「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:湯西川温泉 本家伴久( 4 )

湯西川温泉「本件伴久」の紹介、お食事です。

夕食は、向かい側の「平家隠れ館」でのお食事になります。かづら橋を渡って会場に行くのがエンターテイメントのひとつになっています。今年橋をリニューアルしたそうですが、かなりレトロな感じでしたから、どんだけ危ないほど傷んでいたのかしらww

e0351590_16560454.jpg
e0351590_16561503.jpg
e0351590_16561598.jpg

建物のエントランスから会場への案内も、赤じゅうたんとランプの演出でドラマチックに^^

e0351590_16562363.jpg
e0351590_16562348.jpg
e0351590_16562395.jpg

夕食会場は、個室の囲炉裏の間です。露天風呂付きの客室は個室になるようです。まだ光があって外の緑がきれいに見えます。囲炉裏を椅子とテーブルに仕立てているので足が楽でいいですね。


e0351590_16563595.jpg
e0351590_16563525.jpg
e0351590_16564479.jpg
e0351590_16572039.jpg

お食事は名物の囲炉裏料理でてんこ盛り、たっぷりに!まあ写真でご覧いただきましょう。最初にセッティングされているものから3~4回に分けて追加のものが出されて行きます。たぶん普通の部屋より品数が多くなっているのだと思いますが、正直かなり多かったですね。

お品書きも、平家の宿風にちょと凝ったデザインです。

e0351590_17565034.jpg

へらについたのは「一升へら」といって山椒と野鳥を味噌に練り込んだものを囲炉裏でやいています。一升のお酒が飲めてしまうほどのアテということだそうで。

蕎麦米雑炊や、イワナの刺身&串焼き、八汐マスの焼き物など、山の恵みをイメージした品々がたっぷり出てきます。いや~、たっぷり食べきれませんでした^^
e0351590_16563500.jpg
e0351590_16563648.jpg
e0351590_16563626.jpg
e0351590_16563696.jpg
e0351590_16565656.jpg
e0351590_16565670.jpg
e0351590_16565793.jpg
e0351590_16565787.jpg
e0351590_16570811.jpg
e0351590_16570880.jpg
e0351590_16570819.jpg
e0351590_16571374.jpg

翌朝の朝食は、本館の食事処でビュッフェ形式になります。
山菜の自然食ビュッフェで、岸朝子さん著「極上のおいしい朝ごはん」の表紙の朝食を飾った宿だそうですよ。正直夜の感じからそれほど期待していなかったのですが、思わずけっこうおいしいわ^^・・・たっぷり食べてしまいました。無理に和洋両方にせず、和食の食べてほしいものだけを並べているので、ほとんどのメニューを取ってくることなりました。川沿いのお席でなかなか雰囲気もよかったですよ。

e0351590_16573847.jpg
e0351590_16573726.jpg
e0351590_16573748.jpg
e0351590_16573720.jpg

コーヒーはロビーでいただけます。
コーヒー券で一人一杯(券がない方は400円ほどかかります)・・・・ちゃんとドリップで落としていれたおいしいコーヒーでした。

e0351590_16573831.jpg

以上、「本家 伴久」の紹介でした。




More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-24 21:00 | 湯西川温泉 本家伴久 | Comments(0)
湯西川温泉「本件伴久」の紹介、間が空きましたがパブリックのお風呂です。

こちらは男女別の大浴場と露天風呂があり、男女の交代はありません。

階段を降りてB1の右側に大浴場エリアがあります。
e0351590_00162219.jpg
e0351590_16513341.jpg


更衣室は段差のあるユニークなスタイルで、脱衣かごがたくさんあるエリアと、椅子やベイシンのあるエリアを振り分けています。宿規模からすると、脱衣所がやや狭いですね。

e0351590_00162202.jpg
e0351590_00164025.jpg
e0351590_00164011.jpg

お風呂は柱が多いのか、とても複雑な形になっています。内湯は四角形をしていますが、洗い場スペースが3つ4つのコーナーに分かれているのです。全体を見渡すことができません。狭いところに工夫して作ったからでしょうかね。お湯は源泉かけ流しです。細切れ&眺めがないので、窮屈感が否めませんね。

e0351590_00172790.jpg
e0351590_00172701.jpg
e0351590_00172791.jpg
e0351590_00172715.jpg
e0351590_00172733.jpg

階段を降りると川沿いに露天風呂があります。こちらも目隠しがあるので、眺めは湯につかったときの目線に少しです。向こう岸から丸見えも困りますから、なんとか工夫して作った感じですね。ちなみに男性のほうは開放的に川がよく見えるそうですが、向かい側からも良く見えるそうで^^。

e0351590_00164086.jpg
e0351590_00172752.jpg
e0351590_00172758.jpg
e0351590_00172799.jpg
e0351590_00181415.jpg
次は食事の紹介です。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-21 21:00 | 湯西川温泉 本家伴久 | Comments(0)
湯西川温泉「本家 伴久」の宿泊、お部屋の紹介です。

お部屋にお風呂がついているものを選びました。
本館2階、「国時」という半露天風呂付き特別室です。
玄関からして立派、中に入ると玄関回りにとても広いスペースがあります。

e0351590_23561948.jpg
e0351590_23534528.jpg
e0351590_23544689.jpg
e0351590_23541322.jpg
e0351590_23542018.jpg

メインのお部屋は12畳に床の間、小上がりの書斎スペースまであります。天井がとても高くてさらに広く見えます。川沿いでとても明るいお部屋、小窓の形もユニークです。

e0351590_23552347.jpg
e0351590_23552346.jpg
e0351590_23545685.jpg
e0351590_23560076.jpg

部屋の眺めは抜群です。
深山渓谷とかずら橋が目の前です。眺めの良い部屋を、とリクエストをいれておきましたので、叶えていただいたのかもしれません。

e0351590_23561867.jpg

浴衣とタオルは1枚ずつでちょっと残念。
特別室と銘打つなら、2枚ずつほしいものです。

e0351590_23563062.jpg
e0351590_23563043.jpg

となりに小ぶりな談話室(リビングスペース)があります。椅子とソファ、照明がちょっとモダンなデザインです。椅子の座り心地はデザイン優先と思われ、もうちょっとかな^^。

e0351590_23564277.jpg
e0351590_23552316.jpg

その隣にもう一つ8畳の和室+土間があります。改装前は別の部屋だったのでしょうね。ここに布団をひいていただき、寝室としました。ユニークな木の柱があるのですが、部屋が暗いので、ちょっとわかりづらいでしょうか。大きなマッサージチェアがありましたが、利用しませんでした。

e0351590_23570181.jpg
e0351590_23570136.jpg

こちらが半露天のお風呂です。
かけ流しのお湯の贅沢ですね。

e0351590_23585438.jpg
e0351590_23585412.jpg

水回りはまずまず、部屋がやたら大きい割に、それほど広くはないです。トイレ横とお風呂横に2つ洗面所があり、これはもと二部屋だったところを改装でつないだ名残でしょうね。

e0351590_23585482.jpg
e0351590_23590935.jpg
e0351590_00070587.jpg
e0351590_23590947.jpg

とにかく3部屋もあって広い!3世代など大勢で泊まるのに向いている部屋かもしれませんね。うちはこんなに広くなくてよかったんですが、部屋にはいれるお風呂が魅力でとっただけですね。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-17 21:00 | 湯西川温泉 本家伴久 | Comments(0)
優雅なホテルの後に思いっきり趣変わりますが、温泉の紹介です。直前に予約を取って湯西川温泉に行きました。以前日帰りで寄ってお湯も良く面白かったので、泊まってみようということになりました。鬼怒川&川治温泉のさらに先のほうなので、高速道路からも遠いしかなりの距離です。

途中道の駅に立ち寄りました。足湯にたくさんの人がはいっていますね。
でもトイレ休憩だけで、すぐに宿に向かいましたよ。

e0351590_23215838.jpg
e0351590_23220428.jpg

お宿に到着です。
温泉街の真ん中あたりにあります。
昔ながらの建物にほっとする感じがありますね。

e0351590_23224420.jpg
e0351590_23222787.jpg
e0351590_23232344.jpg

玄関をはいると、提灯や古い梁、板の間、囲炉裏など昔のニッポンを感じるお宿です。

e0351590_23234553.jpg
e0351590_23235932.jpg
e0351590_23254066.jpg


お部屋への案内には、このどらを鳴らして歓迎してくださいます。

e0351590_23322281.jpg

ロビーエリアは、平家にまつわる提灯や飾りがあります。
到着時にはセルフでお茶やお菓子がいただけるようにセッティングしてあります。
ちなみに名前がずらっと掲示されているのは部屋の名前です。平家の名前をつけているんですね。

e0351590_23322150.jpg
e0351590_23322261.jpg
e0351590_23255024.jpg
e0351590_23255884.jpg
e0351590_23261128.jpg

お部屋は2Fです。階段をあがると吹き抜けがあり、ライブラリースペースもありました。たくさんのお雛様を飾ったお部屋もあり、外国人のお客様には人気のようですよ。

e0351590_23323307.jpg
e0351590_23323341.jpg

e0351590_23322262.jpg
さて、お部屋の紹介の前に・・・


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-15 21:00 | 湯西川温泉 本家伴久 | Comments(0)