Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:つつじ亭( 4 )

草津温泉「つつじ亭」の紹介は番外編、温泉街の散策を少しばかり紹介です。

早々とチェックインしたので、ひとっ風呂のあとに、散策することにしました。温泉街は駐車場がほとんどありません。自分の車は宿に駐車したまま、つつじ亭の車で湯畑の手前まで送ってもらい、そこからぷらぷらと歩きました。

e0351590_00223429.jpg

草津は共同湯がたくさんあります。「千代の湯」は外からみただけです。「茶房ぐーてらいぜ」は草津に来るたびによく立ち寄りましたが、今回は前を通りかかりました。

e0351590_00223494.jpg
e0351590_00225244.jpg

やっぱり、草津にきたからには湯畑ですよね~。毎回ここは外せません。硫黄のにおい、ごうごうと流れる湯量の豊富さを滝と湯気で満喫です。

e0351590_00225307.jpg
e0351590_00240268.jpg


湯畑のまわりには喫茶、お饅頭屋さん、焼き鳥屋さん、などなど、たくさんのお店がひしめき合い、人気のお店はいつも並んでいます。湯畑の横に足湯もあって人がひしめき合っていますよ。

草津は夜でも食べられるところがかなりあるので、素泊まりの宿で寝て、共同湯で楽しみ、呑みに繰り出す、っていう楽しみ方ができる温泉地です。近頃の温泉街は1泊2食が基本ですから、夜は本当に寂しいところが多いのですが、草津は街が元気ですね。

e0351590_00242014.jpg
e0351590_00243137.jpg
e0351590_00244077.jpg
e0351590_00250766.jpg

「白旗の湯」は源泉が共同湯の前にあります。こゆ~いお湯です、本当に。

e0351590_00245237.jpg


ちょっと裏方へ歩いて行くと、「地蔵の湯」がありました。お地蔵さんが祀られた神社がとなりにあり、足湯もありますよ。ここはひょっとして、初めてかな?ちょっとトライしてみようということになり、共同湯のほうにはいってみました。狭い湯船で、目の前が脱衣所でしたが、お湯はなかなかいい感じで、気持ちよかったです。また来た時にゆっくりはいろう~!

e0351590_00250841.jpg
e0351590_00253434.jpg
e0351590_00252345.jpg
e0351590_00250768.jpg

さて、夕方になってきました。宿に戻って温まりましょう。
帰りも宿の車に迎えに来ていただき、戻りました。

う~ん、やっぱりこの「つつじ亭」のゆったりとした眺めとお風呂、湯畑近くの賑わいから少し離れてくつろぎは宝です。

e0351590_00255628.jpg

以上、草津温泉&つつじ亭の紹介でした。

みなかみ&草津の紹介にお付き合いいただき、ありがとうございました。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-19 21:00 | つつじ亭 | Comments(0)

つつじ亭(3) - お食事編

草津温泉「つつじ亭」の紹介、お食事です。

草津温泉で本格的な懐石を出す宿はほとんどないでしょう。こちらの食事は初めて伺ったときから気にいって、食事が楽しみでもあるのです。

本館の右近の棟は、食事処での夕食です。
渡り廊下をはいって、「料亭花回廊」へ行きます。

e0351590_23400487.jpg
e0351590_23400450.jpg

e0351590_22594701.jpg


夕食のメニューです。
細かいメニューも説明した美しい和紙でのお献立です。

e0351590_22561832.jpg



前菜はこの三品、木のみ白和え、紅葉鯛酒蒸し、太刀魚昆布〆です。お宿からいただいたスパークリングワインでいただきます。

e0351590_22594879.jpg
e0351590_23001158.jpg



椀の物は、ハモやレンコン餅のすまし仕立てです。
椀のふたも美しい。

e0351590_23001220.jpg


お造りの三種盛り合わせです。
ひらめ、シマアジ、マグロだったかな。

e0351590_23002000.jpg


焼き物は和牛ロースステーキです。
シイタケや万願寺とうがらしが添えられ、金山寺味噌のソースでいただきます。蕎麦湯が添えらえているのがユニークですね。和食のステーキです、まさに!

e0351590_23003260.jpg

煮物は、蕪とひろうすの炊き合わせです。お出汁の聞いたしっかりと煮含められていました。おいしい!

e0351590_23004084.jpg


合肴として、柳葉魚カダイフ巻き?・・・と妙名されていますが、アナゴをそば粉や麺を衣にした揚げ物です。だしにつけていただくやさしい味です。

e0351590_23005623.jpg

進肴は、きのこ鍋です。合鴨や九条ネギが一緒にはいっています。
キノコやネギが美味しいです。・・・そしてなかなか、おなか一杯になってきました。
e0351590_23021263.jpg


お食事は、マツタケごはんに香の物と赤だしの留椀です。

e0351590_23021288.jpg

最後に水菓子として、ブラマンジェのコーヒー風味、むらさきいもとパッションフルーツのゼリー、ココナッツソースでした。手の込んだ〆です。ブラマンジェの風味がいいですね。

e0351590_23022750.jpg



夜食におにぎりが出てきました。おなか一杯なのに、お米がおいしいのですよね。

e0351590_23033252.jpg


朝食も同じ食事処でいただきます。

おぼろとうふや生ハムのサラダがおいしい朝食でした。
e0351590_23061746.jpg
e0351590_23062216.jpg
e0351590_23062364.jpg
e0351590_23062432.jpg

食後は、ラウンジでコーヒーをいただきました。
ほっこり^^。

e0351590_23063224.jpg



このラウンジは食事処のすぐとなりにあり、お風呂上がりに利用する方もいます。お茶がセルフで板だけ、Wifiが無料でつながります。入口の棚に多くの図書もあり、談話室して利用できmす。まったりしたいスペースですが、意外に人が少ない・・・部屋やお風呂が快適だから、ここに出てこないのかもしれませんね。

e0351590_23402482.jpg
e0351590_23403360.jpg
e0351590_23403316.jpg
e0351590_23404949.jpg


以上、つつじ亭の紹介でした。

次回は、チェックイン後に、草津での外出の紹介を少しばかり^^。


[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-15 21:00 | つつじ亭 | Comments(0)

つつじ亭(2) - お風呂編

草津温泉「つつじ亭」の紹介、温泉のお風呂です。

本館になったら狭くなり、部屋露天風呂がない・・・というマイナスばかり感じそうっですが、このメリットは久々に享受します!
それは、貸切風呂「玉の湯」を利用できることです。本館宿泊者だけが利用できるのです。チェックイン時に1回1時間の予約ができます。
泉質は、「万代鉱・草津温泉」「湯畑源泉」の2種類があります。

本館1Fの奥に歩いて行くと、玉の湯ののれんが見えてきます。中にまず脱衣所です。
e0351590_21424108.jpg
e0351590_21424151.jpg



お風呂にはいると、木々の眺めがどーんと大きな正方形の檜風呂が目の前にでてきました。このお風呂に入るのは10年ぶりぐらいでしょうか。2面の窓が大きく、光が降り注ぎます。この窓はスライドして左右に動き開け放つことができて、天井も高く、まさに明るい露天風呂並みの開放感です。ここにずっといたくなるような、貸切タイム・・・

e0351590_21434783.jpg
e0351590_21434370.jpg

e0351590_21435698.jpg
e0351590_21441616.jpg
e0351590_21441624.jpg


さて、大浴場「うららの湯」です。

男女別の内湯と露天風呂があります。男女の入れ替えはありません。


e0351590_21442436.jpg
e0351590_21442424.jpg
e0351590_21454550.jpg


女性のお風呂です。

e0351590_21443397.jpg
e0351590_21444389.jpg
e0351590_21450583.jpg
e0351590_21490530.jpg


露天風呂はこちらです。ここは毎回はいっていますので、私の大のお気に入り露天風呂です。木漏れ日を眺めながら、いつまでもいたくなるような空間です。

e0351590_21474688.jpg
e0351590_21475609.jpg
e0351590_21481153.jpg
e0351590_21453360.jpg

男性のお風呂です。女性と反対の角度のL字型内湯です。露天風呂の眺めは男性の用がよいかもしれませんね。


e0351590_21451196.jpg
e0351590_21451152.jpg
 
e0351590_22374421.jpg


大浴場の外で休憩するスペースです。ここでつめたいお水をいただきます。

e0351590_21442549.jpg



以上、温泉お風呂の紹介でした。
さて、次回はお食事です。


[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-13 21:00 | つつじ亭 | Comments(0)
さて、上越館をチェックアウトし、向かったのはこちら、草津温泉です。
草津といえば、この湯畑!・・・リニューアルして、まわりが歩きやすく、湯畑の迫力が増しました。本当に大勢の観光客がいますね~。

e0351590_00020785.jpg
e0351590_00022403.jpg
e0351590_00023759.jpg
e0351590_00051515.jpg

湯畑の見学は後ほどにして・・・まずは宿に向かいました。少し早めだったのですが、なんとか部屋を準備いただきくことができました。

お宿のエントランスを入ってロビーエリア、ああ「つつじ亭」に来たという懐かしさです。確認したら、2年前、2014年5月に離れに来ておりました。コスト削減の旅ゆえ、大好きな暖炉の間は封印です^^。

ちょっと古いと感じる方がいるかもしれませんが、しっとりとして落ち着きと生け花のもてなしがうれしい到着です。

e0351590_00110367.jpg
e0351590_00111680.jpg
e0351590_00110733.jpg
e0351590_00111759.jpg



抹茶でたてたお茶と濡れ甘納豆をいただき、お部屋に案内されます。
甘納豆はほぼ食べない私ですが、こちらのはおいしくて食べてしまいます。

e0351590_00111720.jpg


さて、お部屋は今回、右近の棟、本館の標準客室です。渡り廊下で本館に案内されます。2Fですので、お部屋に温泉も引かれていない本当に一番下のお部屋なんです。2Fに上がって一番奥の部屋「熊野」です。

e0351590_21400587.jpg
e0351590_21454788.jpg
e0351590_21454585.jpg

e0351590_00132223.jpg
e0351590_00132249.jpg


踏み込みから入ると、12畳と6畳の二間続きです。12畳の本間に3畳程度の広縁があり、ソファとテーブル、冷蔵庫、化粧スペースがあります。本間には掛け軸に置物などがある床の間がしつらえられており、窓側に向かっての障子と棚もあり、しっとりした和室となっています。

e0351590_00114373.jpg
e0351590_00114429.jpg
e0351590_00121021.jpg
e0351590_00121869.jpg
e0351590_00121806.jpg
e0351590_21384340.jpg
e0351590_21393128.jpg


6畳のほうはシングルベッドが2つはいっていました。
以前はどの部屋も通常の副室としての和室でしたが、1Fと2Fに各1室、ベッドの部屋を作ったようです。このベッドのお部屋が便利、いつでもごろりと横になれるのでありがたいです。

e0351590_00121012.jpg
e0351590_00123807.jpg


客室に備えられたふみ箱、時計など、けっこういい感じです。時計なんてなしといっても、いろんな時間が決まっているので、やっぱりわかりやすい時計を置いてほしいですよね。

e0351590_21461204.jpg
e0351590_21461213.jpg
e0351590_21461273.jpg
e0351590_21461305.jpg


当日は女将からのもてなしで、スパークリングワインがはいっていました。リピーター向けのウエルカムドリンクのようです。以前もいただいておりました。この達筆、すばらしいです!

e0351590_00131652.jpg

広縁にある冷蔵庫はドリンクが少しはいっており、その他の物を入れるためのスペースもありました。

e0351590_00131632.jpg


そして水回りは入口右手です。
扉をあけて手前にトイレ、その奥に洗面所、一番奥が檜風呂です。
洗面エリアのアメニティは化粧品など充実しています。端正に並べられたタオルも気持ちよく、たっぷりと備えてつけられています。タオルは大浴場に持っていく必要はないので、この洗面エリアとお風呂のためだけにあります。

お風呂は温泉ではありませんが、実は逆に、最後に強い酸性のお湯を流すための上がり湯として、チェックアウト前に利用しました。

e0351590_00133201.jpg
e0351590_00133281.jpg
e0351590_00133297.jpg
e0351590_00134046.jpg
e0351590_00140696.jpg
e0351590_00134982.jpg
e0351590_21394218.jpg
e0351590_21492172.jpg



離れのような広さとゆとりはないですが、二間続きありますので十分、こちらの部屋からの眺めと空間もほっとするものがあります。

e0351590_00142457.jpg

さて、次はお風呂です。
今回の本館客室でのメリットがありまして・・・。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-12-11 22:00 | つつじ亭 | Comments(0)