Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

タグ:グルメ ( 46 ) タグの人気記事

シンガポールの旅、「ラッフルズホテル」の紹介は、レストランです。

ラッフルズおこもりでしたので、食べたのはホテル内ばかりでした。

まずは、早朝着いて、チェックイン&スパ施術のあと、ランチを「ティフィンルーム」に行きました。ティフィンルームというと、雑誌等でアフタヌーンティが有名です。でも、こちらのランチ&ディナーの北インドカレーのビュッフェも実は長年の定番なのです。エントランスのインド人ベルの方が象徴になっているように、こちらはインド料理がお得意です。

まずは写真でラインナップをご紹介しましょう。インド料理ですから、やはりカレーがメインです。10数種類のカレイが所せましの並べられています。ライスやナンなども一緒に出ています。
それ以外にも、サラダ、スパイス、デザートと所狭しとデコレーションされています。

e0351590_23064878.jpg
e0351590_23070168.jpg
e0351590_23070263.jpg
e0351590_23072183.jpg
e0351590_23072133.jpg
e0351590_23072249.jpg


店内は白いテーブルクロスに黒いチェア、壁は真っ白で天井は高い・・・そう、こんな優雅な空間でもてなされます。

e0351590_23073333.jpg
e0351590_23073374.jpg

ビュッフェとなると、つい意地汚くたくさん何度もとりに行ってしまいます。
飲み物は別オーダーで、ワインやビールなどいろいろそろっています。ちなみに、お水もオーダーとなりますよ。種類が多すぎて、またなじみがないので、名前を覚えきず、残念ながら具体的にご紹介できませんが、感動のおいしいカレーと今一つ口に合わないタイプとありました。デザートはちょっとインド風はきつかったかな。

e0351590_23074568.jpg
e0351590_23074676.jpg
e0351590_23074607.jpg

ディナーは、奮発して、フレンチレストランの「ラッフルズ・グリル」で遅い時間にいただきました。その前に、まずは食前に一杯!レストランの入り口横に「ライターズバー」があります。オーセンティックなたたずまいに、ちょっと背が伸びますね~。

e0351590_23084524.jpg
e0351590_23084636.jpg


こちらでいただいたのは・・・もちろん、「シンガポールスリリング」です!有名な「ロングバー」は現在リノベーション中でクローズ、代わりに「ビリヤードバー」で供されていますが、こちらでもOKです。混雑したバーよりこちらでゆったりいただくのもおすすめです。カウンター周りには、スピリッツがデコレーションでならべられています。

e0351590_23090273.jpg
e0351590_23084653.jpg

優雅な空間は、まさに一流ホテルのメインダイニングです。サービスも完璧に、そつなく対応いただけました。

昼のカレーがかなり効いていて、コースは食べられません^^;。
アラカルトで二品ほどいただきました。ホワイトアスパラとホタテの前菜、鶏むね肉のメインをいただきました。ホワイトアスパラは少々固めでした。胸肉はかなり大きくて、おいしかったのですが、食べきれませんでした。パンのバターは2種類、ゆうえんと無塩が相次いで出されています。オーセンティックなオランディーヌソースやワインソースなど、きちっと仕事していて、フレンチを楽しませていただきました。

e0351590_23091218.jpg
e0351590_23094091.jpg
e0351590_23100788.jpg
e0351590_23101992.jpg
e0351590_23124584.jpg



食事の後の夜のラッフルズホテル・・・ライトアップが素敵な空間でしたよ。

e0351590_23111665.jpg
e0351590_23111639.jpg
e0351590_23111654.jpg



さて、翌朝はビュッフェの朝食です。こちらも「ティフィンルーム」でした。

実は前日の食事でかなりおなか一杯・・・でも朝食はセットにつけてしまいました。というわけで、朝から泳いで、朝食ラストオーダーの10時半少し前にはいって、ブランチとしていただきました。



ラインナップは見事です。これ以外に、温かいものはすべてオーダー方式になっており、オムレツとワッフルをいただきました。あ~、ついているとつい食べ過ぎ!

やはり、オーダーのメニューの勝利といった感じですね。ワッフルもオムレツも丁寧なつくりで、どちらも◎でした!

e0351590_23114798.jpg
e0351590_23114747.jpg
e0351590_23114772.jpg
e0351590_23114831.jpg
e0351590_23114837.jpg
e0351590_23120756.jpg
e0351590_23120781.jpg
e0351590_23120764.jpg


出るころにはすでにランチのセッティングが始まっていました。すいていたのでぱちりと。

e0351590_22340885.jpg
e0351590_22340818.jpg
以上、ラッフルズホテルないのレストランの紹介でした。

次回はその他のラッフルズの顔です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-06-24 22:30 | シンガポール: ラッフルズホテル | Comments(0)
シンガポールの旅・・・さてさて紹介の開始です。
カメラを新しくし、少しはましな画像で紹介できると思います♪

e0351590_22110355.jpg


出発の夜は、仕事を終わって食事の後、羽田空港国際線ターミナルに向かいました。ANAの深夜便です。最初プレエコをとっていたのですが、やっぱり横になりたいという贅沢で、アップグレードを直前に申し込み、空港でゲットできました♪

e0351590_22145451.jpg


空港は結構混みあっていましたが、まあ6月ですので、夏休みなどよりは空いていたのだと思います。

e0351590_00275388.jpg


免税店に立ち寄り、久しぶりに化粧品などのお買い物の後、ANAのラウンジにはいりました。ばたばたとはいったので、まずはビールを一杯!・・・そして、夕食食べたはずなのに、また少しつまんじゃいました~^^。ああ、なんかやっぱりつい、意地汚くなっちゃうんですよね・・・。

e0351590_22194593.jpg
e0351590_22184583.jpg
e0351590_00281525.jpg
e0351590_00281553.jpg
e0351590_00281519.jpg
e0351590_22184650.jpg


さて、深夜にはいり搭乗です。
789のスタッガードシートのビジネスは、快適です。袖のテーブルが広いのも○ですね。隣に人がいないので、ゆったりくつろぐことができます。。。。といっても寝返りが打てるほど広さはないですけど、ホテルではありませんので、座席としてはまさに秀逸です。


e0351590_00283579.jpg
e0351590_22290458.jpg



寝る前は、シャンパーニュとちょっとだけおつまみをいただき就寝、朝は和食をとりました。うーん、和食はイマイチです。煮魚、焼き魚、蒲鉾、さつま揚げ・・・はないでしょ^^。ANAさん、日本の航空会社の沽券にかかわりますから、もう少し頑張っていただきたいですねぇ。

e0351590_00284346.jpg

e0351590_00290246.jpg
e0351590_00283692.jpg



シンガポールに到着したのは朝6:30、ほぼ定刻でした。早朝着なので、アライバルラウンジでシャワーでも、と思ったのですが、そういうのがみつからず(通常搭乗前ラウンジとしての利用なので)、結局、そのままタクシーでホテルに向かうことにしました。

e0351590_22272417.jpg
e0351590_22280589.jpg

さて、ホテルの紹介は次回です♪

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-06-09 23:00 | フライト、空港 | Comments(2)
ご無沙汰です。

最近アップが遅れ気味です。というのは、羽修行の準備、検索、検討に忙しく(笑)・・・で、これから書こうと思っていたブログは、ようやくGWの旅なんですね・・・この旅は約1週間かかって回ったので、ブログを仕上げるには時間がかなりかかりそうです。

で、実はついこの週末に、シンガポールに行ってきました。そう、羽修行の一環です(笑)。
今回、ホテルフェチのPockieに琴線に触れる、ワクワク感満載のホテルライフを楽しんできました。

・・・・というわけで、時系列無視しまして、次回はシンガポールの紹介にすることにしました。
帰ってきてすぐにアップすると、鮮度のいい記事が書けるかしら?(笑)・・・そして、カメラも買い替えましたので、不快なピンボケはかなりましになったと思います。写真の腕はご容赦を^^。

プロローグとして、ちょっとだけ写真アップします♪

e0351590_23440468.jpg
e0351590_23443111.jpg
e0351590_23444283.jpg
e0351590_23453198.jpg
e0351590_23455446.jpg

では、こうご期待を♪


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-06-07 08:00 | お知らせ | Comments(0)
2017年京都春の旅、お次は、ランチの和食です。「おが和」というお店に行きました。
ネットや雑誌等で調べて、カウンターのみ7席の小ぢんまりよさげな雰囲気で選びました。
なんでも、有名な「祇園さ々木」さんで長年板前を務められた小川さんがご自分の店を2015年に出されました。さ々木は行ったことがないのですが、ちょっと期待が持てそう!

場所も、祇園の路地を入った小ぢんまりとしたのれん、見逃してしまいそうです。

e0351590_13095121.jpg


ランチ6000円のコースです。
先付はそら豆やキノコなどを使い、雲丹やじゅれをのせた、口の中で目にもあざやかに春らしいあしらいの一品です。

e0351590_13100683.jpg


食べ始めると日本酒がいただきたくなりました。ランチなので少しだけ^^。
ご主人は一生懸命カウンター越しに支度してくださっています。

e0351590_13100755.jpg


お椀はなんの真薯だったかしら?のびるやうどなど山菜をつかい、やはり春らしく、出汁もおだやかです。

e0351590_13100792.jpg


お造りは鯖を使った珍しいもの。薬味は新玉ねぎのみじん切りとショウガに少しの唐辛子。これで、お醤油も少し柑橘系酢と出汁で割っています。口の中でさわやかにマッチしました。そえた京野菜に個性を感じます。

e0351590_13100795.jpg


お茶は、すがすがしく水出しの緑茶でキーンと日差されています。このピッチャーがなんともすがすがしいですね。焼魚も程よい火通りです。揚げたものなどすっかり失念している部分が多く、ご容赦くださいませm(‗‗)m。クレソンを添えるのには驚きましたが、これがなかなかあうのです。

e0351590_13122495.jpg
e0351590_13122463.jpg


温物は、若竹汁です。あつあつに熱してあり、筍と山椒の葉のかおりがとてもいいですね。

e0351590_13122576.jpg


〆のごはんです。さっくりまぜたような感じの炊き込みご飯、うーん、また失念。すみません、ちゃんとした食事の紹介になってなくて。おいしかったのでおかわりしたのは覚えてます(苦笑)。
e0351590_13124078.jpg



デザートは驚き!ムースのような独特の風合いに仕上げたイチゴです。甘味とさわやかさとが口に広がりびっくりです。これはとてもおいしかったです。おいしい温かいお茶で、口をすっきり、仕上げました。

e0351590_13124004.jpg
e0351590_13124137.jpg

とても楽しい和食でした。ご主人のやわらかな物腰がとても好印象でした。
京都の祇園にもたくさん店があり、まだほとんどどこも行ったことがないので、比較ができないのですが、機会があればまた行ってみたいですね。

以上、春の京都のご紹介でした。
友人に多く京都に通う方がいるのですが、最近その術にはまりつつあり、年2回ほど行くようになってしまいました。ぼちぼちMy店を見つけていきたいですね。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-05-15 21:00 | グルメ | Comments(0)
2017年京都春の旅、メーンイベントのグルメ編です。

夕食は、「天ぷら割烹 なかじん」に行きました。前回ランチで伺ってよかったのですが、帰りのフライトで時間ぎりぎりばたばた。今度はゆっくり夕食でおじゃましよう、ということになりました。

こちらは、ご主人がすべて仕切っていらっしゃるため、カウンターのみですが、夕食は二組しかご予約をとられません。きっちりと仕事をされているんですね。

実は昼間の移動で食べてきたので、ちょっと「おいしいもの戦闘体制」としては今一つでしたが、食いしん坊にはそんなことは通用しません(笑)。まずはシャンパン!麗しいグラスと泡を前に、これから出てくるお食事に気持ちも高まります。


e0351590_11514094.jpg



天ぷら屋さんですが、お寿司もだしてくださいます。よいネタがはいると、前菜のつまみに出すそうです。今回は赤貝とさよりだったかな。おいしい!寿司好きにはたまらない、いいスタートです。

e0351590_11524340.jpg


さて、前菜はきれいな仕様・・・でも工夫すれば自分でもできるようなちょっと身近でもある品々を含めて出してくださいます。湯葉としその明太子巻きはやってみたいですね。桜のあしらいが春を目でも楽しませてくださいます。


e0351590_13113709.jpg


つづいてお椀。たねはハマグリをつかったものだったかな?失念^^。山椒と出汁の香りがたちます。ここあたりから日本酒ですね。飛騨の「久寿玉」はすっきりです。

e0351590_13071948.jpg
e0351590_13065254.jpg

そして、本番の天ぷらが登場します。たけのこの木の芽みそ、かき揚のおろし添え、白魚の梅塩、ホタルイカ天など、あしらいや珍しいあげ方などで楽しませてくださいます。

e0351590_13082521.jpg
e0351590_13082698.jpg
e0351590_13082633.jpg
e0351590_13082626.jpg
e0351590_13084167.jpg

そして、こちらの名物麦切です。そのまま、塩をつけて、つゆと・・・と3回楽しめます。ご主人はもともと蕎麦を売っていたそうですが、蕎麦アレルギーになり、麦切りに変えたそうです。でもこちらもちょっとアレルギーがあやしくなってきたそうで、今後どうするか考えていらっしゃるようです。

e0351590_13084178.jpg


〆の食事は天茶にしました。ご主人が真剣に仕上げてくださっていますよ。
e0351590_13091900.jpg
e0351590_13090541.jpg


最後はデザートとコーヒーで〆ました。デザートは選べるのですが、かなりおなかいっぱいで、シャーベットにしました。コーヒーも一杯ずつきっちり立ててくださるので香り高いです。

e0351590_13092740.jpg
e0351590_13092795.jpg

その前に忙しい日程を組んでしまっていたので、おいしいお酒に酔い、今宵ははすっかり疲れてしまいました。食後はどこかバーにでも繰り出そうかと思いましたが、ちょっと横に・・・と思ってホテルで寝てしまい、目が覚めたら12時近く^^。断念しちゃいました。

次回はもう1件、翌日のランチです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-05-14 17:00 | グルメ | Comments(0)
四万温泉「佳元」の紹介、お風呂と食事です。

大浴場は割に小ぶりです。露天風呂もありますが、目隠しがあるので、お部屋の露天風呂のほうが眺めはいいですね。お湯はやわらかい、まさに草津温泉の上がり湯にふさわしい泉質です。

e0351590_21422704.jpg
e0351590_21422706.jpg
e0351590_21422779.jpg
e0351590_21422865.jpg
e0351590_21422856.jpg
e0351590_21424385.jpg


もうひとつ貸切の「幸泉乃湯」は、レトロなステンドグラスがはめ込まれた独特の雰囲気のお風呂です。無料、予約不要で、空いていればいつでも利用できるスタイルです。ただ、残念なことにお湯の供給システムに不具合があり、お湯の温度があがらず、ぬるすぎて入ることができませんでした。お湯はここが一番柔らかくていいんですけどね。

e0351590_21410299.jpg
e0351590_21410332.jpg
e0351590_21410324.jpg


さて、お夕飯です。
お部屋で供されました。懐石ではなく、旅館料理で、いくつかずつ出される形となっていました。

e0351590_23255487.jpg


最初に先付や八寸、お鍋など、こちらのセットがセッティングされました。

e0351590_23273803.jpg


焼き魚、お刺身、若竹煮です。お刺身は山・川ものを中心に出されました。

e0351590_23260551.jpg
e0351590_23260686.jpg
e0351590_21293677.jpg


牛肉の冷しゃぶ、ワカサギとふきのとうの天ぷら、ひもかわ麺の鍋とかなりボリュームがありますね。

e0351590_23260626.jpg
e0351590_23262154.jpg
e0351590_21462958.jpg

〆はごはんになめこのお味噌汁とお漬物です。
デザートはフルーツでしめられました。

e0351590_23262227.jpg
e0351590_23262909.jpg


全体にかなりボリュームがありましたが、まずまずのお味といったところでしょうか。
きちっと手作りしているところがいいですね。


翌朝、朝食は食事処に行きました。
希望すれば、夕食も食事処でいただけます。ただちょっぴり残念なのは、二人は奥の部屋になり、窓側は大勢の方用になっているのです。できれば、ゆったり明るい部屋は露天風呂付きの客室の人に回してほしいですよね。

内容は、雑穀入りお粥に和食のおかずの朝食です。白いごはんも希望すればOKです。
やさしい朝食は苦しくならずよかったですね。
e0351590_23265297.jpg
e0351590_23264278.jpg
e0351590_23264293.jpg

以上、佳元の紹介でした。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-29 18:00 | 佳元 | Comments(0)

草津温泉 散策&グルメ

草津温泉は散策&グルメが楽しみです。

毎度の湯畑...ほんと飽きずに毎回見に行っちゃいます^^。この湯量と湯花と雰囲気、素晴らしい財産です。夜もライトアップで楽しませてくれますね。いつもお客様で一杯の湯畑エリアです。

e0351590_23583855.jpg
e0351590_00002522.jpg
e0351590_23585341.jpg
e0351590_23585923.jpg

e0351590_23593206.jpg
e0351590_23595830.jpg
e0351590_00001682.jpg


そして、前回の草津で気に入って、また行ってしまったのは「地蔵の湯」です。熱めの湯ながら、じんわりと肌にしみこむ感じがとてもすばらしいのです。何時も混みあうようなので、今回はお宿からオープンすぐの8時に行ってみました。男性はそこそこ混んでいたようですが、女性のほうは空いていて、なんと5分ほど私一人の時間があったのです!まったりゆっくり。酸性なので肌に強めのお湯ですが、ここのはやわらかめで本当に良いお湯です。外にお地蔵と足湯もあります。


e0351590_00003383.jpg
e0351590_00003828.jpg
e0351590_00013575.jpg
e0351590_20171052.jpg

夕食は、ネットで調べてて見つけた「三四郎」という居酒屋にしました。天然きのこ鍋が予約要でおいしいらしいと聞いて、事前に予約をいれました。きのこ鍋はとてもおいしかったです。その他のメニューで、もつ煮やヤマイモの千切りなどとりましたが、みな大き目で、二人だとすぐにいっぱいになっちゃいます。大勢で行くほうがよいでしょうね。普通の居酒屋ですが、前評判の口コミ通り、店員のおばさんが怖い!(笑)サービスもかなりぶっきらぼうで、ちょっとなあと思ってしまいました。子供同伴もお断り、お酒取らない人はご遠慮ください・・・みたいな感じで、もう少し融通聞かせてもよいのではと思います。

e0351590_20042448.jpg
e0351590_20043834.jpg
e0351590_20043990.jpg
e0351590_20043909.jpg
e0351590_20043913.jpg

もう一軒、金沢料理を出すという「香林坊本店」という居酒屋にも寄ってみました。金沢のお分けが好きなのと、金沢のおでんを食べたくて!あちらのブリもいただきましたが、ちょっと大きすぎたかな^^。北陸のお酒がやっぱりおいしいです。

e0351590_20044994.jpg
e0351590_20044917.jpg
e0351590_20044985.jpg

翌日は、西の河原公園を散策、久々に大露天風呂にもはいってきました。公園内にお湯が沸きだす水たまりや川などがあり、草津らしい景観でした。もちろん、露天風呂は人がたくさんで写真はNG^^.

e0351590_00021543.jpg
e0351590_00021595.jpg
e0351590_00021578.jpg

以上、草津観光の紹介でした。
ことあと、次の温泉に移動します。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-25 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
ANAクラウンプラザホテル沖縄に宿泊の今回の那覇は、短い時間でさくっと散策&グルメを楽しみました。

到着時の那覇は、フライトで軽く食事をとっているので、夕食なしという選択あるのですが。。。やっぱりどっかに行きたいということで、ホテルから歩いて行けるところを見つけました!


古民家洋食屋さん「ぬーじボンボンZ」です。名前に惹かれました、ハイ^^。
沖縄料理というより、まあ洋食屋さんです、名前の通り。

e0351590_23195921.jpg
e0351590_23202660.jpg


古民家のレストランなので、まったりとおうちのような板の間にすわるところや、椅子席、カウンターもありました。

e0351590_23201086.jpg
e0351590_23201047.jpg

さて、こおでいただいたのは、ネットで評判のメニューです。
黒カレーとソーキそばです。黒カレーはまろやかな口当たりは、秘伝の煮込みのようですよ。おいしかったです。まあ、ソーキそばははっきり言って、観光客向けに、沖縄らしいものもどうぞ、というところはあるようですが。

e0351590_23201032.jpg
e0351590_23201092.jpg

メニューをとりましたので、参考にどうぞ。
洋食屋なので、おいしい洋食を食べたいときいいですよ。ハンバーグ、メンチカツなども評判のようです。

ANAクラウンプラザからぷらっと出かけるには、おすすめなカジュアル食堂です。

e0351590_23202702.jpg
e0351590_23202629.jpg

翌日は、国際通りのほうに出ました。ホテルでは朝食なし!

はい、ちょっとトライしたいメニューがあり、歩いて10分余り・・・国際通りのシーサが迎えてくれました。ポップなデザインのバスは、ちょっと東南アジアを彷彿させましたね。やっぱり沖縄は「東南アジア」だな~と^^。

e0351590_23204878.jpg
e0351590_23204823.jpg

向かったのは、「沖縄第一ホテル」です。50品目の薬膳朝食で有名なんです。
私はあまりホテルのことを調べずに、こちらの朝食をいただきに、予約して行ったのでした。前日に電話したところ、すでに食事処は満席で、ロビーのテーブルならOkということで伺いました。

ホテルだと思って、ホテルのビルを想定していたのですが、ないない!!!・・・・民宿かB&Bみたいなところでした。みつからないわけですわ^^。これがホテル???

e0351590_23262650.jpg

沖縄らしい門構えにシーサが迎えてくれました。

e0351590_23263508.jpg


中に入ると、こぢんまりとしたお庭がまったりといい感じです。
これはB&Bのようですね。実は、ここは5室ほどの小ぢんまりホテルで、素泊まり基本に、朝食も夕食も別料金なのです。

e0351590_23264800.jpg
e0351590_23264930.jpg

e0351590_23270484.jpg



ロビーカウンターの横に、レトロ&クラシックなテーブルやいす、家具が並んでいます。こちらで食事を出してくださるのです。ちょっとうきうきしてきました。下調べしていなかったのが、かえって楽しみです。

e0351590_23273714.jpg
e0351590_23280763.jpg


食事が始まりました。
管理栄養士の指導のもと585kcalに設定されたそうで、野菜ソムリエのお嬢さんが考えたメニューで、薬膳の沖縄素材を使った料理が、どんどん出されていきます。
味は薄めのやさしい風味、素材を生かしたものが中心です。お芋系が多かったので、そちらはちょっと甘いかなと感じました。もずくもうりも、野草もおいしい!私は実は、沖縄のニガウリ、ゴーヤが苦手なんです。ゴーヤはなし、苦味がつらい素材はありませんでした。

e0351590_23280790.jpg
e0351590_23282055.jpg
e0351590_23283103.jpg
e0351590_23283288.jpg
e0351590_23283216.jpg


スープにフルーツまで沖縄素材です。最後も薬膳茶でしめます。10品はありましたが、500カロリー台とダイエットにおすすめなぐらいですね。器も楽しく、目にも味にも、ヘルシーにも楽しむことができました。

e0351590_23283277.jpg
e0351590_23283213.jpg
e0351590_23283349.jpg


たっぷりと滋味深い朝食を楽しみ、国際通りに出て、公設市場エリアをプラプラしてきました。てちびやみーばいなど、沖縄らしい素材が所狭しと並んでおり、定番の海ぶどうなどもお手ごろな値段で出ていました。

e0351590_23214898.jpg
e0351590_23214986.jpg
e0351590_23214990.jpg
e0351590_23214980.jpg

お天気があまりよくなかったので、それほどゆっくり歩くこともなく、ホテルに戻り、チェックアウトしました。

e0351590_23222433.jpg


以上、那覇ぶらっとな紹介でした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-19 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
シンガポールの旅、最後は空港&フライトです。

まずは、空港探索です。翌朝6時のフライトに乗るため、ホテルのある第3ターミナルから、搭乗するANAの第2ターミナルまで、予行練習がてら、歩いて行きました。

e0351590_22555177.jpg

e0351590_22470948.jpg
e0351590_22555148.jpg

第2ターミナルの場所は確認。ばっちりです!軽い夕食をとろうと第2ターミナルにいったものの、レストランはあまり惹かれるところがなく、結局第3ターミナルに戻ってきました。
結局、第3ターミナル内のフードコートにあるタイヌードルの店にしました。トムヤンクンヌードルにマンゴデザートで満足です!

e0351590_22472442.jpg
e0351590_22475968.jpg


翌朝は予定通り5時ごろにホテルをでて、空港に向かいました。ネットチェックイン済み、歩いて10分だ!・・・と前日予習で余裕です。しかも、プレエコで、空港ラウンジはついてないし・・・ということで、ぎりぎりでOKです。

ところが…予習のエスカレータ、歩く歩道が・・・全部動いてないんです!!!!早朝は泊まってるなんて聞いてない???ショックでした、はっきり言って。
文句言ってもしょうがない。とにかく、自分で小走りに歩いて階段を、長い廊下を、えっさこらさっさ・・・いやー、汗アセものでした。

無事カウンターに到着。チケットを発券してもらったら、なんと、ラウンジ利用の券をくださったじゃありませんか?びっくり!!日本側ではANAラウンジを使えるのですが、海外はANAラウンジがないところは使えないと聞いていたからです。通常スターアライアンスだと、シンガポール航空のシルバークリスラウンジですが、私が利用できたのは別のラウンジ、SATSでした。

e0351590_22494129.jpg

はいってみると、とても広くてゆったりとしたソファのラウンジで、いい意味で裏切られて、また驚きです。ビュッフェや飲み物もかなり充実しており、思わず時間もあまりないのに、いろいろいただいてしまいました。ホテルでは朝食なしだったので、よけいに^^(笑)

e0351590_22574301.jpg
e0351590_22503337.jpg
e0351590_22573766.jpg
e0351590_22574343.jpg
e0351590_22573766.jpg
e0351590_22573792.jpg
e0351590_23330882.jpg

ラウンジにいたのは10分か15分でしょうか。とにかく慌てて搭乗口に行きました!
帰国のフライトの機内食は、お粥にしました。

e0351590_23000570.jpg

以上、駆け足シンガポールの旅でした。
チャイナタウン、マリーナベイサンズ、空港をまわり、グルメはコストをおさえて、B級路線をメインに楽しみました。
シンガポールはまだ行っていないところ、行きたいところあります!今度はどこにしようかな?

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-09 18:00 | フライト、空港 | Comments(0)
シンガポールの旅、観光とグルメです。

まずは、チャイナタウンをプラプラと。目的はやっぱりグルメです^^。何度もシンガポールに行っている私、なんと、チャイナタウンは初めてなんですよ。
歩いて着いたのは、まずはチャイナタウンコンプレックスです。建物や風情が中国風ですね。お寺も隣にありました。

e0351590_23174786.jpg
e0351590_23180567.jpg
e0351590_23190746.jpg
e0351590_23194982.jpg

建物にはいり、フードコートを歩きました。本当にたくさんのお店!午前中だったので、ランチ以降に開店の店はまだオープンしていませんでした。少しでも空いていたようです。でも結構たくさん人がいますよ。いろいろ歩き回った結果、ポークのはいったスープヌードルタイプの麺をいただきました。味は、少々物足りないので、チリや醤油類を足しましたね。

e0351590_23182084.jpg
e0351590_23182071.jpg


e0351590_22312528.jpg
e0351590_22311514.jpg
e0351590_23182017.jpg



もう一つ気になるお店に行くべく、別のフードコートへ。マックスウエル・フードセンターです。歩いて5分ちょっとぐらいの距離です。
有名な天天海南チキンライスです。すでに並んでいました!麺を食べた後なので小さいサイズを取ろうとしたら、ハーフサイズのメニューはなくなっていました(ガイドブックには載っていますが、フルサイズしかないのでご注意くださいね)。しっとりとしたうまみのある蒸したチキンと、うまみを吸ったごはんが絶妙です。レギュラーサイズをぺろっと食べちゃいました^^。

e0351590_23192644.jpg
e0351590_23194227.jpg
e0351590_23194991.jpg
e0351590_23194296.jpg

そのあと、ふらふら歩いていたら甘味が目に入りました!エッグタルトです。思わずちょこっと買って歩きながら食べちゃいました。

e0351590_23195840.jpg
e0351590_23195945.jpg


ホテルのチェックアウトに一度戻ります。
通りを歩いると、暑くてのどが渇いてきました。
看板に惹かれて、ハーフパイントの生ビールをぐびっと!は~、のどが潤いました。
飲み食いたっぷりして、ホテルに戻りました。
e0351590_23202399.jpg
e0351590_23202360.jpg
e0351590_23203364.jpg

ホテルをチェックアウト、荷物を預けてでかけたは、マリーナベイです。こちらも未踏の地です。やっぱりこの話題の地、一度は行かなくっちゃとね。オートラムパーク駅からはMRTで移動してベイフロント駅まで10分余りと、けっこう便利なんです。

マリーナベイのモールをプラプラ歩き、事前に調べた屋上の景色を眺めに行きました。モールはリバーなどあり、なかなかダイナミックなデザインです。

e0351590_23212483.jpg
e0351590_23212524.jpg
e0351590_23212512.jpg

屋上のあの景色を拝むにはちょっとお得にコツがあります。本来、一番眺めのいいインフィニティプールは宿泊者専用ですが、外来は通常有料ではいれるスカイパークに行きます。でも、屋上に入るだけで20ドル以上とられるなら、20ドルも飲み物と軽食にあてた方がお得でゆっくりできる!・・・ということで、「セラヴィ」というレストランに思い切ってはいりました。

1Fでエントランス受付があります。ここで20ドル払います。これはバウチャーで、飲食の先払い分です。20ドルは最低飲食してくださいね、ということです。

e0351590_23211377.jpg
e0351590_23211484.jpg
e0351590_23211484.jpg

e0351590_22593548.jpg



やはり、スカイパークに行く人が多いようで、レストランは比較的ゆったりしていました。カリフォルニアロールとシャンパンでちょっぴり優雅な時間を過ごしちゃいました。
e0351590_23223293.jpg

e0351590_23213882.jpg
e0351590_23213896.jpg
e0351590_23220172.jpg


バーエリアはこちらですが、雨で利用者はほとんどなく・・・

e0351590_23220136.jpg
e0351590_23224844.jpg


お天気が今一つでしたが、だったのでスカイビューは今一つでしたが、ダイナミックな眺めはしっかりと楽しめました。

e0351590_23230535.jpg
e0351590_23230586.jpg

たっぷりと歩き回り、最後はモール内のケンコーマッサージでフットマッサージをして、観光を締めくくりました。もっとお得なマッサージ屋さんはたくさんあるんですが、マリーナベイのお店は、ちょっとおしゃれで高級でした。サービスはよかったし、清潔さはさすがです。まあ、疲れてはいったので、カジュアルな店を探すのはちょっときつかったのもあったし、エステサロンほど高価格ではなかったので、まあ許容範囲でしたね。

e0351590_23231710.jpg
e0351590_23231697.jpg


さて、荷物をピックアップして、次のホテルに移動です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-07 21:00 | 海外観光 | Comments(0)