Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

2017年 05月 15日 ( 1 )

2017年京都春の旅、お次は、ランチの和食です。「おが和」というお店に行きました。
ネットや雑誌等で調べて、カウンターのみ7席の小ぢんまりよさげな雰囲気で選びました。
なんでも、有名な「祇園さ々木」さんで長年板前を務められた小川さんがご自分の店を2015年に出されました。さ々木は行ったことがないのですが、ちょっと期待が持てそう!

場所も、祇園の路地を入った小ぢんまりとしたのれん、見逃してしまいそうです。

e0351590_13095121.jpg


ランチ6000円のコースです。
先付はそら豆やキノコなどを使い、雲丹やじゅれをのせた、口の中で目にもあざやかに春らしいあしらいの一品です。

e0351590_13100683.jpg


食べ始めると日本酒がいただきたくなりました。ランチなので少しだけ^^。
ご主人は一生懸命カウンター越しに支度してくださっています。

e0351590_13100755.jpg


お椀はなんの真薯だったかしら?のびるやうどなど山菜をつかい、やはり春らしく、出汁もおだやかです。

e0351590_13100792.jpg


お造りは鯖を使った珍しいもの。薬味は新玉ねぎのみじん切りとショウガに少しの唐辛子。これで、お醤油も少し柑橘系酢と出汁で割っています。口の中でさわやかにマッチしました。そえた京野菜に個性を感じます。

e0351590_13100795.jpg


お茶は、すがすがしく水出しの緑茶でキーンと日差されています。このピッチャーがなんともすがすがしいですね。焼魚も程よい火通りです。揚げたものなどすっかり失念している部分が多く、ご容赦くださいませm(‗‗)m。クレソンを添えるのには驚きましたが、これがなかなかあうのです。

e0351590_13122495.jpg
e0351590_13122463.jpg


温物は、若竹汁です。あつあつに熱してあり、筍と山椒の葉のかおりがとてもいいですね。

e0351590_13122576.jpg


〆のごはんです。さっくりまぜたような感じの炊き込みご飯、うーん、また失念。すみません、ちゃんとした食事の紹介になってなくて。おいしかったのでおかわりしたのは覚えてます(苦笑)。
e0351590_13124078.jpg



デザートは驚き!ムースのような独特の風合いに仕上げたイチゴです。甘味とさわやかさとが口に広がりびっくりです。これはとてもおいしかったです。おいしい温かいお茶で、口をすっきり、仕上げました。

e0351590_13124004.jpg
e0351590_13124137.jpg

とても楽しい和食でした。ご主人のやわらかな物腰がとても好印象でした。
京都の祇園にもたくさん店があり、まだほとんどどこも行ったことがないので、比較ができないのですが、機会があればまた行ってみたいですね。

以上、春の京都のご紹介でした。
友人に多く京都に通う方がいるのですが、最近その術にはまりつつあり、年2回ほど行くようになってしまいました。ぼちぼちMy店を見つけていきたいですね。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-05-15 21:00 | グルメ | Comments(0)