Pockieのホテル宿フェチお気楽日記 II

pockie3212.exblog.jp

ホテル、宿にこだわる旅、まったりと邁進中。気ままにおいしいものや温泉も!

ブログトップ
2017年夏休みの旅、バリ島「アマヌサ」の紹介は、プールなどその他パブリックスペースです。

アマンはなんといってもプールは美しい!アマヌサも例外ではありません。

断崖絶壁のようなロビーから見下ろすプールは本当にフォトジェニック!・・・アマンキラの写真にやられて、最初は「バリならアマンキラ」と思ったのですが、私的にはアマヌサのほうが好みであることがわかりました。なぜだろう?抜けるような眺めのなかに美しく作られたプールと緑、花々、味のある石造りの柱や壁、光の使い方などが醸し出す雰囲気がなんともベッピンなプールなんですね。どうしてこの四角いプールに魅せられるのか・・・うーん、「アマンが作った美」としか言いようがありません、ハイ。

ここから眺めます。
e0351590_00054429.jpg
e0351590_23592425.jpg
e0351590_23583069.jpg

見下ろすプールの傑作です。

e0351590_23583147.jpg
e0351590_23585923.jpg
e0351590_23584961.jpg
e0351590_23590350.jpg
e0351590_23592401.jpg
e0351590_23595665.jpg

プールサイドの東屋でまったりと。
冷たいお水に、フルーツなどの振る舞い、いいですよね。

e0351590_23591067.jpg
e0351590_00064452.jpg
e0351590_21353451.jpg
e0351590_21353540.jpg



敷地内を散策しました。
ゴルフ場というとちょっと引いていたのですが、アンジュレーションがビラと調和を感じさせます。階段のまわりも花に囲まれ、心癒される小路です。


e0351590_00010273.jpg
e0351590_00010314.jpg
e0351590_00040535.jpg
e0351590_00043198.jpg


花々も咲き誇ります。

e0351590_00003007.jpg
e0351590_00003041.jpg
e0351590_00003091.jpg
e0351590_00032292.jpg

スパも、ビラの一つを利用して作られたものです。
こちらで1度施術を受けました。技術も割にしっかりしていたと思います。

e0351590_00043187.jpg
e0351590_00022266.jpg
e0351590_00022253.jpg
e0351590_00022264.jpg

ジムスィートもビラを使って作られています。
優雅にストレッチや自転車など^^。テニスコートもあります。

e0351590_00043222.jpg
e0351590_00044487.jpg
e0351590_00044477.jpg
e0351590_00044495.jpg
e0351590_00010361.jpg

アマヌサはビーチから離れているため、アマヌサ専用のビーチまで送り迎えをしていただけます。「ビーチクラブ」です。セントレジスの隣のスペースですね。

東屋スペースがいっぱいだったので、デッキチェアーにセッティングしていただきました。以前は現在の幅の倍以上あったそうですが、別のホテルができるとかで(シャングリラらしい?)、かなり狭くなったようです。剥げた樹木が砂浜に立ち並び、景色のつもりのようですが、広がるビーチより、ちょっと景観が損なわれているように思います。主人は海にはいっていましたが、風が強くてかなり体にしみます・・・残念ながら、短い時間でホテルに退散してしまいました。

e0351590_22280015.jpg
e0351590_22280168.jpg
e0351590_22280149.jpg
e0351590_22293417.jpg
e0351590_22280183.jpg
e0351590_22280162.jpg
e0351590_22285872.jpg
e0351590_22285875.jpg

敷地内をさらに散策すると、苔や植物で味のある雰囲気のある石垣、20年以上の歴史を感じます。

e0351590_21355139.jpg
e0351590_21355298.jpg
e0351590_21355217.jpg

そらのいろ・・・

e0351590_00051370.jpg

「アマヌサ」に流れる時間を楽しんで・・・

さて、次回は、レストランなどお食事の紹介です。

[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-11-21 21:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
アマンダリを出発し、車で到着したのはヌサドゥアにある「アマヌサ」です。3年前の再訪です♪前回は、アマンキラとアマヌサに泊まりましたが、3段プールで期待していたアマンキラより、アマヌサのほうが気に入ってしまったのでした。1泊だけでしたので、後ろ髪惹かれるように移動・・・今回は、まさにリベンジです。

このエントランス、懐かしいです!ヌサドゥアといっても、ビーチ前ではなく、高台にあるので、とても吹き抜けが明るい開放的な雰囲気です。

e0351590_23412718.jpg
e0351590_23412732.jpg

すぐ左手横にあるロビーラウンジで、ウエルカムドリンクをいただきます。
アイスティがおいしいのですよね。ここは本当に崖の上のようなラウンジで、遠くに見える海、ゴルフ場の緑、それは開放感あるすばらしい抜ける眺めです。眺めフェチなPockieにとって、これが好きになった理由の一つですね。

e0351590_23495514.jpg
e0351590_23425969.jpg
e0351590_23430029.jpg
e0351590_23433818.jpg
e0351590_23424238.jpg

客室は車寄せの反対側のエリアなので、こちらを通ります。

e0351590_23494127.jpg
e0351590_23494245.jpg

客室は、35号室のプールスィートビラです。
はい、アップグレードいただきました^^。
ゲッコーの形をしたキーがユニークです。

e0351590_23475026.jpg
e0351590_23444042.jpg
e0351590_23451011.jpg
e0351590_23465603.jpg

プールスイートですが、2014年の滞在と、基本的に内装やインテリア家具などビラ内部は同じです。今回の写真もざっと紹介しておきます。

入口から入ったエリアは、ベッドルームとリビングソファが向かい合わせになったスペースです。ベッドの天蓋は、ターンダウン後降ろされて、ロマンチックにセッティングされます。アマンは通常客室にテレビがないのですが、空港から近く、他のアマンに行くトランジットとして利用されることも多いこのアマヌサは、ビジネスユースも含めて、このようにTVをセッティングしているそうです。アーモア内のTVの下に、ミニバーや冷蔵庫がセッティングされています。

e0351590_23465344.jpg
e0351590_23451712.jpg
e0351590_23451770.jpg
e0351590_23465286.jpg
e0351590_23511435.jpg
e0351590_23451852.jpg
e0351590_23491696.jpg

ウエルカムアメニティのシャンパンとフルーツをいただき、楽しませていただきました。ボトルはすぐに飲まなかったので冷蔵庫にいれ、そのあとはワインクーラーの氷を何度か取り換えていただき、飲みきるのに2.5日かかりました^^。

e0351590_23423027.jpg
e0351590_23511435.jpg

バスルーム側はとても広いスペースがあり、真ん中の大きな椅子のような大のようなスペースがとても便利で、気に入った使い勝手のひとつです。ここで着替えたり、荷物を広げたり、ちょっと休憩したり・・・、ちょうどよいのですよね。

e0351590_23452847.jpg
e0351590_23452840.jpg

アマンお約束のシンメトリーです。洗面スペースは左右対称にボールがあり、クローゼットもシンメトリーですが、ちゃんと左右のアメニティは変えてあって、男女別のようになっています。

e0351590_23483174.jpg
e0351590_23454018.jpg
e0351590_23424355.jpg

トイレは中庭の眺めがあって、こちらも光が差し込みます。でも外から見られるわけではないので、落ち着かないということはありません。トイレにアマンの写真集なんてセッティングされているのに驚きです。くつろぎのスペースなんですね。

e0351590_23452961.jpg
e0351590_23483197.jpg

シャワーブースとアウトサイドシャワーがあり、外のが特に気持ちがよいですね。ただ、シャワーが固定式だけなのはちょっとご愛嬌。私はそれほど気にしないのですが。

e0351590_23454038.jpg
e0351590_23454136.jpg
e0351590_23485070.jpg

バスタブは中庭を臨む場所にあり、室内なので気持ちよさと便利さを兼ね備えています。この眺め、とても癒されるのです。美しくセッティングされたタオルやバスピロー、バスソルトなども絵になります。

e0351590_23452957.jpg
e0351590_23483685.jpg

外に出ると、東屋です。これが眺めがよくて気持ちいい!ここでずっとくつろいでいたい気分です。高台のビラなので、遠くの海も眺められます。スモーカーの主人は、このスペースが一番くつろぎの場所です^^。我が家は、途中から、入口にあった椅子とテーブルをこちらの東屋の前にセッティングしてもらいました。ここでドリンクをいただいたり、朝食をとったりしました。

e0351590_23463532.jpg
e0351590_23463453.jpg
e0351590_23472950.jpg
e0351590_23505885.jpg
e0351590_23511145.jpg

そして、プールです!部屋にこんなに大きなプールがあります。まったり泳いで、東屋にくつろぎ、ルームサービスで食事をいただく・・・そんな、ずっとおこもりの方もいるようです。木々やプラントたち、隣のビラの屋根、空、朝日~夕陽の色、すべてがこのビラのためにあるような気持ちになります。

e0351590_23472858.jpg
e0351590_23472914.jpg
e0351590_23474112.jpg
e0351590_23463959.jpg

クリーニングは、このような籐のボックスにはいってきて、とてもエレガントな花、リネン、香りとともにしあげていただけます。

e0351590_23494563.jpg
e0351590_23493988.jpg

さて、次回はプールやスパなど、その他のパブリックスペースの紹介です。


[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-11-19 18:00 | バリ: アマヌサ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介・・・からずれますが、お出かけ編です。

まずは、ランチででかけたのは、ヴァイスロイのフレンチレストラン「カスケード」です。ウブド北東側でアマンダリから車で20分ぐらいのところにあります・・・が、ウブドのメインストリートはどこも渋滞!30分ぐらいかかり、帰りは小一時間でした^^;。ウブドの渋滞、前回もそうでしたが、本当に参ります。

e0351590_22410206.jpg


アマンの送迎車で到着したのは、ブティックリゾート・ホテル「ヴァイスロイ・バリ」です。
ちなみに、アマンダリでは、ウブド内の送迎は無料です。これ、けっこううれしいサービスですよね。

前回のバリ島でこのレストランを利用し、フレンチがおいしくて眺めがよく、とても気に入りましたので、再訪です。アマンダリに予約をお願いしましたので、到着してすぐにレストランのほうへ案内いただきました。

e0351590_22373321.jpg
e0351590_22373424.jpg
e0351590_22373509.jpg
e0351590_22373577.jpg

この眺め!
やっぱりここは、昼間の利用がいいです。ですので、あえてランチにしたのです。
ちょっとはずかしいドレスで太い腕を披露・・・すみません、お目汚しを。
e0351590_22381791.jpg
e0351590_22392326.jpg


アミューズからスタートです。
内容がかなり飛んでいるので、おおざっぱな紹介で失礼します。

クリームチーズにサーモンを練り込んだものをクッキーのようなものにのせてあり、さくっと軽やかなスタートです。

e0351590_23072987.jpg


前菜です。私は、蛸のマリネにカリフラワー・イカスミなどのソースをそえて、主人はフォアグラのテリーヌを取りました。

e0351590_23072903.jpg
e0351590_23073032.jpg


主人は大好きなスープをとりました。
クリームの内容は失念^^。ダックのコンソメを注いでいただくものです。

e0351590_22393946.jpg
e0351590_22393906.jpg
e0351590_22393997.jpg

口直しのシャーベットをはさみます。

e0351590_22394848.jpg


赤ワインを選びました。

e0351590_22395957.jpg


メインの登場です。

ビーフウエリィントンンです。2人前となっており、その場で切り分けていただきました。アーティチョークとポテトが添えられています。さくっさくのパイ・・・いや~メニューにこんなものがあったので、びっくり!たっぷりいただき・・・おなかが苦しいほどでした。

e0351590_22401801.jpg
e0351590_22402015.jpg
e0351590_22402126.jpg


食後のデザートは、軽くアイスクリーム。ドリンクは生ハーブティーにチョコレートが添えられてきました。は~食べた食べた!満足です。

e0351590_22402833.jpg
e0351590_22403605.jpg
e0351590_22404746.jpg
e0351590_22404728.jpg


この日の夜は、夕食抜きでした^^。でも、満足感はとても高かったです。

2泊でしたので、翌日にはチェックアウトです。
アマンダリの車で、次のホテルへ移動します。

e0351590_22433857.jpg
e0351590_22434438.jpg
e0351590_22434423.jpg
e0351590_22434489.jpg

途中寄ったのは、毎度、「ジェンガラ」です。

こちらの食器を見るのは毎回お約束です^^。
建物もおしゃれで、目を引く石造りです。中にはジェンガラ・カフェもあります。
中は撮影禁止のため、たっぷり目に焼き付け、ジェンガラの器たちをお買い物してきました^^。毎回買い足しです。

e0351590_22444939.jpg
e0351590_22445082.jpg
e0351590_22444956.jpg
e0351590_22445018.jpg
e0351590_22444994.jpg


さて、お買い物も満足♪・・・次のホテルに向かいます。


[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-11-16 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、レストランやスパなどです。

アマンダリのレストランは1つ、ザ・レストランです。エントランスの右側にあり、目の前がプールです。こちらで朝食を2泊ともいただきました。

e0351590_23120890.jpg
e0351590_23122184.jpg
e0351590_23120096.jpg


朝食はすべてアラカルトで、好きなものをいただきます。朝食付きで何を頼んでもOKということでしたが、あまり食べられないものまで無理やりとるのもみっともないと思い・・・2日間で頼んだものをいくつか紹介です。

ブブール(インドネシアのおかゆ)、トースト、スイカジュース、ポーチドエッグ、目玉焼き、サラダ、マッシュルームのソテー、カットフルーツなどなど・・・。めずらしいクレンズジュースもいただきましたが、味はう~ん・・・^^。

e0351590_13523513.jpg
e0351590_13523685.jpg
e0351590_13523624.jpg
e0351590_13523507.jpg
e0351590_13531570.jpg
e0351590_13531551.jpg
e0351590_13544179.jpg


ロビーの右側には、ライブラリーがあります。
こちらのライブラリー、どこかに似てると思いません??・・・京都の「俵屋」のアーネスト・スタディーとよばれるライブラリーなんです。アマンダリを作るとき、俵屋のこのスペースをたいへん気に入り、kのように仕立てたとのこと。なんとなく落ち着きます。

e0351590_13565635.jpg
e0351590_13565683.jpg
e0351590_13565766.jpg
e0351590_13571002.jpg


ライブラリーの外には、東屋があります。こちらでちょっぴりごろっと・・・。いい感じのスペースです。

e0351590_23381265.jpg
e0351590_13570265.jpg


ライブラリーから、さらに奥に行くと、反対側のビラの奥にスパがありました。こちらで1回施術を受けました。

e0351590_13572868.jpg
e0351590_13572888.jpg
e0351590_23405393.jpg
e0351590_23403773.jpg
e0351590_13572802.jpg


更衣室で着替えて、サウナも利用できます。紙パンツも用意されています。

e0351590_23423457.jpg
e0351590_23424094.jpg
e0351590_23424404.jpg


施術室はオープンエア、流れる滝が横にあって、自然の中で施術をしている気分です。ただ、ちょっと滝の音が大きくて、うとうとしても寝られず・・・(苦笑)。

e0351590_23424582.jpg


スパで、リムバーがなく、緊急に中途半端にはげたマニキュアをとってもらいたいので頼んだら、丁寧に対応してくれました。さすがのもてなしです。

e0351590_23575480.jpg


スパの奥にはジムもあります。すてきなアランアランの中に最新マシンもあります・・・利用しようと思っていましたが、叶わず^^。素敵な空間です。こんなところで汗を流すなんてやっぱりリゾート!

e0351590_23420438.jpg
e0351590_23421115.jpg

敷地内を散策し、ウブドの杜にすばらしいビラを立てたものだと感心しながら、アマンダリの二日間を過ごしました。

e0351590_23524667.jpg
e0351590_23525216.jpg
e0351590_13563942.jpg
e0351590_23510715.jpg
e0351590_23515339.jpg
e0351590_23534471.jpg
e0351590_23514548.jpg


さて、次は、ウブドで出かけたグルメな紹介です。


[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-11-14 21:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)
2017年夏休みの旅、バリ島「アマンダリ」の紹介は、客室の続きです。

到着時は夜でしたので、ほとんどの写真は翌朝以降からです。一部は夜にとって、その後写真をとってないので、暗いものもありご容赦ください。

まずは1Fです。これはすごい!東屋のようなリビングカウチが左右に2か所、真ん中がダイニングのテーブルとイス、奥には一人用リクライニングソファーにミニバーコーナーがあります。リビング・ダイニングだけのワンフロアなんですね。広い!


e0351590_13520764.jpg
e0351590_13515626.jpg
e0351590_13515629.jpg
e0351590_13045152.jpg
e0351590_13043026.jpg
e0351590_13045106.jpg
e0351590_13050338.jpg
e0351590_13301196.jpg


立派なウエルカムフルーツのデコレーション、到着時はルームサービスでこちらで食事をいただきました。サテもミーゴレンもとてもおいしくいただけました。

e0351590_13051227.jpg
e0351590_13292708.jpg
e0351590_13295692.jpg



リビングの1Fから臨むプールと東屋です。火の光の軟らかさと木の影がいい感じにプールに落ちていて、とてもお気に入りのワンショットです。

e0351590_13283132.jpg


バスタブはアウトドアで、大きなタブです。お湯を張るのに結構時間がかかるかも。今回は雨に降られませんでしたので、快適に過ごすことができました。別に室内にシャワースペースがあります。レインシャワーとハンドシャワーがあり、こちらも快適です。ベーシンは、アマンお約束のシンメトリーで左右に二つ配されていました。

e0351590_13301817.jpg
e0351590_13302721.jpg
e0351590_13302601.jpg
e0351590_13294966.jpg
e0351590_13294970.jpg



この籠は、お出かけや敷地内の移動に重宝しました。お持ち帰りもできるものです。

e0351590_07484786.jpg


らせん状の階段をあがると、上がベッドルームです。

カーテンをあけると2方向に窓、夜明けの眺めが気持ちいいのです。

e0351590_13292217.jpg


ベッドと小さなデスクコーナー、トイレも別にあります。アランアランの部屋の裏側で、落ち着く眠るだけのためのここちよい狭さです。

e0351590_13420825.jpg
e0351590_13415164.jpg
e0351590_13420254.jpg
e0351590_13420858.jpg
e0351590_13404485.jpg


さて、次回は、レストランとスパなどの紹介です。


[PR]
# by Pockie_totoro | 2017-11-12 18:00 | バリ: アマンダリ | Comments(0)