments(0)
まだまだアップのネタは溜まりまくり(笑)ですが、2017年も間もなく終わるところ、Pockieのお泊りフェチ、2017年のお泊りオブ・ザ・イヤーの紹介と行きましょう。

今年はフライト修行でポイント貯めて、それに伴って、宿泊もいつもの倍以上、どれを選んでいいのやら、もう迷いまくりです。えいやと、決め打ちで選考です!


<海外ホテル>

ラッフルズホテル・シンガポール

こちらは迷いなしの選考です!あこがれのラッフルズ、なんと羽修行にからめてしまいました。1泊だけですが、アーリーチェックインから、翌日午後まで、ほぼホテルから一歩も出ず、本当に余すところなく堪能しました。ホテルフェチ炸裂の滞在でした。

歴史ある建物、もてなし、エレガントな空間、クラシックなインテリア・・・すべてが魅了してくれました。もちろん、本場のシンガポールスリリングもいただきましたよ。

e0351590_22071812.jpg
e0351590_22083987.jpg
e0351590_22105884.jpg
e0351590_22074862.jpg
e0351590_23291836.jpg
e0351590_23292853.jpg
e0351590_22104373.jpg
e0351590_22080966.jpg

<国内リゾートホテル>

ANAインターコンチネンタルホテル万座リゾート

悩みました。。。。そして、羽修行の原点となった、沖縄のこのホテルを選びました。最初のフライトの宿泊地です。すばらしい万座の立地に、クラブラウンジでのくつろぎ、海と空の眺めは素晴らしいものでした。沖縄の地で、日本のシングルモルトを楽しんだのもいい思い出です。
e0351590_23105651.jpg
e0351590_23102448.jpg
e0351590_23103813.jpg
e0351590_23100883.jpg
e0351590_23380482.jpg
e0351590_23104974.jpg

沖縄は、ホテル以外にも、沖縄そばやハワイアンパンケーキ、海ぶどうのどんぶり、マンゴパフェなど、南国グルメを大自然の中を散策しながら楽しんだのもよい思い出です。万座毛もダイナミック!これで、沖縄に通う羽目に(笑)

e0351590_23113146.jpg
e0351590_23392941.jpg
e0351590_23113670.jpg
e0351590_23383245.jpg
e0351590_23122193.jpg
e0351590_23122994.jpg

<国内シティホテル>

ヨコハマグランド・インターコンチネンタルホテル

まだ紹介をしていませんが、先般利用しました。IHGのプラチナ目の前のポイントがたまり、最後に1泊追加したものです。ここですばらしいUGの恩恵をいただき、ジャパニーズスィートにアサインされました。3年ほど前のリニューアルしたクラブラウンジを初利用、フェスティブシーズンということもあり、クリスマスイルミネーションなど、たっぷりと海とライト、空間を楽しむことができました。

e0351590_23170096.jpg
e0351590_23170462.jpg

ジャパニーズスィート

e0351590_23182142.jpg
e0351590_23182189.jpg
e0351590_23182265.jpg
e0351590_23182247.jpg
e0351590_23193601.jpg

クラブラウンジ

e0351590_23192728.jpg
e0351590_23195200.jpg

<国内旅館>

高湯温泉「ひげの家」
(リンク先は7月の宿泊、こちらの写真は11月の宿泊です)

これも悩みました。そして選んだが、思い切ってこちらです!
今年初めての宿ではありません。2度以前宿泊していますが、昨年できた露天風呂付きスィートに泊まってみたくて滞在、感激しました。ひろびろとしてベッドルームと畳スペース、バルコニーにある源泉かけ流しの硫黄泉の露天風呂でまったりです。湯治のような気楽でこゆい湯質のお風呂と、快適なでおしゃれな客室が見事にマッチしました。

パブリックスペースの大浴場、露天風呂もすばらしい泉質でお風呂は健在。おいしい食事とともに、温泉三昧を楽しみました。雪見風呂もこちらで体験しました。

e0351590_22564568.jpg
e0351590_22565328.jpg
e0351590_22571388.jpg
e0351590_22572590.jpg
e0351590_22574292.jpg

以上、今年のお泊りオブ・ザ・イヤーの紹介でした。

皆さまのお泊りは?年の瀬・・・もうすぐ終わりますね。
今年は身内に不幸があったので、新年のご挨拶を控えさせていただきますが、皆様よい年を。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-26 21:00 | お知らせ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、終わりました。バリと温泉を余すことなく堪能しました。

「御宿かわせみ」を出てドライブは、まず、福島県のフルーツ街道の桃です。
高い粒の大きい贈答用の横に、小粒な規格外品が運ばれてきました。大粒は一箱3000円、こちらの規格外品は、なんと800円!車に積んで、どっさりと買ってきましたよ。日本のくだものグルメです^^。

e0351590_22191577.jpg
e0351590_22191565.jpg

そして、茨城の山間部を走らせるは、奥久慈です。こちらの「奥久慈しゃも」のすき焼きをランチでいただきました。しゃもは何度も食べたことがありましたが、すき焼きは初めて!噛み応え、出汁をうまく吸い込んでおいしい♪「御宿かわせみ」の懐石も素晴らしかったですが、こちらは野性味のおいしさです。
ちなみに、大粒の生ガキもおいしかったですよ~!

e0351590_22195580.jpg
e0351590_22195540.jpg
e0351590_22195514.jpg

ふぅ~、旅終わった!

バリ、うーん、やっぱりよかったですね。
キャリアは、特典旅行でとった、ガルーダ航空のビジネスクラスでした(デルタマイルの掃き出し&ANA提携)。初めてデルタ航空のラウンジを利用し、往復の座席は、フルフラットになるので、とても楽でした。

e0351590_23534551.jpg
e0351590_23024712.jpg
e0351590_23022376.jpg

バリでは、ゆるりとした空気の流れるアマンのもてなしを受け、バリを満喫することができました。

アマンダリ・・・ひょんなことで泊まることになりましたが、あのプールスィートにはやられました!田園に渓谷と、ともにすばらしいビュー、クールなウブドのリゾートは、ちょっと寒いぐらいでした。

e0351590_23565234.jpg
e0351590_23585515.jpg

ランチは、バイスロイのレストランに出向き、夢のウエリントンに感動・・・でもうおなか一杯!

e0351590_23562215.jpg

移動して、アマヌサは以前気に入ったリゾート。
このロビーから、ラウンジからの眺めにやられました。ビーチリゾートではない海のながめがこんなに素敵なリゾートはほかに見当たりません。
e0351590_00092657.jpg
e0351590_00041219.jpg
こちらのプールスィートも秀逸。
プールもいいですが、このバレでぼんやり眺める景色、朝日の時間は幻想的でした。

e0351590_00043251.jpg
e0351590_00023432.jpg

リゾートの花たち、麦わら帽子・・・。ときと空間を忘れさせる、非日常がここにありました。

e0351590_00044722.jpg
e0351590_00083315.jpg
e0351590_00071814.jpg

レストランやプールサイドのフルーツも、すべて非日常を演出する「小道具」です。

e0351590_00092936.jpg
e0351590_00094155.jpg

国内に戻り、「御宿かわせみ」で和の非日常を味わいました。
和食はやはりすばらしいです。

e0351590_23523641.jpg
e0351590_23143973.jpg
e0351590_23135519.jpg

夏休みは終わりました。

1週間のリゾートタイムは、毎年こころに非日常を与えてくれます。
「日常」に戻る翌週はちょっとつらいですが、やっぱり行きたい!・・・リゾートな夏休みにこだわるPockieでした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-18 08:00 | 海外観光 | Comments(0)
2017年夏休みの旅、「アマヌサ」からのお出かけを紹介です。

まずは、ヌサドゥアの外出とは「バリ・コレクション」です。アマヌサでは、ヌサドゥア内の送迎は無料で車を出してくれます。私が一番に行きたかったのは、大好きなバリレースのお店「ウルワツ」です。ここで、レースをあしらったパンツやドレスなどを購入しました♪バリとしては良いお値段ですが、ファッション性のあるデザインとしてはお得な値段だと思いますよ。1万円前後までですから。その他の店をプラプラと見て回ったり、ちょっぴりフットマッサージもしてみたり^^。
e0351590_00265812.jpg
e0351590_00265820.jpg
e0351590_00265955.jpg

となりのホテル、セントレジスにも潜入してみました。
エレガントなロビー、ゆったりとした広い敷地で緑の中を散策し、ビラエリアやビーチも垣間見ることができました。アイスクリームバーで、アイススクープも楽しみましたよ。

e0351590_00331520.jpg
e0351590_00331600.jpg
e0351590_00334576.jpg
e0351590_00340035.jpg
e0351590_00352771.jpg
e0351590_00354668.jpg
e0351590_00354786.jpg
e0351590_00355230.jpg
e0351590_00355278.jpg
e0351590_00360803.jpg

夜はウルワツの「ブルガリ・リゾート」に出かけましたよ。
「サンカール」でディナーをいただきました。実は、予約をしていたのはイタリアンの「イル・リストランテ・ルカ・ファンティン」のほうだったのです。ところが、当日キッチンでトラブルがあり、予約した日含め数日レストランがクローズとなってしまったのです。かわりに、「サンカール」をご招待するとホテル側からオファーがあり、伺うことになったものです。

車で30分ほどの移動、日没時間に到着しました。本当はサンセットをバーで見たいと思ったのですが、曇っていたので断念です。ロビーから、それは素晴らしいホテルです。カートでレストランエリアに移動しました。

e0351590_00275889.jpg
e0351590_00275817.jpg
e0351590_00275857.jpg
e0351590_00284551.jpg

レストランでは、インドネシア料理のヌーベルキュィーズといった感じの、とてもセンスのよいアレンジでした。代替のレストランであまり期待していなかったのですが、思いのほか美味しくて、本当にサービスも素晴らしく、大変楽しい食事を楽しむことができました。

コンプリメンタリーだったので、お酒やドリンクはとらないと失礼!シャンパンをいただいてしまいました。ワインも楽しみました。チキンとエビも火の入り具合とスパイス使いがちょうど口にあり、とてもおいしかったです。野菜やデザートも秀逸!さすがブルガリ・リゾートのレストランですね。ますます、イル・リストランテが気になりました(笑)。
e0351590_00294589.jpg
e0351590_00300097.jpg
e0351590_00300022.jpg
e0351590_00300108.jpg
e0351590_00300186.jpg
e0351590_00300163.jpg
e0351590_00303103.jpg
e0351590_00303186.jpg

ちなみ、ここのトイレ、なんとウォッシュレットがありましたよ!!

e0351590_00291598.jpg
e0351590_00291528.jpg


残念ながら伺えなかった「イル・リストランセ・ルカ・ファンティン」は、静かなレストランエリアだけが静けさの中にたたずまいがありました。次回リベンジしたいですね。

e0351590_00311582.jpg
e0351590_00311502.jpg


食後は、隣のバーで軽くドリンクをいただきました。オンザロック、ちゃんと丸氷を作っていましたよ。

e0351590_00343533.jpg

ロビーに戻ると、花火イベントがあり、とても華やかに、でも品よく演出されていました。

e0351590_00313155.jpg
e0351590_00313180.jpg

以上、アマヌサでのお出かけ紹介でした。

次回は帰国編です。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-03 23:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマヌサ」の紹介はレストラン編です。

まずはお楽しみの朝食です。オールデーダイニングである、ザ・レストランでいただきます。私たちは眺めの良い外側のテーブルで屋根のある所に陣取ります。3泊レストランでいただきましたが、席は日によって、ちょっとずつ変えてみました。


1日目。
スムージーに、チーズとブルーベリーのパンケーキ、オムレツなどです。以前、ここのリコッタチーズとブルーベリーのパンケーキが美味しいという評判を聞いて食べたのですが、とてもおいしかったので、今回もお願いしたら、残念ながら代替の材料で作る形となりました。味はまあ普通でしょうか・・・。年数立つといろいろ変わるものです。
e0351590_22382986.jpg
e0351590_22383006.jpg
e0351590_22383229.jpg

2日目。
ポーチドエッグ、クロワッサンなどのパン、ジャガイモのガレット、インドネシアのスープヌードルです。パンについてきた様々なジャムがとてもおいしくて、つい食べ過ぎました。囚人はガレットが気に入ってリピしていました。卵料理は、もうちょっと頑張ってほしいかなあ・・・と。ポーチドエッグ、中が固まってたよぉ。。。ヌードルはリクエストで作っていただきました。長崎ちゃんぽん風^^。

e0351590_22385905.jpg
e0351590_22391897.jpg
e0351590_22391950.jpg
e0351590_22393398.jpg
e0351590_22391913.jpg

3日目。
カフェオレにホワイトオムレツ、ほうれん草とマッシュルームのソテーをたっぷりと。最後の朝食でした。

e0351590_22433102.jpg
e0351590_22433179.jpg
e0351590_22433351.jpg

初日の夕食に、朝食と同じザ・レストランでアジアン料理をいただきました。
夜の帳が来る前にお席に陣取りました。いい感じに空が暗くなってきます。
海老フライドスナックをつまみにカクテルでスタート、もち米のカオニャオを添えて、トムヤンクンの辛みを楽しみました。丸ごとの魚料理は香草にライムでソースを添えて、白身の旨味をたのしむことができました。サイドディッシュに、野菜炒めなども添えて。ほとんどタイ料理の組合せになっちゃいましたね^^。

e0351590_22372255.jpg
e0351590_22373453.jpg
e0351590_22373591.jpg
e0351590_22374960.jpg
e0351590_22374924.jpg
e0351590_22375015.jpg
e0351590_22375227.jpg
e0351590_22375328.jpg

最後の夜は、夜だけ営業するメインダイニングの「イタリアン・レストラン」にしました。なんと私たちだけの予約で、貸切です!天井のライトがテーブルに落とす光と影のコントラストがドラマチックです。

e0351590_22403998.jpg
e0351590_22414385.jpg

サーモンのカルパッチョ、魚のソテー、手打ちパスタ、ショートパスタのスープ、ローストロブスターと豪快に攻めてみました。主人とシェアでいきましたが、少し足りずに追加のロングパスタのボロネーゼ風も追加してしまいました。最後はチョコスフレのデザートの〆で。なかなか優雅においしくいただけました。ソムリエの方はもう少し頑張ってほしかったかなあと。

e0351590_22415781.jpg
e0351590_22415729.jpg
e0351590_22423114.jpg
e0351590_22423247.jpg
e0351590_22424097.jpg
e0351590_00045207.jpg
e0351590_00050021.jpg
e0351590_22425694.jpg
e0351590_22430541.jpg

名残惜しく、レイトチェックアウトはルームサービスで軽食をいただきました。スープにミーゴレンです。お部屋に愛着を感じながら、ゆったりと最後の時間を楽しみました。
e0351590_22434506.jpg
e0351590_22434578.jpg
以上、ホテル内のレストランでした。
ちょっと雑な紹介ですみません。かなり忘れてしまっていますねぇ。

これ以外に、外出をしています。次回はその紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-30 21:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介・・・からずれますが、お出かけ編です。

まずは、ランチででかけたのは、ヴァイスロイのフレンチレストラン「カスケード」です。ウブド北東側でアマンダリから車で20分ぐらいのところにあります・・・が、ウブドのメインストリートはどこも渋滞!30分ぐらいかかり、帰りは小一時間でした^^;。ウブドの渋滞、前回もそうでしたが、本当に参ります。

e0351590_22410206.jpg


アマンの送迎車で到着したのは、ブティックリゾート・ホテル「ヴァイスロイ・バリ」です。
ちなみに、アマンダリでは、ウブド内の送迎は無料です。これ、けっこううれしいサービスですよね。

前回のバリ島でこのレストランを利用し、フレンチがおいしくて眺めがよく、とても気に入りましたので、再訪です。アマンダリに予約をお願いしましたので、到着してすぐにレストランのほうへ案内いただきました。

e0351590_22373321.jpg
e0351590_22373424.jpg
e0351590_22373509.jpg
e0351590_22373577.jpg

この眺め!
やっぱりここは、昼間の利用がいいです。ですので、あえてランチにしたのです。
ちょっとはずかしいドレスで太い腕を披露・・・すみません、お目汚しを。
e0351590_22381791.jpg
e0351590_22392326.jpg


アミューズからスタートです。
内容がかなり飛んでいるので、おおざっぱな紹介で失礼します。

クリームチーズにサーモンを練り込んだものをクッキーのようなものにのせてあり、さくっと軽やかなスタートです。

e0351590_23072987.jpg


前菜です。私は、蛸のマリネにカリフラワー・イカスミなどのソースをそえて、主人はフォアグラのテリーヌを取りました。

e0351590_23072903.jpg
e0351590_23073032.jpg


主人は大好きなスープをとりました。
クリームの内容は失念^^。ダックのコンソメを注いでいただくものです。

e0351590_22393946.jpg
e0351590_22393906.jpg
e0351590_22393997.jpg

口直しのシャーベットをはさみます。

e0351590_22394848.jpg


赤ワインを選びました。

e0351590_22395957.jpg


メインの登場です。

ビーフウエリィントンンです。2人前となっており、その場で切り分けていただきました。アーティチョークとポテトが添えられています。さくっさくのパイ・・・いや~メニューにこんなものがあったので、びっくり!たっぷりいただき・・・おなかが苦しいほどでした。

e0351590_22401801.jpg
e0351590_22402015.jpg
e0351590_22402126.jpg


食後のデザートは、軽くアイスクリーム。ドリンクは生ハーブティーにチョコレートが添えられてきました。は~食べた食べた!満足です。

e0351590_22402833.jpg
e0351590_22403605.jpg
e0351590_22404746.jpg
e0351590_22404728.jpg


この日の夜は、夕食抜きでした^^。でも、満足感はとても高かったです。

2泊でしたので、翌日にはチェックアウトです。
アマンダリの車で、次のホテルへ移動します。

e0351590_22433857.jpg
e0351590_22434438.jpg
e0351590_22434423.jpg
e0351590_22434489.jpg

途中寄ったのは、毎度、「ジェンガラ」です。

こちらの食器を見るのは毎回お約束です^^。
建物もおしゃれで、目を引く石造りです。中にはジェンガラ・カフェもあります。
中は撮影禁止のため、たっぷり目に焼き付け、ジェンガラの器たちをお買い物してきました^^。毎回買い足しです。

e0351590_22444939.jpg
e0351590_22445082.jpg
e0351590_22444956.jpg
e0351590_22445018.jpg
e0351590_22444994.jpg


さて、お買い物も満足♪・・・次のホテルに向かいます。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-16 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)