Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:バリ: アマヌサ( 5 )

2017年夏休みの旅、バリ島の最後は・・・帰国です。
(ここんとこだらだらと、なかなかブログが進まずすみません。)

アマヌサでは、最後ルームサービスで夕食を軽くいただきました。なんと、夜10時まで使わせていただけたのです。フライトは0:55なので、これでも余裕の時間です。
お世話になった日本人のゲストリレーションの方にお礼を言って、最後ホテルの車で空港へ出発しました。

e0351590_18281798.jpg

ングライ空港へ到着、深夜ですが、人はたくさんいました。

e0351590_23040544.jpg

ホテルのスタッフは入口までのサポートです。
中に入ると、ガルーダ航空のビジネスクラスは、こんなファーストような上質なスペースでチェックインをしていただきました。

ただし、出国検査場は普通の列。かなり並びました、ハイ^^。

e0351590_23054265.jpg
e0351590_23055628.jpg

検査場を出ると、いきなりデューティフリーショップのエリアにはいります。このお店が並ぶ中を歩いて通り、搭乗エリアに入るのです。みなさん、フライト乗る前にお土産買ってね、っていうつくりですね(笑)。

私たちは、少しだけショッピングし、ラウンジに向かいました。
なかなか明るいつくり、見た目にも楽しくなっていますね。ソファーもカラフルでポップな感じです。食事やドリンクのお味はまあまあ、ってな感じですかね^^。前回3年前のバリは新空港でしたが、仮設ラウンジだったので、きれいな新しいラウンジ、やっぱり気持ちいいですね。

e0351590_23064277.jpg
e0351590_23064168.jpg
e0351590_23064122.jpg
e0351590_23064209.jpg
e0351590_23064243.jpg
e0351590_23064245.jpg

ラウンジに入らなくても、飲食店は結構あります。こちらのプラダのバーはおしゃれで、ちょっと惹かれましたが、入る時間はなく、いよいよ搭乗です。

e0351590_23065559.jpg
e0351590_23065690.jpg

夜行フライトですので、軽いミールの後は就寝、朝食も出されます。
行きと同じ機体、座席で真ん中1列目の一番前です。

e0351590_23084422.jpg
e0351590_23084411.jpg
e0351590_23084523.jpg

こちらは朝食です。洋食をいただきました。

e0351590_23090048.jpg
e0351590_23090006.jpg

成田空港には、遅れて10時ごろの到着、車を預けた駐車場からの送迎で車をピックアップに向かいます!

e0351590_23093084.jpg
さて、この後は・・・。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-10 19:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、「アマヌサ」からのお出かけを紹介です。

まずは、ヌサドゥアの外出とは「バリ・コレクション」です。アマヌサでは、ヌサドゥア内の送迎は無料で車を出してくれます。私が一番に行きたかったのは、大好きなバリレースのお店「ウルワツ」です。ここで、レースをあしらったパンツやドレスなどを購入しました♪バリとしては良いお値段ですが、ファッション性のあるデザインとしてはお得な値段だと思いますよ。1万円前後までですから。その他の店をプラプラと見て回ったり、ちょっぴりフットマッサージもしてみたり^^。
e0351590_00265812.jpg
e0351590_00265820.jpg
e0351590_00265955.jpg

となりのホテル、セントレジスにも潜入してみました。
エレガントなロビー、ゆったりとした広い敷地で緑の中を散策し、ビラエリアやビーチも垣間見ることができました。アイスクリームバーで、アイススクープも楽しみましたよ。

e0351590_00331520.jpg
e0351590_00331600.jpg
e0351590_00334576.jpg
e0351590_00340035.jpg
e0351590_00352771.jpg
e0351590_00354668.jpg
e0351590_00354786.jpg
e0351590_00355230.jpg
e0351590_00355278.jpg
e0351590_00360803.jpg

夜はウルワツの「ブルガリ・リゾート」に出かけましたよ。
「サンカール」でディナーをいただきました。実は、予約をしていたのはイタリアンの「イル・リストランテ・ルカ・ファンティン」のほうだったのです。ところが、当日キッチンでトラブルがあり、予約した日含め数日レストランがクローズとなってしまったのです。かわりに、「サンカール」をご招待するとホテル側からオファーがあり、伺うことになったものです。

車で30分ほどの移動、日没時間に到着しました。本当はサンセットをバーで見たいと思ったのですが、曇っていたので断念です。ロビーから、それは素晴らしいホテルです。カートでレストランエリアに移動しました。

e0351590_00275889.jpg
e0351590_00275817.jpg
e0351590_00275857.jpg
e0351590_00284551.jpg

レストランでは、インドネシア料理のヌーベルキュィーズといった感じの、とてもセンスのよいアレンジでした。代替のレストランであまり期待していなかったのですが、思いのほか美味しくて、本当にサービスも素晴らしく、大変楽しい食事を楽しむことができました。

コンプリメンタリーだったので、お酒やドリンクはとらないと失礼!シャンパンをいただいてしまいました。ワインも楽しみました。チキンとエビも火の入り具合とスパイス使いがちょうど口にあり、とてもおいしかったです。野菜やデザートも秀逸!さすがブルガリ・リゾートのレストランですね。ますます、イル・リストランテが気になりました(笑)。
e0351590_00294589.jpg
e0351590_00300097.jpg
e0351590_00300022.jpg
e0351590_00300108.jpg
e0351590_00300186.jpg
e0351590_00300163.jpg
e0351590_00303103.jpg
e0351590_00303186.jpg

ちなみ、ここのトイレ、なんとウォッシュレットがありましたよ!!

e0351590_00291598.jpg
e0351590_00291528.jpg


残念ながら伺えなかった「イル・リストランセ・ルカ・ファンティン」は、静かなレストランエリアだけが静けさの中にたたずまいがありました。次回リベンジしたいですね。

e0351590_00311582.jpg
e0351590_00311502.jpg


食後は、隣のバーで軽くドリンクをいただきました。オンザロック、ちゃんと丸氷を作っていましたよ。

e0351590_00343533.jpg

ロビーに戻ると、花火イベントがあり、とても華やかに、でも品よく演出されていました。

e0351590_00313155.jpg
e0351590_00313180.jpg

以上、アマヌサでのお出かけ紹介でした。

次回は帰国編です。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-12-03 23:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマヌサ」の紹介はレストラン編です。

まずはお楽しみの朝食です。オールデーダイニングである、ザ・レストランでいただきます。私たちは眺めの良い外側のテーブルで屋根のある所に陣取ります。3泊レストランでいただきましたが、席は日によって、ちょっとずつ変えてみました。


1日目。
スムージーに、チーズとブルーベリーのパンケーキ、オムレツなどです。以前、ここのリコッタチーズとブルーベリーのパンケーキが美味しいという評判を聞いて食べたのですが、とてもおいしかったので、今回もお願いしたら、残念ながら代替の材料で作る形となりました。味はまあ普通でしょうか・・・。年数立つといろいろ変わるものです。
e0351590_22382986.jpg
e0351590_22383006.jpg
e0351590_22383229.jpg

2日目。
ポーチドエッグ、クロワッサンなどのパン、ジャガイモのガレット、インドネシアのスープヌードルです。パンについてきた様々なジャムがとてもおいしくて、つい食べ過ぎました。囚人はガレットが気に入ってリピしていました。卵料理は、もうちょっと頑張ってほしいかなあ・・・と。ポーチドエッグ、中が固まってたよぉ。。。ヌードルはリクエストで作っていただきました。長崎ちゃんぽん風^^。

e0351590_22385905.jpg
e0351590_22391897.jpg
e0351590_22391950.jpg
e0351590_22393398.jpg
e0351590_22391913.jpg

3日目。
カフェオレにホワイトオムレツ、ほうれん草とマッシュルームのソテーをたっぷりと。最後の朝食でした。

e0351590_22433102.jpg
e0351590_22433179.jpg
e0351590_22433351.jpg

初日の夕食に、朝食と同じザ・レストランでアジアン料理をいただきました。
夜の帳が来る前にお席に陣取りました。いい感じに空が暗くなってきます。
海老フライドスナックをつまみにカクテルでスタート、もち米のカオニャオを添えて、トムヤンクンの辛みを楽しみました。丸ごとの魚料理は香草にライムでソースを添えて、白身の旨味をたのしむことができました。サイドディッシュに、野菜炒めなども添えて。ほとんどタイ料理の組合せになっちゃいましたね^^。

e0351590_22372255.jpg
e0351590_22373453.jpg
e0351590_22373591.jpg
e0351590_22374960.jpg
e0351590_22374924.jpg
e0351590_22375015.jpg
e0351590_22375227.jpg
e0351590_22375328.jpg

最後の夜は、夜だけ営業するメインダイニングの「イタリアン・レストラン」にしました。なんと私たちだけの予約で、貸切です!天井のライトがテーブルに落とす光と影のコントラストがドラマチックです。

e0351590_22403998.jpg
e0351590_22414385.jpg

サーモンのカルパッチョ、魚のソテー、手打ちパスタ、ショートパスタのスープ、ローストロブスターと豪快に攻めてみました。主人とシェアでいきましたが、少し足りずに追加のロングパスタのボロネーゼ風も追加してしまいました。最後はチョコスフレのデザートの〆で。なかなか優雅においしくいただけました。ソムリエの方はもう少し頑張ってほしかったかなあと。

e0351590_22415781.jpg
e0351590_22415729.jpg
e0351590_22423114.jpg
e0351590_22423247.jpg
e0351590_22424097.jpg
e0351590_00045207.jpg
e0351590_00050021.jpg
e0351590_22425694.jpg
e0351590_22430541.jpg

名残惜しく、レイトチェックアウトはルームサービスで軽食をいただきました。スープにミーゴレンです。お部屋に愛着を感じながら、ゆったりと最後の時間を楽しみました。
e0351590_22434506.jpg
e0351590_22434578.jpg
以上、ホテル内のレストランでした。
ちょっと雑な紹介ですみません。かなり忘れてしまっていますねぇ。

これ以外に、外出をしています。次回はその紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-30 21:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマヌサ」の紹介は、プールなどその他パブリックスペースです。

アマンはなんといってもプールは美しい!アマヌサも例外ではありません。

断崖絶壁のようなロビーから見下ろすプールは本当にフォトジェニック!・・・アマンキラの写真にやられて、最初は「バリならアマンキラ」と思ったのですが、私的にはアマヌサのほうが好みであることがわかりました。なぜだろう?抜けるような眺めのなかに美しく作られたプールと緑、花々、味のある石造りの柱や壁、光の使い方などが醸し出す雰囲気がなんともベッピンなプールなんですね。どうしてこの四角いプールに魅せられるのか・・・うーん、「アマンが作った美」としか言いようがありません、ハイ。

ここから眺めます。
e0351590_00054429.jpg
e0351590_23592425.jpg
e0351590_23583069.jpg

見下ろすプールの傑作です。

e0351590_23583147.jpg
e0351590_23585923.jpg
e0351590_23584961.jpg
e0351590_23590350.jpg
e0351590_23592401.jpg
e0351590_23595665.jpg

プールサイドの東屋でまったりと。
冷たいお水に、フルーツなどの振る舞い、いいですよね。

e0351590_23591067.jpg
e0351590_00064452.jpg
e0351590_21353451.jpg
e0351590_21353540.jpg



敷地内を散策しました。
ゴルフ場というとちょっと引いていたのですが、アンジュレーションがビラと調和を感じさせます。階段のまわりも花に囲まれ、心癒される小路です。


e0351590_00010273.jpg
e0351590_00010314.jpg
e0351590_00040535.jpg
e0351590_00043198.jpg


花々も咲き誇ります。

e0351590_00003007.jpg
e0351590_00003041.jpg
e0351590_00003091.jpg
e0351590_00032292.jpg

スパも、ビラの一つを利用して作られたものです。
こちらで1度施術を受けました。技術も割にしっかりしていたと思います。

e0351590_00043187.jpg
e0351590_00022266.jpg
e0351590_00022253.jpg
e0351590_00022264.jpg

ジムスィートもビラを使って作られています。
優雅にストレッチや自転車など^^。テニスコートもあります。

e0351590_00043222.jpg
e0351590_00044487.jpg
e0351590_00044477.jpg
e0351590_00044495.jpg
e0351590_00010361.jpg

アマヌサはビーチから離れているため、アマヌサ専用のビーチまで送り迎えをしていただけます。「ビーチクラブ」です。セントレジスの隣のスペースですね。

東屋スペースがいっぱいだったので、デッキチェアーにセッティングしていただきました。以前は現在の幅の倍以上あったそうですが、別のホテルができるとかで(シャングリラらしい?)、かなり狭くなったようです。剥げた樹木が砂浜に立ち並び、景色のつもりのようですが、広がるビーチより、ちょっと景観が損なわれているように思います。主人は海にはいっていましたが、風が強くてかなり体にしみます・・・残念ながら、短い時間でホテルに退散してしまいました。

e0351590_22280015.jpg
e0351590_22280168.jpg
e0351590_22280149.jpg
e0351590_22293417.jpg
e0351590_22280183.jpg
e0351590_22280162.jpg
e0351590_22285872.jpg
e0351590_22285875.jpg

敷地内をさらに散策すると、苔や植物で味のある雰囲気のある石垣、20年以上の歴史を感じます。

e0351590_21355139.jpg
e0351590_21355298.jpg
e0351590_21355217.jpg

そらのいろ・・・

e0351590_00051370.jpg

「アマヌサ」に流れる時間を楽しんで・・・

さて、次回は、レストランなどお食事の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-21 21:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
アマンダリを出発し、車で到着したのはヌサドゥアにある「アマヌサ」です。3年前の再訪です♪前回は、アマンキラとアマヌサに泊まりましたが、3段プールで期待していたアマンキラより、アマヌサのほうが気に入ってしまったのでした。1泊だけでしたので、後ろ髪惹かれるように移動・・・今回は、まさにリベンジです。

このエントランス、懐かしいです!ヌサドゥアといっても、ビーチ前ではなく、高台にあるので、とても吹き抜けが明るい開放的な雰囲気です。

e0351590_23412718.jpg
e0351590_23412732.jpg

すぐ左手横にあるロビーラウンジで、ウエルカムドリンクをいただきます。
アイスティがおいしいのですよね。ここは本当に崖の上のようなラウンジで、遠くに見える海、ゴルフ場の緑、それは開放感あるすばらしい抜ける眺めです。眺めフェチなPockieにとって、これが好きになった理由の一つですね。

e0351590_23495514.jpg
e0351590_23425969.jpg
e0351590_23430029.jpg
e0351590_23433818.jpg
e0351590_23424238.jpg

客室は車寄せの反対側のエリアなので、こちらを通ります。

e0351590_23494127.jpg
e0351590_23494245.jpg

客室は、35号室のプールスィートビラです。
はい、アップグレードいただきました^^。
ゲッコーの形をしたキーがユニークです。

e0351590_23475026.jpg
e0351590_23444042.jpg
e0351590_23451011.jpg
e0351590_23465603.jpg

プールスイートですが、2014年の滞在と、基本的に内装やインテリア家具などビラ内部は同じです。今回の写真もざっと紹介しておきます。

入口から入ったエリアは、ベッドルームとリビングソファが向かい合わせになったスペースです。ベッドの天蓋は、ターンダウン後降ろされて、ロマンチックにセッティングされます。アマンは通常客室にテレビがないのですが、空港から近く、他のアマンに行くトランジットとして利用されることも多いこのアマヌサは、ビジネスユースも含めて、このようにTVをセッティングしているそうです。アーモア内のTVの下に、ミニバーや冷蔵庫がセッティングされています。

e0351590_23465344.jpg
e0351590_23451712.jpg
e0351590_23451770.jpg
e0351590_23465286.jpg
e0351590_23511435.jpg
e0351590_23451852.jpg
e0351590_23491696.jpg

ウエルカムアメニティのシャンパンとフルーツをいただき、楽しませていただきました。ボトルはすぐに飲まなかったので冷蔵庫にいれ、そのあとはワインクーラーの氷を何度か取り換えていただき、飲みきるのに2.5日かかりました^^。

e0351590_23423027.jpg
e0351590_23511435.jpg

バスルーム側はとても広いスペースがあり、真ん中の大きな椅子のような大のようなスペースがとても便利で、気に入った使い勝手のひとつです。ここで着替えたり、荷物を広げたり、ちょっと休憩したり・・・、ちょうどよいのですよね。

e0351590_23452847.jpg
e0351590_23452840.jpg

アマンお約束のシンメトリーです。洗面スペースは左右対称にボールがあり、クローゼットもシンメトリーですが、ちゃんと左右のアメニティは変えてあって、男女別のようになっています。

e0351590_23483174.jpg
e0351590_23454018.jpg
e0351590_23424355.jpg

トイレは中庭の眺めがあって、こちらも光が差し込みます。でも外から見られるわけではないので、落ち着かないということはありません。トイレにアマンの写真集なんてセッティングされているのに驚きです。くつろぎのスペースなんですね。

e0351590_23452961.jpg
e0351590_23483197.jpg

シャワーブースとアウトサイドシャワーがあり、外のが特に気持ちがよいですね。ただ、シャワーが固定式だけなのはちょっとご愛嬌。私はそれほど気にしないのですが。

e0351590_23454038.jpg
e0351590_23454136.jpg
e0351590_23485070.jpg

バスタブは中庭を臨む場所にあり、室内なので気持ちよさと便利さを兼ね備えています。この眺め、とても癒されるのです。美しくセッティングされたタオルやバスピロー、バスソルトなども絵になります。

e0351590_23452957.jpg
e0351590_23483685.jpg

外に出ると、東屋です。これが眺めがよくて気持ちいい!ここでずっとくつろいでいたい気分です。高台のビラなので、遠くの海も眺められます。スモーカーの主人は、このスペースが一番くつろぎの場所です^^。我が家は、途中から、入口にあった椅子とテーブルをこちらの東屋の前にセッティングしてもらいました。ここでドリンクをいただいたり、朝食をとったりしました。

e0351590_23463532.jpg
e0351590_23463453.jpg
e0351590_23472950.jpg
e0351590_23505885.jpg
e0351590_23511145.jpg

そして、プールです!部屋にこんなに大きなプールがあります。まったり泳いで、東屋にくつろぎ、ルームサービスで食事をいただく・・・そんな、ずっとおこもりの方もいるようです。木々やプラントたち、隣のビラの屋根、空、朝日~夕陽の色、すべてがこのビラのためにあるような気持ちになります。

e0351590_23472858.jpg
e0351590_23472914.jpg
e0351590_23474112.jpg
e0351590_23463959.jpg

クリーニングは、このような籐のボックスにはいってきて、とてもエレガントな花、リネン、香りとともにしあげていただけます。

e0351590_23494563.jpg
e0351590_23493988.jpg

さて、次回はプールやスパなど、その他のパブリックスペースの紹介です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-11-19 18:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)