Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ

星野や東京(2) - 客室編その1

「星野や東京」の紹介、客室です。写真が結構あるので、2回に分けて紹介です。

案内されたのは、9Fの95号室「桜」のダブルルームです。

エレベータから右手に入り、一番奥から2つ目の部屋です。扉の鍵マークのところに、赤い巾着に入ったセンサー・キーをかざします。巾着が手のひらサイズより一回り大きめ・・・ちょっと持ち歩くには大きいでしょうか。ちなみに、センサー・キーは、エレベータ内でも必要です。このキーがないと宿泊フロアには一切止まらない仕組みとなっています。

e0351590_22241914.jpg
e0351590_22241132.jpg
e0351590_22242454.jpg

e0351590_22243050.jpg
e0351590_22301308.jpg


チェックインの時に、案内用の折り畳みガイドが渡されます。
宿の紹介として、レイアウト、施設ガイダンス、散策紹介などがはいっています。

e0351590_22300788.jpg


客室の扉をあけました!ほ~、独特の世界です。

窓側が一面障子、右手に低いダブルベッド、左手に低いチェアとテーブルです。木肌、木目、竹、和紙、畳などを多用し、柔らか光で間接照明を使い、質の高い和モダンが部屋全体に施されています。全体に背の低い家具で、淵のない琉球畳を使用し、圧迫感がないよう配慮されています。和の雰囲気をどう演出するかを計算しているのですね。壁側の家具も完全に和のしつらえ、床の間をイメージしています(床の間ではありませんが)。クローゼットやお茶セットのエリアはホテルを感じますね。このレイアウトだと高級ホテル風です。

e0351590_22252837.jpg
e0351590_22252871.jpg
e0351590_22252887.jpg
e0351590_22254284.jpg
e0351590_22284678.jpg
e0351590_22295652.jpg
e0351590_22295712.jpg





翌朝の明るい時間に取ってみました。

障子をあけると、窓に毒毒の文様がはいった鉄枠があります。これはビルに囲まれた場所であることから、目隠し用を兼ねてデザインされているとのことです。目隠しとはいえ、こちらから先方のビルはよく見えるので、ちょっと気になりますよね。見えないといわれても、気持ちの問題ですねえ。。。

e0351590_22301715.jpg
e0351590_22243011.jpg


壁の窓よりのところはガラスでちょっと光っていますね。実はこちらの中にテレビが仕込まれています。星のブランドはテレビを置かないのが前提なのですが、こちらは大手町でビジネス需要の方々も泊まられるということで、情報のためのテレビは必要な方には見られるようにした、とのことでした。ただ、これ見よがしにテレビがあります、としていないところはデザインで工夫ですね。


e0351590_22283396.jpg
e0351590_22273195.jpg



クローゼット内には浴衣やパジャマがはいっています。別の引き出しは金庫です。


e0351590_22284669.jpg
e0351590_22284603.jpg
e0351590_23134517.jpg
e0351590_22285427.jpg


浴衣といっても、こちらのは散歩着を意識してニットとおしゃれな帯でデザインされています。
恥ずかしながらセルフモデルでぱちっ!帯はリバーシブルで、女性用はパープルとシルバーグレーのコンビネーションです。下に着る長じゅばんの役割をする眺めの下着もあります。これらの着方もガイドが置かれていました。

ただ、私はこの着物で大手町を歩く勇気はないなあ・・・温泉街ならいざ知らず、大手町ですから^^。日本人はかなりの人が恥ずかしいって思うのではないでしょうか。外国人の方は、楽しまれるのでしょうね。もう一点、この和装はかなり分厚い目です。夏場はこれで外を歩くことはちょっときつい、っていうのもありますね。

e0351590_22310858.jpg
e0351590_22314262.jpg



ミニバーはかなり充実しています。有料のドリンクも充実しており、値段は比較的良心的です。お茶の種類が多く、こだわりのもてなしですね。煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶は標準、コーヒーやティーもありました。食器類もデザインもバラエティがあり、楽しいですね。

e0351590_22294824.jpg
e0351590_22294805.jpg
e0351590_22294866.jpg
e0351590_22294835.jpg
e0351590_23133412.jpg
e0351590_22294828.jpg


その他の、インテリア、小物類です。家具類が主張しすぎないような配慮がなされていると思います。

e0351590_23122021.jpg

e0351590_22295683.jpg
e0351590_22311712.jpg
e0351590_22285468.jpg

客室の紹介、まずはここまでです。
次回は水回りなどです。

[PR]
Commented by momo at 2016-09-16 10:12 x
お部屋に用意してある「お散歩着物」はこのホテルのために特別にデザインされたそうです。
着付け、着心地、着映えにかなりこだわったとか。
また館内、部屋のインテリアなども季節を感じれるように時々で入れ替えるそうです。
総支配人のKさんにいろいろお話を伺いましたが見えないところでの努力が凄いと感じました。
Kさんは軽井沢や京都総支配人の時から存じ上げていますが興味深いお話を聞けました。

Commented by Pockie_totoro at 2016-09-16 22:59
momoさん、

そうそう、お散歩着物は独自のデザインだそうですね。工夫がわかりました。着やすいと思います。ただ、個人的に温泉街みたいにそのまま外に出るのがなんとなく気恥ずかしいのは、大手町だからかもしれません。夏向けに薄手の物も作られたらよかったのに、と思いました。インテリアを季節で入れ替えるなんてすばらしいですね。そういった努力がやはり星のやのすごいところなのかもしれません。
Commented by momo at 2016-09-17 09:52 x
確かに「お散歩着物」で外出は日本人には・・・?だと思います。
私もあれを着て丸の内を歩く勇気はありません(笑)。
外国人の方は日本人のような固定観念がないので逆に好評のようです。
私の滞在中もあれを着て外出されてました。
夏向けに薄手の物は私も感じたので「星のや」に伝えました。
Commented by Pockie_totoro at 2016-09-17 10:27
momoさん、やっぱりそうですよね。着物を 着たことがない人に上手く作っていますね。京都たったら、日本人も外散歩するかも。
by Pockie_totoro | 2016-09-15 21:00 | 星のや東京 | Comments(4)