「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:ノク京都( 3 )

夏の京都旅、ノク京都の朝、チェックアウト前まで散策に出ました。

もちろん、すぐ前にある京都御所のほうです。ホテル前の交差点回りです。夏の日差しが容赦なく^^(汗)。

e0351590_22030478.jpg
e0351590_22030700.jpg
e0351590_22031023.jpg



御所の敷地に入って最初に見えた「拾翠亭」です。ちょっと調べて、ここはなかなかおすすめとのことで、しかも一般公開中とラッキーです。


e0351590_22022264.jpg
e0351590_22034472.jpg


こぢんまりとした建物の中にはいると、2階建ての数寄屋造りと池を臨むお庭のすばらしいこと!静かでゆっくりとした空間が本当にオアシスでした。まあ、エアコンはありませんので、実はけっこう暑いのですが、板の間に座るとふとそよ風が池から抜けて一服の清涼を感じました。

e0351590_22022159.jpg
e0351590_22034319.jpg





2Fに上がるとこちらです。ここで茶の心を感じる静寂の空間を楽しむことができました。

e0351590_22041730.jpg
e0351590_22034586.jpg
e0351590_22040194.jpg
e0351590_22040130.jpg
e0351590_22041353.jpg


外に出ると、池の周りに神社や建物があり、九条邸跡とのこと。庭園のような優美な空間に驚きました。京都御所にこんな場所があったんですね。

e0351590_22055177.jpg
e0351590_22055285.jpg
e0351590_22055282.jpg
e0351590_22060460.jpg


御所の広いスペースの中を歩きました。はあ、真夏の暑さ、午前とはいえ30度はあったと思います。暑いは疲れるわ・・・ぷらっと散策しに来ただけ、どこも予約していないので、建物内は入れません。御所の雄大な敷地を感じることができました。

e0351590_22062889.jpg
e0351590_22062891.jpg
e0351590_22062943.jpg
e0351590_22074353.jpg


御所の東側を出ると、もう一つ神社があります。「梨木神社」は「染井の井戸」があり、御神水の名水がいただけます。ボトルなども持ってきて、くんで帰る方が来られます。暑くてもうのどからから・・・こちらで少しお水をいただいて、ほっと一息でした。

e0351590_22070309.jpg
e0351590_22070445.jpg
e0351590_22072106.jpg
e0351590_22072135.jpg
e0351590_22073077.jpg


御所の北側には「相国寺」もあるのですが、チェックアウトの時間です。。。後ろ髪を引かれながら、やむなくいったん帰ってきました。

e0351590_22081827.jpg

e0351590_22082482.jpg



さて、荷物をホテルに預けて出かけたは、ランチです。そのあとの予定にあわせて、北王路の大徳寺方面に出ます。
和久傳五(いつつ)というお蕎麦のお店です。和久傳は敷居がたかいのですが、ここはちょっと面白そう・・・と思い行ってみました。まあ、予約までいらないだろう、と高をくくっていったら・・・あらら、なんと臨時休業です。お盆前後の忙しい間お休みだったのでしょう、晩夏の休みを取られていたようです。がっくし_| ̄|○。

e0351590_22205104.jpg

e0351590_22210144.jpg


近くに松風風の和菓子の店がありましたが、買って帰るだけ、これでランチはねぇ・・・。

e0351590_22233480.jpg


ぷらぷらと北側に歩いていくと、ふと和風のイタリアン軽食の店が見つかりました。
もう暑くて死にそう!・・・とにかくはいろうと中へ。イタリアンのパスタとアンティパストのお店「アンリ」ということろでした。とにかくまず飲み物~、とお昼からビールをくーっといただいてしまいました^^。あーおいしい!もちろん、お食事もなかなかおいしかったですよ。梅とたらこ、いか、マヨネーズをうまく使ったパスタはちょと応用したくなりました。

e0351590_22261399.jpg
e0351590_22262826.jpg
e0351590_22264351.jpg
e0351590_22264470.jpg


さて、目的のところに行かねば!・・・それは、和菓子の「哨月(しょうげつ)」です。
ねりきりなどの上品な生菓子を供するお店で、完全予約制で購入することができます。しかも、時間まで指定して予約でなんですよ。

e0351590_22285862.jpg
e0351590_22293027.jpg
e0351590_22291470.jpg



中はこぢんまりとしたスペースで、まさに予約の和菓子を受け渡すだけの広さです。
こちらでみつくろいの4つをお願いしました。宝石箱のようにきれいです^^。これをホテルの部屋に持っていって食べようと思います。

e0351590_22315068.jpg
e0351590_22320168.jpg
e0351590_22320602.jpg


さて、目的も果たし、ホテルに荷物を取りに戻りました。
次のホテルへ移動です。

紹介は次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-10-24 21:00 | ノク京都 | Comments(0)
夏の京都旅「ノク京都」の紹介、次はお部屋です。

予約時に「できれば眺めの良い部屋を」とリクエストしておいたのですが、実は眺めのない部屋に(泣)・・・でもホテル側はわかっていて、「ご要望ありましたが、そちら側は今工事中なもので音がかなりしますので、こちらをご用意させていただきました。」と、客室案内時にすぐにご説明がありました。まあ、チェックインが9時ですし、そういう事情なら、とあっさりと了解しました。
お部屋は2Fの一番奥から1つ手前の217号室です。


e0351590_22475830.jpg


夜の撮影ですので、ライトのみです。
あとからHPで調べたら、たぶんこちらはプレミアラグジュアリールームのアップグレードだったみたいです(^^)。通常20平米台の部屋ですが、こちらは30平米以上あったように思います。

ベッド、ベッドボード、カウチソファなど、ゆったり過ごせるしつらえと、ゆとりのスペース、お手軽な短い滞在時間にしては、結構贅沢になってしまいました^^。ライト遣いもきれいで、和の演出とベッドルームのすっきり感とがうまくマッチしたインテリアとなっていました。ベッドボードは外国人が喜びそうな赤い西陣織風のデザインです。家具が白木や軽いグレーなので、白い壁と相まって、とてもすっきりとした印象です。ベッドボードがまさにアクセントレッドですね。

e0351590_22465416.jpg
e0351590_22470188.jpg
e0351590_22471285.jpg
e0351590_22471231.jpg


バスルームはトイレ、バスタブ&シャワー、ベイシンがオールインワンのタイプです。でもかなりすっきりとまとまっています。
タオルは2種類が2枚ずつ、アメニティはボディタオルや爪やすりなどあり結構充実、ソープ類は大きなボトルタイプです。大きなボトルはちょっと雰囲気は残念ですが、こちらであえて持ち帰りのシャンプー類があっても重くなるだけなので、私は十分かなと。タオルもハンドタオルがないので、やはりビジネスホテル仕様かなと思いました。

e0351590_22473811.jpg
e0351590_22473849.jpg
e0351590_22473804.jpg
e0351590_22474772.jpg
e0351590_22474800.jpg


お部屋が狭めなので、あえてクローゼットを作らず、壁のコーナーのくぼみを使ってハンガーかけが備え付けられています。部屋がすっきりと広く見えると思います。1泊なら私はこれでも十分です。

e0351590_22474808.jpg
e0351590_22493214.jpg



ミニバーにはこちらの個性が出ています。前田珈琲のドリップコーヒーパック、伏見の水など、地元京都の飲み物がコンプリメンタリー、なかなかユニークでした。冷蔵庫はお茶が2本でこちらも無料です。庫内の空いたスペースは持ち込み可能です。

e0351590_22480581.jpg
e0351590_22480671.jpg
e0351590_22481685.jpg
e0351590_22481545.jpg


カウチソファー、パジャマなど、なかなか気のいいたインテリアにアメニティ、とても快適でした。

e0351590_22485032.jpg
e0351590_22490266.jpg




翌朝は朝食を1Fカフェでいただきました。部屋のコーヒーでもあった「ノクカフェー前田珈琲」です。通りから明るい光が差し込み、軽快なカフェです。
朝食は、3種類のパン類と飲み物から選びます(すみません、選択肢の種類を失念しました)。私はクロックムッシュとカフェオレにしました。こじゃれたカフェのひと時を過ごすことができましたよ。

e0351590_22494145.jpg
e0351590_22495532.jpg


以上、ノク京都の紹介でした。

結局いい部屋にUGされてしまったので、このホテルの評価は甘くなっているかもしれません。でも、ベッドはどの部屋も同じですし、カフェも同じですので、短いながら快適な滞在ができたことには違いありません。立地のよさもあり、いい体験をできたかなと思います。

ここを拠点の観光の紹介を次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-10-22 22:00 | ノク京都 | Comments(0)
ようやく夏休みの旅のアップが終わった・・・のですが、晩夏にもう一つ旅をしました。

「夏の京都旅」・・・なんでくそ暑いときに京都へ?はい、わたくしの誕生日でした。そうでなかったら、わざわざ京都に、こんな季節は選ばないでしょう(笑)

京都へは仕事の後向い、夜に到着しました。
翌日も観光を予定していたため、短い滞在で便利で手ごろなホテル・・・でもちょっと初めてのホテルも試したい。うーん、悩みましたが、こんなホテル、こういうときじゃないと選ばないかも、ということで決めたのが「ノク京都」です。シンガポールのロキシーグループのホテルが初めて日本にホテル進出したそうです。シンガポールのセンスだからでしょうか、和をかなりくっきりと前面に出していて、「わかりやすい日本風」のインテリアが目につきました。

京都駅から市営地下鉄烏丸線で丸太町駅から徒歩1分という便利な場所、階段を上がってすぐにわかりました。わかりやすい・・・これ重要です!
京都御所からすぐの場所で、観光にも足場はばっちりです。

エントランスは、ライトがかなりしっかりと照らされていて、意外でした。松や木格子の扉などが迎えてくれます。

e0351590_21595474.jpg
e0351590_21595456.jpg
e0351590_21595535.jpg
e0351590_21595567.jpg


やっぱり明るい時間のエントランスのほうがいいですよね。
NOKUの看板の柱横は、カフェだったんです。こちらで朝食をいただきましたので、後ほど!

e0351590_21590638.jpg
e0351590_21585562.jpg
e0351590_21590742.jpg


中に入ると、こじんまりとしたロビーにチェックインカウンター、エレベータ前には書画がかけられ、生け花がさりげなく飾られていました。くっきり和というだけでなく、なかなかセンス悪くないですね。


e0351590_21592472.jpg
e0351590_21592466.jpg



2Fにあがり、お部屋へ向かいます。


e0351590_21594109.jpg

e0351590_21594038.jpg


さて、お部屋の紹介は次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-10-18 21:00 | ノク京都 | Comments(0)