「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ( 5 )

沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、今回はタラソとその他のパブリックエリアです。

本当は、このホテルの売りである「ウエルネスタラソ」だけで1回紹介したかったのですが・・・なんと写真がほとんどない!(><)。。。私のミスじゃないんです。このホテルは、ウエルネスタラソ内撮影禁止なのです。徹底しているので、おそらくどのブログなどでもアップはないのではないでしょうか。その分、安心してゆったり過ごすことができるのですね。

というわけで、外から見たウエルネスタラソのスパエリアを紹介します。
エントランス前にプログラムの紹介があります。

e0351590_00064339.jpg

この廊下の奥へいくとスパやラウンジ、ロッカールームなどがあります。

e0351590_22282263.jpg

実はみえるところがあります。
それはホテル上階のオープンエアーの廊下からタラソプールが見えるのです。
水流が強いジェットバスが、ジグゾーパズルのような各エリアにあり、水流や形に寄ってさまざまな効果があるプログラムが体験できます。各コーナーを順番にまわることで、エクササイズやマッサージ効果をえることができます。

通常はプールエリアはオープンエアですが、雨や太陽が強い時にはシェードがかけられ、雨や日よけになります。夜も運営され、ライティングがきれいです。強い雨風の時は中止になるようですね。

とにかく水流が半端なく強い!ですので、ビキニの水着は脱げてしまう可能性が高いためNGです。ワンピース型か、ラッシュガードの貸し出しを借りることになります。

e0351590_00061672.jpg
e0351590_00055101.jpg
e0351590_00084516.jpg

しっかりした写真はHPで紹介のこちらをご覧ください。
そのほか、くつろげるタラソカフェ、スパエステプログラムの施術室、サウナ、ジムなどがあり、ウエルネスプログラムをたっぷり楽しむことができます。

スパの前には、パブリックプールがあります。こちらは通常の泳ぐタイプですね。ヤシの木、素敵なデッキチェアにパラソルもあり、リゾート感たっぷりですよ。横にプールバーもあります。

e0351590_00065466.jpg
e0351590_00070649.jpg
e0351590_00072348.jpg

さて、このホテルを出て散策・・・となると、隣のブセナテラスですね。以前、アッターテラスに泊まった時にも一度ブセナテラスは利用しました。今回はもっと外のエリアも見てみたくて、敷地内をたっぷりと散策しました。

テラスクラブとブセナテラスは徒歩で10分ぐらいの距離です。敷地内にはシャトルバスが出ていますが、午後2時以降しか運航していません。日本人は1泊の人が多いので、11時のチェックアウト後から14時のチェックインまでは空白時間なのです。ホテルにカートをおねがいすれば向かってくれますが、せっかくなのでのんびり散策です。

e0351590_22300935.jpg

バニヤンビレッジと呼ばれるレストランやショップのあるエリアあります。
コンビニやクラフトハウス、テラススタイルフォーリビング、などおしゃれなお店がならび、結構見て回るだけでも楽しめます。ただ、先ほどもお話ししたように12時台はショップがクローズしていました。下記の店内の写真は、散策の最後に寄った時のものです。

e0351590_22295344.jpg
e0351590_22300524.jpg
e0351590_22302462.jpg
e0351590_22302444.jpg
e0351590_22304000.jpg
e0351590_22391145.jpg


公園を左に見ながら歩くと、ブセナテラスが見えてきました。
館内はさくっとプール横を散策して、「南風」でランチを食べて、ショップを覗きました。

e0351590_22353261.jpg
e0351590_22353274.jpg
e0351590_22380850.jpg
e0351590_22380825.jpg


ライブラリーのスペースは優雅な空間ですね。テラスクラブより、こういう空間はラグジュアリー感があります。

e0351590_22381541.jpg
e0351590_22381593.jpg

さて、海岸側の遊歩道を歩いて見ました。ホテル棟を右手に見ながら、ブセナ岬に向かいました。

e0351590_22383089.jpg
e0351590_22383060.jpg
e0351590_22383661.jpg

マリンハウスや海中展望塔まで見ってみました。ちょっと覗いただけで、実際に塔にははいりませんでしたが。ちょっと雲行きがあやしく、天気が今一つになってきました。

e0351590_23275450.jpg
e0351590_23294728.jpg

その横が実は、もう一つのホテルといってもよい「クラブコテージ」エリアなのですが、宿泊者以外はいることができません。そのエリアを横切って、着いたのは「万国津梁館」です。2000年の沖縄サミットを開催した場所ですよ。

e0351590_22385089.jpg


建物内を見学できるので、入ってみました。
沖縄風の建物ながら、VIPをもてなす設備や空間づくりがなされており、中に当時の写真などが飾られていました。すいていたこともあり、沖縄の風を感じながら、ちょっと異空間な雰囲気を楽しみました。

e0351590_22385142.jpg
e0351590_22385194.jpg
e0351590_22390069.jpg
e0351590_22390068.jpg
e0351590_22390097.jpg
e0351590_23340079.jpg
e0351590_22390063.jpg
e0351590_22390677.jpg
e0351590_22390771.jpg


散策終了!テラスクラブのラウンジに戻ってきて、冷たいジュースを海風に吹かれて一息です^^。

e0351590_22392483.jpg

以上、タラソとパブリックスペースの紹介でした。

チェックアウト後の写真が全部飛んでしまったので、簡単に文章のみで紹介です。

2連泊してチェックアウトし、利用したのはテラスホテルズの無料シャトルバスです。系列のホテルを回ってくれます。ブセナテラス、テラスクラブ、アッターテラス、ナハテラスの4つです。これを使って、帰りの観光をうまく組み込みました。

ナハテラスで降り、荷物を預かっていただき、那覇エリアを散策しました。ナハテラスから一番近い沖縄そばのお店に向かったら、なんとその日は休業日!残念・・・あきらめて、国際通りのあるエリアに行きました。牧氏公設市場にある「田舎」というところでソーキそばをいただきました。ホテルのものより素朴に沖縄そばを楽しめましたよ(だって390円!)。そのあとやちむん通りで大好きな焼き物を見てまわりました。やちむん博物館もお休みでしたねぇ。国際通りではアクセサリーやTシャツなど少し買って、雪塩ソフトクリーム食べて、満足な那覇散策でした。暑くてかなり疲れてしまったので、帰りはホテルから空港までタクシーにしてしまいました。

楽しいリゾートと市内散策、グルメと楽しい沖縄滞在となりました。
お付き合いいただきましてありがとうございました。

おまけ


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-07 18:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、クラブラウンジつながりで、先にレストラン&朝食のほうから行きます。本当は、うりのアレがあるんですが、次回に^^。

このホテルのレストランは1か所、正確に言うと、ラウンジ&バーとレストランがあり、双方が同じ建物&フロアでつながった形になっています。このホテルの特徴として、「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の宿泊者のみりようできるというところです。物見胡散でレストランだけ利用する方が入ることができません。スパのほうはテラスホテルズに宿泊の方のみ利用できます。そんなわけで、泊まらないと体験できないのがエクスクルッシブ感抜群、というわけです。

まずは朝食です。

シマキュイーズ、ウエルネスメニューを売りとしたヘルシーなものです。
ジューススクィーザーでしぼりたてジュースや新鮮な野菜たちに、思わずときめいてしまいました。グルテンフリーや、オイルもオリーブオイルのみ、米粉のパンもおいしく、お水もこだわりです。ヘルシー、といいながら、結局食べすぎましたね~(笑)。もちろん、ハーブティなどでデトックスもばっちりです。

このスクィーズするジューサーはびっくり!自分でオレンジをポンと放り込むと、皮をむいてくれてしぼりだしてジュースをその場で作るんです。Zumex(スーメックス)という機械で、見ていても面白いですよ。
e0351590_21221626.jpg


お水にフルーツスライスをいれて、フレーバーをつけています。お水の種類が何種類かありましたよ。
e0351590_21221647.jpg



パンは野菜が練り込まれた米粉パン場中心です。普通の白いパンもありますが、胚芽や黒パンもおかれ、はちみつやジャムも自然派ヘルシーです。
e0351590_21232750.jpg
e0351590_21222628.jpg



野菜たっぷりなので、サラダはつい大盛になってしまいました。ジュースも果物も豊富です。
e0351590_21223938.jpg
e0351590_21223908.jpg
e0351590_21222670.jpg
e0351590_21225397.jpg


野菜を自分で切っていれるなんて、素敵な趣向ですね。楽しい演出も忘れていませんよ。

e0351590_21223986.jpg




朝食のオーダーメニューはこちらです。卵料理が別オーダーで、エッグホワイトオムレツをいただきましたよ。ケチャップではなく、コンソメ系でつくったさらりとしたヘルシーソースがおいしかったです。作り立てが楽しめますね。ドリンクはコーヒー、紅茶以外にも、オリジナルハーブティのバラエティが選べます。

e0351590_21233311.jpg
e0351590_21225489.jpg
e0351590_21225392.jpg
e0351590_21232668.jpg


麺も自分でスープを入れるものがありました。アジアンリゾートですね、まさに!

e0351590_21232712.jpg
e0351590_21232729.jpg
e0351590_21222659.jpg



夜のレストランです。バーカウンター側です。

e0351590_21203461.jpg


席に着いて、ビールをぐいっと!

e0351590_21204148.jpg
e0351590_21205905.jpg


ファインダイニングでは、アラカルトで利用しました。シマキュイーズとヘルシーと2つに分けてメニューがラインナップされています。以下は2回利用のメニューが混じっています。スマホの設定が悪く、ピンボケばかりで申し訳ありません。

チキンのそば粉のクレープロール
e0351590_21205969.jpg


アグー豚のグリル ミヌダル風ソース

e0351590_21205998.jpg
e0351590_21211470.jpg


ごぼうのスープ

e0351590_21213567.jpg

ヘルシーなパン
e0351590_21214012.jpg


ミーバイの蒸し焼き 島葱をジェノベーゼ風に見立てて
e0351590_21214980.jpg


バーではカクテルもいただきました。
おつまみに海ブドウです。

e0351590_21220201.jpg
e0351590_21220257.jpg

さらに、隣のブセナテラスの和食をランチに利用しました。
沖縄にきたら、やっぱり沖縄そばですよね。ラフテーも食べたかったので、取りあえず寄っていただきました。ジューシーもいっしょのセットです。本当は街中の素朴なところがいいのですが、出かけるのがめんどうになってしまって^^。おしゃれな空間でいただく沖縄そばも悪くないですよ。


e0351590_21240168.jpg
e0351590_21241050.jpg


以上、レストランと朝食など食事の紹介でした。

次回は、ウエルネスタラソやパブリックスペース、そしてお散歩です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-06 18:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、今回はクラブラウンジです。

こちらは、1Fのラウンジ&バーのスペースを利用して、コンプリメンタリーのデザートやカクテルアワーを提供しているものです。宿泊者全員が対象で、全体がクラブレベルのホスピタリティが受けられます。

こちらのバー&ラウンジです。外の席にもつくことができますが、人気でなかなか座ることができませんでした。
e0351590_21113980.jpg
e0351590_21115599.jpg

アフタヌーンティタイムとして、ケーキ、サンドウィッチ、クッキー、コーヒー、ティー、ソフトドリンクが提供されます。(15:00-17:00だったと思いますが、記録がみつからず・・・。HPには載っていないので、今もやっているのでしょうか?)

e0351590_21122448.jpg
e0351590_21122420.jpg


カクテルアワーは17:00-19:00です。ワイン、シャンパーニュを中心に、カナッペやその場でスライスする生ハム、チーズなど、種類は多くありませんが、良質なものが供されます。やっぱり泡が一番人気ですね^^。カクテルアワーとしてふさわしいレベル、がつがつしない雰囲気、いい感じに利用できました(苦笑)。。。

e0351590_21184385.jpg
e0351590_21184305.jpg
e0351590_21184394.jpg
e0351590_21165399.jpg
e0351590_21165377.jpg
e0351590_21165313.jpg


アウトサイドのソファはやはり、一番リゾート感を感じるスペースです。カクテルアワーは夕暮れから夜の帳が美しく広がりました。
e0351590_21184393.jpg
e0351590_21191611.jpg
e0351590_21185858.jpg
e0351590_21185872.jpg

次は、朝食や夕食で利用した、レストラン&バーの紹介です。

次は、朝食、夕食などレストランの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-04 21:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」の紹介、次は客室です。

鍵はかわいらしいイルカのキーホールダーで、リゾート感たっぷりです。
e0351590_21130176.jpg

客室は9Fの「クラブデラックスオーシャン」です。
眺めフェチのPockie思いっきりハマりのお部屋にしていただけました。最上階9Fでかつ角部屋です。角部屋のみ、2面に窓があります。小さな窓ですが、これの効果がすごいのです。オーシャンフロントの眺めは抜群の開放感です。

e0351590_23321057.jpg
e0351590_23320235.jpg
e0351590_23313985.jpg


バルコニーから眺めだけの写真はこちらです。雲がかなり多い天気ですが、それでも海の色も美しく、とても気持ちの良いビューが楽しめます。

e0351590_23283535.jpg
e0351590_23285937.jpg


さて、お部屋の中に戻ります。
ハリウッドタイプのツインベッドに、ゆったりとしたソファとテーブルが配されたジュニアスィートタイプのお部屋です。白を基調としたリネン類や壁などが、清潔感とさわやかな明るさを感じさせます。54平米ありますが、白なのでさらに広さも感じさせるのですよね。ナチュラルな木目とマッチして落ち着いたシンプルなデザインです。色数を抑えたのがポイントですね。

e0351590_23163613.jpg
e0351590_23163624.jpg
e0351590_21125434.jpg


ベッドと壁の間に、アイランドタイプのデスクとハイチェアーがあり、ちょっとバーカウンター風でもあります。ここに万華鏡があるというオツな演出です。万華鏡の中を写真でとってみましたが、イマイチ雰囲気がわからないですね^^。

e0351590_23300075.jpg
e0351590_23314882.jpg
e0351590_23314889.jpg


テレビは壁に据え付けの液晶スクリーンです。この横に窓があります。ランプ、お花などすっきりとしたデザインのインテリアがいいですね。

e0351590_23313998.jpg
ミニバーエリアにはコーヒーメーカー、スナックや水類、充実の冷蔵庫の中です。お水の種類が多いのは、ウエルネスリゾートらいしいですね。部瀬名という名前の泡盛もはいっていて、沖縄らしさを感じます。ペットボトルのお水は、もちろんコンプリメンタリーでもはいっていますよ。

e0351590_23302988.jpg
e0351590_23310785.jpg
e0351590_23305281.jpg
e0351590_23305294.jpg
e0351590_23314816.jpg


クローゼットもゆったり、リゾートですからバスローブは必須ですね。それ以外にパジャマとしても使えるリラックスウエア、フード付きのビーチガウンなど、リゾートのアメニティが充実しています。ウエア、タオル類がすべて白で統一されています。ビーチサンダルは男女別サイズが用意されており、うちわもリゾート仕様です。

e0351590_23304599.jpg
e0351590_23311501.jpg
e0351590_23311506.jpg
e0351590_23320249.jpg
e0351590_21123971.jpg


ベッドにはこんなターンダウンの黒糖飴と翌日の天気や日の出、満潮干潮などを紹介した札が置かれます。リゾートですね~。

e0351590_21162658.jpg

水回りは、ベッド横から外が見えるバスタブとダブルベイシン、シャワーブース、個室のトイレという充実ぶりです。テラスクラブのバスアメニティで統一されており、売りのタラソテラピーのものが備えらえています。バスソルトも香りの良いものです。ウエルネスリゾートですから、体重計も部屋にありますよ。タニタの体脂肪などが測れるものです。

e0351590_23300091.jpg

e0351590_23302900.jpg
e0351590_23300013.jpg
e0351590_21175455.jpg
e0351590_21175404.jpg
e0351590_23300940.jpg
e0351590_23300997.jpg
e0351590_23320215.jpg
e0351590_23300900.jpg


外に出ると、バルコニーには、デイベッドとテーブル&チェアの両方があります。ここでのんびりするのもいいですよ。眺めの良い部屋の特権でしょう。

e0351590_23312469.jpg
e0351590_23313056.jpg

次は、クラブラウンジの紹介です。

実は、この部屋にアサインされるにあたり、ちょっと裏話が。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2016-08-02 21:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)
沖縄・・・行ってきました!GW後の少しすいたタイミングで、さくっと行ってみました。

羽田からのフライトで那覇空港に到着しました。この花たちを見ると、ああ沖縄に来た~って感動にひたれますね^^。

e0351590_00080826.jpg


空港からはかなり不便な場所です。レンタカーは借りず、リムジンバスを利用しました。ブセナまで約80分ほどです。リムジンは何系統かあり、西海岸北方面にいくDエリアルートに乗ります。かりゆし、マリオット、リッツカールトンなどに泊まるルートです。

梅雨入り前、天気はなかなかよさげですよ~。

e0351590_00082680.jpg
e0351590_00082634.jpg


リムジンバスは「ザ・ブセナテラス」のほうに到着します。私の宿泊するホテルば「ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ」・・・そう、「ザ・ブセナテラス」の敷地つづき場所にあるのです。まずはブセナテラスのロビーでもてなしを受けました。前回はアッターテラスから訪問しましたが、リゾート雰囲気が抜群のオープンエアーのロビーは健在です。

e0351590_00123547.jpg
e0351590_00083154.jpg
e0351590_00085105.jpg
e0351590_00093402.jpg
e0351590_00093405.jpg


歩けるとはいえ、荷物もあり少し離れているため、バギーでテラスクラブのエントランスまで送迎いただきました。リゾート内をバギーで送ってもらうと、海外のリゾート気分ですね。

e0351590_00130482.jpg


テラスクラブに到着しました。エントランスは小ぢんまり、ゆったりしたリゾートの空気が感じられます。冷たい飲み物とおしぼりで到着を迎えていただきました。

e0351590_00103849.jpg
e0351590_00103932.jpg
e0351590_00104442.jpg


ホテルの外観は、バルコニーに花が咲いて居たり、白亜の建物がリゾートホテルを感じさせます。でも、外からは本当の魅力は感じにくいかもしれません。
その魅力は・・・これからじっくり紹介しましょう^^。

e0351590_00111473.jpg
e0351590_00122842.jpg


廊下はオープンエアーで、光使いなどなかなかおしゃれです。この色遣い、光使いはテラスホテルズ共通の上質感あるイメージだと思います。

e0351590_00112596.jpg
e0351590_00112520.jpg


エレベータで上がると、こんな眺めもあります。

e0351590_23324855.jpg
e0351590_00114058.jpg
e0351590_23251006.jpg



というわけで、お部屋に向かいます。

お部屋の紹介は次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-07-31 18:00 | ザ・テラクスラブ・アット・ブセナ | Comments(0)