Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

2015年 11月 25日 ( 1 )

伊香保温泉「諧暢楼」の紹介、お食事です。

こちらは、お食事処「茶寮」で夕食、朝食が供されます。
食事処といっても、すべて個室となっており、それぞれのお客様が完全に部屋からエスコートされて食事処へ案内されるため、他の方と会うことはめったにありません。

e0351590_23161914.jpg
e0351590_23162470.jpg
e0351590_23162436.jpg


夕食のメニューです。
くるくる巻いてセッティングされていたので、写真がとりづらい^^。

e0351590_23165323.jpg
e0351590_23171181.jpg



前菜はキノコをあしらったもので、エシャロットソースをかけていただきます。
最初から驚きを見せてくれました~!全体に和なのですが、エシャロットを使ったところが憎い。だしにも少しコンソメ風を感じたかしら?!

e0351590_23171138.jpg


椀の物は、焼き甘鯛の真薯蒸しです。
銀杏やむかごを添えています。お出汁はまずまずです。

e0351590_23172462.jpg


お造りは、あぶりシマアジと焼きナス・・・おもしろい!和のカルパッチョ風あしらいですね。きれいなお造りはあきた、という方にはよいですね。白ワインでも合いますね。

e0351590_23173502.jpg


この次のお肉にあわせて、赤ワインをグラスでとりました。料理が和洋ミックスですので、ほとんどワインが割に合うと思います。ただ、私たちは日本酒が好きなので、和食だとどうしても日本酒にしたくなって・・・。

e0351590_23174816.jpg



上州黒毛和牛と雲丹、アンディー部や南瓜、ズッキーニなどをつかっています。ワサビソースが和の香りです。

e0351590_23174951.jpg



次は、ユリ根の冷製スープです。おお、これはビシソワーズのユリ根版ですね。キャベツの食感もあって面白い。

e0351590_23175788.jpg



温ものは、ヤマト豚の海老芋巻き揚げです。フルーツトマトの餡かけですって!見た目わかりませんが、確かにトマトの香りです。分葱の食感、ソースは豚となかなかあいますね。

e0351590_23180828.jpg



お食事は、ゆずかぶらご飯に赤だしと香の物です。
ほんのりゆずの香りで〆ときました。

e0351590_23181974.jpg
e0351590_23182329.jpg


水菓子とお茶です。
柿のアイスクリームにクリームチーズソースをかけたものです。ほうじ茶といただきます。

e0351590_23184524.jpg
e0351590_23184543.jpg



翌日、とても良い天気の朝です。
しっかり朝は伊豆神社までランニングしてきましたよ~。

朝食は同じ食事処の別の部屋でいただきました。

e0351590_23202525.jpg
e0351590_23204002.jpg
e0351590_23204034.jpg


前菜としてまずサラダのみが出てきました。
彩りよく盛られ、あっさりとしたドレッシングで、朝のからだに染み入りました。

e0351590_23204073.jpg



ジュースが選べます。これはグレープフルーツジュースだったかな?!

e0351590_23204022.jpg


さて、本番の朝食、ごはんで和食です。
おかずはトッピングするような盛り方が多く、こうやって写真を見ると思いだしますね。卵は無理にベーコンのせなくても・・・という感じはしましたが。しっかりしたおかずが多く、おなか一杯になりました。

e0351590_23215362.jpg
e0351590_23215367.jpg
e0351590_23221176.jpg
e0351590_23221157.jpg
e0351590_23221252.jpg
e0351590_23221266.jpg


最後にデザートコーヒーで締めます。
ババロアのようなものでした。

e0351590_23221219.jpg
e0351590_23222228.jpg

食事は和食を基調としながらも、和洋のマリアージュで、どちらも楽しみたい方にはとても手の込んだ楽しめる食事だと思います。私たちはどうしても好みが本懐石寄りなので、時々ん~というところもありましたが、素材も良く、仕事もきっちりとして、なかなかよかったのではないでしょうか。ワインとのマリアージュの提案もあるので、ワイン好きな方はこちらもありでは。

サービスも非常に丁寧で、タイミングや気配りもよく、食事を楽しめました。担当者がずっとつく形ではないので、こちらはホテルのスタッフのように気楽に接すればよいと思います。

以上「諧暢楼」の紹介でした。


おまけな話ですが・・
[PR]
by Pockie_totoro | 2015-11-25 21:00 | 諧暢楼 | Comments(0)