Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

湯ノ沢温泉「時の宿 すみれ」の紹介、メインイベントのお食事です。

この宿は、なんといっても、この食事が目当てという人がほとんどです^^。

お夕飯は18:30-19:00の間に食事処に行くスタイルです。いつものごとく米沢牛懐石のコースで牛肉尽くしです。メインが3種類あり、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキから事前に選びます。カウンターのステーキは、4組までなので早い者勝ちですね。私たちはいつもこちらです。

今回は夏のメニューです。女将さんの達筆で、牛肉の力強さににマッチするメニューがいつも楽しいですね。カウンターに陣取ってスタートを待ちます。

e0351590_21090022.jpg
e0351590_21091258.jpg


前菜から、いつもわくわくどきどきが始まります。コンソメカクテルです。外もものお肉をいれて、フルーツトマトとアスパラのムースが涼やかです。

e0351590_21093461.jpg


冬瓜の冷製スープです。トッピングされたベーコンチップが牛肉です。

e0351590_21093465.jpg

内もものローストと千本の湯引きです。こちらは湯引きの刺身ですね。ポン酢でいただきます。

e0351590_21100177.jpg


夏のメニューとして、ランプ肉と野菜を添えて、梅ソースとマデラソースを添えています。食べ応えありながら、さっぱりとした一品です。このトウモロコシ、なんと生のままです。とっても甘いんですよ。

e0351590_21100160.jpg


口直しのグラニテははちみつレモンです。
ちょっと酸っぱさがさわやかに、まさに口直しです。


e0351590_21101737.jpg


すみれ特製、牛肉の握りです!
大トロのポワレとサガリのあぶりです。とくに大トロは口の中でとろけます。これのファン多いので、追加メニューでも取れますよ。

e0351590_21104688.jpg



とも三角のあぶりすみれ漬け焼きです。
これもこちらの名物です。味噌漬けのうまみが絶品です。枝豆を添えて。

e0351590_21110990.jpg



まくらとモロヘイヤの土佐酢ジュレ掛けです。酢の物にも牛肉を添えています。

e0351590_21110956.jpg

メインのステーキです。標準はサーロインですが、追加料金でフィレに差替え可能です。うちはフィレにします。

鉄板で作る姿をツーショットです。

e0351590_21103625.jpg
e0351590_21103624.jpg
e0351590_21103656.jpg

塩が3種類、わさびと、お好みでいただけます。名前を忘れましたが、手前のあら塩私の好みです。

お肉のコースなので、ワインをいただいてきました~。Haut-Logat 2011、結構しっかりとした味で牛肉にマッチします。

e0351590_21392794.jpg
e0351590_21392714.jpg
e0351590_21392785.jpg
e0351590_21392765.jpg

サイドメニューのお野菜として冷汁です。山形の名物でシイタケの戻し汁で作る野菜メニュー。こちらだけは牛肉ははいっていません。

e0351590_21392736.jpg

しめのお食事は、肩三角とおくらで、かけるだしが牛骨のスープのお茶づけです。牛肉は少しですが、牛肉のうまみがしっかりと、でもさらさらっと入りますよ。

e0351590_21394752.jpg
e0351590_21394711.jpg


席を移して、ラウンジでデザートです。
マンゴプリン、フルーツとアイスクリームのプレートにバースデーのアレンジをしてくださいました。ありがとうございます!

コーヒーをいただき、夜は更けます・・・・。

e0351590_21394750.jpg
e0351590_21412377.jpg


朝食は8:30-9:00の間に食事処に行きます。
こちらは小さなおかずがたくさん並ぶスタイルです。
私のお好みは、なんといっても芋煮・・・こちらは米沢牛バージョンなのでうまみがたっぷりです。以前はとっても大きなお椀に入ってきましたが、きっとたくさんでいただききれない人が多いのでしょう、普通のお味噌汁椀にはいってきました。

食後はプチデザートです。またラウンジに移動してコーヒーとともにいただきました。

e0351590_21413771.jpg
e0351590_21414687.jpg
e0351590_21420671.jpg

以上、食事の紹介でした。
以前の投稿はこちら
このあと、米沢の観光を少しばかり紹介します。

今回のお宿の感想は・・・・


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-29 21:00 | 時の宿 すみれ | Comments(0)
湯ノ沢温泉「時の宿 すみれ」の紹介、お風呂です。

こちらも以前になんども紹介しているので、さらっと。

大浴場はふたつあり、夜に男女交代です。
こちらは内湯と露天風呂のある広いお風呂です。
男女交代用に、アメニティは両方置かれています。籠と鍵付き引き出しがいいですね。

この日は到着時にお湯のトラブルがありました。湯船の温泉はOKなのですが、シャワーからお湯がでないのです。無色透明なさらっとしたお湯なので、温泉で洗うこともできるので大丈夫なのですが、やはりシャンプーはシャワーで流したいですよね^^。翌朝利用しました。

e0351590_22354850.jpg
e0351590_22355441.jpg
e0351590_22360219.jpg
e0351590_22360288.jpg
e0351590_22375657.jpg
e0351590_22375695.jpg


もう一つのお風呂のほうが、お宿のお風呂としてよく写真に出てきます。
椅子の背中と緑がいい雰囲気ですね。

e0351590_22352196.jpg
e0351590_22352727.jpg


貸切露天風呂は、2つ、空いていればいつでもはいれます。
ひのきと石の風呂です。お二人様のやどなので、カップルや夫婦はこちらの利用が多いですね。緑がまぶしい季節はとても気持ちがよいです。冬の雪景色もまた一興ですけどね。秋は紅葉、春は桜・・・と季節をとても感じられるお風呂です。

e0351590_22361462.jpg
e0351590_22361407.jpg
e0351590_22362275.jpg
e0351590_22362209.jpg
e0351590_22373199.jpg
e0351590_22373740.jpg

お風呂の紹介でした。
次はメーンイベント、お食事です♪


[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-27 18:00 | 時の宿 すみれ | Comments(0)
すこし間が空いてしまいました。
夏休みの旅をアップし、SWの旅も終えて・・・実は間にちょこっとお泊りをしておりました^^。

まずはそのアップから。
米沢にある湯の沢温泉「時の宿 すみれ」へ、8月に訪れました。
以前の投稿はこちら
もう何度もお世話になっているこちらの宿・・・里子を引き取りに行ってまいりました・・・モトイ、別の目的です。それは後ほど♪

e0351590_13150981.jpg


車で宿へ・・・あ、看板が見えてきました。

e0351590_13024466.jpg


お宿に到着です。
こちらの玄関が見えると、ホッとします。スタッフの方がすぐに近づいてきて、荷物を降ろしてロビーまで運んでくださりました。車はバレーパーキングのように、スタッフが駐車場へ回してくださいます。

e0351590_13025779.jpg


エントランス回り・・・何度も写真をアップしているので、軽く。
ロビーでお茶とお菓子をいただいて、ほっとくつろぎます。カウンターバーも健在です。

雨が降っていたので、ちょっとデッキエリアがぬれていましたが、夏の終わりに緑は鮮やかです。じつは、すみれに夏に来たのは初めてなんです。料理は夏バージョンを初トライということですね。

e0351590_13025750.jpg
e0351590_13025717.jpg
e0351590_13025700.jpg
e0351590_13050143.jpg
e0351590_13030684.jpg


2Fにあがります。
e0351590_22302645.jpg


お部屋は、「いぶき」です。こちらも初めてです。
階段上がって左手、2Fの奥に位置します。

e0351590_13052376.jpg
e0351590_22315467.jpg


入口をはいってここまで靴です。小上がりは素足ではいります。スリッパも用意されています。
館内はこのスリッパで移動します。帰るまで靴は履かないですね。

e0351590_13055043.jpg
e0351590_13055799.jpg
e0351590_13055728.jpg

到着すると・・・ウエルカムシャンパン(厳密にはスパークリングワインですが)です!高畑ワイナリーのYoshi(嘉)という銘柄です。

e0351590_13061910.jpg

こちらで目的はわかってしまいましたね。
私の誕生日でした。

e0351590_21531720.jpg

主人が準備してくれたケーキもありました。
シャンパンとケーキで乾杯です♪

e0351590_13060935.jpg


お部屋の様子に戻って・・・・

この部屋はソファとテーブルの洋間スペースと、琉球畳の上に布団を引いた寝室スペースに分かれています。和洋室が逆といったジュニアスィートタイプですね。すっきりとスタイリッシュです。

e0351590_13052327.jpg
e0351590_13053088.jpg
e0351590_13053051.jpg


窓からの眺めは、ロビー側のお庭側ですが、生い茂る緑と腰高の窓で、あまり眺めは望めません。

e0351590_13053081.jpg
e0351590_13054936.jpg
e0351590_13054963.jpg


テレビと時計がないのは、このお宿のお約束ですが、CDプレイヤーがあり、iPodにもつなげることができます。ミニバーの準備もありますね。カップが2種類あって便利、コーヒーやフレーバーティーもあって、ホテルのような感じです。

e0351590_13054967.jpg
e0351590_13055782.jpg
e0351590_13055064.jpg


洗面所はシングルベーシンで、10年ほど前から流行った陶器の洗面ボールです。これは宿によってほんとに水跳ねで使いづらさがあったりするのですが、こちらのは大丈夫ですよ。アメニティはシンプルに。お風呂やシャワーもありません。写真にとりませんでしたが、トイレはウォッシュレットのきれいな個室があります。

e0351590_13055059.jpg
e0351590_13055028.jpg

以上お部屋の紹介でした。
次はお風呂です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-26 22:30 | 時の宿 すみれ | Comments(0)
シルバーウィークの旅から帰ってきました。
今回は東北の温泉の旅です。

またゆっくりアップしますが、ちょっぴりハイライトをご紹介しますね。


まずは山形のひなびた温泉です。

まったりと、いにしえの湯にひたりて・・・・。

e0351590_22153549.jpg
e0351590_22154279.jpg

風情あるレトロモダンなお宿です。

朝市にお出かけは下駄でカランコロンと。

e0351590_22163280.jpg
e0351590_22212640.jpg
e0351590_22154943.jpg


お食事は素朴な山菜中心です。

e0351590_22155732.jpg
e0351590_22233969.jpg


チェックアウト後は日本海側に走って海の幸にありつきました。

お寿司屋さんはかろうじてカウンター席をゲット♪

e0351590_22272417.jpg
e0351590_22272985.jpg


さて、今度は移動して宮城県へ。

これは名物・・・お天気に恵まれ、とてもきれいに見えました!


e0351590_22184833.jpg


すでに、錦秋の美がはじまっていました。

e0351590_22185564.jpg


女性に人気のこのお宿にチェックイン、サンルーム付きです。

e0351590_22173157.jpg



コースにあわせて、楽しいビュッフェ形式のおばんざいが楽しいごはんです。

飲み放題で銘柄日本酒がいただけるのもうれいしいですね。

e0351590_22175024.jpg
e0351590_22180041.jpg


きれいな柔らかいお湯で、温泉も楽しめました。

e0351590_22182917.jpg

さてさて、お宿と詳細はこうご期待♪

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-23 23:00 | Comments(2)
なんですか?といわれそうですが・・・

週末に古い雑誌を整理していたら、「日経トレンディ」の2003年11月号がぽろっと出てきて、ホテルランキングが掲載されているのが見つかりました。

懐かしいので、ちょっと浸らせてくださいませ。上位のほうだけ掲載してみましょう。古いホテルもあえてそのままの名称で掲載しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1位 パークハイアット東京 83点
2位 フォーシーズンズホテル椿山荘東京 81点
3位 フォーシーズンズホテル丸の内東京 80点
4位 グランドハイアット東京 79点
5位 ウェスティンホテル東京 76点
6位 ホテル西洋銀座 74点
   ザ・リッツカールトン大阪 74点
   名古屋マリオットアソシアホテル 74点
9位 ホテル阪急インターナショナル 73点
10位 ホテルオークラ東京 72点
   セルリアンタワー東急ホテル 72点
   横浜ロイヤルパークホテル 72点
   帝国ホテル大阪 72点
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私はこのランキングに信頼をかなり寄せているのは、人気投票でないことです。覆面でホテルを利用して、ホテルにかかわる各ポイント(なんと63か所!)を点数づけしたものだからです。

採点の大きなカテゴリーが以下です。

~~~~~~~~~~~~~
客室 45点
浴室 15点
食・サービス 30点
立地・館内施設 10点
~~~~~~~~~~~~~


一目瞭然、1990年代にオープンした「新御三家」が燦然と輝いています。
今でもパークハイアット東京は素晴らしい、ホテル力を維持していると思います。フォーシーズンズ椿山荘は藤田観光になって、やはりブランド力は落ちましたね。ウエスティンはしばらくご無沙汰なので、どうなのでしょうか?そういえば、西洋銀座、なんてありましたね~。当時は、銀座のド真ん中にすごいホテルができた思ったものです。あそこのコンシェルジェには本当に感動しました。

一方、「旧御三家」は、やはり当時でも下位になってしまっています。客室が狭く、設備がどうしても古くなっていますからね。オークラがトップで10位です。その本館が取り壊しになってしまったのですよね。。。ちなみに、帝国は22位、ニューオータニはランク外です。

ホテルの名前を見ると、当然なのですが、最近常連なラグジュアリー系ホテル名がありませんよね。何せ12年前のものです。東京のリッツやマンダリン、シャングリラ、ましてやアマンなどができる前なので、顔を出しません。大阪も最近のセントレジスやインターコンチなど、リッツカールトン以外の高級ホテルはまだほとんどなかった時代です。今のホテルを入れた今の状態だと、順位はどうなるでしょうか。客室が45点の採点方法なので、おそらく新しいホテルが上位を占めるのでしょうね。

でも、あの当時の様子が彷彿されて、思わずレトロなランキング表に惹かれちゃいました。ホテルフェチのPockieにとって、初期のちょっと懐かしいランキングを載せてみました^^。

ちなみに、最近はこういう調査はもうやらなくなりましたね。コンプライアンス、セキュリティ、プライバシー、などの言葉が並ぶように、調査がしづらくなっていると思いますが、それが理由かしら?


[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-14 21:00 | Comments(0)
ホテルオークラ東京の本館閉幕の余韻が残る時期ですが、その前に最後の本館宿泊をした時のものを簡単に紹介します。
以前の投稿はこちら

宿泊は6月でした。その目的は本館を惜しむ・・・とはちょっと違って、別館の一時閉館前に行きたいところがあったからです。

結論からいうと、このときの滞在はあまり良い印象ではありませんした。準備がよくなかったので自業自得ですが、目的があまり達せられなかったからなんです。

このときに写真を撮ったロビーエリアです。
もうすぐ七夕の季節で、飾りがきれいでしたね。

e0351590_23171981.jpg
e0351590_23171993.jpg

チェックインの本館カウンターです。

e0351590_23183987.jpg

泊まったお部屋を紹介しましょう。

お部屋へのアプローチは、エレベータホールから放射線状に伸びた廊下のユニークなレイアウトです。本館が建て替えになると、これはたぶんなくなるのでしょうね。

e0351590_23170805.jpg
e0351590_23170874.jpg

お部屋は、本館のデラックスツインです。え~、これが「デラックス」??と思ってしまうほど、最近の外資系などと比べて地味で小ぢんまり。40平米以下だったと思います。

少し使ってからの写真で、お見苦しいところをご容赦ください m(__)m。

ベッドはハリウッドツインのようになっており、ソファがスタンダードよりやや大き目ですが、長ソファではなく、デスク&チェアが独立してややゆったり目です。ベッドの前とデスクの間が妙に広く、写真からはわかりづらいですが、ちょっとアンバランスなレイアウトです。

e0351590_23163512.jpg
e0351590_23163525.jpg
e0351590_23163551.jpg
e0351590_23165801.jpg


デスクの横の扉を開くと、バスルームです。レトロなタイルのデザインですが、お風呂エリアが独立していて、洗い場付の使いやすいレイアウトです。お風呂も大理石で立派です。シングルベイシンなのはちょっと残念。このクラスだとデラックスツインはダブルベイシンがスタンダードな気がしますが・・・。

バスアメニティは、このダークレッドのパッケージがトレードマークで、種類は多くありませんが、歯ブラシやコットンなど質のいいものが置かれていると思います。トイレが個室でないのもちょっと残念ですね。

e0351590_23164933.jpg
e0351590_23164984.jpg
e0351590_23164910.jpg
e0351590_23165041.jpg

夜は、予約で「久兵衛」のカウンターで寿司をいただきました。
この日は本当に混雑していて、閉店間際でもてんてこ舞いです。しかも、ちょうど食べているピークの時間に、宴会場からSOSのオーダーがはいったらしく、それを営業しながらどうこなすかで、店長も顔が引きつって頑張ってましたねえ。。。ですので、ちょっと余裕のない感じがこちらに伝わって、今一つな雰囲気でした。

「久兵衛」のあとは「バロンオークラ」に行きたかったのです。奥に素敵なバーがあります。ふらっといっても結構空いてたりします。店から確認してもらったところ、この日は満席、といわれ、しばらく無理といわれました。ああ、やっぱり予約しておくべきだったのね、と思っても後の祭り。店を出て、コンシェルジェにそのことを再度確認してもらい、やはりだめだったので、席が空いたら部屋に予約してほしい旨依頼して、部屋に戻りました。

うつらうつらしているうちに、夜も更け・・・はっと目が覚めたら、「バロンオークラ」の閉店時間。あら?!なんの連絡もなかった!・・・これって、やっぱり席が空かなかったのか、コンシェルジェが失念したのか・・・。とっても残念でしたがだめだったものはしょうがない。あきらめて寝ました。

翌朝、ゆっくり寝てから、朝食に行きました。
予約もせず「フレンチトースト」できる?と確認したら、やっぱり駄目でした。「オーキッドルーム」は満席。次に「テラスレストラン」に行ったら、長蛇の列。そのあと、別館の「カメリアカフェ」に行って、ようやく何とか席がありました。(遅い時間で、「山里」の朝食は終わっていました。)オーキッドルームかテラスレストランに、と思っていたのでちょっと残念でしたね。

「カメリアカフェ」の様子です。
当日の比較ができませんが、「テラス」のビュフェより寂しい気がしました。少なくとも以前の「テラス」よりは種類も少なく、お味も今一つな感じです。

e0351590_23173130.jpg
e0351590_23173142.jpg
e0351590_23173173.jpg
e0351590_23174401.jpg
e0351590_23174569.jpg
e0351590_23173188.jpg
というわけで、6月のオークラを甘く見ていました。本館最後が近づいていて、すごい人気だったのです。きちんと計画的に予約してから臨むべきでした。とくに風情ある「バロンオークラ」のシガー&ワインバーは、別館再開後は姿を変えて狭くなることがはっきりしていましたので、もうあそこがないというのは本当に残念です。

ちょっと変な紹介になってしまいましたが、6月宿泊の出来事でした。
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-11 21:00 | ホテルオークラ東京 | Comments(0)
2015年夏休みの旅、湯河原温泉「ふきや」の紹介、お食事です。

夕食、朝食ともお部屋で供されました。

夕食のメニューです。
7月ということで夏らしいメニューが並びます。

e0351590_21003749.jpg


和懐石ですので、やはり日本酒です。
器が選べます。

e0351590_21005764.jpg

前菜&八寸が華やかです。
胡麻豆腐に始まって、八寸がきれいですね。
ガラスの器、冬瓜、つるんとした食感のものがいろいろ出ます。

e0351590_21004797.jpg
e0351590_21010831.jpg


椀の物は、万願寺を使った真薯に、なす、冬瓜、梅の香りですね。

e0351590_21010881.jpg


お造りはアラ、トロ、赤いかです。
ズイキすがすがしい・・・トロがちょっと重かったかな。
鱧ずしが二貫も添えられています。梅の香りがほんのり、さわやかです。でもおなかがいっぱいになる~という前半戦です、ハイ。

e0351590_21010822.jpg
e0351590_21014118.jpg


煮物はウリの餡かけです。ウナギと湯葉が鋳込んでありますね。

e0351590_21014117.jpg


鮑のしゃぶしゃぶは、出汁にくぐらせて柔らかく香りも楽しめます。ちょっともみじおろしとポン酢が強すぎたくらいです。

e0351590_21021565.jpg
e0351590_21021540.jpg
e0351590_21021547.jpg

揚げ物は、マツタケのフライに鱸(すずき)の米粉揚げ・・・タルタルソースはちょっと強すぎ。揚げ物になってしまい、せっかくの松茸の香りがちょっと残念な一品でした^^。

e0351590_21022394.jpg
 


酢の物は、冷牛しゃぶに野菜としそのジュレ掛けです。さわやかな一品ですが、最後のほうに牛肉はん~。

e0351590_21022342.jpg


食事は、とろろごはんに赤だし、香の物盛り合わせです。

e0351590_21025061.jpg
e0351590_21025016.jpg
e0351590_21025054.jpg

水菓子は、桃のコンポートとスープです。これはおいしかったですよ。

e0351590_21030748.jpg


翌朝です。

ロビーラウンジでコーヒーがいただけます。キッスチョコが懐かしい雰囲気ですね。

e0351590_21030739.jpg


朝食も、和食をお部屋で。
佃煮やかまぼこ、自家製豆腐、刺身、サラダ、煮物、干物など、この手の旅館としては普通のラインナップでしたね。いろいろ種類は多いのですが、ちょっと個性に欠けていたかなと。

e0351590_21033926.jpg
e0351590_21034538.jpg

以上、食事の紹介でした。

さて総括を。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-08 21:00 | ふきや | Comments(2)
2015年夏休みの旅、湯河原温泉「ふきや」の紹介、お風呂編です。

こちらの宿は温泉も売りで、大浴場2つ意外に、露天の貸切風呂が4つもあります。もちろん、どれも温泉です。

まずは4Fにある、予約制の貸切温泉です。チェックインして早い時間に、2つあるうちの1つに予約をいれました。

脱衣所のアメニティにびっくり!化粧品やらこまごましたコットン類など、本当にたくさんのアメニティが用意されています。かゆいところまで手が届く心配りのサービスがこの宿のモットーで、女将がいろいろ考えているようですね。もちろん、タオルは大小ともにたっぷり用意されています。

e0351590_22314991.jpg
e0351590_22320790.jpg
e0351590_22315610.jpg


お風呂は気持ちの良い眺めで、ソファまで着いています。夏場で、直射日光はかなりきつい!お湯に長く入っていられなかったですね。せっかく眺めがいいのでゆっくりしたかったのですが。

e0351590_22321545.jpg
e0351590_22321546.jpg
e0351590_22321599.jpg


さて、次は屋上の露天風呂です。こちらは空いていればいつでも入れるそうなので、次にこちらに向かいました。階段で4Fからあがります。

e0351590_22323223.jpg
e0351590_22323261.jpg
e0351590_22323230.jpg


2つあるので奥の方を選んでみました(結局片方しか利用しなかったので、差はわからなかったのですが)。

e0351590_22324229.jpg

脱衣所は、先ほどのお風呂同様にタオル&アメニティたっぷりです。


e0351590_22324235.jpg
e0351590_22324234.jpg
e0351590_22324210.jpg


外に出ると、洗い場があります。その奥が湯船です。檜の湯船でこちらのほうが開けた眺めです。うーん気分いいですね。洗い場はちゃんとしていますが、野天なので、やはり大浴場でゆっくり洗った方が落ち着くような気がします。


e0351590_22325139.jpg
e0351590_22325185.jpg

さて、大浴場です。

1Fに2か所の大浴場で、内風呂と露天風呂とついていて、朝晩で男女が入れ替わりになります。お風呂の前には「フィンユールの部屋」という暗くした休憩スペースがあり、雰囲気のある場所になっていますが、私はお部屋に帰った方が・・・って感じでしたね。窓の横には1つしかチェアがないので、二人で行くと結局待ち合せにくいですしね。

e0351590_22331024.jpg

e0351590_22331059.jpg
e0351590_22331968.jpg
e0351590_22333716.jpg



脱衣所は、やはりタオルとアメニティ多さが目につきます。時計がポップなデザインでかわいいですね。

e0351590_22334951.jpg
e0351590_22334985.jpg
e0351590_22334935.jpg
e0351590_22335641.jpg


内湯と露天はこちらです。ごく普通の形ですね。飲泉できる場所もあります。

e0351590_22341262.jpg
e0351590_22341241.jpg
e0351590_22341268.jpg
e0351590_22342169.jpg
e0351590_22342171.jpg
e0351590_22343059.jpg
e0351590_22343988.jpg


翌朝利用したもう一つの大浴場はこちらです。
石造りのお風呂ですが、長方形の形は同じような感じです。露天も小ぢんまりとしています。

e0351590_22354412.jpg
e0351590_22354439.jpg
e0351590_22355083.jpg
e0351590_22355739.jpg


どちらも露天の眺めがあまり開けていないので、貸切のお風呂に人気があるようですね。お湯はどちらも柔らかくて気持ち良いです。


こちらの宿のサービスの一つに、お風呂上がりにお部屋で選べるこちら。
かき氷とハーブティーです。選択肢にビールもありましたよ^^。

e0351590_22361081.jpg
e0351590_22361006.jpg

以上お風呂の紹介でした。

次はお食事です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-06 21:00 | ふきや | Comments(0)
2015年夏休みの旅、国内編に突入です。
熱海の「蓬」で昼食のあと、湯河原温泉「ふきや」に移動しました。あら、湯河原でなぜ「ふきや」?・・・はい、某お気に入り宿は満室でした^^。

湯河原のメイン通りからはいって、坂の上にあります。荷物もあったので熱海からタクシーに乗ったのですが、タクシーの運ちゃんは湯河原あまり知らず、場所を説明する羽目に。しかもエントランスにつけれくれず、坂の下で降ろされちゃったんです^^。

まあ、と気を取り直して・・・エントランスです。
よくある高級な旅館のエントランスの風情で、あがったところのロビーはごくシンプルです。

e0351590_22330661.jpg
e0351590_22330662.jpg
e0351590_22330644.jpg


疲れていたので、すぐに客室に案内いただきます。
お部屋は301号室、ロビーのすぐ横です。
格子の引き戸をはいって、さらに中に扉があるスタイルになっており、伝統的な数寄屋造りの部屋です。

e0351590_22341384.jpg
e0351590_22335167.jpg


客室は6タイプあり、下から2番目のBタイプで、10畳と広縁、6畳の副室となっており、広縁の横に2畳のスペースもありお化粧や着替えなどに利用できます。

e0351590_22333364.jpg
e0351590_22334124.jpg
e0351590_22350972.jpg


副室にはお茶やポット、浴衣類が置かれ、最初から3種類のサイズが置かれます。タオル類はお風呂にあるので持っていく必要はありませんが、部屋風呂用にセットされています。

e0351590_22362306.jpg
e0351590_22362318.jpg
e0351590_22362317.jpg


ユニークなのがこれ。靴下やストッキングを選択してくださるサービスがあります。前日の夜までに仲居さんに預けると、この袋にはいって翌朝持ってきてくださいます。何とも心配りな宿ですね。

e0351590_22364690.jpg


お部屋は外からこんな感じ。高台にあるので山々が眺められ、お庭もあってホッとするスペースです。


e0351590_22355143.jpg
e0351590_22353809.jpg
e0351590_22361068.jpg
e0351590_22361017.jpg

こちらで到着のお茶とお菓子をいただきました。暑かったのでゼリーは冷たくておいしい!

e0351590_22353804.jpg

部屋のお風呂は檜で、蛇口から温泉がでます。
トイレも洗面スペースも清潔です。

e0351590_22352064.jpg
e0351590_22352058.jpg
e0351590_22351985.jpg

この日はカーニバルパレードと花火大会でした。
すっかり疲れていましたので、身に来ませんでしたが^^。お庭の隙間から、夜にちょっとだけ花火を見ることはできましたよ。

e0351590_22355167.jpg

宿でいろいろあったのですが、その顛末はまた別途・・・

次回は、お風呂の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-04 21:00 | ふきや | Comments(0)
昨日はホテルオークラ東京の長い歴史で、本館の営業が幕を閉じました。

テレビではどこも特集だらけ。
私はその幕引きをテレビでしか見ることができませんでしたが、数日前に行く機会がありましたので、少し紹介します。

本館の外観は本日の写真・・・もう入館禁止の立札ですみません^^。
立て看板によると、来年1月から建て替えと書いてありました。まだ中の片づけや移動に忙しい模様です。従業員の更衣室や食堂は本館にあるそうです。


e0351590_22224915.jpg
e0351590_22230787.jpg
e0351590_22224990.jpg
e0351590_22385440.jpg


本館の顔、このエントランスはやはり素敵ですね。ここで記念撮影をしました。

e0351590_22313204.jpg

e0351590_22341287.jpg
e0351590_22275744.jpg


本館最後の久兵衛でお寿司もいただきました。

e0351590_22314239.jpg
e0351590_22315478.jpg
e0351590_22315494.jpg


別館営業再開です。
シャンデリアが取り換えられているようですね。ほかはほとんどそのままかな。
e0351590_22230718.jpg
e0351590_22220901.jpg
e0351590_22220972.jpg
e0351590_22220994.jpg


こちらが2019年までの4年間ほど、オークラの顔になります。

e0351590_22220951.jpg
e0351590_22220988.jpg
e0351590_22224949.jpg
e0351590_22220946.jpg
e0351590_22220926.jpg


今までにあまり注目していなかったこんなコーナーもありますね。

e0351590_22220965.jpg
e0351590_22220914.jpg
e0351590_22224944.jpg


新しい「桃花林」は2F宴会場での仮営業でした。9月15日に12Fで本格営業再開です。

e0351590_22224902.jpg
e0351590_22224938.jpg


以前より別館営業の1F「ダイニング・カメリア」です。
カフェレストランが1つになったので、心なしか椅子がつめて配置されているように思いましたが、どうでしょうか。

e0351590_22232663.jpg

和食の「山里」は2Fの元控室エリアで営業再開です。「久兵衛」は9月15日からです。
(看板のあるエリアの写真をとり忘れちゃいました)

e0351590_22224958.jpg

地下のアーケードはまだお店の準備中。こちらも9月15日ころに整うようです。

e0351590_22232618.jpg
e0351590_22232635.jpg

これまでの別館の顔をひとつ紹介しましょう。
別館ベルデスク横に、外にでる扉があるのはご存知でしょうか。
神谷町駅への近道です。こんな竹林を抜けてちょっとお散歩気分。裏道まで、さすがオークラの演出ですね。

e0351590_22232581.jpg
e0351590_22232593.jpg
e0351590_22232527.jpg
e0351590_22230922.jpg
e0351590_22230937.jpg


私は長年愛用してきたオークラ、本館、別館とも素敵でありたいです。新しい本館も素晴らしくよみがえってほしいですね。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-09-01 23:10 | ホテルオークラ東京 | Comments(4)