「ほっ」と。キャンペーン

Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

星野や東京(3) - 客室編その2

「星野や東京」の紹介、客室の2回目です。水回りを中心に紹介しましょう。

ベッドの横にあるガラス張りの部屋がバスルームです。40平米台のため、完全に壁にしてしまうと、景色も良くない宿としてはかなりの圧迫感です。そこをガラスのレイアウトでうまくデザインしたのだと思います。黒い木目と白いタイルでデザインして、落ち着いた色調ながら、真っ黒でないので重さを出さないぎりぎりの線だと思います。このスペースですと、シングルベーシンはしょうがないでしょうね。セパレートのシャワーブースがあり、このデザインを見ると完全に「ホテル」です。旅館ということを忘れてしまいます・・・。なお、バスタブのお湯は温泉ではありません。(後ほど温泉大浴場を紹介します)


e0351590_22284158.jpg
e0351590_22284134.jpg
e0351590_22291676.jpg
e0351590_22284115.jpg




ベイシン周りはとてもシンプル・・・そうなんです。アメニティ類はほとんど引き出しに入れられており、すっきりした見栄えを重視しています。アメニティがないのと勘違いするお客様もいるかも?(頼まないともらえないとか?)まあ、私は置いてないってことはないからどっかにあるんだろう、と引き出しをあちこち触って確認しましたが(笑)。個人的には、ベイシン周りがあまりにもシンプルで、ちょっと寂しいぐらいに感じてしまいました。

e0351590_22285575.jpg
e0351590_22285534.jpg
e0351590_22290815.jpg
e0351590_22290833.jpg



シャワーブースのバスアメニティがボトルタイプです。すっきりしたデザインですが、つい高級「ホテル」と見まがうため、なんとなくお持ち帰りボトルがないのがさみしいような・・・。親切で付けた底の淵にプリントした「シャンプー」「コンディショナー」などの表示は、スタイリッシュなデザインからいくと、ちょっと興ざめな気がします。文字が大きくて見やすいんですけどね、・・・贅沢な文句(笑) シャワーはハンドル式のみで、高級ホテルでは最近デフォルトとなっているレインシャワーはありませんでした。

e0351590_22290849.jpg
e0351590_22290817.jpg


このガラス張り、ちょっと同室者といるとひいちゃいますよね。そこで、「Glass Shade」のボタンを押すと、なんとスモークのようにすりガラスに変身するのです。ただ、あくまでもすりガラスなので、完全に目隠しにはならず、うっすら見えます。この辺が明り取りと目隠し目的と微妙なところです。

e0351590_22284100.jpg
e0351590_22285598.jpg

化粧品はベーシン横にありました。Lilioというスキンケアの化粧品で、1回分ずつパックに入ったものが2組で一袋、それが二袋用意されていました。5ステップで利用するとか説明ありましたが、うーん、ひとつずつあけるのは使いにくい!せっかくスタイリッシュなパッケージで上質な化粧品なのに、試供品をもらった気分で、イメージ的に少し残念なことに。。。このほうがお宿側の管理は確かに楽ですね・・・。

e0351590_22291648.jpg
e0351590_22291647.jpg

以上、水回りの紹介でした。

次は、パブリックスペースに行きます。

[PR]
Commented by momo at 2016-09-18 09:43 x
>アメニティ類はほとんど引き出しに入れられており・・・
日常を感じさせるものは極力目につかないようにされていますね。
この点は不親切と感じる方もいらっしゃるようです。
難しいところです・・・。
by Pockie_totoro | 2016-09-17 21:00 | 星のや東京 | Comments(1)