Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
シンガポールの旅、「ラッフルズホテル」の紹介は、パブリックスペースです。

午前中の静けさの中、建物や通路などをぶらっと歩いて回りました。

アサインされたお部屋が1Fだったので、階段を上がって2Fを回ってみました。レトロな階段を上がると、2Fベランダ廊下。椅子とテーブルは1F同様に並べられており、老夫婦が一組紅茶などでくつろいでいるコーナーがありました。ここからの眺めのほうが1Fよりいいですよね。お庭が広く見えます。1Fはブッシュのような緑が迫り、眺めはあまりないのです。そっかあ。。。。

e0351590_00410257.jpg
e0351590_00413320.jpg
e0351590_00414182.jpg
e0351590_00414198.jpg
e0351590_00414809.jpg


e0351590_00415114.jpg


2Fの廊下からメインビルディングのほうに歩いて行きます。
通路には、ラッフルズの歴史を物語る写真がたくさん展示されていました。
扉の向こうはメインビルティング、エレベータホールがあります。

e0351590_23324185.jpg
e0351590_23331158.jpg
e0351590_23331208.jpg

3階建てのメインビルディングは階段で上がり降りできますが、エレベータもあり、客室のキーを差し込んで上下します。そう、エレベータは宿泊客しか利用できないようになっているのですよね。じゅうたん、階段、柱、壁など、アールデコ調のレトロな空間にすっかり浸ってしまいました。オープンスペースにはソファやテーブルがそこかしこにが置かれ、リビングのようにくつろげるラウンジのようになっています。3Fまで真ん中は吹き抜けで空いており、広々とした空間、3Fの屋根はガラスとなっており、光が燦燦と差し込みとても明るいのです。こういうクラシックな建物は暗いのだと思っていましたので、この明るい空間に、いい意味で裏切られました。

e0351590_23332638.jpg
e0351590_23341158.jpg
e0351590_23341181.jpg

e0351590_23344108.jpg
e0351590_23344132.jpg
e0351590_23345290.jpg
e0351590_23345218.jpg



メインビルから奥に行くと、コートヤードの客室が並んでいます。やはりパームコートより狭く生い茂った緑が迫るので、眺めが制限される感じですね。廊下や客室の感じはそれほど変わらないようです。

e0351590_23332700.jpg
e0351590_23335635.jpg


この下は、ラッフルズアーケードとなっており、一般の方が入れるエリアです。中庭には噴水もあり、散策する人たちの憩いのスペースです。Residents onlyがあることはうれしいですが、やはり多くの人にラッフルズの良さを触れられる場所も提供することは重要だと思います。その線引きを嫌みなく作っていることがすばらしいですね。お手入れはどちらもきっちりされていますしね。

e0351590_23332754.jpg
e0351590_23355927.jpg
e0351590_23355947.jpg
e0351590_23361540.jpg


正面玄関にはショッピングアーケードへの案内の立看があります。日本語もあるってことは、やっぱり日本人が多いんでしょうね。韓国語も中国語もありませんから^^。

リノベーションでほとんどのショップが改装中のため、空いているところが限られています。通常ロングバーで供されるシンガポールスリリングは、ビリヤードバーで提供しており、その案内も出しています。

e0351590_23353740.jpg
e0351590_23252649.jpg

e0351590_23353741.jpg
e0351590_23353792.jpg
e0351590_23353815.jpg


工事エリアを目隠しする衝立も、しっかりとラッフルズの雰囲気を壊さずに宣伝していますよ。2018年半ばにリオープンです!

e0351590_23361600.jpg


ちなみに、ラッフルズ滞在中はずっとホテル内にこもっていたのですが、このショッピングあーけどから正面エントランスに戻るときに、外側の道路にちょろっとだけ出ました。

お天気がよくて、本当に常夏のシンガポールを感じる青空でした。ラッフルズ内の森閑とした空気と全く違うことにびっくりです。

e0351590_23364205.jpg
e0351590_23364267.jpg

ラッフルズ内の散策でした。
ほかのパブリックスペースについては、次回の紹介です。

[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-06-14 21:00 | シンガポール: ラッフルズホテル | Comments(0)
シンガポールの旅、「ラッフルズホテル」の紹介は、お楽しみの客室です。
もちろん、宿泊者のみが入れるガーデンエリアの前です。

担当バトラーのDさんは女性。彼女が宿泊中担当です。客室に案内はまず、正面玄関の右側の鉄扉です。この奥が道の世界、Residents onlyです。客室のカギでこの扉を開けていただきます。

e0351590_23541064.jpg



ホテル棟の外側廊下を歩きながら、客室に案内されます。

e0351590_23374910.jpg
e0351590_23573147.jpg

e0351590_23570692.jpg
e0351590_23563051.jpg



パームコートスィート117号室に案内されました。
パームコート側にあるので、予約カテゴリーのコートヤードよりどうもアップグレードいただいたようです。

入り口前が各客室専用のテーブルとチェアがあります。ここでお茶を飲みながらくつろぐ老夫婦などをちらほら見かけます。うーん、この雰囲気いいですね。静かです。


e0351590_23575155.jpg
e0351590_00024325.jpg
e0351590_23582046.jpg


客室を入ると、まずは左右にソファエリアとダイニングスペースがありました。そう、全室スィートで、ベッドルームの前にリビングがあるのです。窓のカーテン、白枠の腰高窓など、ロマンチックなコロニアル調に統一されています。

e0351590_00001312.jpg
e0351590_00002157.jpg
e0351590_00025637.jpg



奥に入るとベッドルームです。ベッドルームへの入り口はカーテンで仕切られています。窓はフレンチドアで、ソファとテーブル前が開けられています。ベッドルーム内にもくつろげるソファとカウチがセッティングされています。アールデコ調の家具に囲まれ、デスクやドロワーもあり収納たっぷりです。

e0351590_00003544.jpg
e0351590_00005418.jpg
e0351590_00010699.jpg
e0351590_00011735.jpg
e0351590_00022210.jpg


さらにその奥はバスルームです。ダブルベーシンの洗面エリアで、窓や鏡がとてもエレガントです。右奥は独立シャワーブース、バスタブ、トイレとあります。バスタブは少々小ぶりで丸い形の浅型なので、男性はちょっとつらいかもしれません。レトロなタイルも素敵です。

e0351590_00012882.jpg
e0351590_00015028.jpg


早朝に到着で、シャワーとお風呂でさっぱりした後、ホテル内を散策します。
で、このあと、客室については・・・。
[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-06-12 21:00 | シンガポール: ラッフルズホテル | Comments(0)
シンガポールの旅、さて、到着したのは「ラッフルズホテルシンガポール」です♪
久々にワクワクするホテルに来ました。プロローグのホテル写真で、わかる方にはばれちゃってましたよね^^。

こちらのホテルは、ANAのキャンペーンで、トリプルマイルと20%オフというプランが出ており、以前から泊まりたかったあこがれのホテル、これはチャンスとばかりに、ぽちっとな、してしまいました。

早朝到着ですので、静かなエントランスです。
カッコよくホテルのリムジンでお迎えをお願いしようかと思いましたが、こちらはしっかり別料金...しかも、高級ホテルが1泊できてしまいます^^。ここは普通のタクシーで我慢ですね(><)(写真は到着時以外のものも含まれています)

e0351590_23363188.jpg

e0351590_23084578.jpg



ラッフルズといえば、まずは白亜のコロニアル建築です。素晴らしい姿に惹かれます。そして独特の雰囲気は、やはりターバン姿のインド系ドアマンでしょう。今回写真に収めませんでしたが^^。エントランスに「Hotel guest only」という看板があり、これがまた特別感を出しています。

e0351590_23071560.jpg
e0351590_23072240.jpg


ホテルにここからにはいりました。アーチ形のエントランスドアを中側から見ます。

e0351590_23360291.jpg

スタッフに先導され、ソファに案内されました。ウエルカムドリンクにオレンジジュースをいただきました。普通はみなさん、シンガポールスリリングをいただくのですが、早朝ですからね。体がジュースを欲してました^^。

e0351590_23310426.jpg


チェックインを待っている間、素敵な空間に酔いしれていました。「Residents only」の札がまた、ワクワク感をそそります。

e0351590_23311325.jpg


もうおのぼりさん丸出しで、写真を取りましたよ^^。

吹き抜けが3Fまで天井が高く、白い柱や壁、シャンデリア、ソファ、フラワーアレンジメント、グランドピアノ、絨毯・・・どれもが本当に貴婦人のようなあでやかな容姿です。エントランス横にはティフィンルームとラッフルズグリルのレストラン二つが左右にあります。このレストランエリアまでは一般の外来の方が来るので、ランチ以降はとても混雑してきます。

e0351590_23391219.jpg
e0351590_23391390.jpg
e0351590_23391394.jpg


吹き抜け感がわかる角度です。シャンデリアがすばらしく、コロニアル調の柱とのバランスがすばらしい。3Fの上の屋根は光が取り入れられているのがとてもいいですね。3Fからエントランスを見下ろすのも、とても美しい姿です。

e0351590_23392752.jpg
e0351590_23452637.jpg
e0351590_23110247.jpg

到着ですでに酔いしれているPockie・・・お部屋に案内されます。
次回はResidents onlyの世界へ!



[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-06-11 10:00 | シンガポール: ラッフルズホテル | Comments(0)
シンガポールの旅・・・さてさて紹介の開始です。
カメラを新しくし、少しはましな画像で紹介できると思います♪

e0351590_22110355.jpg


出発の夜は、仕事を終わって食事の後、羽田空港国際線ターミナルに向かいました。ANAの深夜便です。最初プレエコをとっていたのですが、やっぱり横になりたいという贅沢で、アップグレードを直前に申し込み、空港でゲットできました♪

e0351590_22145451.jpg


空港は結構混みあっていましたが、まあ6月ですので、夏休みなどよりは空いていたのだと思います。

e0351590_00275388.jpg


免税店に立ち寄り、久しぶりに化粧品などのお買い物の後、ANAのラウンジにはいりました。ばたばたとはいったので、まずはビールを一杯!・・・そして、夕食食べたはずなのに、また少しつまんじゃいました~^^。ああ、なんかやっぱりつい、意地汚くなっちゃうんですよね・・・。

e0351590_22194593.jpg
e0351590_22184583.jpg
e0351590_00281525.jpg
e0351590_00281553.jpg
e0351590_00281519.jpg
e0351590_22184650.jpg


さて、深夜にはいり搭乗です。
789のスタッガードシートのビジネスは、快適です。袖のテーブルが広いのも○ですね。隣に人がいないので、ゆったりくつろぐことができます。。。。といっても寝返りが打てるほど広さはないですけど、ホテルではありませんので、座席としてはまさに秀逸です。


e0351590_00283579.jpg
e0351590_22290458.jpg



寝る前は、シャンパーニュとちょっとだけおつまみをいただき就寝、朝は和食をとりました。うーん、和食はイマイチです。煮魚、焼き魚、蒲鉾、さつま揚げ・・・はないでしょ^^。ANAさん、日本の航空会社の沽券にかかわりますから、もう少し頑張っていただきたいですねぇ。

e0351590_00284346.jpg

e0351590_00290246.jpg
e0351590_00283692.jpg



シンガポールに到着したのは朝6:30、ほぼ定刻でした。早朝着なので、アライバルラウンジでシャワーでも、と思ったのですが、そういうのがみつからず(通常搭乗前ラウンジとしての利用なので)、結局、そのままタクシーでホテルに向かうことにしました。

e0351590_22272417.jpg
e0351590_22280589.jpg

さて、ホテルの紹介は次回です♪

[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-06-09 23:00 | フライト、空港 | Comments(2)
ご無沙汰です。

最近アップが遅れ気味です。というのは、羽修行の準備、検索、検討に忙しく(笑)・・・で、これから書こうと思っていたブログは、ようやくGWの旅なんですね・・・この旅は約1週間かかって回ったので、ブログを仕上げるには時間がかなりかかりそうです。

で、実はついこの週末に、シンガポールに行ってきました。そう、羽修行の一環です(笑)。
今回、ホテルフェチのPockieに琴線に触れる、ワクワク感満載のホテルライフを楽しんできました。

・・・・というわけで、時系列無視しまして、次回はシンガポールの紹介にすることにしました。
帰ってきてすぐにアップすると、鮮度のいい記事が書けるかしら?(笑)・・・そして、カメラも買い替えましたので、不快なピンボケはかなりましになったと思います。写真の腕はご容赦を^^。

プロローグとして、ちょっとだけ写真アップします♪

e0351590_23440468.jpg
e0351590_23443111.jpg
e0351590_23444283.jpg
e0351590_23453198.jpg
e0351590_23455446.jpg

では、こうご期待を♪


[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-06-07 08:00 | お知らせ | Comments(0)