Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

2016年金沢冬の旅(6) - 山代温泉 あらや滔々庵 客室編

2016年金沢冬の旅、金沢の郊外になりますが、山代温泉の「あらや滔々庵」の紹介にはいります。
こちらのお宿、以前より泊まりたくて、ようやくかないました。金沢の食と観光を堪能した後の訪問です。
加賀温泉駅から送迎車で送っていただきました。

e0351590_21244613.jpg

お宿は、総湯の目の前という、山代温泉の一等地です。自家源泉を持っており、老舗ゆえんです。
玄関先が大仰でなく、しっとりしたのれんと石畳がいいですね。老舗旅館らしさを感じます。ロビーも落ち着いたたたずまいです。


e0351590_21251997.jpg
e0351590_22583551.jpg
e0351590_22584386.jpg
e0351590_22554198.jpg
e0351590_22552550.jpg
e0351590_22555089.jpg
e0351590_22561611.jpg


エレベータでお部屋に案内されました。3Fの「兼六」というお部屋です。


e0351590_23001663.jpg

客室は露天風呂付き、二間続きの和室です。
本間は10畳ほど、縁側がないので、椅子が畳に直接置かれています。床の間は掛け軸などなく、シンプルなしつらえです。ミニバーとなる水屋にはグラスやワインも置かれています。窓からの眺めは裏山の木々で、温泉街真ん中の宿は、やはり眺めは期待できません。


e0351590_23003659.jpg

e0351590_23003678.jpg
e0351590_23011656.jpg
e0351590_23013466.jpg
e0351590_23012482.jpg


副室にベッドが二つ、こちらが寝室となります。以前は布団を敷いていたのでしょうね。近頃のトレンドとしてベッドが支持されているので、入れたのだろうと思います。

e0351590_23011660.jpg
e0351590_23011738.jpg


浴衣はしっかりした生地ですが、ちょっと大き目でしたね。冷蔵庫はたっぷりと最初からドリンクがたくさんはいっています。有料です。タオルはお部屋にありますが、大浴場に持備え付けられていますので、こちらは部屋露天用ですね。

e0351590_23031844.jpg
e0351590_23031945.jpg
e0351590_21254791.jpg


水回りは、こちらが洗面所、そして扉を開けると洗い場と露天風呂・・・というレイアウトです。内風呂はなく、この露天浴槽のみです。冬場はここで洗ったりするのはちょっと寒いですね。また、眺めのない部屋なので、露天というより、半露天ですね。露天の向こう側にデザイナーズチェアがあり、こちらでくつろぐのもよさげ・・・でもやっぱり良い季節でないとちょっと辛いですね。

e0351590_23013537.jpg
e0351590_21480768.jpg

e0351590_23015011.jpg
e0351590_23040736.jpg


e0351590_23015176.jpg

e0351590_23034812.jpg
e0351590_23030950.jpg
e0351590_21271951.jpg



到着時に、お部屋で和菓子とお抹茶をいただきました。おいしいのですが、どうしても「つば甚」と比較してしまい、あちらに軍配^^。うーん、あらやさん、おいしいものを食してきちゃいましたので、不利ですねぇ。(あらやさんのせいではありません、すみません。)

e0351590_21241334.jpg

では、次回はお風呂の紹介です。

[PR]
by Pockie_totoro | 2017-02-06 22:00 | あらや滔々庵 | Comments(0)