「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

<   2017年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年金沢冬の旅、次は金沢の夜のお食事です。
金沢に行ったら必ずお寿司はいれたい、・・・ですが、実はこの日は祝日のため、河岸が休みで空いているお寿司屋さんが限られていたのでした。

その中で、東茶屋街にある、「鮨みつ川」にしてみました。
本当に小ぢんまりとしたお店です。タクシーで行ったのですが、運転手の方にここだと近くまでよせてもららなかったらかなり迷ったかもしれません。
のれんがありましたよ。

e0351590_23532045.jpg

昼間にしっかり食べたのに、お寿司は別腹です(笑)私はおつまみと寿司のコースにしました。

香箱蟹・・・ここでもお目見えです(笑)。名物蟹の季節なので、しょうがないですね。いくつか食べると、もちろんおいしいのですが、後のものはちょっと不利になります。
イカやさわら、太刀魚などが出てきました。
e0351590_23534110.jpg
e0351590_23534258.jpg
e0351590_23534279.jpg
e0351590_23534292.jpg
e0351590_23534395.jpg

e0351590_23534341.jpg



この蟹と内子、いくら、うにの混ぜ鮨のような一品、とてもおいしかったですよ。

e0351590_23534308.jpg
e0351590_23542190.jpg

さて、握りが始まりました。
しらこ、ぶり、イカ、甘エビ、赤貝、カワハギなど、おいしくいただきました。

e0351590_23543395.jpg
e0351590_23543446.jpg
e0351590_23543415.jpg
e0351590_23543432.jpg
e0351590_23543547.jpg
e0351590_23543595.jpg
e0351590_23543592.jpg
e0351590_23543545.jpg

ここのご主人は昔、久兵衛で修行したそうで、確かにつまみや仕事の仕方がちょっと久兵衛を彷彿させますね。こぢんまりとしたカウンターだけのお店なので、コースのみになり、久兵衛のように自由な取り方はできませんが。お値段も最高級のところよりやや手ごろということもあり、まずまずのお味だったと思います。お昼のインパクトが大きかったので、ちょっと不利でした、ハイ。

さて、次は翌日、1か所寄って、山代温泉に向かいます。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-30 21:00 | 鮨みつ川 | Comments(2)
2016年金沢冬の旅、今回のお楽しみのひとつは、金沢老舗料亭「つば甚」さんでのランチです。
ここの予約をベースに前後に観光を組んだ、といっても過言ではありません。

にし茶屋街近くのこの料亭は、犀川沿い近くにあり、道路から入ると玄関回りがすでに独特の雰囲気です。
料亭のおもてなしに迎えられ、玄関を上がって奥のお部屋にご案内いただきました。旅館ではこういうのを経験していますが、実は私たち、料亭は初めてなんです。緊張します^^。玄関を上がると、かわいいぬいぐるみのカップルの飾りとクリスマスツリーを模したデコレーションがお茶目です。

e0351590_23481305.jpg
e0351590_23482628.jpg
e0351590_23481705.jpg
e0351590_23523506.jpg
e0351590_23524550.jpg



お部屋は、1F奥の「小春庵」です。なんでも芭蕉が句会を催した部屋とのこと。掛け軸も芭蕉ゆかりなのでしょうか。
角部屋で副室があり、縁側からの眺めがのどかな雰囲気です。ゆったりとした明るさがいいですね。昔はお宿もしていたそうですから、こちらで確かに泊まってみたいような雰囲気です。

e0351590_23483638.jpg
e0351590_23483640.jpg
e0351590_23483773.jpg
e0351590_23483714.jpg
e0351590_23483796.jpg
e0351590_23502203.jpg

サービスを担当してくださった仲居さんは若いのですがとても細やかで、柔軟な対応してくださり、最後まで気持ちよく過ごすことができました。
まずは、先付からスタートです。美しい盛り合わせで、間もなくお正月ということで冬のしつらえが出てきました。手前の赤いおちょこは素晴らしい絵柄で味のある色味、ここに一口濁り酒をいただきました。実は主人の誕生日をお祝いしたいとお話ししてあったので、それで出していただけたようです。お箸もおちょこもうっすらと湿らせたところが心憎いです。くわい、てまり寿司、バイ貝、鮑と金時草のお浸しなど、素晴らしいスタートです。

e0351590_23503265.jpg
e0351590_23503997.jpg
e0351590_23505491.jpg
e0351590_23505567.jpg

次はお楽しみの椀の物です。

まず器にびっくり!ふたの裏が、食べ終わった後の器の底が見事に繊細な金の船と波を描いた金沢塗のお椀です。
中身も、牡蠣やヒラタケ、大根の薄切りなどを使って上品でありながらうまみも感じる出汁の味を出しています。


e0351590_23512266.jpg
e0351590_23512258.jpg
e0351590_23512142.jpg



そして、焼き物はのど黒だったかな?お刺身も上質なものを少し添えていただきました。すだちを挟んだ氷見のブリがすばらしかったです。くどすぎずいい甘味を感じ、挟んだ巣立ちの薄切りがよい組み合わせでした。


e0351590_23513616.jpg
e0351590_23513779.jpg
e0351590_23513705.jpg
e0351590_23513790.jpg



加賀料理といえば、治部煮。こちらも出していただきました。
器はかなり古そうな塗です。治部煮用の椀だそうです。静かな光沢が渋いよさを出しています。


e0351590_23515677.jpg
e0351590_23515552.jpg


香箱蟹とズワイガニがでてきました。香箱はなんと昆布で作った船に盛られています。ずわいは酢出汁のジュレがかかったもので、味わいも買えていました。品よく少しずつ、季節のカニを二種類いただくことができました。


e0351590_23515810.jpg
e0351590_23515809.jpg



最後の一品・・・うわ~、忘れてしまいました。器は覚えているんですけど。ぬた和えのようなものだったと思います。


e0351590_23520406.jpg
e0351590_23520561.jpg



〆のお食事は、クルミの炊き込みご飯という珍しいものです。これがとてもおいしかったのです。赤だしのお味噌汁とともに。奈良漬けが添えられているのがいい塩梅でした。


e0351590_23522879.jpg

そのあとに和菓子と抹茶、そのあとに水菓子と出していただきました。和菓子がとてもおいしかったのでどちらのか聞いたところ、東茶屋街にある「吉はし」というところのものだとのことでした。とても口どけの良いねり和菓子で、また食べたいと思わせました。ほうじ茶のプリンもとてもおいしかったですよ。旅館だと到着に和菓子をいただくことが多いので、夕食のコースに出ることはまずありません。こういうのが料亭のもてなしのひとつなんだと思いました。

e0351590_23522810.jpg
e0351590_23522956.jpg


大満足のランチでした。おいしい日本酒もいただいてしまったので、ここでかなりくつろいじゃいましたね。
今回のランチは、お店の方と相談し、主人の好みなどお話して、通常のランチ料金より上のコースを組んでいただきました。一見さんの我々に、電話やメールの相談で丁寧に対応していただいたことに、とても感謝しました。すばらしい料亭です。ぜひまた伺いたいと思いました。

さて、次は夕食の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-29 21:30 | つば甚 | Comments(2)
2016年金沢冬の旅は、金沢観光にいそしみます^^。

駅前のバスターミナルエリアに出ましたが、乗らずに、ゲートを通って、まずは近江町市場のほうへぷらぷら歩いていきました。

e0351590_22234805.jpg
e0351590_22234816.jpg
e0351590_22240069.jpg
e0351590_22240020.jpg

ホテルでは朝食を付けずに、朝も外で食べようということになりました。でも深夜の飲み屋での食事がしっかりおなかにたまっていて、近江市場の食事はちょっと・・・。とりあえずプラプラと中を見て回り、地図で調べたモーニングのあるコーヒー屋さん「東出珈琲店」に到着!・・・と思いきや、なんとお休みの日でした。がく~!

e0351590_22241274.jpg
e0351590_22241206.jpg
e0351590_22242054.jpg


というわけで、市場前からバスに乗り、兼六園下に出ました。

兼六園下から坂を上がり、桂坂口近くに喫茶店がありました!ここでモーニングのホットケーキを食べてほっと一息です。

e0351590_22250376.jpg
e0351590_22541955.jpg


さて、まずは、金沢城公園です。入り口近くの石川門はなかなか立派でした。中は工事中ということもあり、ちょっと寂しい感じでしたね。さくっとまわって、すぐに兼六園のほうに向かいました。

e0351590_22253057.jpg
e0351590_22254481.jpg
e0351590_22254594.jpg
e0351590_22260294.jpg


兼六園はもう何度か行っているのですが、やっぱり一回は押さえておきたい散策先です。天気今一つで、雨がパラパラ降ったりやんだりでした。雪は降っていないので、雪釣りは裸のままです。2月に見た迫力の雪釣りとはやっぱり違いますね。それでも、素晴らしい松の枝振りや池の出材などは何度見ても良いものです。それにしても、歩いている人もアジア系の外国人が多く、金沢も他の観光地同様、変わってきたなあと思いましたね。

e0351590_22261727.jpg
e0351590_22275037.jpg
e0351590_22261724.jpg
e0351590_22264646.jpg
e0351590_22265861.jpg
e0351590_22270425.jpg
e0351590_22270577.jpg
e0351590_22272387.jpg
e0351590_22272470.jpg


この後は、ランチです。西茶屋街近くにある料亭「つば甚」でした。
ランチの紹介は次回別に紹介します。

ランチ後に西茶屋街をさくっと歩きました。東茶屋街とちがって、小ぢんまりです。昼間は花街の華やかさもないため、ちょっと寂しいですね。さらっと通り抜け、次の場所へ。

e0351590_22282415.jpg
e0351590_22282475.jpg



雑誌で評判だったので「鈴木大拙館」に行ってみました。独特の空間づくりにはびっくり!それほど広い空間ではないのですが、建物、オブジェ、池、天井などなど・・・ぽか~んとここにいるような場所ですね。異空間にちょっと意表を突かれました。うーん、写真ではその不思議さが伝わらないですね。ぜひ一度行ってみてください。

e0351590_22284790.jpg
e0351590_22284848.jpg
e0351590_22285514.jpg
e0351590_22290611.jpg
e0351590_22290701.jpg

e0351590_22290741.jpg
e0351590_22292267.jpg

そのあとは、話題の金沢21世紀美術館です。入場料払わずに見られるエリアを散策後、はいってみようか・・・と思ったら、なんと1時間以上待ちの大行列だったのでした。格別の人気スポットなんですね。目の錯覚や空間を作り出す独特の体験ができるとあって、アトラクション並みの人だかりでした。もう結構歩いたし、ここは挫折~。

e0351590_22293090.jpg
e0351590_22293032.jpg
e0351590_22293091.jpg
e0351590_22302773.jpg
e0351590_22295489.jpg
e0351590_22293878.jpg


ここまでで観光は終わりです。1軒、ホテルに戻る前に九谷焼の「黒龍堂」に寄りました。ここで器を飼っちゃいましたよ。山本長佐という作家の物で、きれいな藍と繊細な絵がすてきです。ここのご主人が作家と懇意にして直接お願いしたり仕入れたりしているそうで、安い安いと吹聴していました。半信半疑ながら、デザインが気に入ったので買いました。後ほど、山代温泉街で同様の器を売っているのを見て、本当に3割ほど安いということがわかりました。お得でしたね。

e0351590_23332996.jpg
e0351590_23332027.jpg


そしてホテルで一休みし、夜の食事に出かけましたよ。
東茶屋街にある「鮨 みつ川」でした。こちらも、次のアップで紹介します。

はあ、これでもけっこういろいろ回りましたね。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-26 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
2016年ネタがようやく最後になりました。はあ~、とろくてとろくて^^。

年末前の3連休をこの北陸の旅としました。金沢中心ですが、もともとも目的は温泉宿だったのです・・・が、いろいろ手配&検討しているうちに、目的と結果がぐちゃぐちゃになってきました(毎度のことながら・・・苦笑)。

ぼちぼちと紹介してまいります。

まずは、移動からです。今や北陸新幹線ブーム、金沢は新幹せ~ん、という時代に、なぜか私たちは飛行機にしてしまいました。はい、新幹線登場で苦しくなった航空会社は安いチケットを出し始めたからです。往復で一人数千円安い、かつ到着は新幹線も飛行機もあまり変わらない、とあってはコストに走りましたよ。・・・しかし、この選択が後悔の嵐に・・・。

会社の帰りに羽田空港に出て、ANA便に乗ります。予定よりかなり早めにつきましたので、カードラウンジで少し休憩することにしました。こちらのカードラウンジは初めてはいりましたのですが、静かでゆっくりできる雰囲気です。航空会社のラウンジと違ってアルコールはありませんが、まあ、飲みすぎなくてよいです(笑)

e0351590_21541212.jpg

e0351590_21541203.jpg
e0351590_21541270.jpg



さて、そろそろ行行ってtみましょうかと搭乗口に向かうと、57番、19:55、定刻出発ですね~。早めについてしまったので食事をする手もありましたが、せっかくだから金沢でおでんでも食べようということになって、飲み物だけで我慢しておりました。

e0351590_21332969.jpg


しばらくして、時間が近づいてもコールがない・・・係員の動きが変???
すると、アナウンスがありました。「搭乗口が変更になりました。61番に移動してください。」あちゃ~、何だよ。最初のカードラウンジの近くじゃないか・・・とがっくりしつつ、移動しました。

それでも、まだアナウンスがない・・・そうしたら、次はサインに「20:30」と出たじゃないですか?使用機体遅れですって!それなら、もっと早くにアナウンスしてくださいよ。19:50になってからはないでしょ!

e0351590_21543375.jpg


ブリブリ文句いいながら、椅子に座って待ちました。係員以外にマネジャーらしき担当者も搭乗口あたりに着て連絡を取り始めている・・・20:20過ぎてもなしのつぶて。そうしたら、もともと61番ゲートの関空行きフライトが移動しました。それでも、コールがないと思ったら、今度はボードが「20:40」のサインに変更!でも、もう20:30過ぎて機体がないんだから、無理でしょ。案の定、20:40が過ぎてもコールなし。いらいらしながらようやくフライトコールがあったのは21時頃です。それから乗り込み、テイクオフしたのは、21:15ぐらいでした。なんだ、こんなことなら先にご飯食べてたのに~。19時台に1時間以上遅れるってわかっていれば、行動も違っていましたよね。

e0351590_21402982.jpg


前置き長くなりましたが、小松空港に着いたのは22時過ぎ、金沢駅にバスで入ったのは23時近くになってしまいました。あ~おなかすいた&疲れた~!

とりあえず、チェックインにホテルにはいりました。「ANAクラウンプラザH金沢」です。昨年も利用したホテルなので慣れています。バス停から駅の反対側ですが、駅ビルすぐ横なので便利です。照明を落とした寂しいロビーでチェックインし、暗いクリスマスツリーを横目に客室フロアにあがりました。


e0351590_21560459.jpg

e0351590_21561203.jpg
e0351590_21500543.jpg



今回の宿泊は14Fの1416号室、スーペリアダブルです。下のレイアウト図の通り、スタンダードタイプより広めで、L字型のソファと広いバスルームがあり、窓が大きいのが特徴です。実は前回も同じタイプの部屋でした。

e0351590_21562083.jpg


写真はさくっと。ベッドがら目の前の窓がよい眺めです。これで、お風呂にシャワーブースか洗い場があれば尚良いのですがね。

e0351590_21563072.jpg
e0351590_21563049.jpg
e0351590_21562917.jpg
e0351590_21564052.jpg
e0351590_21564689.jpg
e0351590_21564617.jpg



やっと部屋に荷物置いたら、とにもかくにもお食事!だめもとで、片町あたりまで出ましたが、おでんやは3軒フラれました。満席、オーダーストップ、と…悲しい・・・しょうがなく、深夜営業しているお店を探して、フラッとカウンターの店にはいりました。割烹風の飲み屋さんで、カウンターに出ているお惣菜などいただいて、香箱蟹、巻貝、魚の甘露煮、キノコ雑炊など食べて、なんとか満腹になりました。もう午前様です。はあ~疲れました、初日。

e0351590_21564073.jpg
e0351590_21564002.jpg
e0351590_21564112.jpg
e0351590_21565398.jpg
e0351590_21565466.jpg
e0351590_21565453.jpg

こうなったら、やっぱり次回の金沢はおでんリベンジになりますね(笑)。

さて、このあとからは、翌日からの観光とお食事などを紹介しましょう。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-22 22:00 | ANAクラウンプラザH金沢 | Comments(0)
名古屋に降り立ったのはいつ以来でしょうか。友人のお誘いに乗り、名古屋グルメのお食事をいただくことになりました。
せっかく名古屋に行くので、京都も寄ってみよう・・・などと思い始めてしまったら、なんと名古屋は食事の夜だけで、あとはずっと京都をうろうろしてしまいました(笑)しかも、ホテルも京都になって・・・。

というわけで、さくっと名古屋ですが、簡単に紹介を。


京都から移動、早めに名古屋に入ろうと思ったのですが、押せ押せになり、結局30分ぐらいしか余裕がありませんでした。
たった30分でしたことは・・・はい、駅前のマリオットアソシアホテル名古屋をちらっと見てきました^^。ホテル好きのPockieですから、しょうがないですね~。本当はここに泊まるはずだったんですが(苦笑)

e0351590_19062228.jpg
e0351590_19062258.jpg


JR名古屋ビルの上ですから、すぐさま看板を見つけてエレベータに乗りました。
11月ですが、すでにクリスマスに向けたデコレーションとなっていました。駅ホテルなので、きっと泊まり以外に立ち寄る方も多いでしょうね。ロビーはなかなかいい感じです。広々としていますね。

e0351590_19062345.jpg
e0351590_19063500.jpg
e0351590_19063575.jpg


エレベータで最上階まで上がると、そこにはバーがありました。エレベータホールは一昔・・・いやふた昔前ぐらいのレトロ感あるゴージャスさが、何となく親しみを感じてしました。後で時間があったら寄ろうかなと思い、少し感じを覗いてみました。夜景のすばらしい最高のビューバーでした。結局立ち寄ることなく、京都に戻ることになってしまったのですが。。。


e0351590_19063599.jpg
e0351590_19070915.jpg
e0351590_19071043.jpg

そんなこんなで、ちょこっと見ただけでマリオットは退散です。お食事の場所に向かいました。

「山猫軒」は名古屋のグルメの間では有名のようで、食べログでも高い評価を得ていました。ただ、カウンターなのに完全予約制で、メニューもおまかせ、料理は全員一斉スタート、オーナーのこだわりがいろいろあって、はまるほどの人とちょっと合わない人と別れるようです。場所は地下鉄丸の内駅から割にすぐなのでsが、夜にそのあたりに行ってみて、周りが静かでちょっと怖い感じ・・・しかも小さなビルの階段で2Fに上がっていくちょっと恐る恐るな場所にありました。

今回はすっぽんのコースです。
メニューはないので、細かい部位の名前はすっかり忘れてしまいましたが、なにしろ、見た目では何が出てきたかわからない、ラインナップです。

まずは、スタートにオーナーの講釈があります。これが、料理の旅にありますので、これで苦手な人もあるかな。
お店のポリシーなど紹介が、このディナーマットに印刷されています。始まるまで、何となく読んでいました。お酒はおすすめをマリアージュで少しずつ出してくださるのが3000円とのことで、それにしちゃいました。

e0351590_19031162.jpg

場所はオープンキッチンで、この字型にお客様の席が囲むスタイル、15人ほど座れます。

まずは、ワインからスタートです。このワイングラス、ちょっと変わった形です。ITSUKI(イツキ)というグラスで、アシンメトリーな曲線が、飲み物の味を変える魔法のグラスなんです。ワインをくゆらせず、好みの角度から飲むと、向きによってそれぞれ味が違うというびっくりなもの。なかなか面白い体験をさせていただきました。

e0351590_19031101.jpg
e0351590_19045834.jpg


料理はさくっと並べていきます!
すっぽんのさまざまな部位をユニークに調理し食べさせてくださるラインナップ!脂の部分、スープ、お粥とのマッチ、チャーハン、ぼんじりのような串で焼いたもの、生血を利用したもの、揚げたもの、煮込んだものなどなど、これは好きな方にはたまらないほど楽しい演出です。また、すっぽんをあまり知らない人には驚きの連続で賞。私も楽しませていただきました。すっぽんのコースでこの料金はありえないというほど、お得だと思います。

e0351590_19032408.jpg
e0351590_19032441.jpg
e0351590_19035542.jpg
e0351590_19035574.jpg
e0351590_19035669.jpg
e0351590_19035675.jpg
e0351590_19040764.jpg
e0351590_19040759.jpg
e0351590_19040706.jpg
e0351590_19042206.jpg
e0351590_19042297.jpg
e0351590_19042365.jpg
e0351590_19043388.jpg

e0351590_19043399.jpg



最後のすっぽんの雑炊でしっかり満足の〆でした。おこげまですっかりいただいてしまいました!

e0351590_19045929.jpg
e0351590_19052272.jpg
e0351590_19052363.jpg
e0351590_19052389.jpg


というわけで、本当にちょこっと名古屋でしたが、でも楽しい夜でした。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-21 22:00 | グルメ | Comments(0)
2016年京都秋の旅、グルメな時間はランチに「天ぷら割烹 なかじん」さんい行ったことです。何人かの友人が行っていてよさげだったので、急にこちらに決定!
東福寺や買い物の後に、ばたばたと移動しました。

風情のある小料理屋風ののれんがかかっています。いいですね。

e0351590_22353421.jpg
e0351590_22362577.jpg

ランチは、時間も押しているので月コースの3990円(税込み)してみました。

e0351590_22363664.jpg

まずはお飲み物です。
ロゼのスパークリングワインでスタートです。おいしかったので、そのあとも泡で行きました!歩き回っていたので、とても胃袋にしみますね。ご主人も記念に撮影させていただきました。とても気さくな方ですよ。

e0351590_22365198.jpg

e0351590_22363593.jpg


さて、コースは前菜と小鉢の盛り合わせです。ちょっとしたアイデアは自分でやってみよう、っていうヒントがそこかしこに書くkれています。たとえば白いお豆腐は、オリーブオイルと塩だけ。あ、これいけると思いましたよ。泡にぴったり!

e0351590_22371683.jpg
e0351590_22372871.jpg


そしてサラダをいただきながら、てんぷらのコースがスタートです。
きれいなお麩の天ぷらからでてきました。楽しいですね!

e0351590_22373504.jpg
e0351590_22375069.jpg


海老、えんどう、れんこん、地鶏、シイタケ、かぼちゃなどが次々と出てきました。油が軽く仕上がっているので、どんどん入ってしまいます^^。

e0351590_22375070.jpg
e0351590_22375023.jpg
e0351590_22375134.jpg
e0351590_22375117.jpg
e0351590_22375435.jpg
e0351590_22375477.jpg
e0351590_22375498.jpg

お食事は、麦切です。お蕎麦みたいにしていただくのですが、これがなかなかおいしいのです。こちら自家製だそうで、人気の一品です。追加でアナゴも行ってしまいました。骨の挙げたのもいいですよ。のんべい向け?(笑)

e0351590_22381746.jpg
e0351590_22381786.jpg
e0351590_22381838.jpg



ホッとほうじ茶をいただいて、食事は天バラです。

e0351590_22384128.jpg
e0351590_22384161.jpg


デザートを選びます。こちらも、おすすめの「一個焼もなか」にしました。


e0351590_22384029.jpg

e0351590_22385161.jpg

うわ~、とってもおいしかったです!泡で回って、酔っ払いの「おいしい」がもれなく追加されていますので、皆様の好みかと思いますが・・・(笑)
夜は前菜からもっと凝ったものがいただけるとのこと。とても楽しみなので、また是非行ってみたいと思います。

さて、個の後は京都を後にして、急いで移動でした。

以上、京都の紹介でした。

このあと、おまけ(本来「目的」でしたが)で、名古屋のグルメを紹介します。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-15 18:00 | グルメ | Comments(0)
2016年京都秋の旅、それでは観光&食いだおれ編と参りましょう。

リッツカールトンから向かったのは、東福寺です。京阪電車に乗り、ひとつ先の鳥羽街道駅まで出ました。少しでも空いているかなと思って。
確かに空いていました。光明院や正覚庵の前をゆっくり歩いて、東福寺の南側の六波羅門にでました。

e0351590_22390498.jpg
e0351590_22392715.jpg
e0351590_22392872.jpg
e0351590_22394581.jpg


中に入ると、すでにすごい人だかりです。通天橋の紅葉がみな目的なんですよね。手前の本堂の仏殿が静かです。。。


e0351590_22400749.jpg
e0351590_22403882.jpg

中に入ると、ひたすら我慢・・・これは眺めることを決め込み、写真を取りながら長蛇の列についていって、ゆっくりと敷地内を歩きました。紅葉はややピークを過ぎているようでしたが、それでも立派な彩りが敷地内にあふれています。この歳は色が今一つということですが、それでも素晴らしいです。

e0351590_22404902.jpg
e0351590_22411716.jpg
e0351590_22412507.jpg
e0351590_22412583.jpg
e0351590_22425723.jpg
e0351590_22433576.jpg
e0351590_22415452.jpg
e0351590_22433639.jpg
e0351590_22434323.jpg


敷地内にいくつかお寺や庭があるのですが、有料のところにはいると、少しすいています。こちらはゆったりと見ることができました(たくさんありすぎで、名前を失念しました^^)。

e0351590_22440420.jpg
e0351590_22440567.jpg
e0351590_22441578.jpg
e0351590_22442943.jpg
e0351590_22490393.jpg
e0351590_22490401.jpg
e0351590_22492791.jpg
e0351590_22494501.jpg
e0351590_22494744.jpg
e0351590_22502974.jpg
e0351590_22504326.jpg


東福寺をでて、東福寺方面に歩き始めると「雪舟庭園」が目に入りました。ふらりとはいると、こちらがすばらしい。侘び寂びの心を感じる庭に各間、丸窓の光が美しく、カメラを真剣に向ける方の目が輝いていました。見に来た方も、人気の紅葉スポットと違い、ゆったりと座って、空間に浸っていらっしゃいました。

e0351590_22512562.jpg
e0351590_22512532.jpg
e0351590_22512586.jpg
e0351590_22514525.jpg
e0351590_22514613.jpg
e0351590_22514738.jpg
e0351590_22520810.jpg
e0351590_22520977.jpg

さて、さらに駅の方へ向かうと、和菓子の店が目に入りました。
「鶴屋弦月」です。フラッとはいってみると、地味な店構えながら、栗や練り菓子がよさげ。ふと目に入った季節の銀杏餅が美味しそうなので、一つ買って食べてみました。これはおいしい!みっけもの!・・・思わず、何種類か買って帰りました。

e0351590_22522936.jpg
e0351590_22523032.jpg
e0351590_22525383.jpg
e0351590_22525905.jpg


そして、京阪電車にまたのり、河原町に出ました。人があふれています。鴨川沿いの散策もいいですね。

e0351590_22532553.jpg
e0351590_22570583.jpg
e0351590_22532583.jpg
e0351590_22532598.jpg


横道にそれて、先斗町あたりをふらりと歩いて見ました。こちらは、やはり夜の街でしょうね。風情ある狭い道はなかなか楽しかったですが、夜の粋な街の顔を見てみたいです。

e0351590_22542411.jpg
e0351590_22544345.jpg
e0351590_22544394.jpg


そして、次のお目当ては錦市場と宗達のだしです。
錦位置ははいつものお漬物や佃煮などを買い込みました。宗達はだしの物をたっぷりと!

e0351590_22571758.jpg
e0351590_22571868.jpg
e0351590_22594760.jpg
e0351590_23001226.jpg


さて、この続きは次回に!

おいしい時間をダブルで紹介しましょう。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-13 21:00 | 国内観光 | Comments(0)
2016年京都秋の旅、さらにこのタイトル・・・今度はお泊り?・・・いえいえ、また寄り道だけです(笑)。

こちら「リッツカールトンH京都」へは、朝食に伺いました。
ANAクラウンプラザのある二条城エリアから地下鉄を利用し、京都市役所前から歩いて行きました。朝のすがすがしい時間の散策、なかなかいいですよ。

e0351590_23001074.jpg
e0351590_23001173.jpg





さて、鴨川沿いに到着、ホテルが見えてきました。フォーシーズンズと違って、とっつきは親しみやすい感じです。リッツのマークが見えましたよ。鴨川沿いというのが、京都らしいはんなりとした感じを見せてくれます。でも、門から入ると、やっぱり凛とした構えのデザインです。人力車がエントランス内側にありましたが、これで観光にいらっしゃる方もいるんでしょうね。

e0351590_23002348.jpg
e0351590_23002583.jpg
e0351590_23014360.jpg
e0351590_23014379.jpg
e0351590_23014392.jpg


渡り廊下のようなこちらのスペースを歩いて行くと、建物のエントランスにつきます。紅葉が美しい季節、こちらでもあでやかですね。

e0351590_23002657.jpg
e0351590_23004866.jpg




レセプションエリアと、さらにロビーと、2重のドアがあり、ちょっとフラッと入るには勇気がいりましたね。でも、覗くだけでなく、レストランを利用しようと思っていましたから、臆せず進みました。さすがに、品格のある内装にデザイン・・・京都の雅を表現しているかのような美しい金色や光の使い方は、まばゆいばかりです。

e0351590_23004891.jpg
e0351590_23012797.jpg
e0351590_23012748.jpg
e0351590_23012808.jpg
e0351590_23015382.jpg


さて、レストランに聞いてみると、朝食はロビーラウンジのほうで飲み外来は利用できるとのことでした。ちなみに、宿泊者の利用するレストランでは、ビュッフェの朝食と古ブレックファーストを出していたようです。

e0351590_23031087.jpg
e0351590_23031010.jpg



私の入ったカフェラウンジでは、コンチネンタル系の朝食のみです。
こちらのスペースも鴨川沿いでとてもリラックスできるおしゃれな空間です。アフタヌーンティの時間はきっと人気のスペースでしょう。

e0351590_23020917.jpg
e0351590_23021032.jpg
e0351590_23021932.jpg


私が入った時は誰もいなくて、窓側の席を取らせていただきました。
ワッフルブレックファーストで、フルーツやヨーグルト、ジュース、コーヒーがついているタイプです。ホテルレストランのセッティングで朝食をいただく贅沢・・・束の間の静寂の時間を楽しませていただきました。

e0351590_23023876.jpg
e0351590_23023822.jpg
e0351590_23025813.jpg
e0351590_23030089.jpg

さて、このあとは紅葉のスポットへ直行、急がねば!・・・こちらでは、ショウルームはお願いしませんでしたよ。こんな私でも、けっこうショウルームをお願いするのは気遣うんですよ。外国人のほうが多く、京都が異国のよう。鴨川沿いの雰囲気も良く、でもパブリックスペースの感じだけでも、泊まってみたいなと思わせた、素敵なホテルでした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-11 22:00 | リッツカールトンH京都 | Comments(0)
2016年秋の京都、このtタイトルって?。。。2016年10月にオープンしたばかりのあのラグジュアリーホテルに泊まったのですか?・・・と思われるかもしれません。はい、違います(笑)・・・ホテルフェチのPockieはうずうずして、お泊りではなくk、フラッと立ち寄って利用しただけでした。

でも、せっかく見てきましたので、写真で少しばかりご紹介です。
京都国立博物館、三十三間堂などの近くにひっそりとあります。アプローチから、ちょっと別世界な造りで、近寄りがたいような・・・それが、このホテルの格や凛とした雰囲気を醸し出していますね。斬新な屋根のデザインもいいですね。

e0351590_22555851.jpg
e0351590_22555920.jpg
e0351590_22560838.jpg
e0351590_22560837.jpg


エントランスをはいっても、静かです。

e0351590_22562857.jpg
e0351590_23012015.jpg

e0351590_22562826.jpg



友人からの情報で、日本庭園を臨むブラッスリーが素敵とのこと。池のある外の席に入りたかったのですが、こちらはカフェではなくレストランです。しかも、予約もなく満席のため、残念ながら断念。でも、景色を少しでもながめたい、と思い、隣のカフェのほうにフラッとはいりました。

e0351590_23010473.jpg
e0351590_23010541.jpg


カフェはこちらです。通常はソファとテーブルの席ですが、奥にバーカウンターがありました。

私はカウンターに座り、温かい天候だったので、思わず泡をいただいてしまいました^^。おいしそうなチョコレートもあったので、これも少しつまみにいただいて。ベルギーのチョコだったかしら?池を眺めながらの短い時間、ちょっぴり優雅な空間と気分を味わうことができました。夜は個のバーで飲むのもよさそうですね。バーカウンターの奥は夜にはワインセラーが開いて、楽しいつくりです。

e0351590_23013954.jpg
e0351590_23015213.jpg
e0351590_23015283.jpg
e0351590_23015967.jpg
e0351590_23013810.jpg
e0351590_23013923.jpg

e0351590_23015159.jpg
e0351590_23020004.jpg


そして、ダメもとでお願いしたら、ショウルームをさせていただくことができました。次はぜひお泊りしたいな~、参考にと。
なんと、かなり広いスィートを見せていただき、びっくり!とてもおだやかな雰囲気で、デザインもいいですね。通常の部屋なら、ベッドルーム側のスペースのみと思えばよいわけで。でもこの素敵な池のテラスはやっぱりスィートの特権のようです。ああ、ため息です。

e0351590_23022879.jpg
e0351590_23023122.jpg
e0351590_23022832.jpg
e0351590_23023128.jpg
e0351590_23023145.jpg


以上、フォーシーズンズH京都の立ち寄りでした。

さらに、ちょっとおまけです・・・。



More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-09 23:00 | フォーシーズンズH京都 | Comments(0)
秋の京都・・・といえば、やっぱり紅葉ですよね。今回は夏に京都に行ったので、予定はなかったのですが、ちょうどそのころに名古屋でお食事会の予定がはいり、ついでなら京都もよってしまえ~という乱暴な行程を組み、京都観光&泊で名古屋外出と相成りました^^。

さて、今回の移動は株主優待券使ってANA便で伊丹にはいりました。電車が遅れて1本後のフライトになってしまいました。結局フライトのほうが遅れて乗れそうだったのですが、フライト変更してしまったので、目の前でサヨナラ~。あー、羽田での小一時間がもったいなかったです、ハイ。


ラウンジは、カードラウンジのほうを利用しました。私は上級会員でもプレミアクラスでもなかったので。このラウンジなかったら、待ち時間もっと困ったかもしれません。コーヒーなどの飲みながら、飛行機を眺めて過ごしました。

e0351590_22500402.jpg

e0351590_22273242.jpg
e0351590_22273342.jpg
e0351590_22273352.jpg
e0351590_22274839.jpg



無事、フライトに乗り、お天気も良く富士山を眺めることができました。これで羽田待ちぼうけもチャラですね^^。
e0351590_22281022.jpg
e0351590_22501174.jpg

さて、京都では、IHGと株主優待券の恩恵を受けて、クラウンブラザ京都に泊まりました。直前にお得なプランがで、さらに株主優待で20%オフ。もともと名古屋に泊まる予定だったのですが、これで、ほいほいと乗り換え得てしまいました。

エントランスを入ると、美しい色味の着物の生地でデコレーションが迎えてくれました。

e0351590_22291144.jpg


お部屋は711号室のスーペリアツインルームです。IHGのAmbassador会員でUGしていただき、広めの部屋になりました。長ソファがあるので、少しくつろげる感じです。眺めはまあ、普通の街中ですね。

e0351590_22300311.jpg

e0351590_22300252.jpg

e0351590_22291194.jpg
e0351590_22291806.jpg
e0351590_22292597.jpg
e0351590_22292582.jpg


シティホテルなので、一応クローゼットやミニバーはきちっとしています。靴の乾燥機があったり、アメニティに入浴剤やミントティ、アイマスクなどあって、クラウンプラザ独自の品ぞろえがあります。やっぱり一応ビジホとは違いますね^^。

e0351590_22294145.jpg
e0351590_22294119.jpg
e0351590_22295232.jpg

e0351590_22294113.jpg


バスルームはすこ~しばかり広い目。お風呂、トイレの横に仕切りがあってベイシンがあるので、スタンダードなタイプより使いやすいです。デザインはかなり滋味ですし、独立のシャワーブースまではありませんが^^。

e0351590_22293145.jpg
e0351590_22293116.jpg



二条の地にあるこのホテル、到着して、ちょこっとまわりを散歩しました
老舗の和菓子屋「二条若狭屋」に寄りました。栗のお菓子がちょうど季節、焼き栗を1つ買ってその場でいただき、おいしかったので買っちゃいました^^。一緒に出してくださった桜茶もおいしかったです。さすが、やっぱり京都のもてなし、甘味は秀逸、おいしい店が多いですね。

e0351590_22304931.jpg
e0351590_22304969.jpg
e0351590_22305344.jpg
e0351590_22305305.jpg
e0351590_22310522.jpg


さて、今回は泊まりのホテルは寝るための場所。京都に来たら、やっぱり紅葉とグルメですよね。

次回からはその紹介です。
でも、やっぱりホテルフェチなPockieが・・・(笑)


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-01-08 22:30 | ANAクラウンプラザH京都 | Comments(0)