Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
2015年夏休みの旅、プーケット「トリサラ」の紹介、お楽しみのスパです。

スパとジムは、高台のメインロビーの横にあります。

バギーでメインロビーまで行っても、階段で4階まで上がるほどの上にスパがあります。

e0351590_22065996.jpg
e0351590_22070892.jpg
e0351590_22072073.jpg
e0351590_22072094.jpg
e0351590_22072041.jpg


やっとつきました~、汗だく!
スパのレセプションです。

e0351590_22074811.jpg
e0351590_22074817.jpg


ちなみに、スィートに移動してからは、スパが近くです。高台にあるので階段はなく、スパビラの反対側から簡単に入ることができました。

e0351590_22110407.jpg
e0351590_22555101.jpg
e0351590_22542241.jpg


ラウンジでまず冷たいお茶をいただき、メニューを確認して、オイルを選びます。
高いところから、眺めも素晴らしいです。

e0351590_22090586.jpg
e0351590_22074896.jpg
e0351590_22080619.jpg

実は今回お得なプランのリーフレットが部屋に置いてあったのです。
最初、高くて敷居の高そうなスパだと思ったのですが、このプランで思わず飛びついてしまいました。
(一部リーフレットにものっていなくて、口頭で説明されたものもあります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初回 60分施術 30%オフ、90分以上施術 40%オフ
2回目 60分施術 40%オフ、90分以上施術 45%オフ
チェックアウトの日 50%オフ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0351590_23013412.jpg

このプランのおかげで、3回もスパにいっちゃいました^^。

さて、セラピストに、スパビラへ案内いただきます。

e0351590_22141885.jpg
e0351590_22091814.jpg


二人用のスパビラです。
シャワーのある着替え室で、ガウンを着ます。

e0351590_22193226.jpg

まずは、こちらのソファに座り、足をリンスしていただきます。
桶に入ったお湯に足をつけ、塩で軽くスクラブします。

e0351590_22141803.jpg
e0351590_22101988.jpg


ベッドに移ります。二つの施術台です。

e0351590_22105422.jpg
e0351590_22104319.jpg


至福の施術が終わり、着替えた後、お茶とスィーツをいただきます。

e0351590_22134106.jpg


眺めのよいビラなので、外にも出てみました。サウナやアウトサイドシャワーもあり、こちらを使うパッケージプランもあります。


e0351590_22133070.jpg
e0351590_22133008.jpg
e0351590_22153490.jpg
e0351590_22153424.jpg
e0351590_22164872.jpg
e0351590_22134139.jpg

さて、ジムのほうも紹介しましょう。
メインロビーのすぐ横からこちらの階段があります。

e0351590_22183741.jpg
e0351590_23334090.jpg
e0351590_22181290.jpg

中はそれほど広くありませんが、窓が大きくとられており、鏡もあって明るくなっています。マシン類もそこそこそろっていますね。

e0351590_23332131.jpg
e0351590_22182952.jpg
e0351590_22182988.jpg


運動しながらこの眺めです!ここが一番いいマシンです^^。

e0351590_22181871.jpg
e0351590_22182926.jpg

以上スパとジムの紹介でした。

ついでに・・・


スパで稀有な体験をしました!
[PR]
# by Pockie_totoro | 2015-08-25 21:00 | プーケット:トリサラ | Comments(0)
2015年夏休みの旅、プーケット「トリサラ」の紹介、オーシャンスィートの続きです。

お部屋はスィートで、ベッドルームとリビングルームに分かれています。

まずはリビングルームです。

大きなデイベッドタイプのソファにテーブル、そしてカウチソファがあります。このデイベッドでエクストラベッドにできるようなので、家族連れなどに人気の部屋タイプです。

e0351590_23415820.jpg
e0351590_23425234.jpg


窓側にテレビ、ソファの奥にミニバースペースがあります。ミニバーの棚は扉を開けてすぐに取り出せるので、ビラより使いやすいのです(写真にとれませんでしたが)。

e0351590_23425295.jpg
e0351590_23430868.jpg


奥にスパベッドとシャワーがあります。これは、改装前このスペースにバスタブがあったのですが、2部屋つないで片方のバスタブを外して代わりにこれを入れたようです。我が家の滞在中は、このスパベッドは活躍しませんでした。1つしかないので二人で同時に施術できないし、だいたい、スパが歩いてすぐ隣で近いんですよ。

e0351590_23413041.jpg


シャワースペースは明るい採光があります。そして外にもう一つアウトドアシャワーがあります。室内シャワーとつながっていて、使いやすいんですよ。石組の壁が見えてなかなかいい!ビラのシャワー室はすりガラスだけですし、アウトドアシャワーは3日間一度も使いませんでしたから。

e0351590_23441909.jpg
e0351590_23435114.jpg
e0351590_23435017.jpg

トイレ、シャワー、ベイシン、クローゼットも同じデザインでふたつあります。その意味でも家族向けなんでしょうね。

e0351590_23440517.jpg
e0351590_23440643.jpg

さて、ベッドルームです。

おおきなキングベッドはビラと同じです。テレビがこちらにもありますね。まあこれは無だっていえば無駄ですが、気になりませんね。ベッドボードの後ろ側がデスクです。これはちょと狭いのでさみしいかな。窓側のデスクがあったビラに軍配でしょう。

ベッドルームにもソファがあります。

e0351590_23414336.jpg
e0351590_23412311.jpg
e0351590_23425212.jpg

ベッドをさまざまな角度、顔を紹介です。

e0351590_23430823.jpg
e0351590_23434161.jpg
e0351590_23442927.jpg

ベッドのターンダウンには、さまざまな花などが添えられました。

e0351590_23462996.jpg
e0351590_23462937.jpg
e0351590_23463463.jpg

ベッドの後ろにパウダーコーナーがあります。
お化粧するときはこのスペースは必須でしたね。座ってメーク、明るいライトで快適です。

e0351590_23432520.jpg

独立した建物なので、スィートでも両サイドに窓もあります。スィートというとビルディングタイプを想像されるかもしれませんが、繰り返しますが、独立ビラと同じです。

私と旦那は起きている時間がずれたり、別々にすごすこともあるので、スィートタイプのほうが過ごしやすいのです。夜中にトイレに起きても、ベッドでライトをつけなくて済みますしね。

ベッドルームの後ろ側がバスタブのあるバスルームです。バスタブの大きさはビラと同じです。タオルもたっぷり、バスタブ出入り用の手すりもあって便利です。あとからルーバーを全部あげましたがその方が明るくて気持ち良かったです。外から誰も見られない中庭ですからね。


e0351590_23435080.jpg
e0351590_23440509.jpg
e0351590_23454568.jpg
e0351590_23454538.jpg


リビング側の写真と重なりますが、シャワー、ベイシンも同じ仕様であります。

e0351590_23435035.jpg
e0351590_23440536.jpg
e0351590_23460445.jpg

スィートのほうはプールを入れて230平米ですが、専有面積の差はわずか10平米なので、ほとんど感じませんでした。欠点といえば、ライトのすぃっちでしょうか。どこを押したらどこがついたり消えたりするかというのがわかりづらいのです。ビラは改善したのではないかと思われます。あとはやや古いということでしょう。

それでも、総合的に私はスィートのほうが好きでしたね。お値段はこちらのほうが安いです。

以上スィートの紹介でした。

次は、スパの紹介に入ります。

[PR]
# by Pockie_totoro | 2015-08-23 18:00 | プーケット:トリサラ | Comments(0)
2015年夏休みの旅、プーケット「トリサラ」の紹介、なぜかビラの話題にもどります。

実は・・・ホテルフェチの血が騒ぎ、ホテルに頼んで他のタイプの部屋を見せていただきました。1つはオーシャンフロント、もう一つはオーシャンスィートです。オーシャンフロントはこんな感じ。部屋のレイアウトは同じなので省略です。

ビラにパラレルにプールがあり、海がワイドで近く迫ります。デッキもやや広いかも。
うーん、デッキは全部オープンエアなので、日陰がないのよね・・・。眺めより使い勝手がちょっと。プールの長さはホリゾンタルと同じで10mです。

e0351590_20400865.jpg
e0351590_20405679.jpg

そして、もう一つ見せていただいたOcean Suite。こちらは実はもともと予約していたカテゴリーで、Ocean Villaにアップグレードだったんです。でも、使い勝手がSuiteのほうがよさそう、ということで予約してたので、どんな感じが実際見たくて・・・。

そうしたら、海は遠いけど眺めは抜群!デッキ周りも使いやすく、ベッドとリビングが分かれているのもうれしい!・・・迷わずSuiteに移りたい、と希望をだし、3日目に移動しました。これから紹介する305号室は後半3日間の部屋です。

そう、同じホテル内で2つのカテゴリーに3泊ずつ、合計6泊したのでした。

前座が長くなりました。
お部屋の紹介です。

リゾートマップです。2つのお部屋の位置がわかります。
斜面に立っているホテルなので、海から遠い305号室は高台の上のほうにあり、メインロビーからすぐ近くです。一方、405号室は海からそれほど遠くなく、レストランやプールに近くなります。

e0351590_22065153.jpg

お部屋は、ビラがスィートになっても、独立した建物なのでビラみたいなものです。ただ、入口の立派な門構えがないのが違いでしょうか。

e0351590_23403883.jpg
e0351590_23404585.jpg
e0351590_23405305.jpg


スィートというのはオープン当初はなかったカテゴリーです。プールルームといわれる一番下のカテゴリーの部屋はこの建物1つに二部屋の構造になっていて、その2部屋をつないで改装した部屋なのです。改装という制約の中でやや無理のあるレイアウトもありますが、それは後ほど。

プールはこのようにL字型に曲がっており、これが左側部分、同様に反対側もL字型・・・つまりコの字のプールになっているというわけです。プール自体は9mの長さですが、この字の曲がった部分をいれると15mはあると思います。幅がやや狭くなりますが、ビラとそん色ないプールです。

e0351590_23461936.jpg
e0351590_23405417.jpg

この眺め、いいでしょう!

空も海も満喫できます。オーシャンフロントよりむしろ、海、生い茂る木々、島、空など、いろんな眺めが楽しめるほどです。とても気に入りました。インフィニティプールになっているのはどこも同じです。

e0351590_23470325.jpg
e0351590_23465590.jpg
e0351590_23445227.jpg
e0351590_23445269.jpg

スィートの外側紹介を先にしてしまったので、デッキエリアもついでに先に紹介しましょう。

プールの前に寝そべるデッキチェアー2つとダイニングテーブル&チェアがあります。眺めがよいのに、お部屋の張り出したひさしにかかるエリアにあるので、直射日光や雨を避けることができるのでとても便利です。
e0351590_23450797.jpg
e0351590_23445104.jpg
e0351590_23410513.jpg
e0351590_23405405.jpg


この部屋に移って、デッキスペースが気に入り、朝食はルームサービスになりました。


e0351590_23465568.jpg

さてさて、部屋の中は次回の紹介に!


More
[PR]
# by Pockie_totoro | 2015-08-21 21:00 | プーケット:トリサラ | Comments(0)
2015年夏休みの旅、プーケット「トリサラ」の紹介、レストランのディナーの続きです。



さて・・・「シーフードレストラン」で、こんなことになってしまいました!

いたく気に入ったこのレストラン、シェフに頼んでおまかせでコースを組んで食べさせてもらおうということになり、レストランスタッフを通してお願いをしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


翌日のディナーです。わくわく・・・雨もなく天気も良いので、テラス席をお願いしました。


アミューズは前日と素材等を変えて、海藻を練り込んだものです。

e0351590_00203747.jpg


前菜は、なんとホタテ貝柱の石焼です。石をアツアツにして、じゅーっと石の上で伝導熱で焼くあれです。中は甘味を残して柔らかく、外はカリッと!藻塩や豆類の野菜を付けていただきます。藻塩はたぶん海藻パウダーとまぶしてあったように思います。和食のような演出で驚きです。

e0351590_00205717.jpg
e0351590_00210263.jpg


こちらにあわせて、ワインを選んでいただきました。Kumeu Village 2008のシャルドネ白です。ニュージーランドの畑のものだそうで、手ごろな価格です。グラスで2杯ほどいただきました。すっきりとシーフードにぴったり!


e0351590_00210661.jpg


そして・・・実は、ここである事実が発覚!

昨日のスタッフから間違ってリクエストが伝わっていたのです・・・。前菜2品、メイン2品を小さ目に仕立ててください、メインの一品はシーフード、一品はミート類を、と。ところが、会話しているうちにわかったのですが、前菜とメイン1品ずつしか伝わっていなかったのです。

ここでちょっとがっかりした私たち・・・少なすぎるかも。フロアマネジャーの方が気をきかせて、すぐに準備できるという一品、タイのカルパッチョ風サラダを挟んでくださいました。こちらです。あっさりとしたドレッシングが藻塩を消してくれます。

e0351590_00211217.jpg

さて、メインです。

ベビーチキンのコンフィ、ベリーソース添えです。ワインで煮詰めたソースだと思います。ビーツや大根、ごぼう、ヤングコーン、サトイモなど、さまざまな野菜を添えて、食感と彩りともに目に楽しく!おいしかったです~。

e0351590_00214148.jpg
e0351590_23145370.jpg

このあとデザートの写真は失念です。
量は少し少な目でしたが、おいしい楽しいコースとなりました。

でも、せっかくのリクエストがうまく伝わらなかったので、もう一回リベンジしたい・・・と今回はシェフをお呼びして、直接感想やリクエストをお話ししました。

素材や仕立てが和食っぽい演出で驚いたので、なぜかなと思ったら、実は前週に「カイセキフェア」で和食や懐石風の料理を作っていて、そこからインスピレーションしたそうなのです。あとから私たちが日本人だと知って、びっくりのようです。オランダでシェフをしていたそうで、あちらで日本人の料理人から和食は少し教わったことはあるが、日本や和食レストランは行ったことがないとのことでした。

私たちは邪道で、日本からそうめんの乾麺、海苔、つけつゆなどを持ってきていたのですが、もう和食を作ってもらう必要もなくおいしい思いをしていたので、よかったら差し上げます!・・・と図々しいことをしてしまいました。素材の扱い方や味など説明したら、「明日の料理には何かこちらを使って差し上げましょう。」と提案してくださいました。

うわ~、楽しみです!こんなワクワク感をプーケットできるなんて・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌日もまた懲りずに「シーフードレストラン」です。スタッフともすっかり親しくなりました。

食事前にデッキでカクテルいただきながら、サンセットを楽しみました。
暗くなってきたところで、前日と同じお席に移動です。

e0351590_23161723.jpg
e0351590_00262416.jpg
e0351590_00262470.jpg


パンは3種類、自家製バターとともに、おいしいです。

e0351590_00222939.jpg


本日はSpring 2014 Chemin Blancをワインにしていただきました。


e0351590_00223521.jpg


前菜はミントムースに、別のシーフードを使ったものです。ベリーが添えられていました。

e0351590_00224003.jpg
e0351590_00230376.jpg

さて、驚きのメニューが登場です!

前菜はそうめんに葉物、海苔、枝豆、大根スライスなどを使って仕立ててくださいました。つゆを隠し味にいれたようです。海苔のソースもいい感じです。和と洋のフュージョンです。ご本人が初めて扱うそうめんを上手に使ってくださいました。さすがシェフです。

e0351590_00230471.jpg


前菜2つ目は、サーモンの低温スモークです。このカバーをあけると、冷気のスモークがふわ~っと香ってきました。いくらや蟹、きゅうり、ウド?が添えられています。でも和食ではありません。とても繊細な生に近いスモークサーモンなんです。


e0351590_00231538.jpg
e0351590_00231513.jpg


インは、鯛のソテーです。でもなんだか見た目が???

そうなんです、大根と黒トリュフを飾って、ウロコ風のデザインに仕立てています。トリュフの香りがたち、ソテーのソースは控えめです。キノコやロマネスコの食感がよいですね。はい、おいしいです♪ついついワインも飲みすぎです^^。

e0351590_00233726.jpg
e0351590_00233718.jpg


ああ、楽しかったです。

冷静に見れば、超一流の三ツ星レストランに比べるて仕事もソースもやや粗めかもしれません。素材も手に入るものが限られます。その中、インスピレーションとリクエストでさまざまな工夫をしてくださり、スタッフのフォローもあって、とても心豊かなワクワク感ある食事を楽しむことができました。


リゾートを満喫する「食」のバカンスの時を得ました。
夜は更け行く・・・

e0351590_23262138.jpg
e0351590_23262893.jpg

ながながと個人的なことを失礼しました。

次は・・・ビラのこと・・・。え、またなぜ?
何かハプニング?・・ことの次第は次回に!


お願いです。
[PR]
# by Pockie_totoro | 2015-08-19 21:00 | プーケット:トリサラ | Comments(2)
2015年夏休みの旅、プーケット「トリサラ」の紹介、レストランのディナーです。結局ディナーはすべてホテルでいただきました。ただ、到着日、翌日はディナー食べていません。
3日目にようやく初ディナーという状態(笑)

まずは、デッキとバーのレストランでタイ料理です。天気も怪しかったので、レストラン内でいただきました。レストラン内が暗いので、わかりやすいよう、昼間の写真もアップしておきました。

e0351590_21373438.jpg
e0351590_21380776.jpg

ワインをいただきながら、楽しみのタイ料理!

e0351590_21394964.jpg

とったのは、トムヤンクン、カオニャオ、イサーン風ビーフサラダ、蟹のレッドカレー、空菜を使った炒め物です。事前の情報で結構外国人向けな味だと聞いていて、パンチが弱いらしいということで、辛さを普通につけてもらいました。そうしたら・・・いや~、辛い辛い!私にとってはかなり火を噴きました^^。

レッドカレーがマイルドな方でしたね。おもしろいのはごはんの代わりにビーフンが添えてあり、これで食べたら結構おいしかったのです。

e0351590_21402108.jpg
e0351590_21402171.jpg
e0351590_21402276.jpg
e0351590_21402242.jpg
e0351590_21402274.jpg

そうしたら、お店の方が生野菜が辛さをマイルドにするのにいいですよ、と出してくださいました。これ、結構いけるんです。トマト、キュウリ、インゲン、キャベツ・・・初めての体験でした。

e0351590_21402266.jpg

そして、締めはアイスクリーム&シャーベット!
おいしくさっぱりと〆ました♪

e0351590_21405859.jpg

翌日は、シーフードレストランに行きました。
シーフード中心のイタリアン&フレンチをミックスしたようなメニューですね。エレガントなセッティングです。

e0351590_22122247.jpg

最初に出されるパンはこちらから選びます。
丸い金属のいれものにはいっているのは、自家製のバターです。ホイップされて、塩、海藻、ガーリックがはいったもの3種類から選べます。後の日にもここに来たので、全種類制覇しました。どれもおいしかったです。パンも自家製ですよ。タイでパンがおいしいってすごいです。

e0351590_22105515.jpg
e0351590_21412802.jpg

アラカルトで選びました。

アミューズはアイスのようなスフレにホタテとムール貝、カリッとさせたワカメを添えています。おいしい!これは期待できるかも・・・。

e0351590_21413418.jpg


主人と私で違うサラダをいただきました。メニューは失念!
とにかく、野菜&シーフードがおいしいのです。生、火入れ、香ばしい焦げ目など、食感が楽しい。ソースのアクセントがあり、油は控えめです。そしてこのデコレーションで目も楽しませてくれます。(写真が暗くてすみません。)

e0351590_21415699.jpg
e0351590_21415603.jpg


エビのビスクです。スープはその場で注いでくれます。これもおいしい!エビのうまみがじっくりと味わえました。

e0351590_21420758.jpg
e0351590_21420748.jpg
e0351590_21420708.jpg

見えにくいですが、イカスミを練り込んだパスタです。これもとてもおいしい!パスタがアルデンテにゆであがり、シーフードのうまみを吸って食感も味もとてもよかったです。タイのパスタは柔らかすぎとの酷評がありますが、アルデンテと念を押したら、ばっちりの塩梅に仕上げてくれました。

e0351590_21422634.jpg


デザートはすっかり忘れてしまいました^^。写真が暗くて思い出せない・・・。

e0351590_21422601.jpg
e0351590_21431088.jpg

最後はコーヒーとハーブティで締めましたら、プティフールにあのおいしいマカロンが出てきましたよ。抹茶入りです。トリュフのホワイトチョコも添えて。


e0351590_21422645.jpg

いや~、おいしかったです。
あまり期待していなかったのですが、ここは本当においしい!食材の使い方、食感、そして目にも楽しい食事。とても感激しました。

・・・というわけで、すっかりほれ込んでここを再訪するのですが、それは次回に!

[PR]
# by Pockie_totoro | 2015-08-16 21:00 | プーケット:トリサラ | Comments(0)