Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

カテゴリ:アマン東京( 2 )

「アマン東京」の紹介、本番はレストランでのランチです。

ホテルのロビーフロアにメインダイニングの「ザ・レストランbyアマン」はあります。まさに名前そのものですね。

レストラン内の写真を撮ってくるのを忘れてしまったのですが、席はけっこうゆったりとした配置です。私たちは窓側のお席をいただくことができました。窓からの眺めは広がる皇居とビルたちです。工事中のクレーンが見えてちょっといまひとつ・・・こればっかりはねぇ。

ランチコースをいただきました。
6500円++で4品+デザート&飲み物です。
アマンのすごい宿泊費レベルを考えると、リーズナブルな気がしますね。

e0351590_23155008.jpg
e0351590_23161877.jpg
シャンパンで乾杯後、ゆったりと一品ずついただきました。
べたに写真で行きます^^。


初鰹のタタキ
国産茸の土佐酢風マリネと京都産 茄子 生姜のドレッシング

前菜の1品目はカツオのタタキ、野菜の甘さを生かした一品です。茄子と茄子を使ったドレッシングがおいしかったです。

e0351590_23161854.jpg
e0351590_23161851.jpg
e0351590_23161991.jpg

パン類はイタリアンですね。
出されたバターが無塩バターを発酵させてホイップしたものという凝ったものでした。あと、塩とオリーブオイルです。(バター類は上の写真の真ん中あたりにあります)

e0351590_23161959.jpg


パルマ産生ハムとパン粉を纏った北海道ホタテ貝のポワレ
北海道産白アスパラガスのブルーテ マダガスカル産バニラの香り

前菜の二品目、ホタテの甘味とさくっとしたパン粉の食感がいいですね。アスパラガスのソースはおいしかったですが、そのままも食べたかった!ソースにはいった黒い粒がバニラビーンズで、ほんのりバニラの香りがお皿に広がり、でも味には表れないところがニクいです。

e0351590_23164178.jpg
e0351590_23164190.jpg
e0351590_23164130.jpg

ここでいただいた赤ワインを。
小布施ワイナリーのドメーヌ・ソガです♪
時間がたつといい味わいが広がり、おいしかったです。友人のセレクションで^^。

e0351590_23165565.jpg

伊佐木の グリル
磯の香る焼きリゾットと国産赤パプリカのピペラード ナスタチウムを添えて

メインの最初はおさかなです。イサキの皮目の香ばしさと身の柔らかがいいですね。添えられているのはトマトと思い木は、パプリカです。パプリカの甘さとけっこうあいますね。ナスタチウムという葉っぱは初めてでした。デコレーションと香り添えですね。リゾットもいい感じですよ。

e0351590_23164168.jpg
e0351590_23164188.jpg
e0351590_23164144.jpg

ラルドを纏った群馬県産もち豚フィレ肉
つる紫と熊本県産坊ちゃん南瓜 京都万願寺唐辛子 醤油風味のポークジュ

お肉のメインは豚フィレです。豚のまとった薄い膜(名前を失念!)が凝った料理にしていますね。京都の素材がお得意のようで、万願寺唐辛子がおいしい!おいしいのはよいのですが、東京のアマンなので、東京近郊の売りの素材があっても良いかなあと。

e0351590_23164199.jpg
e0351590_23164122.jpg
e0351590_23164139.jpg

デザートは一つ選ぶのですが、レストランおすすめのこれにみんなしちゃいました^^。

チョコレートのムスグラッセ
エクアドル産カカオ 70%チョコレートと 木苺のソルベ カオチュイル

チョコレートがすごい量でキイチゴのソルベとあいます!多いかな、と思いつつついつい食べてしまいました・・・・。某友人は具合が悪くなっても食べきるぞ~と張り切っていましたが(笑)。

全体に、それぞれのポーションがそれほど大きくなかったので、デザートまでしっかりはいったのはいいですね。

e0351590_23164152.jpg
e0351590_23165505.jpg
e0351590_23165576.jpg
デザートのほう、ちなみに、その他の選択肢は以下です。

長野県産巨峰とソーテルヌワインのジュレ
クルミのヌガーティンとエッチシャーベット

沖縄県産パッションフルーツとプラリネのパルフェ
コナッツメレンゲとパペルデュ ドラゴンフルーツ添え

最後はコーヒーとプティフールです。
このプティフール、たこ焼きみたいに見える!と話題でした^^。実は抹茶パウダーのシューで中は胡麻クリームです。
チョコはアマンのプリントが端正にはいっています。

e0351590_23165522.jpg
e0351590_23165530.jpg

以上、ランチの紹介でした。
食事はなかなかおいしかったですよ。
驚きの格別感というよりは、いい素材、よいセンス、場所の高揚感、サービス・・・の総合ですね。ややカジュアルな感じでもお店では合うように思います。みなさんアマンでのお食事ということで、おしゃれされている方のほうがおおいですけどね。

さてさて、お泊りなんていつできることやら・・・^^

以上、アマン東京でのお食事の紹介でした。

[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-11 18:00 | アマン東京 | Comments(2)
新しいブログにお引っ越ししての第一弾は「アマン東京」です。

うわ~いいね、お泊り!・・・ざんね~ん。違いました^^。
お食事会をしただけです。

でもせっかくの話題のホテル、ちょっとPockie目線で紹介しますね。

まずは、ホテルへのアプローチです。
周りは大手町のビル街です。

e0351590_22173212.jpg
e0351590_22173265.jpg
e0351590_22173357.jpg


大手町駅から地上に出て、話題の緑深いスペースを散歩しながら入ってみようと思いました。みずほ銀行本店のビル内にあります。

あ、看板の下のほうにアマン東京の案内がさりげなくありましたね。まあロゴだけで、ホテルとはかいてないんで、ホテルに詳しくない人はこれがホテルとは思わないでしょうね。


e0351590_22173363.jpg

ほんとうだ!こんな緑の公園のようなスペースがあるんですね。お昼時でしたので、休憩している人たちがいました。

e0351590_22173361.jpg
e0351590_22173308.jpg
e0351590_22173304.jpg


アマンカフェです。6月にオープンしました。
入口には名物の人力車がおいてありました。誰も並んでないのでふしぎですが、こちらは並ばせないシステムで、ちらっときいたところ、入り口で予約を受けて空いたら連絡を入れるシステムだそうです。この日は12時過ぎで「5時以降ならご案内できると思います」と会話していました・・・やっぱり混んでますね。


e0351590_22173330.jpg
e0351590_22180684.jpg



カフェの横のエントランスからはいります。何の看板もありません。
でもこの車寄せは間違いなくホテルです。


e0351590_22180613.jpg
e0351590_22180776.jpg

泣かん入ると、一枚板のレセプションがありました。ここにもアマンと看板はありません・・・。この建物の外のフロアマップにもアマンは見つからず・・・。

e0351590_22180765.jpg
e0351590_22180753.jpg

ちなみに、大手町駅から直結のこのビルは「おおてもり」です。
この上ビル1Fあたりは吹き抜けです。

e0351590_22180755.jpg
e0351590_22180792.jpg

ここからはいる壁にありました!
これがホテルの看板掲示^^(笑)

e0351590_22290554.jpg

何はともあれ、ホテルへのエレベータに乗り、33Fに上がりました。

こちらはまぎれもないホテルです。
ロビーエリアは和の演出、5F分ぐらい吹き抜けの見事な天井。驚きのセッティングですね。ソファはゆったり、石使いや盆栽のような木、水面の反射など、様々なアレンジは旅館を彷彿させます。

e0351590_22210428.jpg
e0351590_22180737.jpg

e0351590_22204238.jpg
e0351590_22212396.jpg
e0351590_22210489.jpg


意外にシンプルだったのが、ロビー横のトイレです。見るからにゴージャスなつくりではありませんでしたよ。質感よく控えめですね。

e0351590_22204203.jpg
e0351590_22204271.jpg

それでは、次はレストランでのランチの紹介です。


More
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-07-08 23:00 | アマン東京 | Comments(2)