「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

<   2016年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2016年夏休みの旅、ベトナム「シックスセンシズ・コンダオ」は、その他の魅力的なパブリックスペースを紹介しましょう。

まずは、パブリックプールです。
ビラに大きなプr-ルがあるので、2回ほどしか行きませんでしたが、やっぱり、パブリックプールのほうが開放感は断然気持ち良いですし、この曲線美しいのプールのほうが優美さを感じましたね。子供が少ない時間なら、のんびりできます。レストランのとなりですので、ランチなど軽くとるのもいいし、となりのカフェやバーに気楽に行けるのもいいですね。


e0351590_21583394.jpg
e0351590_21583325.jpg
e0351590_21585012.jpg
e0351590_21585065.jpg
e0351590_21585072.jpg



ビーチを散歩するのもいいですね。旦那は海にはいっていましたが、私は見ているだけだったかも。朝日の時間もよかったです。
ただ、かなり蒸し暑いので、ビーチを歩いてレストランに行くのはNG!・・・レストランもエアコンないので、かなりきつかったです、ハイ。

e0351590_21555129.jpg
e0351590_21563179.jpg

e0351590_21573656.jpg
e0351590_21574906.jpg
e0351590_21575058.jpg
e0351590_21575002.jpg
e0351590_21562151.jpg



私たちのビラの近くは、スパエリアにかけてハーブガーデンもあり、散策する人もいました。小高い山を臨む景色が気持ち良いです。

でもアツイ・・・(苦笑)

e0351590_22031886.jpg
e0351590_22031894.jpg
e0351590_22032691.jpg
e0351590_22032680.jpg
e0351590_21564513.jpg



ジムはプールの近くにありましたが、結局利用しませんでした。ビラから遠かったのでちょっと不便だったからかも。毎日泳いでいましたからね!



滞在中、GMのパーティがあり、参加しました。
開始前に先にこのエリアに行ってみていました。バーとベトナミーズキッチンの間のオープンスペースでの開催です。マッサージ台もありますね。

e0351590_22014077.jpg
e0351590_22014072.jpg
e0351590_22013902.jpg



パーティで乾杯の後、最初にトライしたのはこの生春巻きつくり!シェフがしどうしてくれて造り、自分で作ったものをいただくことができます。私は最初のほうにトライしたので、そのあとから来た人たちは面白がってどんどん来ていました。そのほかサテなどがふるまわれました。白と赤のワインがフリーフローです!

e0351590_22004382.jpg
e0351590_22012409.jpg
e0351590_22020194.jpg
e0351590_22015570.jpg
e0351590_22014946.jpg

スパマネジャーとお話しをして、どんな改善をしたらよいか意見をくれといわれて、何となくいろいろいってしまいました。
旦那はすかさず、クイックマッサージを受けていましたよ。

なかなか楽しい雰囲気のパーティでした。

e0351590_23194864.jpg
e0351590_23195347.jpg
e0351590_22021116.jpg



夜のバーラウンジエリア・・・いい雰囲気です。

e0351590_21560956.jpg
e0351590_21561980.jpg



以上、パブリックエリアとパーティの紹介でした。

次は、参加したアクティビティの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-28 21:00 | ベトナム: シックスセンス・コンダオ | Comments(0)
2016年夏休みの旅、ベトナム「シックスセンシズ・コンダオ」の紹介、スパです。

e0351590_22531614.jpg


敷地の一番奥に位置するため、ほとんどの方がカートで来られます。私たちのビラはかなり奥の方なので、歩いていきました。マッサージなどは好きなので3回も利用してしまいました。

建物は竹や木組みの素朴な筒形の形をしており、こちらでもナチュラルテーストです。レセプションからロビーまで、エアコンはありません。汗だくで行かないほうがよいかも(笑)。

e0351590_22543362.jpg
e0351590_22543351.jpg

e0351590_22550317.jpg



中に入ると、グリーンのソファでお茶をいただき、受付をしていただきます。
メニューを確認し、オイルマッサージの場合は、オイルの香りを嗅いで、ここで選びます。2回目からは前回選んだものでよいか、という確認だけで、変更したい場合は、また香りを嗅いで、別のフレイバーを選びます。

e0351590_22550304.jpg
e0351590_23022029.jpg
e0351590_22550319.jpg
e0351590_22554412.jpg



スパルームに案内されます。
まずはロッカールームで、ガウンに着替えます。
ロッカールームも小屋のような木の建物です。こちらはシャワーやサウナもあるので、エアコンが効いてます。
ロッカー内は一人のことが多かったので、なんだかたくさん写真をとってしまいました^^。サウナはドライとミストがあり、サウナ好きの私はなども利用してしまいましたよ。

e0351590_22560092.jpg

e0351590_22590935.jpg
e0351590_22581221.jpg
e0351590_22591763.jpg
e0351590_23032759.jpg
e0351590_23032791.jpg
e0351590_23043427.jpg
e0351590_23043482.jpg

e0351590_23044109.jpg
e0351590_23044181.jpg
e0351590_23044119.jpg


さて、施術室に案内されます。
ペアルームがいくつかあるので、二人で利用するときはこちらになりました。
男性で失礼!こんな感じのベッドです。目の下にきれいなお花が飾られて気持ち良いです。もう一つの写真は、シャワーをかける施術の部屋です。これは利用しませんでしたが。

e0351590_22022876.jpg
e0351590_23030954.jpg
e0351590_23031427.jpg
e0351590_22592305.jpg



最初に私はネイルカラーリングをお願いしたので、ネイル室に案内されました。
椅子タイプで、ネイルセットが置かれています。珍しいパープルのネイルカラーをお願いしてみました。

e0351590_23041602.jpg

e0351590_23041614.jpg
e0351590_23041609.jpg
e0351590_23042055.jpg
e0351590_23042094.jpg



施術が終わると、プールのあるオープンエアーのソファでくつろぎます。ここでお茶をいただきます。
プールとソファは高台にあるので、海を臨むとてもの眺めの良いスペースです。ここでゆっくりくつろぐこともできます。

e0351590_21575660.jpg

e0351590_22562459.jpg
e0351590_23044814.jpg
e0351590_22590936.jpg
e0351590_22590988.jpg
e0351590_23044738.jpg

施術はまずまずの腕です。やはりプーケットやバリのほうがクオリティが高いかもしれませんね。スパのメニューは日本の高級ホテルよりは安いですが、やはりそれなりのお値段。宿泊者に少しお得なプランがいくつかありましたので、行ったときに確認するとよいのでしょうね。宿泊者用の特別プランはネットなどには掲載されていません。

さて、次はパブリックプールなど、そのほかのパブリックスペースです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-26 22:00 | ベトナム: シックスセンス・コンダオ | Comments(0)
ちょい、脱線しました。夏休みの旅の紹介に戻ります^^。

2016年夏休みの旅はベトナム「シックスセンシズ・コンダオ」の紹介、バイ・ザ・ビーチです。

こちらはいわゆるオールデーダイニングで、朝食、ランチ、ディナーとインターナショナル料理を中心に、さまざまな料理や飲み物を提供してくれるレストランです。一番お世話になりましたね。朝食はすでにご紹介しましたので、その他の料理などをご紹介します。

ある日の夕食です。某ツアーに出る前です。(後ほど紹介します)

満月の夜・・・もうすぐ日が暮れます。レストランに向かうと、丸いお月さまを拝むことができましたよ。写真より実物はもっときれいでした。これはいいことがありそう!

e0351590_23004466.jpg
e0351590_23010867.jpg



アラカルトでお夕食のメニューをとりました。メニューはすっかり失念しまして、写真でご勘弁を。主人が冷たいスープを飲みたいということで、ガスパチョをリクエストしたのは覚えてますね。

こちらはベトナムなので洋食系はフレンチかと思っていましたが、けっこうイタリアンな感じだったのがちょっと驚きでした。主人のメニューと両方の写真です。フルーツ使いが特徴的でしたね。軽い目に済ませました。

e0351590_23002815.jpg


e0351590_23002812.jpg
e0351590_23014783.jpg
e0351590_23014750.jpg
e0351590_23014724.jpg
e0351590_23012047.jpg



翌日は、スペシャルディナーを予約しました。「バイザキッチン シェフズテーブル」です!

何がスペシャルって?・・・キッチンをガラス越しに眺めながら素晴らしいコースとワインを個室でいただく、一日一組のディナーです。
レストランの奥にある扉をあけて廊下をはいると、こんなすてきなスペースがありました。ランプとろうそくでライティング、テーブルセッティングがとても優美です。本当なこのライトだけのディナーなのですが、私たちは料理をしっかり見たかったので、天井のライトもつけていただきました。


e0351590_23034987.jpg
e0351590_23034902.jpg
e0351590_23035825.jpg


キッチンはこんな風に、ガラス張りから見えます。
正直・・・もっとダイナミックなところが見えるのかなと期待してしまいましたが、キッチンの端のほうだけなので仕込みだけや使っていない時間も多く、メインの調理は見えない形になっていました。うーん、ちょっぴり残念!

e0351590_23034983.jpg
e0351590_23035814.jpg
e0351590_23065203.jpg



お食事はキッチンを見ながらなので、二人が隣同士の席になります。

e0351590_23061437.jpg


今夜のメニューリストです。
フレンチの5コースメニューです。コースは4,5,6コースの3種類が選べます。ワイン付きとワインなしとがあります。ワイン付きはマリアージュのペアリング、ワインなしは、飲み物はアラカルトでオーダーできます。


e0351590_23035891.jpg



お写真で、お食事のラインナップをご覧くださいませ。
野菜使いがきれいで、おいしかったです。
お皿の上のアシンメトリーなデコレーションは美しく、バランスよく、大変楽しめました。フレンチとしては、うーん、もうちょっと頑張ってほしかったかな。メインのシーフードやお肉がひきたつ料理法やソースを頑張ってほしかったかな、と、リゾートにはちょっと酷かあ(笑)
e0351590_23042010.jpg
e0351590_23061485.jpg
e0351590_23063342.jpg
e0351590_23063371.jpg
e0351590_23064285.jpg
e0351590_23064328.jpg
e0351590_23064850.jpg
e0351590_23071289.jpg

e0351590_23071297.jpg
e0351590_23073597.jpg


そして、コースにあわせたペアリングのワインも楽しみました。

e0351590_22234996.jpg


実は、このとなりのお部屋では「バイザセラー シェフズテーブル」というのもやっていました。
こちらは、その名の通り、ワインセラーの横でいただくスペシャルディナーです。ワインが主役のエクスペリエンスです。

こういった粋な計らいのセッティング、いいですよね。私はビーチで二人だけのディナー、というより、こういうライブ感のある計らいのほうがうれしいですね。リゾートですてきな特別感、楽しめました。


さて、次はスパです!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-24 23:00 | ベトナム: シックスセンス・コンダオ | Comments(0)
「星のや東京」の紹介、温泉のお風呂です。

旅館らしさのひとつ、温泉の大浴場がこの宿にあります。
お部屋にあるこの小袋に化粧品などをいれていきます。タオルと基礎化粧品はちゃんと、備え付けがありますよ。

e0351590_22213246.jpg


エレベータで17Fにあがると、正面に和モダンのガラス・オブジェと木の根っこのようなテーブルがありました。思わず目を引かれるデザインです。

e0351590_22195089.jpg
e0351590_22212462.jpg
e0351590_22212532.jpg
e0351590_22223900.jpg


壁の女湯のサインを見て、のれんをくぐります。

e0351590_22210656.jpg
e0351590_22215130.jpg



脱衣所はすっきりとしたデザインですね。でも、温泉旅館の大浴場だ!と思いました(笑)。
お水、ヘルスメーター、化粧品にアメニティも備えられています。シンプルなデザインで、化粧品もデザインがシンプルなボトル・・・ちょっと高級旅館としてはやや物足りないかな、という印象です。

e0351590_22223162.jpg
e0351590_22223184.jpg
e0351590_22230832.jpg
e0351590_22230886.jpg
e0351590_22231498.jpg



大浴場内です。洗い場は日本のお風呂スタイルで、木の椅子と木桶です。蛇口ごとの仕切りはありません。椅子も割に低めですね。

e0351590_22233830.jpg
e0351590_22235015.jpg


湯船は内湯と半露天がつながったユニークなスタイルです。
大手町温泉、うっすらと色づいた温泉はモール湯のようです。塩分が強いのでしょっぱいぐらいです。40~41度ぐらいに温度設定されています。
仕切りをくぐって向こう側にいくと、木枠で囲まれたスペースに、上のほうが実は野天の空が見える「露天風呂」なんです。木枠の隙間から光が差し込み、独特の雰囲気です。都会の旅館を彷彿させるデザインだと思いました。

e0351590_22233856.jpg
e0351590_22241212.jpg
e0351590_22235091.jpg
e0351590_22244073.jpg
e0351590_22235706.jpg


温泉は深夜も利用でき、お風呂好きの私は部屋のお風呂よりこちらに来てしまいました。
まちがいなく「旅館」のしつらえです。モダンなデザインのお風呂は箱根などでもよく見られ、違和感はありません。露天風呂の造りには驚きましたが、やっぱり眺めがあるといいな・・・というのは贅沢なないものねだりですね。

以上お風呂の紹介でした。

こちらまでです。

さて、また個人的なメントすると・・・


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-22 18:00 | 星のや東京 | Comments(2)
「星のや東京」の紹介、次はお茶の間ラウンジです。

こちらのお宿では、ユニークなラウンジづくりをされています。1フロア6部屋のためにそれぞれエレベータホール前に「お茶の間ラウンジ」がしつらえらています。宿泊者専用の居間スペースですね。6部屋で1つのスペース・・・とても贅沢なスペースですが、利用してみていろいろ感じることがありました。

e0351590_23061166.jpg


まずはラウンジの写真です。真ん中に大きな木の板の代人部テーブルがあり、椅子がまわりにしつらえられています。
その周りには、窓側のカウンタースペース、コーナーのくつろげるソファなど、ユニークな配置となっています。クッションのあるソファがなかなかいい感じです。明るい木目と黒のデザインで、シックな和を演出しています。スタッフが一人配置されて、その方がお茶やサービスなどを担当されます。スタッフの制服が着物風のデザインで、お宿に宿泊している雰囲気を出しているのだと思います。ただ、完全な和装ではなくデザインなので、外国人向けのデザインかもしれませんね。

e0351590_23051646.jpg
e0351590_23062260.jpg
e0351590_23051666.jpg
e0351590_23051629.jpg
e0351590_23051613.jpg
e0351590_23062101.jpg
e0351590_23062728.jpg


スタッフの後ろ側の棚には飲み物、お茶、食器、カトラリー類が納めあられています。
夜22時以降はスタッフがいないため、セルフで利用できます。その折に失礼して、写真をいろいろ撮らせていただきました。コーヒーを1杯ずつ、お茶も煎茶、ほうじ茶などさまざまな種類のものがあって、1杯ずつ入れてくださいます。冷蔵庫には小ぶりなジュース類が入っていました。

e0351590_23062135.jpg
e0351590_23062121.jpg
e0351590_23061183.jpg
e0351590_23054835.jpg
e0351590_23061133.jpg
e0351590_23054971.jpg
e0351590_23054999.jpg


到着時のお茶、コーヒーといただきましたが、とにかく小ぶり!・・・一口か二口で飲み干してしまいます。入れていただくのに待って、飲んだら数秒(笑)・・・ちょっとじれてしまいましたね。少し甘いものもいただきたい、といったら、お干菓子や羊羹など豆サイズの甘味をだしていただきました。コーヒーにあわせたクッキーやキャンディなどはないようです。うーん、ホテルのクラブラウンジのような使い方をつい想定してしまって、自由に飲み物をセルフで入れる、というのとは違うんですよね。確かに旅館に行ったら、仲居さんがお茶を入れてくださって、たっぷりではないかもしれないなあ・・・と思ったのでした。

ちなみに、ラウンジの案内に書かれている日本酒やワインなどは有料サービスです。カクテルアワーのフリーフローではありません。私は夕方から出かけたので、ラウンジでお酒をいただく機会はありませんでした。


e0351590_23052539.jpg
e0351590_23053049.jpg


朝は朝食なしと謳っていますが、簡単なおにぎりとお味噌汁がふるまわれます。おにぎりがかなり大きくて、私はこれで十分に朝食になってしまいました。オーダーがはいってから調理場で握ってだしてくださったようです。おいしくいただきました。ちなみに、通常の量の朝食のセットもルームサービスで頼むことができます。朝のラウンジでは男性の方がいらして、いろいろほしのリゾートのお話しを聞くことができました。お客様への対応が自然体でとてもきちっとしていらっしゃいました。軟らかさから、ホテルではない、旅館の応対であることを感じましたよ。

e0351590_23062750.jpg
e0351590_23062755.jpg

以上、お茶の間ラウンジの紹介でした。
次回は大浴場のお風呂です。

ラウンジについて、少し個人的なコメントをすると・・・・


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-20 22:30 | 星のや東京 | Comments(2)
「星野や東京」の紹介、客室の2回目です。水回りを中心に紹介しましょう。

ベッドの横にあるガラス張りの部屋がバスルームです。40平米台のため、完全に壁にしてしまうと、景色も良くない宿としてはかなりの圧迫感です。そこをガラスのレイアウトでうまくデザインしたのだと思います。黒い木目と白いタイルでデザインして、落ち着いた色調ながら、真っ黒でないので重さを出さないぎりぎりの線だと思います。このスペースですと、シングルベーシンはしょうがないでしょうね。セパレートのシャワーブースがあり、このデザインを見ると完全に「ホテル」です。旅館ということを忘れてしまいます・・・。なお、バスタブのお湯は温泉ではありません。(後ほど温泉大浴場を紹介します)


e0351590_22284158.jpg
e0351590_22284134.jpg
e0351590_22291676.jpg
e0351590_22284115.jpg




ベイシン周りはとてもシンプル・・・そうなんです。アメニティ類はほとんど引き出しに入れられており、すっきりした見栄えを重視しています。アメニティがないのと勘違いするお客様もいるかも?(頼まないともらえないとか?)まあ、私は置いてないってことはないからどっかにあるんだろう、と引き出しをあちこち触って確認しましたが(笑)。個人的には、ベイシン周りがあまりにもシンプルで、ちょっと寂しいぐらいに感じてしまいました。

e0351590_22285575.jpg
e0351590_22285534.jpg
e0351590_22290815.jpg
e0351590_22290833.jpg



シャワーブースのバスアメニティがボトルタイプです。すっきりしたデザインですが、つい高級「ホテル」と見まがうため、なんとなくお持ち帰りボトルがないのがさみしいような・・・。親切で付けた底の淵にプリントした「シャンプー」「コンディショナー」などの表示は、スタイリッシュなデザインからいくと、ちょっと興ざめな気がします。文字が大きくて見やすいんですけどね、・・・贅沢な文句(笑) シャワーはハンドル式のみで、高級ホテルでは最近デフォルトとなっているレインシャワーはありませんでした。

e0351590_22290849.jpg
e0351590_22290817.jpg


このガラス張り、ちょっと同室者といるとひいちゃいますよね。そこで、「Glass Shade」のボタンを押すと、なんとスモークのようにすりガラスに変身するのです。ただ、あくまでもすりガラスなので、完全に目隠しにはならず、うっすら見えます。この辺が明り取りと目隠し目的と微妙なところです。

e0351590_22284100.jpg
e0351590_22285598.jpg

化粧品はベーシン横にありました。Lilioというスキンケアの化粧品で、1回分ずつパックに入ったものが2組で一袋、それが二袋用意されていました。5ステップで利用するとか説明ありましたが、うーん、ひとつずつあけるのは使いにくい!せっかくスタイリッシュなパッケージで上質な化粧品なのに、試供品をもらった気分で、イメージ的に少し残念なことに。。。このほうがお宿側の管理は確かに楽ですね・・・。

e0351590_22291648.jpg
e0351590_22291647.jpg

以上、水回りの紹介でした。

次は、パブリックスペースに行きます。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-17 21:00 | 星のや東京 | Comments(1)
「星野や東京」の紹介、客室です。写真が結構あるので、2回に分けて紹介です。

案内されたのは、9Fの95号室「桜」のダブルルームです。

エレベータから右手に入り、一番奥から2つ目の部屋です。扉の鍵マークのところに、赤い巾着に入ったセンサー・キーをかざします。巾着が手のひらサイズより一回り大きめ・・・ちょっと持ち歩くには大きいでしょうか。ちなみに、センサー・キーは、エレベータ内でも必要です。このキーがないと宿泊フロアには一切止まらない仕組みとなっています。

e0351590_22241914.jpg
e0351590_22241132.jpg
e0351590_22242454.jpg

e0351590_22243050.jpg
e0351590_22301308.jpg


チェックインの時に、案内用の折り畳みガイドが渡されます。
宿の紹介として、レイアウト、施設ガイダンス、散策紹介などがはいっています。

e0351590_22300788.jpg


客室の扉をあけました!ほ~、独特の世界です。

窓側が一面障子、右手に低いダブルベッド、左手に低いチェアとテーブルです。木肌、木目、竹、和紙、畳などを多用し、柔らか光で間接照明を使い、質の高い和モダンが部屋全体に施されています。全体に背の低い家具で、淵のない琉球畳を使用し、圧迫感がないよう配慮されています。和の雰囲気をどう演出するかを計算しているのですね。壁側の家具も完全に和のしつらえ、床の間をイメージしています(床の間ではありませんが)。クローゼットやお茶セットのエリアはホテルを感じますね。このレイアウトだと高級ホテル風です。

e0351590_22252837.jpg
e0351590_22252871.jpg
e0351590_22252887.jpg
e0351590_22254284.jpg
e0351590_22284678.jpg
e0351590_22295652.jpg
e0351590_22295712.jpg





翌朝の明るい時間に取ってみました。

障子をあけると、窓に毒毒の文様がはいった鉄枠があります。これはビルに囲まれた場所であることから、目隠し用を兼ねてデザインされているとのことです。目隠しとはいえ、こちらから先方のビルはよく見えるので、ちょっと気になりますよね。見えないといわれても、気持ちの問題ですねえ。。。

e0351590_22301715.jpg
e0351590_22243011.jpg


壁の窓よりのところはガラスでちょっと光っていますね。実はこちらの中にテレビが仕込まれています。星のブランドはテレビを置かないのが前提なのですが、こちらは大手町でビジネス需要の方々も泊まられるということで、情報のためのテレビは必要な方には見られるようにした、とのことでした。ただ、これ見よがしにテレビがあります、としていないところはデザインで工夫ですね。


e0351590_22283396.jpg
e0351590_22273195.jpg



クローゼット内には浴衣やパジャマがはいっています。別の引き出しは金庫です。


e0351590_22284669.jpg
e0351590_22284603.jpg
e0351590_23134517.jpg
e0351590_22285427.jpg


浴衣といっても、こちらのは散歩着を意識してニットとおしゃれな帯でデザインされています。
恥ずかしながらセルフモデルでぱちっ!帯はリバーシブルで、女性用はパープルとシルバーグレーのコンビネーションです。下に着る長じゅばんの役割をする眺めの下着もあります。これらの着方もガイドが置かれていました。

ただ、私はこの着物で大手町を歩く勇気はないなあ・・・温泉街ならいざ知らず、大手町ですから^^。日本人はかなりの人が恥ずかしいって思うのではないでしょうか。外国人の方は、楽しまれるのでしょうね。もう一点、この和装はかなり分厚い目です。夏場はこれで外を歩くことはちょっときつい、っていうのもありますね。

e0351590_22310858.jpg
e0351590_22314262.jpg



ミニバーはかなり充実しています。有料のドリンクも充実しており、値段は比較的良心的です。お茶の種類が多く、こだわりのもてなしですね。煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶は標準、コーヒーやティーもありました。食器類もデザインもバラエティがあり、楽しいですね。

e0351590_22294824.jpg
e0351590_22294805.jpg
e0351590_22294866.jpg
e0351590_22294835.jpg
e0351590_23133412.jpg
e0351590_22294828.jpg


その他の、インテリア、小物類です。家具類が主張しすぎないような配慮がなされていると思います。

e0351590_23122021.jpg

e0351590_22295683.jpg
e0351590_22311712.jpg
e0351590_22285468.jpg

客室の紹介、まずはここまでです。
次回は水回りなどです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-15 21:00 | 星のや東京 | Comments(4)

星のや東京(1)- 到着編

夏休みの旅の紹介が途中ですが、最近行った新しいお泊りを先に紹介します。

そうです、あの「星のや東京」です。お得なプラン(といっても、十分お高いのですが 汗)で急に予約して泊まったので、あまり予習なく・・・。
ブログなど探してもまだ情報が少ないお宿ですので、ご覧になっている方へ、紹介させていただきます。写真も体験も限られてしまったため、全貌ではありませんことをご了解ください。

「星のや東京」は星のリゾートグループのメインブランドで最も新しいお宿、2016年7月にオープンした「旅館」です。軽井沢をはじめとして、京都、竹富島、富士などがあり、センセーショナルなコンセプトを次々出してきた星野リゾートは、なんと東京に「旅館」を作ったというのです。しかも、ビジネス街ど真ん中の大手町ですよ~。いろいろ事前のうわさやプレ案内があったものの、いったいどうやってあのビル街の宿泊場所を「高級旅館」に昇華させるのか????・・・しかも、宿泊者以外は入れない、という神秘性から、ひたすら興味津々からのお泊りでした。

個人的には、こちらのブログをご覧の方はご存知の通り、私は国内外、ホテル&旅館、どちらも好きでよくいきます。ですので、すべて感じていて、この宿はどうなんだろう?というのが正直な興味の的でした。

一つ言い訳をしなくてはいけません。私は、「星野リゾート」が初体験です^^。ですので、「星の」らしさを体感していません。的外れなコメントや感想がありましたらご容赦くださいませ。

----------------------------------

前置き長く、もったいぶってすみません。
今回は到着編です。

優雅に車...ではなく、東京メトロで向かいました。大手町駅の出口から割にすぐの場所なのです。
地下鉄出口を上がると、ビル、ビル、ビル・・・

e0351590_22262409.jpg
e0351590_22265418.jpg
e0351590_22224196.jpg



ん、地図によると、このビルが件のお宿らしい。。。

e0351590_22473592.jpg



この外観のガラスがそのようだ・・・。不思議なデザインが外から見えます。

e0351590_22271077.jpg
e0351590_22271075.jpg



こちらが入口でした。エントランスにスタッフがたっており、すかさず名前を聞かれました。

そう、ここで単なる見学者やふらっとはいりそうな方はシャットアウトされてしまうのです。
外の扉はガラス、中は木目の木のドア、どちらも自動ドアになっています。

e0351590_22272427.jpg



中に入ると、いきなり異次元の世界です。
外のガラスから見えていた不思議な模様は、左側の竹で編んだ四角い文様がはめ込まれたデザイン、そして高い天井がとても独特な雰囲気です。間口が狭い分、個のデザインで圧迫感を持たせないよう、異次元世界を感じてもらえるよう、工夫されたのだと思います。

e0351590_22281346.jpg
e0351590_22204804.jpg


エレベータで2Fに案内されると、レセプションです。
細長いウナギの寝床のようなスペースですが、光や家具の配置で圧迫感なく、意外に暗すぎないので、ふわっと受け入れやすい印象です。ただ、スタッフがずっとついているので、ちょっと緊張しますかね。ホテルではないんだ、ここはもてなしの高級お宿、と頭を切り替えねばなりません^^。(大手町で泊まるとなると、どうしても頭が「ホテル」になっています、ハイ)窓の反対側には、明るい木目の棚が並び、お土産などのショップになっているようです。

不思議な空間です。窓側はすべて障子で、外が見えず、光は間接照明ばかりなんですね。周りがビルで眺めのない宿の工夫です。このあとも、ほかのスペースで出てきますので、随時紹介します。

e0351590_22293975.jpg
e0351590_22293993.jpg
e0351590_22293978.jpg
e0351590_22203903.jpg

e0351590_22300169.jpg


さて、エレベータに乗って宿泊するフロアに上がります。

次回は宿泊のお部屋を紹介します。



[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-13 21:00 | 星のや東京 | Comments(3)
2016年夏休みの旅、ベトナム「シックスセンシズ・コンダオ」の紹介、ダイニングとして、「べトナミーズキッチン」での食事です。

ベトナムに行ったんですから、やっぱりベトナム料理でしょう!・・・というわけで、到着時の夜、そして出発前日の夜はこちらのベトナミーズキッチン」を利用しました。エントランスから通りに面したカジュアルなレストランです。オープンキッチンでライブ料理が見られるので、雰囲気が盛り上がります。
もちろん、こちらも思いっきりオープンエアでございます^^。

e0351590_14125709.jpg
e0351590_14131247.jpg
e0351590_13525384.jpg
e0351590_14144837.jpg
e0351590_14150710.jpg

初日は、件のお部屋の変更でいろいろ手間がかかり、すっかりお疲れモード。パッケージについていた、ホットポットというベトナムの鍋料理をお願いしました。津sかれているときに、メニューに悩むってけっこう大変ですよね。ちょうどいいかなと^^。鍋の支度を待つ間に、前菜として春巻きをいただき、ビールでかんぱーい!おちゃめな我が家のぬいぐるみたちといただきます。


e0351590_13470151.jpg
e0351590_14190333.jpg
e0351590_13523277.jpg
e0351590_13523284.jpg

お鍋はシーフード、ミート類、麺も2種類、ハーブやお野菜にトマトをたっぷり入れる珍しいもので、ベトナム鍋は初めてでした。ベトナム風寄せ鍋といったところでしょうか。辛みなどは自分でつけて調整するため、さっぱりといただけました。でも結構量が多かったですね。

e0351590_13523389.jpg
e0351590_13524056.jpg
e0351590_13524041.jpg
e0351590_13524031.jpg
e0351590_13530022.jpg


最後の夜のベトナム料理は、アラカルトでいただきました。
ベトナム風サラダ(ヤムウーセン風ってわかります?)、ポークサテ、チキンチャーハン、エビのガーリックソテーでした。うーん、まずまずかな。知っているベトナム料理以外は食べつけてないせいか、ちょっと意外な味だったりしました。南部の料理だそうで、私たちが以前行った中部(ダナン、ホイアンなど)とは味も違うらしく、まったく別のベトナム料理でしたね。

e0351590_13532216.jpg
e0351590_13533199.jpg
e0351590_13533941.jpg
e0351590_13535293.jpg
e0351590_13540307.jpg


あとは、ベトナミーズキッチンで食べていませんが、プールやバーでいただいたものもついでにアップしましょう。

バインセオにバインミー、生春巻きです。ホーチミンのとちょっと比較もしたく、食べてみました。バインミーはホーチミンの勝ちでしたね^^。もちろん、こちらのもおいしかったですよ。生春巻きは、ホーチミンのカフェより断然こちらです。



e0351590_14282381.jpg
e0351590_14282389.jpg
e0351590_14282375.jpg
e0351590_14283287.jpg

以上、ベトナミーズキッチンの紹介でした。

次は、朝食もいただいたバイザビーチでの夕食です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-11 18:00 | ベトナム: シックスセンス・コンダオ | Comments(0)
2016年夏休みの旅、ベトナム「シックスセンシズ・コンダオ」の紹介は、朝食です。

今回5泊しましたが、毎日レストラン「バイザビーチ」でいただきました。ビュッフェスタイルです。種類も多いので、いろいろ試して・・・といいつつ、結局同じものを結構食べてましたね^^。

初日はビラから散歩がてら歩いていきましたが、いや~暑い!蒸し暑さで、レストランについたときは汗だくです。
この小道をぷらぷら歩いてゆきます。ビラビューで、あまりビーチの眺めはないですね。レストランの少し前になって、初めてビーチの開けたところに出ます。

e0351590_23031955.jpg
e0351590_13165100.jpg
e0351590_23034904.jpg
e0351590_13173646.jpg


ビーチの横からも出られますが、橋を渡ってエントランスへ向かうエリアから階段でも入ることができます。
どちらでも雰囲気を味わえますね。・・・でも遠いビラから歩くのはあまりお勧めできません、はい^^。

e0351590_13171429.jpg
e0351590_13160899.jpg

レストランはオープンエアーで、ナチュラルなテイストはパブリックスペースやお部屋と同じです。グリーン、オレンジ、ベージュのクッションがアクセントです。

こちらは、実は、全体がエアコンなしなんですね。うわ~これは、必死に歩いて到着するのはNG!・・・というわけで、翌日から、おとなしくカートを頼みました(笑)。

e0351590_13171955.jpg


e0351590_13162016.jpg

さて、ビュッフェの紹介です。
ナチュラルリゾートとあって、全体にヘルシーなメニューが多く、パンも米粉やふすまパン、有機野菜、ハムやソーセージ系もあっさりめ、ジュースも絞ったものがラインナップで多彩、シリアル、はちみつやホームメードジャム、お水も選べます・・・と素晴らしいです。


e0351590_23083857.jpg
e0351590_13494440.jpg
e0351590_23050957.jpg
e0351590_23050986.jpg
e0351590_23050936.jpg
e0351590_23084852.jpg
e0351590_23040536.jpg
e0351590_23074306.jpg
e0351590_23073048.jpg
e0351590_23074425.jpg


リゾートのビュフェといえば、シェフがついたコーナーも楽しみですね。

卵料理、麺類、ベトナム風ビーフシチュー、フルーツのコーナーが外に並んでいました。麺類は日替わりで麺の種類や具が変わって、毎日食べてしまいました。

e0351590_23061985.jpg
e0351590_23055644.jpg
e0351590_23040415.jpg
e0351590_23040573.jpg
e0351590_23040495.jpg


そして、やっぱり気分があがるこのコーナー・・・そうです朝シャン!Albet i Noyaというスペインのオーガニックワインでした。隣にフルーツジュースが添えられ、毎日シャンパンカクテルが楽しめます。ベリージュースで、キールロワイヤル、桃のジュースでベリーニ、トマトジュースでブラッドマリーなど、楽しいです。「DYI」・・・Do It Yourselfです。というわけで、朝から飲んだくれですわ^^。

e0351590_23052310.jpg
e0351590_23052409.jpg
e0351590_23082341.jpg
e0351590_23052411.jpg
e0351590_23081829.jpg



テーブルにいろいろ持ってきて・・・ついつい、食べすぎるビュッフェです^^。パンとバターがおいしくて食べてしまうって、最近の私にはめずらしい。ヘルシーで軽めなんですが、旨味があるんです。ベトナム麺というと米の平麺、チキンというイメージですが、卵麺、ビーフがおいしかったですよ。野菜もサラダでたくさんいただきました。オリーブオイルとビネガーでさっぱりと!ドレッシングが軽いのがうれしいです。ハーブ水もすっきりとしていいですね。もちろん、ベトナムコーヒーも!


e0351590_13495868.jpg
e0351590_23055674.jpg
e0351590_23065567.jpg
e0351590_23053995.jpg
e0351590_23073426.jpg
e0351590_23063114.jpg
e0351590_23083843.jpg
e0351590_13495076.jpg

以上、朝食の紹介でした。
次は、ランチ&夕食でいただいた食事とダイニングです。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-09-10 18:00 | ベトナム: シックスセンス・コンダオ | Comments(0)