「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

夏の京都旅-ノク京都(2) 客室&朝食編

夏の京都旅「ノク京都」の紹介、次はお部屋です。

予約時に「できれば眺めの良い部屋を」とリクエストしておいたのですが、実は眺めのない部屋に(泣)・・・でもホテル側はわかっていて、「ご要望ありましたが、そちら側は今工事中なもので音がかなりしますので、こちらをご用意させていただきました。」と、客室案内時にすぐにご説明がありました。まあ、チェックインが9時ですし、そういう事情なら、とあっさりと了解しました。
お部屋は2Fの一番奥から1つ手前の217号室です。


e0351590_22475830.jpg


夜の撮影ですので、ライトのみです。
あとからHPで調べたら、たぶんこちらはプレミアラグジュアリールームのアップグレードだったみたいです(^^)。通常20平米台の部屋ですが、こちらは30平米以上あったように思います。

ベッド、ベッドボード、カウチソファなど、ゆったり過ごせるしつらえと、ゆとりのスペース、お手軽な短い滞在時間にしては、結構贅沢になってしまいました^^。ライト遣いもきれいで、和の演出とベッドルームのすっきり感とがうまくマッチしたインテリアとなっていました。ベッドボードは外国人が喜びそうな赤い西陣織風のデザインです。家具が白木や軽いグレーなので、白い壁と相まって、とてもすっきりとした印象です。ベッドボードがまさにアクセントレッドですね。

e0351590_22465416.jpg
e0351590_22470188.jpg
e0351590_22471285.jpg
e0351590_22471231.jpg


バスルームはトイレ、バスタブ&シャワー、ベイシンがオールインワンのタイプです。でもかなりすっきりとまとまっています。
タオルは2種類が2枚ずつ、アメニティはボディタオルや爪やすりなどあり結構充実、ソープ類は大きなボトルタイプです。大きなボトルはちょっと雰囲気は残念ですが、こちらであえて持ち帰りのシャンプー類があっても重くなるだけなので、私は十分かなと。タオルもハンドタオルがないので、やはりビジネスホテル仕様かなと思いました。

e0351590_22473811.jpg
e0351590_22473849.jpg
e0351590_22473804.jpg
e0351590_22474772.jpg
e0351590_22474800.jpg


お部屋が狭めなので、あえてクローゼットを作らず、壁のコーナーのくぼみを使ってハンガーかけが備え付けられています。部屋がすっきりと広く見えると思います。1泊なら私はこれでも十分です。

e0351590_22474808.jpg
e0351590_22493214.jpg



ミニバーにはこちらの個性が出ています。前田珈琲のドリップコーヒーパック、伏見の水など、地元京都の飲み物がコンプリメンタリー、なかなかユニークでした。冷蔵庫はお茶が2本でこちらも無料です。庫内の空いたスペースは持ち込み可能です。

e0351590_22480581.jpg
e0351590_22480671.jpg
e0351590_22481685.jpg
e0351590_22481545.jpg


カウチソファー、パジャマなど、なかなか気のいいたインテリアにアメニティ、とても快適でした。

e0351590_22485032.jpg
e0351590_22490266.jpg




翌朝は朝食を1Fカフェでいただきました。部屋のコーヒーでもあった「ノクカフェー前田珈琲」です。通りから明るい光が差し込み、軽快なカフェです。
朝食は、3種類のパン類と飲み物から選びます(すみません、選択肢の種類を失念しました)。私はクロックムッシュとカフェオレにしました。こじゃれたカフェのひと時を過ごすことができましたよ。

e0351590_22494145.jpg
e0351590_22495532.jpg


以上、ノク京都の紹介でした。

結局いい部屋にUGされてしまったので、このホテルの評価は甘くなっているかもしれません。でも、ベッドはどの部屋も同じですし、カフェも同じですので、短いながら快適な滞在ができたことには違いありません。立地のよさもあり、いい体験をできたかなと思います。

ここを拠点の観光の紹介を次回に!

[PR]
by Pockie_totoro | 2016-10-22 22:00 | ノク京都 | Comments(0)