Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:佳元( 2 )

四万温泉「佳元」の紹介、お風呂と食事です。

大浴場は割に小ぶりです。露天風呂もありますが、目隠しがあるので、お部屋の露天風呂のほうが眺めはいいですね。お湯はやわらかい、まさに草津温泉の上がり湯にふさわしい泉質です。

e0351590_21422704.jpg
e0351590_21422706.jpg
e0351590_21422779.jpg
e0351590_21422865.jpg
e0351590_21422856.jpg
e0351590_21424385.jpg


もうひとつ貸切の「幸泉乃湯」は、レトロなステンドグラスがはめ込まれた独特の雰囲気のお風呂です。無料、予約不要で、空いていればいつでも利用できるスタイルです。ただ、残念なことにお湯の供給システムに不具合があり、お湯の温度があがらず、ぬるすぎて入ることができませんでした。お湯はここが一番柔らかくていいんですけどね。

e0351590_21410299.jpg
e0351590_21410332.jpg
e0351590_21410324.jpg


さて、お夕飯です。
お部屋で供されました。懐石ではなく、旅館料理で、いくつかずつ出される形となっていました。

e0351590_23255487.jpg


最初に先付や八寸、お鍋など、こちらのセットがセッティングされました。

e0351590_23273803.jpg


焼き魚、お刺身、若竹煮です。お刺身は山・川ものを中心に出されました。

e0351590_23260551.jpg
e0351590_23260686.jpg
e0351590_21293677.jpg


牛肉の冷しゃぶ、ワカサギとふきのとうの天ぷら、ひもかわ麺の鍋とかなりボリュームがありますね。

e0351590_23260626.jpg
e0351590_23262154.jpg
e0351590_21462958.jpg

〆はごはんになめこのお味噌汁とお漬物です。
デザートはフルーツでしめられました。

e0351590_23262227.jpg
e0351590_23262909.jpg


全体にかなりボリュームがありましたが、まずまずのお味といったところでしょうか。
きちっと手作りしているところがいいですね。


翌朝、朝食は食事処に行きました。
希望すれば、夕食も食事処でいただけます。ただちょっぴり残念なのは、二人は奥の部屋になり、窓側は大勢の方用になっているのです。できれば、ゆったり明るい部屋は露天風呂付きの客室の人に回してほしいですよね。

内容は、雑穀入りお粥に和食のおかずの朝食です。白いごはんも希望すればOKです。
やさしい朝食は苦しくならずよかったですね。
e0351590_23265297.jpg
e0351590_23264278.jpg
e0351590_23264293.jpg

以上、佳元の紹介でした。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-29 18:00 | 佳元 | Comments(0)
草津温泉を後にして向かったのは四万温泉です。酸性の湯が強い草津のあとは、仕上げの湯として四万温泉は昔からつ買われていました。国民保養温泉として初めて指定されたのも四万温泉だそうです。

今回宿泊したのは「佳元」です。10年以上前に一度泊まったことがあり、ここの露天風呂のついた部屋に泊まりたくて、久々の再訪を果たしました。こちらも、中之条町のふるさと納税で、返礼で宿泊券をいただけるのです。草津と同じで、こちらを利用しました(正確にはこちらを支払いの一部に充てました)。草津の「佳乃や」が後からできた姉妹館になります。

お宿は、四万温泉エリア内のゆずりは地区という奥の方の一画にあたります。
ゆったりした敷地に建物があります。エントランスをはいると、囲炉裏風のロビーがあり、こちらでお茶とお菓子をいただきます。
e0351590_21373176.jpg
e0351590_21373148.jpg
e0351590_21380136.jpg
e0351590_21380218.jpg


ロビーで目を引くのは、試飲用の日本酒と所狭しと並んだ焼酎の棚です。日本酒は群馬県のものを4種類、焼酎は、種子島出身の女将が九州を中心とした焼酎を集めたものだそうです。メニューは圧倒的に焼酎が多かったですね。

e0351590_21381644.jpg
e0351590_21381666.jpg
e0351590_21421419.jpg



お部屋は2Fにある「桐」です。
檜の露天風呂と広い中庭にテラスを備え、10畳の本間と4.5畳の次の間がある二間続きのゆったりとした部屋です。ゆったりとした踏み込みからアプローチしています。

e0351590_21414071.jpg
e0351590_22595108.jpg
e0351590_22595739.jpg
e0351590_22592531.jpg
e0351590_22593429.jpg

e0351590_21384805.jpg

e0351590_21391836.jpg
e0351590_21384834.jpg
e0351590_21415072.jpg


テラス、中庭、露天風呂へのアプローチから、見事な演出です。
露天風呂は目隠しのない広がる眺め、天空の至福です。
e0351590_21393248.jpg
e0351590_21393245.jpg
e0351590_21400997.jpg
e0351590_21400966.jpg
e0351590_21400974.jpg
e0351590_21400274.jpg
e0351590_21402311.jpg
e0351590_21402327.jpg


客室の実宇回り、アメニティです。お風呂は部屋についておらず、トイレと洗面エリアのみです。この露天風呂がついて2万円台というのは、やはり部屋に内風呂を付けないことでも実現しているのでしょうね。

e0351590_21414017.jpg
e0351590_21414001.jpg


パブリックスペースのお風呂、お食事は次回紹介します。


[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-27 21:00 | 佳元 | Comments(2)