Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:シンガポール:ニューマジェスティックH( 1 )

シンガポールの旅、泊まったホテルは「ニューマジェスティックホテル」です。MRTアウトラムパーク駅からほど近い、SPGのデザインホテルブランドのホテルです。シンガポールのガイドブックなどでも、ちょっとユニークでおすすめホテルとして紹介されています。今回、SPGかIHGで比較的手ごろに取れるホテルを探し、かつ、チャイナタウンに歩いて回るのに近そうな、または移動が便利なホテルを選びました。そうなんです、シンガポールは5-6回行っていますが、実はチャイナタウンは未踏の地。短い滞在だから、チャイナタウンをメインしようと決めたからです。

今回は、ホテルの建物やお部屋の紹介です。

深夜の到着でしたので、写真は主に翌朝のものです。
プラカナン調のパステルカラーの建物は、シンガポールと中華が融合した文化の象徴、歴史的なたてものです。以前別のホテルだ他ものを居抜きで少し改装し、デザインホテルにしたようですね。正直かなり古い感じでした。

e0351590_20574591.jpg
e0351590_20580937.jpg

ロビー、エントランスエリアは入ってびっくり、デザイン家具がそこら中にあり、椅子も全部違うものです。天井も梁がそのまま見えているんですよね。

e0351590_21010350.jpg
e0351590_21010386.jpg
e0351590_21010313.jpg

エレベータであがり、3Fの302号室がアサインされました。一番お安い部屋なので、こぢんまりです。

e0351590_21505160.jpg
e0351590_21512172.jpg
e0351590_21505140.jpg


はいってびっくり、宝石箱?!なんだこれ~???という色とデザインです。
すべての部屋がデザインが違うそうで、その斬新さには驚きました。
この部屋はWeedsという名前で、ピンクを基調として、壁じゅう、天井じゅう、海藻が映えているデザインなんです。
扉を開けると、踏み込みもなくいきなりベッドルーム、右手には水回りがむき出して見えています。テレビはベッド前のボードに埋め込まれていて、ベッド側からしか見られませんね。

e0351590_21515175.jpg
e0351590_21515246.jpg
e0351590_21515278.jpg
e0351590_21515363.jpg

こちらは水回りです。シャワー、トイレ、ベイシンエリアが分かれています。しきりがすりガラスになっており、目隠しはありながら、圧迫感が少ないので、小ぶりながら使いやすかったです。友人と泊まるにはちょっと考えてしまうでしょうね。すりガラスのシャワーやトイレですから、やっぱりなんとなく見えてしまいますよね。シャワーの水圧がとても高く、レインシャワーもついていて、想定外にとても快適でした。バスアメニティも香りのよく、くし通りのよいシャンプー類など使いやすく、タオルの質も問題なし。古い設備のホテルですが、デザインホテルとして快適さを考え、特徴を絞ってリノベーションに投資したものと思われますね。

e0351590_21532148.jpg
e0351590_21522282.jpg
e0351590_21522289.jpg
e0351590_21522283.jpg
e0351590_21522375.jpg
e0351590_21530763.jpg


壁側にミニバーとデスク、クローゼットがあります。面白いのは、デスクとクローゼットが兼用なんです。カーテンをあけたら、デスクと電話が出てきてびっくり!狭さを、アイデアで面白さに変えていましたね。デスクには、ホテル滞在中に借りられるスマホがありました。結局使いませんでしたが。ミニバーはコンプリメンタリーのようです。ネスプレッソのコーヒーマシンもありました。20平米ないような狭い部屋のホテルですが、アメニティに加え、こういう無料ドリンクなどのサービスでカバーしているんでしょうね。

e0351590_21525109.jpg
e0351590_23340515.jpg
e0351590_21525129.jpg
e0351590_21532118.jpg
e0351590_21530691.jpg


窓の外は中庭のプールが見えます。翌朝、チェックインしたときより部屋の明るさを感じて、なかなか悪くない雰囲気でしたよ。

e0351590_21532100.jpg
e0351590_21542271.jpg


すこしだけ、パブリックスペースを。
2Fに、プールとジムがあります。プールはかなり小ぢんまりなので、ちょっと泳ぐのは、という感じでした。何泊かして、息抜きに少し異空間を楽しむ、というところでしょうか。でもそれが目的なら、プールが開放的なホテルを選ぶかもしれませんね。

e0351590_23352081.jpg
e0351590_23352023.jpg
e0351590_23360044.jpg
e0351590_23360176.jpg

今回は、チャイナタウンの散策をしたくて、1泊だけという明確な理由があったので、ぴったりの選択だったと思います。MRTの駅からも近く、もう一か所行った、マリーナベイのほうに出るにも便利でした。

さて、ホテルをでて、チャイナタウンなど散策は次回の紹介に!
e0351590_23363588.jpg

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-04-03 21:00 | シンガポール:ニューマジェスティックH | Comments(2)