Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:せかいえ( 3 )

伊豆山温泉「せかいえ」の紹介、お夕飯です。

食事は基本的にすべて食事処になります。(スィートは部屋食があったかもしれません・・・失念^^)

e0351590_00320968.jpg


本日の夕食メニューです。

e0351590_23311403.jpg


おしゃれそうなメニューなので、とりあえずシャンパンでスタートしてみちゃいます^^。

e0351590_00323486.jpg



いきなり焼き物が出てきました。
雲子とギンダラの炭火焼です。株豆乳味噌チーズをつけるという、いきなりがつーんなメニューでびっくり!こちらが先付なんです。チーズにシャンパンがあいますよ~。

e0351590_00323400.jpg


e0351590_00325390.jpg
e0351590_00325320.jpg



さて、椀の物です。
ホタテ真薯に紅葉の京人参、三つ葉、菊花びらなどで椀らしいあしらいできれいです。だしもしっかりとっていますね。カツオ出汁です。

e0351590_00325358.jpg
e0351590_00331447.jpg


お造りは、きれいに盛り付けられてきました。
アオリイカ、北寄貝、かわはぎの肝ポン酢・・・お醤油はジュレです。なかなかおいしいです。カワハギがいいですね。

e0351590_00332240.jpg
e0351590_00332214.jpg



八寸のことを、組肴とよばれる盛り合わせで出してきました。
二人分を真ん中に盛って、取り皿でいただくスタイルです。春巻き、白和え舞茸、あちゃらエビ、小松菜浸し、鴨の大和煮などなど・・・。ここで、ゆっくりお酒を飲んでください。。。なしつらえですね。

e0351590_00341286.jpg
e0351590_00341261.jpg
e0351590_00342990.jpg


強肴は、黒毛和牛の朴葉味噌焼きです。
朴葉の香りでしっかりとお肉のうまみを引き出します。飛騨牛の朴葉やきを思い出しました。良い脂は味噌でしっとりとまとまります。

e0351590_00344606.jpg
e0351590_00344697.jpg
e0351590_00344657.jpg


最後にお食事は松茸と栗のご飯です。味噌汁と香の物ももちろん添えて。
うーん、秋の味覚をてんこ盛り・・・まつたけとくりはいっしょじゃないでしょう~、と思ってしまいました。それぞれの良さを消してしまっているように思うのです。別々に食べたかったなあ。

e0351590_00345564.jpg
e0351590_00345593.jpg



水菓子は、かぼちゃのムースと洋ナシのシャーベットです。なかなかおいしかったです。
横に出た、和菓子風の巨峰の求肥巻きは私の好みではなかったかな。

e0351590_00351502.jpg



ディナー後の玄関回り・・・・

e0351590_00352406.jpg



翌朝・・・朝食のお時間です。

同じ食事処ですが、朝食は窓側が二人で窓を向いたセッティングが特徴です。
この海の眺めですもの、海見て下さ~い、なんですね。

e0351590_00355499.jpg
e0351590_00355492.jpg



まずはオレンジジュースで朝の一杯。
すっきりといただきます。


e0351590_00355416.jpg


サラダです。
新鮮な野菜をまずたっぷり食べてください・・・と食事前の前菜なんです。サラダ好きの私は牛馬のように葉っぱ物をむしゃむしゃ(笑)・・・ドレッシングもおいしいし、なんとしゃぶしゃぶまでできるだしを出してくる。この不意を突かれた食べ方、とてもおいしいです!

e0351590_00355425.jpg
e0351590_00361595.jpg
e0351590_00361569.jpg


さて、朝食のセッテイングが並びました。和食です。
普通においしくいただきました。干物はジューシーでよかったですよ。

e0351590_00361643.jpg
e0351590_00361635.jpg
e0351590_00362496.jpg


しめはハーブティーをいただきました。
フルーツのデザートとともに。

e0351590_00363922.jpg
e0351590_23541599.jpg


朝はゆったりで、9時からいただいたのですが、それより遅い時間の朝食の人がかなりいました。そういうくつろぎのお宿なのですね。

食後の屋上は絶景なお天気でした。この宿の「絶品メニュー」のひとつですね^^。

e0351590_23542354.jpg

「せかいえ」の紹介でした。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-12-27 18:00 | せかいえ | Comments(0)
熱海伊豆山温泉「せかいえ」の紹介、お風呂などパブリックスペースです。

大浴場は下のフロアにあります(ロビーが4Fでお風呂は1F)。部屋にすべて露天風呂があることもあり、小ぶりですね。

e0351590_22194919.jpg
e0351590_22194976.jpg


衣所です。タオルはたっぷり用意されているので持っていく必要がなく、基礎化粧品もあります。
e0351590_22200025.jpg
e0351590_22200046.jpg
e0351590_22200013.jpg
e0351590_22201182.jpg
e0351590_22201606.jpg


湯船は割に小ぶりで、トーンを落としたお風呂の雰囲気です。

e0351590_22201125.jpg
e0351590_22201161.jpg


屋上は5F,この宿のメーンイベントなるビューを楽しむことができる展望デッキです。到着日は雨でちょっと今一つ。。。

e0351590_22210453.jpg
e0351590_22211213.jpg

翌朝の朝食後、晴れた時に行くと・・・これはすごいですわ。売りなわけです。ここでドリンクをオーダーしてバーにすることもできます。それにしても、これは冬は寒いし、夏は直射日光が大変そう!・・・よい季節以外は結構きつかもしれませんね。

e0351590_22213050.jpg
e0351590_22213033.jpg
e0351590_22213026.jpg
e0351590_22213003.jpg
e0351590_22213006.jpg

次回は、お食事の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-12-23 18:00 | せかいえ | Comments(2)
湯河原から移動して向かったのは熱海です。
熱海の奥伊豆山温泉にある「せかいえ」に行きました。山の上のほうにある眺めの良い高台のお宿です。熱海のふふや海峯楼などを経営するカトープレジャーグループなる会社の経営するお宿です。今年4月にオープン、ちょうど一休でググって空いている宿の中からポチってみました。

エントランスから、見事なセッティングです。窓からの眺めにわお~。天気があまりよくなかったのにこれですから、翌日はもうすごかったです。

e0351590_22101726.jpg
e0351590_22193811.jpg
e0351590_22193867.jpg


お部屋に案内されます。
廊下のライティングが、ムードを高めるセッティングですね。

e0351590_22195800.jpg
e0351590_22232092.jpg

スタンダードルームが30平米台なので、高級旅館としてはちょっと小ぶりですね。どうやら以前企業の保養所だったところを使って改装した模様で、部屋の広さまで変えるのはなかなかつらいですからね。

入ってすぐがトイレです。

e0351590_22234221.jpg

トイレの横から入ると、ベッドがどーんと2つ占拠していて、周りは目いっぱいのスペースです。
ただ、ベッドを思いっきり壁側に寄せることにより、窓側にゆったりめのソファースペースを確保しました。デスクも窓側を向いていて明るいです。

ベッドリネンの質感などはまずまずといったところでしょうか。ピローメニューで低反発の物を後から借りました。これはうれしいですね。

e0351590_22205293.jpg
e0351590_22205228.jpg
e0351590_22205246.jpg
e0351590_22205276.jpg
e0351590_22205211.jpg


なんといっても、バルコニーがすばらしい!露天風呂とソファがあり、余すことなくこの景色を堪能できるスペースです。これはなんといってもこの宿の財産な造りですよ。お風呂の広さも意外にゆとりがありました。露天は源泉が滔々とながれ、前はスクリーンもあって、目隠ししたい方は下ろせるようになっていますので、ご安心を。極楽極楽^^。

e0351590_22211489.jpg
e0351590_22211563.jpg
e0351590_22223205.jpg
e0351590_22223246.jpg
e0351590_22223280.jpg


この露天風呂に出るところがベイシンとシャワースペースになっています。水回りがこれで明るさを保っています。ダブルベイシンですから、ゆとりがあって使いやすいです。アメニティもタオルもおしゃれに充実ですね。


e0351590_22225251.jpg
e0351590_22214096.jpg
e0351590_22214097.jpg
e0351590_22211412.jpg
e0351590_22211468.jpg
e0351590_22225341.jpg
e0351590_22225305.jpg

最近の旅館お約束の、カプセル式のコーヒーメーカーがちゃんとあります。ポットもおしゃれですわ。

e0351590_22214033.jpg
e0351590_22214026.jpg


グラスやカトラリー、ミニバーもしっかりと充実感とデコレーション性も重要視していますね。冷蔵庫の飲み物はインクルーシブです。いっぱいありすぎて、飲みきれなかった(笑)


e0351590_22225375.jpg
e0351590_22225330.jpg


クローゼットはベッドの前で、前を通るのが狭い(笑)。
浴衣に作務衣、パジャマが用意されています。デザインまでオリジナルのようで凝っていますね。最近はお宿でも、寝巻は浴衣でなくパジャマもお約束になりつつあります。

e0351590_22233283.jpg
e0351590_22232042.jpg
e0351590_22233282.jpg
e0351590_22233278.jpg
e0351590_22233264.jpg
e0351590_22233208.jpg


大浴場などへ行くときには、このすだれデザインのミニバッグを利用できます。通常の旅館のポーチ布かビニールの袋とは一線を画したデザインです。お持ち帰り可能です。

e0351590_22232012.jpg
e0351590_22232036.jpg


さて、次はパブリックスペースの紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-12-21 21:00 | せかいえ | Comments(0)