「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:あらや滔々庵( 3 )

少し間があいてしまいました。再開します。
2016年金沢冬の旅、山代温泉「あらや滔々庵」の紹介は、お食事です。
お風呂もそうですが、これが楽しみでこちらを予約しました。

お風呂の後には、主人の誕生日ケーキを用意しておいて、いただきました。これは私が予約したものです。

e0351590_22363838.jpg


さて夕食です。お食事処でいただきます。
こちらがお献立メニューです。
コースは、蟹づくしではなく、蟹を入れたものにして、焼きガニを選びました。

e0351590_22372223.jpg



まずは、先付です。胡麻豆腐、にアナゴ添え、小鯛鮨などです。
お祝いの濁り酒もいただきました。

e0351590_22364965.jpg


椀の物は、やはり器から素晴らしいです。金沢塗だそうです。
出汁はやわらかく、カニ真薯はふんわり、野菜の彩りも華を添えますね。これが楽しくて、懐石をいただくようなもの^^。

e0351590_22370207.jpg
e0351590_22370229.jpg
e0351590_22370374.jpg


お造りは、橋立港のおまかせです。もちろん、カニもいただきました。ぶりは、つば甚のほうがおいしかったかな。

e0351590_22374333.jpg

e0351590_22375313.jpg


八寸は、加賀山海肴の盛り合わせです。。二人分を真ん中に置いて供され、各自好きなものを順番にとっていただきます。

e0351590_20433683.jpg




さて、焼きガニです。橋立のブルータグつきですよ!仲居さんが炭火で焼いてくださいます。そして、甲羅のカニみそも絶品です!日本酒が進みます。


e0351590_20441148.jpg
e0351590_20434641.jpg
e0351590_20441242.jpg
e0351590_20442889.jpg




香箱が荷の酢の物です。金時草と胡瓜が添えられて、ジュレで和えています。
九谷の器もあでやかで美しい。香箱蟹はもう4回目、おいしいのですが、結構重なっちゃいました^^。

e0351590_20430558.jpg



炊き合わせは、かぶと小松菜の煮物です。だしを含ませたやさしいお味です。

e0351590_22394680.jpg



お食事は鯛入りの五目御飯に赤みそ汁、香の物です。
ご飯はもう少しシンプルがよかったかなあ。

e0351590_22394696.jpg


水菓子は焼きりんごにイチゴ、柿でレモンゼラチン、抹茶アイスが添えられています。さっぱりおいしかったです。
全体においしい食事をいただけましたが、つば甚の後で不利(笑)・・・インパクトはつば甚に軍配が上がってしまうんですね。でもカニはこちらがよかったです。


e0351590_22394697.jpg


食後は、有栖川山荘へ行きました。
この別棟に行く渡り廊下が幻想的です。でも寒かった!建物内の廊下も淡い光で、雰囲気を醸し出しています。

e0351590_22400615.jpg
e0351590_22400635.jpg
e0351590_22403384.jpg



バーは人気、すぐに満席になりました。周りの会話を聞いていると常連さんばかり!ワインを少しいただきました。

e0351590_22403210.jpg
e0351590_22410808.jpg


翌朝の朝食です。同じ食事処のお部屋です。
器が素朴な感じでセッティングです。夕飯のあでやかな塗や焼き物と対照的で、これも楽しいですね。多すぎず、よい素材を使っているのがわかりました。おいしかったです。

e0351590_20595162.jpg
e0351590_21000369.jpg
e0351590_21001154.jpg


全般にお食事はよかったのですが、先にも書いたように、金沢でいろんなグルメをしてきてからこの宿にたどり着いたので、比較としてお宿が不利になっちゃいましたね。あと、サービスをしてくださった年配の仲居さんとの相性もあり、なかなか微妙なものがありました。つば甚のサービスが完璧だったので、これも不利だったかもしれません。


チェックアウト前に、お部屋の横にあった茶室を覗いてみました。魯山人ゆかりのものも並べられており、凛とした空間でした。

e0351590_21041394.jpg
e0351590_21041733.jpg


以上、あらや滔々庵の紹介でした。

最後は山代温泉から小松空港に向かい、成田空港への便で帰宅しました。このフライトも遅れて、行き同様ディレイの憂き目にあいました。ああ、飛行機ははずれの旅でしたね。12月というのに温かい北陸で、雪景色は楽しめませんでしたが、観光で歩き回るにはよい気候でした。
間があいたりしてだらだら長くなりましたが、この金沢方面の旅の紹介をこれにて終了します。

e0351590_21151071.jpg

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-23 22:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)
2016年金沢冬の旅、山代温泉「あらや滔々庵」の紹介は、お風呂です。

温泉街の真ん中にある老舗宿、山代温泉の源泉がすぐ浅いところから湧き出しており、豊かな湯量を享受するお宿です。
パブリックのお風呂は3つあり、原泉閣と特別浴室「鳥湯」のセット、瑠璃光とが男女別に入れ替え制となっています。

まずは、瑠璃光です。
総ヒノキのお風呂の雰囲気がすばらしい!お湯も柔らかく、一番気に入りました。外の露天風呂は眺めがないので、小ぢんまりと付け足したような感じです。この内湯に乾杯です。脱衣スペースは小ぢんまりですが、アメニティやタオルもそろっています。

e0351590_21480233.jpg
e0351590_21451326.jpg
e0351590_21451478.jpg


e0351590_22443569.jpg
e0351590_21452826.jpg
e0351590_21452088.jpg
e0351590_21452735.jpg
e0351590_21452023.jpg
e0351590_21452844.jpg

e0351590_21453437.jpg


次に、原泉閣です。おおきな柱に絵柄が印象的なデザインです。ただ、全体の感じは、こちらはよくある、旅館の大浴場といった雰囲気でしょうか。きれいでゆったりしていますが、あらや滔々庵らしさを感じられないのですよね。瑠璃光とあえて違った雰囲気にしているのだとは思いますが、ちょっぴり残念です。外の岩湯はその分、風情を感じるつくりですね。脱衣所はこちらはゆったりとしていて、くつろぐことができます。




e0351590_22443543.jpg
e0351590_22443552.jpg
e0351590_21471731.jpg
e0351590_21472517.jpg

e0351590_21464200.jpg
e0351590_21464225.jpg
e0351590_21464399.jpg


もう一つは、特別浴室「鳥湯」です。暗い照明を落とした独特の雰囲気で、ぬるいお湯に瞑想してゆったりつかる形になっています。椅子に座ってこの雰囲気に浸るのがよいのかもしれません。私は普通の熱めのお湯に入るほうが好みだったので、ここは少し体験する程度に利用しただけとなりました。

e0351590_21473265.jpg
e0351590_21473335.jpg
e0351590_21473308.jpg
e0351590_21473841.jpg

お風呂エリアにはいるエントランス回りには、椅子とドリンクが用意されています。ドリンクは、ビールとシャンパン・・・ならぬ、発泡酒とカバ(スパークリングワイン)でした。うーん、このクラスのお宿、せっかくなら本物を置いてほしかったですね。シャンパンは無理としてももう少しよいスパークリングを。ビールは頑張れるでしょう^^。ちょっと厳しいことを言ってしまいましたが、お宿の名誉回復(って大げさ?)のためにも、ここはいい印象になるようにしてほしいですね。ジュースやハーブティー、健康ドリンクなどのほうがポイント高くなるかもしれませんね。


e0351590_22274937.jpg
e0351590_22282035.jpg

以上、お風呂の紹介でした。
次回は、お食事です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-08 21:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)
2016年金沢冬の旅、金沢の郊外になりますが、山代温泉の「あらや滔々庵」の紹介にはいります。
こちらのお宿、以前より泊まりたくて、ようやくかないました。金沢の食と観光を堪能した後の訪問です。
加賀温泉駅から送迎車で送っていただきました。

e0351590_21244613.jpg

お宿は、総湯の目の前という、山代温泉の一等地です。自家源泉を持っており、老舗ゆえんです。
玄関先が大仰でなく、しっとりしたのれんと石畳がいいですね。老舗旅館らしさを感じます。ロビーも落ち着いたたたずまいです。


e0351590_21251997.jpg
e0351590_22583551.jpg
e0351590_22584386.jpg
e0351590_22554198.jpg
e0351590_22552550.jpg
e0351590_22555089.jpg
e0351590_22561611.jpg


エレベータでお部屋に案内されました。3Fの「兼六」というお部屋です。


e0351590_23001663.jpg

客室は露天風呂付き、二間続きの和室です。
本間は10畳ほど、縁側がないので、椅子が畳に直接置かれています。床の間は掛け軸などなく、シンプルなしつらえです。ミニバーとなる水屋にはグラスやワインも置かれています。窓からの眺めは裏山の木々で、温泉街真ん中の宿は、やはり眺めは期待できません。


e0351590_23003659.jpg

e0351590_23003678.jpg
e0351590_23011656.jpg
e0351590_23013466.jpg
e0351590_23012482.jpg


副室にベッドが二つ、こちらが寝室となります。以前は布団を敷いていたのでしょうね。近頃のトレンドとしてベッドが支持されているので、入れたのだろうと思います。

e0351590_23011660.jpg
e0351590_23011738.jpg


浴衣はしっかりした生地ですが、ちょっと大き目でしたね。冷蔵庫はたっぷりと最初からドリンクがたくさんはいっています。有料です。タオルはお部屋にありますが、大浴場に持備え付けられていますので、こちらは部屋露天用ですね。

e0351590_23031844.jpg
e0351590_23031945.jpg
e0351590_21254791.jpg


水回りは、こちらが洗面所、そして扉を開けると洗い場と露天風呂・・・というレイアウトです。内風呂はなく、この露天浴槽のみです。冬場はここで洗ったりするのはちょっと寒いですね。また、眺めのない部屋なので、露天というより、半露天ですね。露天の向こう側にデザイナーズチェアがあり、こちらでくつろぐのもよさげ・・・でもやっぱり良い季節でないとちょっと辛いですね。

e0351590_23013537.jpg
e0351590_21480768.jpg

e0351590_23015011.jpg
e0351590_23040736.jpg


e0351590_23015176.jpg

e0351590_23034812.jpg
e0351590_23030950.jpg
e0351590_21271951.jpg



到着時に、お部屋で和菓子とお抹茶をいただきました。おいしいのですが、どうしても「つば甚」と比較してしまい、あちらに軍配^^。うーん、あらやさん、おいしいものを食してきちゃいましたので、不利ですねぇ。(あらやさんのせいではありません、すみません。)

e0351590_21241334.jpg

では、次回はお風呂の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-06 22:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)